LINE(ライン)が続かないのはなぜ?その理由と対処方法を知ろう!

一人でいるときも大好きな彼のことを思い「今何してるだろう」「どこにいるんだろう」なんて考え始めたらどんどん彼の事で頭がいっぱいになってしまうことはありますよね。

そんな時に一つのツールとしてLINEを使用する人は今は多いんじゃないでしょうか。しかし、相手への気持ちが大きすぎて自分ばかりが一方的にメッセージを送ってしまって返信がこなくなったり、会話が弾まないこともあるはず。

そんな時は余計に不安感に襲われてしまいますよね。でもそんな時にはやりとりが続かない理由を考えてみてください。好きな人とのLINEが続かない4つの理由と続けるためのポイントを見て行きましょう。

これはお付き合いしている人でも片思い中の人でも当てはまるのでチェックしてみてください。

好きな人とのLINEの続かない4つの理由

LINEのやりとりが続かない人には何かしらの原因があります。その原因は自分にあるかもしれないし、相手にあるかもしれません。

でもその理由を知れば改善することもできますよね。それではやり取りが続かない4つの理由をみていきましょう。

LINEを送るタイミングは悪くない?

実はあなたが好きな男性にメッセージの送る時間帯というのも相手が返信しやくなる重要なポイントなんです。

相手の生活や行動を予測して相手が見やすいタイミングにメッセージを送った方が早いうちに返信される率はもちろん高くなります。

たとえば朝早くから仕事している彼に深夜にメッセージを送っていたとしたらとても迷惑ですよね。または朝の時間は仕事前でバタバタしていたりする場合もあるので後回しにされがちです。ましてや内容の重い長文や返信を投げかけるようなメッセージであれば、簡単に返信をするのも難しくなるでしょう。

また、相手が誰かと一緒にいたりなどプライベートの時間も返信が遅れてしまう可能性があります。迷惑にはならないかもしれませんが返信が遅れてしまうのはしょうがないことでしょう。

このように送るタイミングでも相手のレスポンスの早さに影響してしまうのです。相手の行動を把握するのは難しいかもしれませんが、自分だったらどういう時に返信するかななどと、相手の立場に立ってみるのもいいかもしれませんね。

自分の気持ちを押し付けていない?

いくら好きな人でも一方的にLINEを送り続けるのも問題です。

なかには返事がなかなかこないからといって不安になり、かなりの頻度でメッセージを送る人もいますがそれはかえって相手を困らせる原因になる場合があるので相手の返信タイミングを考えてあげましょう。

便利なことに既読表示の機能があるので、読んでいるはずなのになんですぐに返信してくれないの?と思いがちですが仕事中かもしれないし、返信する余裕がないかもしれません。

いくら相手との仲を深めたくても一方的すぎてしまうといい関係性も壊れてしまう可能性があるので気をつけましょう。

ネガティブな長文送ってない?

気軽にやり取りできるLINEですがそのメッセージの会話内容も大切になります。

自分のことを知って欲しいあまりに、一回で長文の悩み相談のような重いメッセージを送っていませんか?男性としてはたまに弱音を見せて自分のことを頼ってくれることに対してはうれしいと思いますが、あまりにも内容が重すぎたりしてしまうと言葉だけだととても難しく、なかなか容易に返事をすることが難しくなってしまいます。

それは好きな人だけではなく、同性の相手でも同じですよね。返信をためらってしまうようなネガティブな長文メッセージは男女問わずに引いてしまうでしょう。

もし話を聞いてほしいのであればそれこそ、「悩みがあるから相談に乗ってくれない?」と会う約束をした方がいいですよね。メッセージの内容や言葉から相手の気持ちを全て汲み取るのはとてもむずかしいので、できるだけ大事な内容は会った時にする方がいいでしょう。

相手に伝わってる?

たまにLINEのスタンプだけを送ってくる人がいますが受けた側からすると全く意味不明で何を言いたいのかがさっぱりわかりませんす。それがおはようなどのあいさつスタンプならまだしも、何を言いたいのかわからない意味不明のLINEがくると、何を求められてるのかわからなくなり、相手も引いてしまう可能性大です。

女性からしたらそのスタンプには特に意味はなくかまって欲しいだけかもしれませんが、男性からしたらその女性の心理を理解するのは難しいでしょう。

もしくはそのスタンプに対して返信してくれる男性は本当にあなたのことが好きなのか心から優しい人なのでしょう。

相手から返信が欲しいのであればスタンプだけではなく一言でもメッセージを付け足しましょう。顔が言えないからこそ表現はわかりやすくした方が返信が来やすくなります。

相手の気持ちを知ろう

やり取りが続かないのは自分のせいじゃなく相手が原因ということもあります。

あなたの好きな彼はどういったタイプなのか一度考えてみましょう。

彼はマメにメッセージを送る人?

そもそも会話が続かないまえに彼はLINEなどををまめに返信する人ですか?

もしあまりメールでのやり取りが苦手な人ならあなたが原因ではないかもしれません。もしLINEなどの顔が見えない相手とのやり取りが苦手であればそれこそ電話をしたり、直接会ったりしたほうが相手からしたら簡単なのかもしれません。

LINEはチャット形式で手軽な連絡ツールですが中には文章を打つことが苦手な人もいるのであなたの好きな彼がどういう人なのかを知るべきですね。

そういった人とのやり取りは短文で簡潔に用件を伝えるのがいいでしょう。

相手の返信内容はどう?

自分が送ったLINEメッセージについて彼からはどんな返信がありますか?

返信の言葉は一言で短いか、話を膨らまそうとはしていないか、もしくはスタンプだけの返事か。返事と言っても様々ですよね。

もしあなたの問いかけだけに対して一言しか返事がきていなければ、あまりやりとりを続けようとはしていないのかもしれません。

また、会った時の彼は優しいのにメールだとそっけないというのも注意が必要です。もしかしたら、彼はLINEでのやりとりが少しめんどくさかったり、大事なことは会った時に話したらいいのにと内心思っている可能性があるでしょう。

いつもの彼となんだか違うなと感じたら少しメールの頻度を下げて相手に合わせて見てはどうでしょう。

彼の気持ちは考えていますか?

あなたが片思い中であって返信が来ずに悩んでいるのならば、もしかしたら彼には彼女もしくはあなた以外の好きな人がいるかもしれません。もしくはあなたの彼を好きな気持ちが伝わってしまっているかもしれません。

その場合はどんなにメッセージを送るタイミングも考えても、内容を変えても改善されないこともあるでしょう。

そう考えることはとても辛いことかもしれませんが、返信がなかなかこないということはその可能性もなくはないのです。

好きな人を意識すればするほど、気持ちが大きくなり、相手にもメッセージを通してあなたの気持ちが伝わってしまうでしょう。

もし相手にあなたの他に大事な人がいるのであればLINEを一方的に送り続けるのは逆効果になってしまいますので控えは方がいいかもしれません。

やりとりが長続きするためには

好きな相手とのメッセージのやりとりを続けたいのであれば、当たり前ですが、相手が返信したくなるようなメールを送る必要があります。

自分本位になるとこれがなかなかできていなかったりするので意識してみましょう。

相手の興味のある話題をすること

まず大事なのは相手が返信しやすい内容から始めることです。

話のネタがなければ会話を続けることは難しく、デートができたとしてもなかなか盛り上がることはないでしょう。

もし相手のことを知らないのならまずは雑談系から始めましょう。天気がいいねから始まり、相手の趣味や興味のあることから話を膨らませて行きましょう。

共通の趣味があればそこから話が弾みますし、相手の行動パターンを知りながらも会話が弾むでしょう。

まずはライトな話題から始めてみましょう。

会いたくなるようなやりとりをする

LINE会話はそれ自体が目的ではなく、好きな相手との距離を縮めるツールの一つということを忘れてはなりません。

対面して会話をすることが一番大事なことなので、全てのことをLINEで済ませてしまうと、いざ相手と会った時に会話のネタがなくなってしまいます。

もし聞いて欲しいことがあったとしてもLINEではなく次に会った時に聞いてもらえればよりいいですよね。

次に繋がる話題をしたり趣味などの話題などを振って次に会う約束を取り付けられるやりとりをしましょう。

返信を待たない女になる

そもそも相手の返信を待ってしまっていませんか?

本当に急を要する内容であれば電話すればいいですし、自分の気持ちを優先しすぎてしまうと苦しくなってしまい、相手に対して傲慢な気持ちが出てしまうでしょう。

もしその相手が相思相愛のパートナーだったとしても相手には相手のタイミングがあるので送ったら気長に待つ!それだけです。

待ってしまう間にあなたはどんなことをしていますか?その時間を待つ時間にするより、次にあった時に相手との距離を縮められるように外見を磨いたり、女子力アップのために時間を使った方がいいと思いませんか?

きっと相手の返事を待ってしまうのは自信のなさの表れからきているのかもしれません。

まとめ

いかがでしたか。

相手の表情が見えないことによって不安にもなれば周りが見えなくなることもあるのです。

そのため相手の気持ちを無視した自分本位のメッセージを送ってしまい、やり取りが続かなかったり返信がこなかったりしてしまうと相手との距離をまた縮めることも難しくなるでしょう。

相手の表情を見て会話ができない分メッセージのやりとりは文面一つで自分の印象を良くも悪くもすることができてしまうんです。

なのであまりLINEなどのメッセージにとらわれずに相手と一緒にいる時間を大事にして行きましょう。

関連記事として

LINEでの会話を長続きさせるテクニックを知ろう!切り出し方は?

lineの駆け引きを知ろう!モテる男女が使うテクニックを紹介!

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする