ツァイガルニク効果とは?恋愛や仕事に活用する方法を知ろう!

何かを中途半端で終わった事柄について、記憶が残りやすくなる現象のことを、ツァイガルニク効果と言います。あまり聞き慣れない名称だと思いますが、簡素に言うならば、続きが気になる心理現象のことです。例に挙げますと、シリーズモノのDVDを1話から鑑賞し続けていて、最終話だけが何処にもありません。

そして、色んな方法で探したものの最終話だけは見つらなかったとします。そうなれば、殆どの人は最終話が観たくて仕方ない気持ちになるはずです。それに、観れない状況が続くとストレスになって、苛々する可能性もあります。このように、物事を最後まで成し遂げたい気持ちこそがツァイガルニク効果です。

ツァイガルニク効果の由来

ツァイガルニク効果の誕生は、ドイツのゲシュタルト心理学者と旧ソビエト連邦の女性心理学者ブルーマ・ツァイガルニクの仮説によって始まったそうです。人間の記憶についての研究から「人は目標に向かっている時は緊張感が生まれるが、目標が達成されると緊張感は解消される」という仮説です。

1931年に、この仮説は心理実験によって実証され、女性心理学者の名前をとってツァイガルニク効果と名付けられたとのことです。「人は達成出来なかった事柄や、中断している事柄に対して、より強い記憶や印象を持つ」という概念で、夢中になり完了間近なものほど度合いが強くなる心理現象です。

身近な活用事例や実験事例

マーケティングで、ツァイガルニク効果を発揮させることが出来ます。もちろん、正しく理解した上で活用しないと効果の発揮は期待出来ません。ここでは、ツァイガルニク効果について、身近な活用例や実験例をまとめていきます。恋愛や駆け引き、マーケティングなどを成功させたい方は特に必見です。

ツァイガルニク効果を活用する際の注意点ですが、ツァイガルニク効果は緊張を持続させる原理を用いていますので、あまり多用すると相手にとってストレスにしかなりませんし、期待させ過ぎるのも良くありません。それでは、ツァイガルニク効果による、身近な活用事例や実験事例を見ていきましょう。

ビジネスでの活用事例

例えば、テレビのバラエティー番組などを観ていますと、続きはCMの後で…といった感じで中途半端なところでCMを挟む直前に、予告映像を少しだけ見せてかCMに移ることがあります。そうすると、人というのは未完のバラエティ番組に強い興味を持ちます。逆にキリの良いところでCMに移ると、チャンネルを変えられてしまう可能性が発生します。そうこうしながら、ちょっとでも長く番組を観てもらう工夫をするのです。

他にも、ツァイガルニク効果を活用した、ビジネスでのマーケティング戦略があります。仮に電子書籍なら、小説であれば最初の数十ページ、漫画の単行本などであれば最初の1巻を無料で呼んでもらうことで、より効果を発揮することが見込めます。人は完成されている情報よりも、未完のままの物や情報のほうが記憶に残り、気になるものです。ビジネス成功の裏側には、ツァイガルニク効果が活用されているかもです。

ブログ記事の活用事例

自分が作成する色んな記事を、不特定多数の方に読んでもらいたいと思う人が、個人で開設して書き込めるのが個人ブログです。そのブログ記事でも、ツァイガルニク効果を活用することが出来ます。例えば、個人のブログ記事でも1つのテーマで完結させずに、記事の最後あたりで読み手からすれば、興味を惹かれるような事柄を記述します。要するに、次の展開や続きが気になるような内容で、文字を締め括ります。

つまり読み手にとって、ここでも未完の状態を創ることで、次の記事のリンクや他の関連記事にも興味を抱いてくれるようになるでしょう。簡素なブログ記事や、メールマガジンであれば読み手に問題を出して、翌日に解答することを告げることにより、読み手が解答を求めるというツァイガルニク効果を狙うことも可能です。特に、ブログの場合は記事のタイトル部分で、ツァイガルニク効果を存分に活用出来ます。

恋愛における実験事例

恋愛においても、ツァイガルニク効果を発揮させることは可能です。言い方には語弊がありますけど、とある実験事例をご紹介します。メールやLINEの返信が来ない状態は、相手にとって何とも精神的に中途半端な状況であると言えます。相手は返信が来ない間、こちら側のことをアレコレ考えてくれる可能性が高いです。毎度、遅いと相手も慣れてきますが、時折り返信を遅らせることで特別な意識をこちらに寄せます。

それから、自分のことを話すのは恋愛する相手にとっても、二人の絆を深める意味で大事なことですが、情報を小出しにすることで、ツァイガルニク効果を発揮させれます。相手にとって、こちらが謎のある状態をキープすることで、もっと知りたいと思うでしょう。こちらが、どのような人なのか判断されないように、ミステリアスな部分を残すことで、興味を惹き付けられます。ツァイガルニク効果は恋愛に応用が可能です。

記憶力UPする実験事例

現代の社会を取り巻く、WEB業界と広告業界では次々と新しい情報や技術が、入れ替わりの状態で生まれています。それに伴った、マーケティングの技法や仕事術も移り変わるため、覚えることが多くあります。脳に新たな情報などを記憶させるにも、ツァイガルニク効果を発揮させることが出来ます。完了させずに敢えて途中で一旦置いて、少し時間を経過させてから情報に触れることで、記憶に定着しやすくなるのです。

一時的な情報を扱う短期記憶領域での記憶は、30秒も持たないという実験事例があります。ですので、ツァイガルニク効果を上手に用いて、長期記憶領域の新しい情報を吸収する器官の海馬に情報を取り込んでもらいましょう。その海馬で取り込んだ情報を長期記憶領域に残すには、質の良い睡眠を取ることと寝る前に、スマホやパソコンの画面を見過ぎないよう心掛けましょう。記憶力UPにもツァイガルニク効果は有効です。

仕事でツァイガルニク効果

これまで記してきました、活用した事例や実験による事例とは異なりまして、もう少し現実的に身近な仕事でのツァイガルニク効果について、ここではご説明していきます。このツァイガルニク効果は、仕事においても上手に活用することによって、業務の生産性が向上する可能性が高いと言われています。

現代は様々な業務内容、働く時間帯、雇用形態で渦巻いております。しかし、どのような形式の仕事であっても、やはり時間の経つのが遅く感じる人や、モチベーションが無い人なども多いのが現実です。そこで、このツァイガルニク効果を用いて、働く人の意識を高めていける各パターンを見ていきましょう。

仕事を強制終了させる

この項目だけを見ると、まるで経営者側が開き直っているかのような印象があるかもですけど、そうではありません。よく巷の職場や現場でも、キリの良いところで作業を終えて、帰宅するというパターンを見かけると思います。良し悪しではなくて、そのキリの良いところで終えるのではなく、実はキリの良くないところで半ば強制的に終えたほうが、業務の生産性が上がるという効果が認識され始めています。

もちろん、毎日そうするなどの極論ではありませんし、作業の工程具合や納期の問題などもあるでしょうから、一概には言えません。ですが、キリの良くないところで仕事を強制終了出来る環境や状況であれば、実施する価値はあります。敢えて強制終了することによって、中途半端な状態で仕事を終えたほうが、終えた時の記憶と感覚が強く残り、続きを再開した時にはスムーズで効率の良い仕事が出来るからです。

仕事の資格を取るとき

職種によっては、国家試験などで合格して資格を取得したほうが、収入も将来も明るくなる場合があります。その資格の勉強をする時も、ツァイガルニク効果を用いた記憶力が増す方法をおすすめします。闇雲に、長い時間ダラダラと勉強し続けるより、何か体が疲れていると思えば手を止めて休憩します。とにかく、あなたの意思とか今日はここまでするとか決めず、集中力が低下してきたり眠くなれば休憩を優先します。

先ほどの項目と類似した部分がありますが、この資格を取ることを見据えた場合は、記憶力を司る脳を労う必要があります。日中は仕事をしていて、終えてから勉強をするというパターンですので、変に無理をしても疲れがあれば、集中力は下がり脳が記憶を吸収する力も低下します。疲れを感じたら、すぐ休憩する癖を付けて、勉強の続きが気になり出せば再開するというリズムが、最も記憶力を保ちますし賢明です。

働き方改革と同じ理屈

日本政府が2019年度に、働き方改革案を実行する可能性が濃厚となっておりますが、理屈だけで考えれば同じ感覚ではあります。残業時間を制限し、限られた時間内で生産性を上げることが、働き方改革案の源です。ツァイガルニク効果は心理学ですが、要点は同じことと言えます。しかし、最も肝心なのは生産性を上げて効率もUPしたものの、残業代は入らなくなり実質賃金が下がるようなら、元も子もありません。

仕事における、ツァイガルニク効果の活用について、これまでの項目ではスパッと業務を終えたり、勉強の手を止めて即座に休憩するといった内容でした。ですが、意識してツァイガルニク効果を用いた方法もあります。やり方は至って簡単で、微妙に仕事を残して不完全な状態のまま、仕事を終えて帰ります。ここまでと思っていた一歩手前で仕事を終えても、気になる意識は残りますので次に活かせるのです。

まとめ

今回は、ツァイガルニク効果という気になる状態のまま、仕事や常日頃の生活に用いる方法などについて綴らせてもらいました。このツァイガルニク効果は敢えておこなうか、意識してしないと実施しづらい心理実験のような印象を持たれた方も、いらっしゃったかも知れませんね。

ところで、このツァイガルニク効果は気になる状態、つまり一種の緊張状態が続くことも意味しています。要するに、ストレスが掛かってくることが懸念されます。自分の心身をセルフマネジメント出来る自信をつけてから、ツァイガルニク効果を得れる試みをするのが理想でしょう。

関連記事として

心理学を使った恋愛テクニックを紹介!意中の相手を意識させよう!

ミラーリング効果を心理学的に解説!恋愛のテクニックにも使える?

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする