カップルのLINEの話題はどんな内容?続くカップルと続かないカップルの違いは?

あなたは彼氏(彼女)とよくLINEをしますか?「彼からのLINEが冷たい」「彼女のからのLINEが多すぎるような気がする」「こんな内容のLINEを送って迷惑に思われないかな?」なんて思っている人はいませんか?

また、そもそも巷の恋人同士はどのようなLINEを送りあっているのでしょうか?付き合ったことのない人は、今後の参考に知りたいと思いませんか?そんなカップルのLINEについて調べてみました。長く続くカップルのLINEや続かないカップルのLINEには何か方法や特徴があるのでしょうか?

カップルLINEの話題とは?

スマホ率が高くなるにつれ、直接電話することよりも、LINEを使ったコミュニケーションをとるカップルが増えてきているようです。お互い忙しい毎日を送っている二人だと、Lineは会っていなくても会話しているような気持ちになれ、相手を身近に感じることのできるツールだと思っている人が多いようです。

またお付き合いすることになって、LINEを送るようになると、最初はデートの約束や告白的なものが多かったのに、付き合いの期間が長くなるにつれ、Lineの内容は日常生活のことになっていくようです。

学校や仕事のこと、家族のこと、日ごろ起こる様々な出来事をお互いに報告しあうことで、毎日一緒にいることのできないカップルは、お互いのことを知り、愛を確認するようです。そんなカップルのLINEの特徴はどんなものがあるのでしょうか?

おはよう

朝起きて、起き上がる前のタイミングや、起きてから、支度をすました後など、ちょっとしたタイミングを見て、お互いに「おはよう」とLINEを送りあうカップルが多いようです。

忙しいときなどは、かわいいスタンプや気の利いたスタンプなどを選んで送ったり、何か自分にとって重要な日の場合は、「おはよう」の挨拶以外にも、「今日はテストだね。頑張って」「今日はプレゼンの日だね。頑張って」など、相手に対しての応援メッセージ付きのこともよくあるようです。

行ってきます

朝起きて、身支度を整えた後、学校や会社に行く前に、「行ってきます」のLINEをするカップルも多いようです。一緒に暮らしていると、当たり前の何気ない言葉がけですが、離れて暮らしていると、相手からの「行ってらっしゃい」の言葉やキスのスタンプなどに一日頑張れると思うカップルも多いようです。

また日ごろ接点のないカップルは、普段の相手の行動を知ることができるので、安心にもつながります。「行ってきます」の言葉がないと、「どうしたのだろう?」「風邪でも引いたかな」と心配になりますが、それがラブラブの証ともいえますね。お互いのことを心配できる関係でいたいカップルには必要なLINEです。

今日のランチ

今日のお昼ご飯を報告しあうのもカップルLINEにはよくある光景です。「今日のランチは、ジャーン!〇〇!豪華なのです!」や「今日は暑いから蕎麦喰いました」など、ランチの報告をしあうことで、そのあとのLINEの会話にもつながります。

また相手の日ごろの行動を知ると相手のことが分かったような気がしますよね。「今日のランチ美味しかった?」「今日のランチのお店美味しかったから、今度夜に一緒に行こう」など、ちょっとした言葉がきっかけで、二人の関係や思いが深くなるのを実感できるといいます。

今から帰る

学校や会社から「これから帰ります」のLINEをするのも、カップルのLINEの特徴です。一緒に住んでいるわけではないけれど、今日一日が無事に終わったことを電話で報告しあうのも、相手の帰りの時間がわからなければ、連絡をためらってしまいますよね。

その点、「今から帰る」とLINEが繰れば、「お疲れ様」「じゃあ〇時頃電話しても大丈夫?」などと聞くことができて、お互い余計な気を遣わなくてよいですね。また早めの帰宅時間だと、「このあと会える?」や「帰りに〇〇で待ち合わせて食事してから帰ろう」など、そのあとの予定を決めることもできます。

時々彼女が「今から帰ります」のLINEを入れたのに、彼から何にも連絡がないと、「今日仕事残業かな?」「忙しいのかな?」と心配になることも多いようです。社会人の男性は仕事など、やらなくてはいけないことがたくさんあると、どうしても彼女への返信が遅くなってしまうことがあります。何回かの連絡の遅れは多めに見てあげましょう。

今から会おう

カップルは特に前もって約束をしていなくても、会える時に会いたいと思っている人が多いようです。そんな時に相手からの早めの帰宅Lineで、「今から会おう」となるカップルも多いようです。

場合によっては、LINEはリアルタイムで会話しているような気持ちになるので、突発的な予定変更も可能になるのです。普段あまり会えないカップルにとっては、カップルLINEあるあるといわれています。

来週どうする?

デートの日にちは決まっているけど、予定は決まっていないこともカップルには良くあります。そんな時、予定をLineで決めることもカップルLINEのあるあるです。付き合いの期間が長くなればなるほど、デートの場所もだんだんと決められて来たり、行く場所に困ったりします。そんな時に、LINEで「来週はどこに行きたい?」などの相談ができるのも、カップルLINEの特徴です。

また、お互いがおすすめの場所や話題の場所をURL付きで送ることができるのも、LINEの機能の特徴です。お互いがネットで調べる手間を省くことができることや、それぞれが興味のあることをそこから見ることで、デートの予定を合理的に決めることができます。

今から出る

デートの日に、待ち合わせ場所やお互いの家に行くとき、「今から出るよ」とか、「今駅を出ました」などの連絡をLINEでするのもカップルあるあるです。

相手の状況がわかることで、「もうすぐ着くころ」「ちょっと遅れている」などの状況がわかり、女性は支度などがしやすくなります。男性も、女性の状況がわかると、早く着きすぎた場合は「もう少しここで待って居よう」などの行動をとることができます。このようなLINEは、自分の行動を知らせるだけでなく、相手のことを思いやるLINEでもあります。

着いたよ

待ち合わせ場所に先についたほうが「今着いたよ」などのLINEをするのも、カップルLINEあるあるです。早く着きすぎた場合なども、「今着いたよ。時間にはちょっと早いから〇〇で待ってるね。ゆっくり来て大丈夫だよ」など自分の居場所を伝えることができます。

LINEのカップルトーク

では、カップルLINEにあるあるな恋愛トークの内容についても見てみましょう。

ずっと一緒にいよう

付き合いたてのカップルにありがちなLINEは、「ずっと一緒にいようね」などの内容です。まるで一生一緒にいようのような確約をしている重い感じのLINEですが、本人たちは以外と普通にLINEをしています。

女性は付き合っていても、心理的にその関係性に不安を感じる人が多くいますので、今の自分たちの気持ちを伝えるという意味でこのようなLINEをもらうと、とても安心するようです。自分だけでなくて相手も同じように大切に思ってくれていると感じるようです。

ハートの絵文字

ハートの絵文字をよく送るのも、カップルLINEによくある光景です。ラブラブな時ほど、その頻度は増えます。女性は抵抗がないかもしれませんが、男性は、LINEを開けたとたんに真っ赤なハートの絵文字だらけというのは、「嬉しいけど、ちょっとびっくりする」ようです。

どのくらい相手のことが好きか

相手のことが大好きで、大好きで、それを伝えたい!と思うカップルは、自分がどれだけ相手のことを想ってるかをLINEで伝えようとします。「〇〇君のことが好きなの。いますぐ○○君のところまで飛んでいきたいくらい好き」など、気持ちを伝えようとします。お互いがそのようなテンションでいればよいのですが、自分だけ盛り上がってるような場合は注意が必要です。

体調の報告

「今日熱が出た」「風邪ひいたかも」なんていう、体調を知らせる内容のLINEもカップルLINEのあるあるです。助けてほしいわけではないけれど、相手に知らせることで、知ってほしいということが多いようです。

連絡が途絶えがちのときも、事前にこのような体調を知らせるLINEを送っておくことで、相手も「返事がないけど、調子悪いって言ってたもんな」とか、「体調悪いんだから、返事は後日で大丈夫」と言えますね。

長く続くカップルのLINEとは

では、長く続くカップルLINEの特徴はどのようなものがあるのでしょうか?

内容や話題

長く続くカップルLINEの特徴として多いのが、内容や話題が相手の負担にならない程度の軽いものが多いということです。相手がLINEの内容を見ても、深く考えてしまわない、不快に思わない内容や話題が多いようです。

また、文章も、相手が安心し、幸せを感じるような言葉を使うのもポイントです。カップルのLINEは、一日の終わりにすることも多いので、LINEをして幸せな気分で寝ることができると思うようなLINEを心がけている人が多いようです。

メッセージの間隔

長く続くカップルのLINEに特徴的なものとして、返事の間隔があります。既読スルーもアリなお互いが無理をしない程度の間隔で返事をしあうことができるようです。

時々、自分の不安解消のためだけに、「返事は何分以内でね」なんていう無茶ぶりをする人がいるようですが、男女関係は無理をしたら、長くは続きません。お互いが自然体で返事の間隔を考えることができるようになりたいですね。

やりとりの頻度

長く続くカップルは、LINEの頻度もお互いの負担にならない程度の回数にとどめているようです。ラブラブの時期はどうしても自分の想いを相手に押し付けてしまいがちになりますが、長く続くカップルは、それでも相手のことを考え、LINEをしているようです。

スタンプ

長く続くカップルのLINEの特徴として、スタンプを効率よく使っているというものがあります。気持ちを的確に表しているスタンプをタイミングよく使うことで、時間の節約にもありますし、相手への伝え方も効果的です。

続かないカップルのLINE

では、関係が長く続かないカップルのLINEに特徴はあるのでしょうか?

思いやりのない内容

関係が長く続かないカップルのLINEの特徴として、付き合いたては、頻繁にLINEを送りあっているものの、ラブラブな時期が過ぎると、途端にLINEの回数が減ったり、内容も相手のことを考えないようなものを送りつけたりするようです。

そのうちに「おはよう」「おやすみ」などの言葉もスタンプで済ますようになり、心が離れていくようです。また内容も日ごろの愚痴や友人や知人の悪口など、相手がLINEを読んだ時にあまり気分の良いものではないものも多いようです。

メッセージの間隔

長続きしないカップルのLINEの特徴として、メッセージの間隔が決められていることも多くあるようです。「〇分以内で返事ちょうだい」など相手が窮屈に感じてしまうような決まり事を作っているようです。

スタンプの種類

関係が長く続かないカップルのLINEの特徴として、スタンプの連打や文章のほうが良い事をスタンプで代用してしまうようです。相手のことを考えず、忙しい時間帯にスタンプの連打をしてきたり、予定を聞いているのに、どうでもいいようなスタンプを送るようなことが多いようです。

まとめ

いかがでしたか?カップルのLINEには、色々な特徴がありましたね。LINEはタイムリーな使い方ができるツールとして便利なものですが、その分、カップルの場合は、相手のことを思いやる必要のあるものだということもわかりました。

恋愛関係においては、自分を抑え込んだり、相手に合わせて無理をするような関係は長くは続かないでしょう。やはり自分に正直に、そして相手をどれだけ思いやることができるかということが、関係を長く続けることができる秘訣のようです。義務や強制ではなく、自然とお互い無理をせずに相手を思いやることができるLINEのやり取りができるように心がけたいですね。

関連記事として

LINEを好きな人とする時の注意点は?彼を落とすためのテクニックを紹介!

LINE(ライン)が続かないのはなぜ?その理由と対処方法を知ろう!

キャバ嬢のLINE(ライン)テクニックが凄い!自分の恋愛にも使ってみよう!

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする