ランチョンテクニックって何?仕事や恋愛に使ってみよう!

ランチョンテクニックをご存知でしょうか?

心理学の一つでランチョンテクニックと言う心理効果を使い、恋愛や仕事で活用する事が出来るのです。

今回はこのランチョンテクニックを使った恋愛のテクニック、仕事で活用するにはどうするかなど様々な視点からご紹介していきます。

ランチョンテクニックとは?

ランチョンテクニックとは心理学の一つになります。あまり聞きなれない言葉ですが、実際には政治での交渉時や、普段の何気ない生活の中でも多くの人が自然と行っている行動かも知れません。

先ずは具体的にどんな意味なのか、またランチョンテクニックを使った実験について説明していきます。

ランチョンテクニックの意味

ランチョンテクニックはアメリカの心理学者グレゴリー・ラズランが研究をして明らかにし名付けたものです。この心理作用は食事をしながら相手と会話をする事で、相手に対して良い感情や印象を持たせることが出来るのです。

交渉をする際、こちら側の意見を通したい時に、美味しい物を食べながら交渉をすると人間関係を友好にして、話を受け入れやすい状態になるのです。美味しい食事にポジティブな感情を持つことで、一緒に食事をしている相手に対してもその印象が影響してくるのです。

相手に頼み事や要求を受け入れてもらいたい時は、美味しい食事をもてなしながら交渉すると成功しやすいと言われています。

ランチョンテクニックの名前の由来

ランチョンは英語でluncheon、昼食、ランチ、昼飯、などの意味があります。昼食をとりながらいろんな交渉をするテクニックなのでこのような名前が付いたと言われています。

また実際にはランチだけではなく、夕食でもこのテクニックは活用する事が出来るようです。

ランチョンテクニックによる実験

アメリカの心理学者グレゴリー・ラズランが実際に行った実験があります。

  • 食事をする前に政治的意見の会話をする
  • 食事をしながら政治的意見の会話をする

食事が終わった後、被験者たちに自分の意見について、どう思ったのかを聞いてみました。すると食事をする前の政治的意見より、食事をしている時に意見した方に好意的な評価を持ったそうなのです。

また、食事中に悪臭を漂わせながら意見を述べた時は、その意見に対して否定的な評価になったというのです。美味しい食事の効果で、その評論の印象が良い物へと変わる事がわかったのです。

フィーリング・グッド実験

イェール大学の実験心理学者で、集団思考の研究でも有名なアーヴィング・ジャニスがこのランチョンテクニックの研究を更に実験的に確かめる為、フィーリング・グッドと言う実験をしました。これは「ガンの治療法」などについて説得文を読んでもらう実験です。

  • コーラとピーナッツを食べながら説得文を読むグループ
  • 何も食べずに説得文を読むグループ
  • 不快な環境で説得文を読むグループ

結果、コーラとピーナッツを食べながら説得文を読むグループは説得方向へ変化した人が多く、何も食べないで説得文を読んだグループは説得に対して特に変化が見られませんでした。不快な環境で説得文を読んだグループは逆に否定的な意見へと変化してしまった人が多くなったようなのです。

このような結果から、ランチョンテクニックを更に詳しく実験した心理学者ジャニスはフィーリング・グッド実験により、人は食事をする事で良い気分になり、説得されてしまうのではとの研究結果を出しています。

実際世界中で政治的な交渉などをする時は会食をする事が多いですよね。また、企業の商談会や勉強会などでもランチセッションのように食事をしながらの説明をする事がよくあります。美味しい食事をしながら会社の製品の良さなどを発表する事で、その印象を良く見せる効果があると言われているのです。

仕事で使うランチョンテクニック

例えば営業マンなどが取引先などに仕事の依頼をする時、電話やメール、直接訪問など様々なやり方での営業方法があると思います。

しかし昔から使われている営業方法で、接待がありますよね。現代では会社によってはマイナスのイメージもある事から禁止している企業も増えてきています。しかしこの「接待」と言うのはランチョンテクニックを上手く使っている手法なのです。

たとえ他人でも打ち解ける事ができる

美味しい食事をする事で、出会ったばかりの他人でもお互い打ち解ける事が出来るのです。食事と言う楽しい時間も会話の内容や相手の印象に対してより良い印象を与えられるのです。

そして、料理を楽しみたいと思う心理が働くので相手と良好的な関係を築きたいという心理になるのです。すると、こちらの要望や提案等を受けいれてくれる確率が高まる効果があるのです。

楽しい懇親会が評価に繋がる

今後長期的に取引をしていきたい顧客とは、懇親会などを定期的に行う事が重要です。いつも会議室などの堅苦しい場所で話をするのではなく、食事の場を設ける事で親近感を得る事が出来るのです。そしてその場をいかに楽しく過ごしていただくかが重要になるのです。

お客様の好みなどをあらかじめリサーチし、優遇感を持っていただくためにも少し高めのお店を選ぶと良いでしょう。あまり高級過ぎてマナーなどに気を使うお店は避けるようにして下さい。

お客様が満足して懇親会に参加してくれる事で、営業マンや仕事を決めたい人たちの好感に繋がるのです。更に信頼関係が深まり長期的な取引をして行く事が可能になるのです。

お店の選び方

ランチョンテクニックを使うにあたり、より効果的な心理を高めるには、より雰囲気の良いお店選びが重要になります。大切な顧客なので、高級なフレンチや一見さんお断りのような今後も入りにくいようなお店は相手を緊張させてしまう可能性があります。

かと言って、物珍しい異国情緒あふれるお店や気軽な居酒屋ではお客様も幻滅しかねません。そこでおすすめなのが、日本人ならではの和室のお店です。和室には心理的に心をリラックスさせる効果があると言われています。

い草のいい香りが安心感を与えるようです。高級過ぎず、かつチープ過ぎない和室のあるお店を選び、ランチョンテクニックを併用する事で商談などもうまく行く傾向にあります。

食事会の後はお礼メールを忘れずに

先ずは接待した側からのお礼メールはとても重要なポイントになります。会食が終了して、お客様と別れてから帰宅途中に送信するのです。しかしこの「お礼メール」ですが、出来ればあらかじめ準備して保存しておきましょう。

その理由は、メールをすぐ送る事が出来ると言う事と、会食などの席ではお酒を飲む事もありますよね。更にランチョンテクニックの効果が効き、お酒も入る事でより親密さが増すので、つい解放的になって気軽な文章を送ってしまう可能性もあるのです。お酒の場では親密になって信頼関係を築くことは大切ですが、お礼メールで親密すぎる気軽な内容はビジネスマナーとしては良くないですよね。

その為、事前にメールを作成しておくことが重要なポイントになるのです。本来は、ご馳走になった側からお礼メールを送るのが正しい行動ですが、そこは敢えて接待したこちらがお礼メールを送る事で相手側に良い印象とインパクトを与える事が出来ます。更に良い印象として相手の心に残る事になるのです。

営業マンや仕事を決めたい人は、お客様と良好な関係を築いて行く事が最重要となります。このランチョンテクニックを併用しながらセールス活動を活かしていく事が出来るのです。

恋愛で使うランチョンテクニック

ランチョンテクニックは恋愛でも活用する事が出来ます。

  • 好きな人がいるけどなかなか前に進めない
  • 好きな人とデートする事になった
  • デートのプランが決まらない

このような悩みを抱えている人はまず、食事に誘う事がおすすめです。政治的意見を求めるような会合から、身近な飲み会などでもランチョンテクニックは活用する事ができるのです。それくらいランチョンテクニックは意識していなくても、ごく自然に一般的に行われているのです。

恋愛でこのランチョンテクニックを使うには先ずはデートプランに美味しい食事を組む事が大切です。男性でも女性でも活用できるので是非参考にしてみて下さい。

食事から共通点を見つける

好きな人が出来た時、親しくなりたいと思ったら、まずお互いの共通点を見つける事です。人は共通の物事があるとそれだけで親近感を持つようになるのです。しかし、なかなか共通点を見つけるのが難しく感じている人は、食べ物の会話をする事でお互いの共通点を見つける事が出来ます。

食事は誰しも必ずするものなので、共通の食べ物の話題で話が膨らみやすいのです。難しい知識も必要なく気軽に話せることがポイントです。苦手な食べ物、食わず嫌い、好きな食べ物、大好物と話は尽きないでしょう。先ずは食事の会話で共通点を見つけるようにしましょう。

そこから「じゃあ次は○○へ食べに行こう」と約束を取る事が容易にできるのです。誘われた方も好物の食べ物なら抵抗なく受け入れる事ができるはずです。先ずは食事の共通点を見つけランチョンテクニックへと進める準備が大切なのです。

とにかく美味しいお店を選びましょう

相手の食べ物の好みがわかったら、とにかく美味しいお店を探して一緒に行くようにしましょう。何を食べても美味しいお店を選ぶことが重要です。また、相手が選んだ同じメニューを選ぶのも良いでしょう。同じ物を美味しいと言い合う事で二人の距離は更に縮まると言う心理効果があるのです。

ここでチェックしたいのが、本当に同じ感覚であるかどうかです。自分が「あれ?いまいちだな」と思ったのに対して相手が「美味しい!」と言った場合、共感し合える人かどうかの相性がわかるのです。味覚が似ているならば相性は抜群と言う事にもつながります。

また、同じ物ではなく、違う種類のメニューを頼んでシェアするのもおすすめです。相手が「どっちにしようか悩む…」と言ったら「じゃあ、二つ頼んでシェアしようよ!」と言うのです。

中には嫌がる人もいますが、両方食べたいと思う人も多いので、このやり方は二人の距離を縮めるには良い方法です。「こっちはこんな味で美味しい」など語り合う事で、美味しいと言う記憶がランチョンテクニックの効果で良い印象へと繋げられるでしょう。

美味しい食事で脳内物質ドーパミンを出す

ドーパミンは快感ややる気に大きな影響があると言われています。学習能力や記憶力に多く影響を与えるのですが、このドーパミンが分泌されることで快感に結びつく感情を得ると、その記憶が忘れられなくなるのです。

つまり、美味しい食事をする事で、脳内は美味しいと言う感情からドーパミンが分泌されます。それにより、一緒に食事をしている相手に対して、この人と食事をすると楽しいと言う気持ちに変わり、より親密になりたいと脳が記憶するのです。

美味しい食事をしながら好意を伝えたりすると、ランチョンテクニックの効果とドーパミンが分泌され、より成功しやすい状況になり親密度アップもします。

アンカリング効果を併用する

アンカリング(アンカーリング)効果とは、最初、もしくは同時に提示された印象的な情報などが基準となり、その後の行動に影響を与える効果のことを言います。

例えば食事に誘う時、高級なお店、手頃でアットホームなお店、チープなお店の中から選んでもらうのです。高級なお店は申し訳なく感じるし、チープなお店は嫌だなと、だいたいの人は手頃でアットホームなお店を選びますよね。

そして実際そのお店で食事をしたら、手頃な料理を想像していたのに、ものすごく美味しい料理だった場合、印象がかなり良くなりますよね。これがアンカリング効果です。その食事が更に美味しいとなると嬉しさも倍増となり、アンカリング効果と共にランチョンテクニックの効果でその人の印象が良くなるのです。

その後もその人と一緒にいると嬉しい気持ちになる事が記憶され、お付き合いが始まるきっかけになるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ランチョンテクニックは、いろんな場面で活用する事ができるのです。世の中には知らず知らずのうちにこのランチョンテクニックでの交渉が行われているのですね。

またランチョンテクニックと他の心理術を利用しての恋愛効果を発揮する事がわかりました。先ずは食事デートから始める事が最大のポイントです。なかなか恋愛へ発展できない人も、共通の好みの食事に誘う事で心を許してくれる関係になるはずです。

ランチョンテクニックの心理効果を利用して素敵な恋愛関係を成就させてくださいね。この記事をきっかけに、ビジネスチャンスや恋愛のチャンスがうまくいくよう願っております。

関連記事として

心理学を使った恋愛テクニックを紹介!意中の相手を意識させよう!

ピーク・エンドの法則は恋愛やビジネスで使える!そのテクニックとは?

ツァイガルニク効果とは?恋愛や仕事に活用する方法を知ろう!

これらの記事も読んでみてください!