ブスと美人の差は?ブスな人が幸せを手に入れる方法を知ろう!

いつの時代も美人とおブスは比較されます。見た目が美人なだけで得をすることが多く、男性からの熱い視線を集めることも少なくありません。

その一方で、どんなに内面が美しくてもおブスゆえに見向きもされないおブスな女性もいます。

美人な女性は本当に得をしているのか、おブスな女性は損をしているのかに迫りつつ、おブスから美人に変貌を遂げたフジコさんを例に美人になる方法についてもご紹介します。

美人とおブスには外見だけじゃない大きな差があった!その差とはいったい?

美人は、持ち前の美しさで男性を虜にします。何かと得をすることの多い美人な女性は、おブスな女性に比べて経済的な面でも実は得をしています。

美人とおブスにはどれだけの格差が生まれているのかに迫ってみましょう。

美人が得をするのは顔だけじゃない!経済面でも優遇されているってホント?

美人とおブスは、日常にある不平等感だけではなく経済学的に見ても格差が生まれています。

おブスに比べ美人である女性は、ルックスだけではなく、経済面でも得をしています。数字に換算すると約3600万円にも上ります。この数字は、顔にポイントをつけ、大卒のサラリーマンの「生涯年金格差」を基に計算したものです。

美人とおブスというだけでこれだけの格差が生まれていることを、どれほどの女性が知っているのでしょうか。知らない女性の方が多いのではないでしょう。

人は何を基準に美人かそうでないかを決めているのか?

街ですれ違いざまに「美人だな」と感じることもあるでしょう。その美人と感じる基準はどこにあるのでしょうか。人は、まず顔全体を見ます。

つぎに目、さらに、体型へと目線をずらしていきます。人間は本能的に左右対称の顔を好み、左右対称であればある程、美人であると認識します。

また、目が澄んでいたり、黒目が大きかったり、目に力がある人は男性から見て魅力的に見えます。

美人とおブスに対する男性の本音

美人を見ると男性の感情は、大きく反応します。美人を見ているだけで元気になったり、時には癒されることもあります。さらには、ついつい目でおいってしまったり、目が離せなくなるという衝動に駆られます。

美人に優しくされると尽くしたくなるといった下心がうずく男性もいます。それだけではなく、美人な友人や彼女ができたら、周囲に自慢するという承認欲求が働く男性もいるのです。

美人といるだけで、男性のテンションは上がるのが男性の本音です。男性は顔で女性を選び、女性は男性の経済力で男性を選びます。

そのため、女性が美人で男性はブサイクである格差カップルもできやすいと言われています。

その一方で、おブスな女性が、どんなに困っていても男性は見向きもしなかったり、合コンでおブスな子がいたらテンションが下がってしまうこともあります。

さらに、男性の中には、おブスな女性に変なあだ名をつけて笑いものにする人さえもいます。顔の格差が男性の態度の格差まで引き起こしているのが現状なのです。

ブスが幸せを手に入れるにはどうしたらいいの?

おブスだからと言って幸せな将来を諦めてはいけません。おブスにも、幸せになれるチャンスはたくさんあるのです。おブス女性がチャンスを手に入れるためには、どうしたらよいのかみていきましょう。

美人にはハロー効果がある!

美人は三日で飽きるとよく言われますが、それは迷信なのか、はたまた真実なのでしょうか。心理学の視点で言うと、「Yes!」つまり、真実です。

これは、ハロー効果で説明することができます。ハローとは、後光という意味があります。これは、マリア像や神様の背後から放たれている光やオーラのようなものを指します。

美人な人にもこれと同じ光が放たれているように見え、男性のみならず周囲の人は魅了されてしまうのです。

しかし、これは、日を追うごとに薄れ、消えてしまいます。美人の持つハロー効果には、有効期限があるのです。

はじめはキラキラと輝いて見えていた女性が、付き合ってみると他の人と変わらなく見え、最終的には他の人と同じにしか見えなくなります。

ハロー効果の次は、ロス効果が待ち受けている!

最初に高評価を得てしまった美人さんは、日が経てば経つほど、普通ランクに格下げされていきます。はじめの印象が高ければ高いほど、他の人に比べて幻滅される可能性が高くいのです。

これをロス効果といいます。美人な人から見れば、相手が勝手に抱いた理想と少し違っていたくらいにしか思いませんが、高い理想を美人さんに重ね期待してしまった人からすると、その理想が崩れていくショックは計り知れないのです。

おブスにはゲイン効果で一発逆転できる!

もともとおブスな女性は、最初の期待値も低いため、男性から高い理想やイメージを抱かれることがありません。そのため、美人な人に起こるハロー効果のように、急激に評価が落ちることはありません。

逆に、低い評価からスタートするため、評価が上がっていくことの方が多いといえます。これをゲイン効果と呼びます。

おブスだからと恋を諦めては、心までおブスになってしまいます。ゲイン効果を上手に利用して、素敵な彼を手に入れることも不可能ではありません。

おブス脱却!おブスから美人に大変身を遂げたフジコさんの体験談

おブスな象徴であるノーメイクでボサボサ髪、たるんだボディに流行の「は」の字も見えない洋服を着た女性は、常に不機嫌な顔をしています。

以前のフジコさんもその一人でした。ジャンクフードやおかしを食べながら、人の悪口や噂話に花を咲かせ、それを分かち合う友達との会話を楽しむのです。

会社では、友達と呼べるような人間関係を築けず、一人でランチをすることが当たり前になっていました。そんなフジコさんでしたが、ツイッターでは、見ず知らずのフォロワーさんたちと気軽に話すことができました。

ある日、ツイッターのフォロワーさんたちとオフ会をしたフジコさんは、オフ会に参加した他の女性たちがあまりにも美意識が高く、知的で、何より人を大切にする彼女たちの姿に心を動かされました。

人を大切にし、優しく美しくなりたいと心に決め、きれいになる努力を始めます。3年間という月日をかけて、お金も時間も費やし、自分を大切にすることを学び、それが人を大切にすることなのだと気づくことができました。

60kgあった体重は46kgへ、不満ばかりだった毎日から生きるのが楽になるほど充実した日々へと変わったのです。これだけの変化を遂げた今でも、理想の美人へ道を開拓すべく、頑張り続けたいと抱負を述べています。

人生をどのように過ごすかは人それぞれです。ですが、目標を持ち変わりたいと願い、変わる努力を続けることで、これだけの変化を遂げられたフジコさんから学ぶことは多いのではないでしょうか。

昔から「キレイは一日にして成らず」とよく言ったもので、キレイになりたい人もキレイを維持したい人も継続することが、なによりも大事なのです。

おブスを卒業するための対処法 その1:雰囲気美人になる

フジコさんみたいにおブスから抜け出したいと願う女性たちも少なくありません。おブスを抜け出すには、雰囲気美人になることです。

顔はそれほどでもないのに、いつも周囲からチヤホヤされている女性は、間違えなく雰囲気美人です。自分の良いところ知っているため、自分に自信を持っています。

自信あるパーツを探し、その部分から魅せるようにしていけば、自然に雰囲気美人に磨きがかかります。

おブスを卒業するための対処法 その2:スキンケアは怠らない

美人を目指すならはずせないのが、スキンケアは必要不可欠です。肌のきれいな女性は、清潔感を持たれやすいため、男性から好感を持たれやすいです。赤ちゃんのようなたまご肌を目指し、スキンケアをはじめましょう。

おブスを卒業するための対処法 その3:髪はいつもキレイに清潔に

顔の雰囲気を大きく変えるほどの影響力を持つのが、髪型です。髪型がキレイに整っていたら、それだけで周囲の人に清潔感を与えます。また、美容師に相談してみることで、自分に似合う髪形が見つかるかもしれません。

おブスを卒業するための対処法 その4:健康的な体づくり

男性は女性の顔だけではなく、女性のボディラインも見ています。男性はボディラインが整っている女性を見たら、「きちんとした食生活を送っていそうだな」「家庭的な人なのかな」と想像を膨らまします。想像させるぐらいの女性を目指しましょう。

おブスを卒業するための対処法 その5:明るい笑顔

最後に、なんといって「笑顔」です。明るい笑顔に人は、引き寄せられるものです。また、いつも笑顔でいることで、表情筋が豊かになり、リフトアップ効果も期待できます。明るい笑顔を意識し、楽しい美人ライフを手に入れましょう。

どんなに美人でもどんなにおブスでも「美人期」と「おブス期」がある!?

外見では、美人、おブスと判断されがちですが、体のサイクルにも「美人期」と「おブス期」というサイクルがあります。

外見が美人であろうと、おブスであろうと、女性なら誰しもが持っているサイクルです。そのサイクルを知り、サイクルと上手に付き合うことで簡単に美を手いれることができちゃいます。

女性には28日周期で「美人期」と「おブス期」を繰り返す

女性の体は約28日周期で変化します。排卵日が終わり骨盤が徐々に開き始めると、女性ホルモンである「プロゲステロン」が分泌されます。

すると、顔にシミや吹き出物ができやすい状態となり、肌もカサカサと乾燥します。この期間を「おブス期」と呼び、ホルモンの関係で、不眠や倦怠感を感じるだけではなく、小さなことでもイライラしてします。

生理が終わった後の1週間は、女性ホルモンの1つである「エストロゲン」が分泌されます。

エストロゲンの影響を受け、バランスの良い水分量を維持したツヤのある肌になるだけでなく、精神的にも安定した女性らしい立ち居振る舞いができるようになります。この時期を、「美人期」と呼んでいます。

いい男を見抜くことができる時期がある!

生理後、つまり「美人期」は、次の排卵に備えて女性の本能が活発化します。いつもは男性を見た目重視で選んでいる女性でも、「子孫繁栄のため、元気で健康的な男性を選ぼう」と嗅覚のようなものが敏感に反応するのです。

生理前後で男性に対する見る目が変わるため、生理前に抱いた感情と生理後に抱いた感情の変化を観察しておくと、失敗を防ぐことができるでしょう。いい男を見抜き射止めたいと思うなら、排卵前の「美人期」に行うとよいでしょう。

男性選びだけではなく、ダイエットにも最適なタイミングがあった!

無理なダイエットによる食事制限や運動は、女性ホルモンのバランスを崩すもとと言われています。特に、生理前や整理中は、やせづらく効果がでづらい時期と言われています。

その一方で、ダイエットに最適な時期も存在します。それが、「美人期」です。生理後から排卵までの期間は、一番体重が落ちやすい時期とされています。

この時期にダイエットに励むことで、脂肪燃焼効果が期待でき、ダイエット効果をより感じることができます。「美人期」にあたる約1週間は、集中的に適度な食事制限や運動を行うことで、より効果を上げることができるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。外見が美人なだけでおブスな人よりも、経済面で優遇されていたり、男性にチヤホヤされたりとなにかと得をしているように思える美人女性ではありますが、恋愛面においてはおブスな女性の方が得をすることもあります。

人は、外見だけではなく、内面の美しさを磨くことで美しさを保つことができます。さらに、体の中で起こる「美人期」や「おブス期」と上手に付き合うことで、ワンランク上の女性へと変貌を遂げられるのです。

関連記事として

ブスが性格悪いという噂を徹底検証!美人は性格が良い?

「女は顔が全て」と感じる瞬間は?男性の本音と美人じゃなくてもモテる女性を紹介!

美人が「得」している事を紹介!損していることもある?

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする