デートに緊張してしまう人必見!ほぐす方法と事前にできる準備を紹介!

付き合いたての彼や彼女、気になる相手と初めてデートをする際、楽しみたいのに緊張し過ぎて楽しめなかった経験がある人も多いのではないでしょうか?

当日を迎えるまでに、「何を話したらいいのだろう?」「沈黙が続いたらどうしよう」「どんな服を着ていけばいいの?」と悩み、考え過ぎて力を入れ過ぎてしまうと、せっかくのデートなのに純粋に楽しめません。

そこで今回は、デートで緊張する理由から、緊張回避のために準備しておくモノやコト、デート中にできる緊張のほぐし方まで、緊張せずに純粋にデートを楽しめるための方法を伝授します!

デートで緊張するのはなぜ?

好きな人と過ごせる楽しい日なのに、なぜ緊張してしまうのでしょうか?ここでは、デートで緊張してしまうメカニズムを紹介します。

脳がストレスを感じている証拠

デートはデートでも、初めての人とのデートだったり告白を伴うデートなど、「初めてのこと」が付いたデートの時に、緊張した経験が多いのではないでしょうか?

人間は誰しも、経験したことのないものや、初めての人と関わる際などにストレスを感じます。ストレスを脳が感知すると交感神経が活発になり、心拍数や血圧が上昇することから、緊張汗やドキドキといった動悸を感じるようになります。要するに、デート前に緊張してしまうのは、知らずのうちに脳がストレスを感じているからなのです。

他にも、過去の失敗した経験がトラウマとなり、「二度と同じ失敗を繰り返さないように……」という思いが緊張に繋がるケースもあります。

デートで緊張している相手をどう思う?

デートで緊張していることを相手に知られないように、平静を装ってしまいますよね。実際に、デートで緊張している彼女または彼氏を見て、相手はどう思うのでしょうか?本音を調査しました。

デートで緊張している女性の印象

デート当日に緊張をしている女性の姿を見て、男性の約8割は可愛いと思うそうです。

「初めてのデートで緊張せずにノリがいいのも良いけれど、男に慣れている感じがする」「緊張している女性は初心な感じがする」「可愛らしい」「守ってあげたくなる」といった印象を持つ男性が多いようです。このように、デートで緊張している女性の姿は、相手にとってマイナスな印象はほとんどなく、反対にプラスの印象を与えることができます。

女性の場合、大半の男性が緊張している女性を受け入れてくれる傾向にあるため、無理に平静を装う必要は無いということです。

デートで緊張している男性の印象

デートで緊張している女性の場合、約8割は可愛いと好印象を与えることができる一方で、男性の場合は、好印象とマイナスイメージが半々です。

良いイメージを持つ理由としては、「男らしいと思っていた人が緊張するっていうギャップがたまらない!」「母性本能がくすぐられる」といった答えが多数です。反対に、緊張する男性にマイナスのイメージを抱く理由としては、「男らしくない」「リードして欲しいのに自分が引っ張らなくちゃいけなそう」「デート自体がグダグダになりそう」といった印象を持ってしまうようです。

男性の場合は、デートする女性の性格や好みを理解した上で、緊張を隠して平静を装う必要が有るか無いか、慎重に判断する必要がありそうです。

デートの日までに準備しておくべきこと

少しでも緊張しないために、デート当日までに準備できることは準備しておくようにしましょう。ここでは、事前に何を準備するべきかを伝授します!

話題作り

デート前に一番不安や心配になるのは、「何を話そう?」「沈黙が続いたらどうしよう」といったことではないでしょうか?慣れたカップルなら、「会話をせず沈黙もまた心地良い……」と思える場合もありますが、告白前や付き合いたての相手との場合、沈黙の時間は恐怖でしかありません。デートした先で、体験したことや見た物、食べた物、感じたことを題材に自然と会話が成り立つことがベストですが、緊張していると頭が真っ白になったり、自然と話せるほど余裕が無い可能性があります。

そんな時のために、事前にいくつか共通の話題を作っておくといいでしょう。LINEやメール、電話などで、相手の趣味や特技を聞いておいたり、自分の好きな映画や音楽などを伝えておけば、デート当日までに相手が楽しく話せることを事前に調べておくことができます。また、あなた自身の好きなモノも伝えているため、相手も話を聞きやすくなります。この方法は、沈黙が続きそうだなと思った時、必ず手助けになる方法です。実践してみましょう。

緊張しないデートコースの選定

男性の場合は多少リードしなければいけない立場のため、デートコースの選定はとても重要です。まず、不慣れな間柄でのデートで避けなければいけないのは、釣りやキャンプ、ゲームセンターなど、自分の趣味に付き合わせるデートコースです。共通の趣味であれば問題ありませんが、あなただけの趣味の場合、相手との温度差が出てしまいます。相手に「ぜひ連れて行って」とお願いされても、初デートでは避けた方が無難でしょう。

また、ウィンドウショッピングのようなノープランのデートも避けましょう。予定を立てずにブラブラしながら過ごすデートは、慣れた間柄やデートそのものに慣れていて心に余裕のある人しかできません。緊張しないためにも、目的地を明確にして、予定をしっかり立ててデートに臨みましょう。

おすすめは、遊園地や水族館などのデートスポットで、カップルで賑わっているような場所です。静かな場所よりも、人が多かったり、ワクワクドキドキするような体験ができるスポットの方が、自然と会話も弾むでしょう。

ファッションを整える

デート当日までに、スーツ姿や制服姿しか見せていなかったり、メールや電話でしかやりとりしていない間柄の場合は特に、身だしなみをしっかり整えましょう。会った直後にあからさまに相手に引かれてしまうようなファッションでは、緊張がさらに増して動揺してしまいます。

基本的には、普段通りあなたの好きな服装で行くのが良いでしょう。しかし、個性が強いファッションの場合は、まずは清潔感のある服装にして、二回目以降のデートで好みの服を着ていくのが無難でしょう。その場合、初めてのデートの際に、相手に伝えておくといいでしょう。清潔感のある服装とはいえ、どのような服を着ていけば良いのか悩んだら、「相手の親御さんが見たときに好感を持つ爽やかな服装」を選ぶといいでしょう。

また、髪型はしっかりセットしているか、爪は伸び過ぎていたり汚くないかもしっかり確認しましょう。

自然な表情の確認

緊張すると表情筋が強張り、笑顔がひきつってしまいます。笑い顔がひきつってしまうと、相手に緊張しているとすぐに見透かされるだけでなく、「頑張ってる姿がちょっと痛々しい……」と引かれてしまう場合もあります。

そうならないためにも、鏡で笑顔の練習をしておきましょう。笑顔の練習?と疑ってしまいますが、意外と大切なことです。表情は相手に与える印象がとても大きく、また引きつったことに動揺してさらに緊張してしまうため、自然な表情ができるかどうかはとても重要なのです。

忘れ物チェック

当日に緊張しないためにも、慌てたり動揺してしまうような要素は無くすことが大切です。なかでも忘れ物は事前に防げるため、前日までにしっかり持ち物を確認するようにしましょう。初歩的なことですが、とても重要なことです。

デート中にできる緊張のほぐし方

事前に準備してもデート中に緊張してしまうこともあるでしょう。そんな時に役に立つ、緊張のほぐし方をまとめました。早速みていきましょう。

緊張していることを相手に伝える

緊張していることを相手に悟られないように必死に隠そうと頑張ると、相手の顔が見られなくなったり、冷や汗をかいたり、赤面してより緊張感が増す……といった経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?これは、マイナスにマイナスを重ねた結果、どうしようもなくなってしまったパターンです。

こうなる前に、緊張していることを会ってすぐに伝えてしまうのも良いでしょう。相手に分かってもらえていれば、背伸びせずに自然体でいられるし、相手も理解した上で対応してくれるでしょう。ただし、あなたが男性でデートする相手が女性の場合、「緊張している=男らしくない」と引いてしまう人もいるため、相手のタイプを見極めてから伝えるようにしましょう。

相手にお任せする

デート慣れしていそうな相手の場合、行き先や会話の流れなど、すべてリードしてもらうのも良いでしょう。

ただし、ただ単に身をゆだね、判断や雰囲気作りなどすべてお任せするのはNGです。あくまでも、行き先選びや会話をリードしてもらうといった程度にして、相手が負担になっていないかを注視しながら、雰囲気作りや会話は二人で考え、楽しみましょう。

緊張を和らげるツボを押す

緊張を和らげるツボをご存じですか?手の平の中心に、「労宮(ろうきゅう)」という緊張を和らげるツボがあります。ここを、反対の手の親指で強く5秒程度押してください。少しだけ緊張を和らげることができるため、いざという時に試してみるのもいいでしょう。

たくさん笑う

悲しいことがあった時、脳をダマすためにたくさん笑うと良いと言いますが、それと同様に、緊張を和らげるためにたくさん笑うのも効果的と言われています。

しかし、不自然なほど大声で笑うのは相手に引かれてしまうので注意しましょう。あくまでも自然な範囲で、笑うのを心掛けるといった程度にしましょう。

深呼吸をする

トイレに行った時など相手と離れた際に、深呼吸をするのも緊張を和らげるにはとても効果的です。深呼吸をすることで血流が良くなって副交感神経が優位になり、緊張で強張った全身の筋肉が緩んで体がリラックスします。

緊張続きで全身が強張っていると感じたら、深呼吸しに席を外すといいでしょう。

まとめ

好きな人や気になる人とのデートなのだから、全く緊張しないなんて不可能なことです。緊張した上で、それでも楽しめる方法を見つけましょう。

まずは、事前に対策や準備できることはしておくことが大切です。そして、できるだけ自然体で、ポジティブな気持ちで楽しむことを心掛けましょう!

関連記事として

初デートにおすすめの服装を季節別に紹介!男性ウケがいい格好って?

初デートの食事で失敗しない方法とは?場所の決め方や振る舞いを知ろう!

初デートで失敗するパターンを男女別に紹介!緊張し過ぎが多い?

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする