男性が惚れ直すのはどんな時?相手を惚れ直させる方法を知ろう!

長く連れ添った夫婦やカップルが、相手に抱いているのはただの情なのか、愛情なのかわからなくなってしまうことがあります。いわゆるマンネリと言うもので、どんなに付き合い初めのころはどんなにラブラブ度が高くても、時間がたてば必ず訪れるものです。そのまま破局というケースもあります。

しかし、もう一度愛が戻るケースもあります。何気ないことで意外に人は相手に失望し、また惚れ直すことができます。慣れ切って相手に期待していない分、些細なことで意表を突かれて、新鮮な気持ちを取り戻したりするものです。

ではどんなシュチュエーションで人は相手に惚れ直すのか、考えてみましょう。

惰性の関係を打ち破る

「惚れ直す」ということは、辞書では「もともと好きであった、惚れていたものに対し、あることをきっかけにますます魅力的に想う、惚れた思いを強くすること。また好きな異性や心酔する相手について、知らなった面を発見し、喜ぶこと」とあります。

知らなかった一面を発見し、喜ぶことという言葉にヒントがあります。

また、マンネリからの愛情の枯渇は、男女同じタイミングでくるとは限りません。彼がマンネリ気味でも、あなたの方はまだラブラブのままだったらつらいですよね。まして自分が飽きられたなどと思いたくはありません。

長く一緒にいて見慣れ過ぎたものでも、ひと工夫すれば、新鮮な気持ちがよみがえります。いつもとは違った、彼氏が知らなかった一面を見せて、もう一度あなたに恋してもらいましょう。相手に惚れ直すということは、新しく恋に落ちるのと同じことです。

彼があなたに惚れ直す瞬間

どんな時に、彼はあなたのことを好きだと感じるのでしょうか。カップルの数だけ惚れ直すポイントはあるのですが、良く見られるシーンを紹介します。

家庭的な一面が見えたとき

例えば冷蔵庫の残り物で一品作れる手際の良さや、とれたボタンを、服を着たまま手早くつけてくれるなど、家庭的な一面を見たとき、彼女でよかったと思うポイントです。一種の女子力と言ってもいいでしょう。恋人から一気にこの彼女と結婚するならどんな家庭になるだろうかまで思考が進む可能性もあります。

カバンの中にソーイングセットや絆創膏を持ち歩いている女性は少なくなりました。他の女性と差をつけるポイントになるかもしれません。ハンカチやティッシュといった基本的なものと一緒に持ち歩きましょう。

涙を見せたとき

女性の涙に弱い男性は結構います。ですが使い方を誤ると、惚れ直すどころか面倒な女として切り捨てられかねませんので、諸刃の剣です。

例えば喧嘩をして、泣いてしまう。これは「ごめんね」などの素直な言葉と一緒に、ぽろっと出るくらいにしておきましょう。相手を攻め立てながら泣きわめく、などは最悪です。

彼女の方に落ち度があったとしても、よっぽどのことでないかぎり、素直に謝ったのなら相手は許してくれますし、涙を見せることによって保護欲も刺激され、もう泣かさないようにしよう、と決意を新たにするのです。

普段泣かない人ほど効果的なので、涙はここぞという時に使うようにしましょう。

疲れたときに側にいてくれたとき

体調を崩したり、失敗して落ち度こんでいるときに、側にいてくれる彼女を、彼は自分にはこの女しかいないと思ってくれます。

彼氏が体調不良で寝込んでいるのなら、買い物や食事の世話など甲斐甲斐しく動いている様は相手を癒しますし、仕事がうまく行かなくて心が疲れているときは、ただ側にいるだけでもいいのです。相手が弱っているとき、側にいるだけで彼はあなたに惚れ直しています。

「ありがとう」を伝えたとき

プレゼントをもらったとき、度喜んでみせるといいそうです。一度目は貰ったとき、二度目はプレゼントの中身を知ったとき、そして三度目はそれを手に取ったときです。特に大事なのは三度目です。相手の顔をみて、とびきりの笑顔で「ありがとう」と言われたとき、相手はもっとあなたを喜ばせてあげたいと思うのです。

またデートの後などにメールでもラインでもいいので、今日はありがとう楽しかったという、感謝の言葉を伝えましょう。それだけでもずいぶんと心証は違います。なんでもしてもらって当たり前の態度よりは、小さなことでも感謝してくれる女性の方が男性もやってあげ甲斐があるのです。

あなたが彼に惚れ直す瞬間

逆にあなたが彼氏に惚れ直すのはどんなときでしょうか。マンネリを感じていてもいなくても、キュンとときめく瞬間はあります。長く付き合ってきたのなら特に、相手の容姿も環境も変わってしまうものですが、女性が男性に普遍的に惚れ直すポイントをご紹介します。

頼りがいを感じたとき

普段は面倒くさがりで、彼女に任せきりな彼氏が、いざという時に頼りがいを発揮してくれるときに、彼女は惚れ直すようです。

例えば言葉の通じない旅先でトラブルに巻き込まれたとき、突然の車両トラブルにあったときなど、お互いに焦っているはずなのに、冷静に対処してくれる姿は輝いて見えます。ピンチに襲われたときこそ、なんとか助けてくれようと奮迅する男性に女性はときめくもののようです。

新婚旅行先の海外で、男性の頼りがいのなさに女性があきれて日本に帰ってきてすぐ離婚してしまう、「成田離婚」が昔話題になりました。やはり女性は頼りがいのある、男子力の高い男性を好みます。

疲れている時に労わってくれたとき

心身が疲れているときに相手に惚れ直すのは、これは男女共通のようです。

疲れたときに甘いものを買ってきてくれる、ただ側にいてくれるなどです。自分をわかってくれているという安心感と、側にいてくれる嬉しさに女性は惚れ直します。

側にいて仕事の愚痴を聞いてくれたり、つい八つ当たりしてしまったり、感情的になって他の人なら喧嘩になってしまいそうなときでも、責めたりせずにただ側にいるだけで、受け入れてもらえている気分になります。この人だけはいつでも自分の味方でいてくれるという心の広さに、この人に、女性は一生ついていこうとまで思えます。

真逆のパターンとして、彼女が仕事の愚痴やストレスを言ったときに、アドバイスし始める男性は大いに失望されます。

ギャップを見つけたとき

頼りなさげな印象だったのに、いつの間にか脱いだら細マッチョになっていたり、いつも無印やユニクロファッションを愛用している男子が、突然スーツでびしっとキメて大人の男性の色香を出したとき、女性は確実にときめきます。普段と違う顔を見せられるのが嬉しく、知らない面があることに興味と、そして興奮が湧いてきます。

あなたが彼にもっているイメージを覆され、より一層彼のことを知りたいと新鮮な気持ちで接することができます。

守られていると感じたとき

長く付き合いが続くと、どうしても扱いがぞんざいになってしまいがちです。でも満員電車で人混みに埋もれないように周りから守ってくれる、混雑ではぐれそうになったときに強く肩を引き寄せてくれたなど。歩いている時にさりげなく車道側を彼が歩いているだけでも、自分を大事にしてくれていることが伝わって、うれしくなります。何気ない言動に、守ってくれているんだなということが現れているとき、女性はキュンと胸が高鳴るものです。

女性の惚れ直すポイントは、頼りがいがある、男子力が高いと感じるとき、男性は女性からの愛情が感じられ、女子力が高いと感じるときにくるようです。 

相手にもっと惚れ直して欲しいときには

上記は普段の生活でふとした時に惚れ直す瞬間ですが、もっと積極的に、彼に惚れ直して欲しいと思ったときはどう行動していけばいいでしょうか。いくつかご紹介します。 

マンネリの解消

人は長く同じことを続けると飽きてきてしまいます。それは人間関係でも同じことです。恋人との関係も、長く続けると飽きが来てしまうのです。

相手に惚れ直してほしいと思ったら、まずは思い切ってマンネリを壊しましょう。

普段当たり前の生活をしていたら、惚れ直すようなきっかけはなかなか訪れないかもしれません。もう一度相手を惚れ直させるようなきっかけを自分でつくるのです。 

突然のイメチェン

外見のイメージは、長く付き合うと安心する反面、見慣れてその姿が相手の印象になります。今までの外見を覆すようにチェンジすればば、別の人間に合ったような錯覚に陥ります。この手段が特に有効なのが、B型男子だと言われています。目新しいものが大好きで飽きっぽい相手に、手っ取り早く惚れなおして欲しいときは、イメチェンが有効です。

例えばいつもガーリーな雰囲気の人はスポーティなパンツスタイル、逆にいつもカジュアルな恰好の人は、露出の高いワンピースを着たり、普段とは違う色気を演出します。

演出しやすいのが、夏まつりなどのイベントです。浴衣姿でしっとりした雰囲気を出したり、髪をアップにしてうなじを晒したり、スカート短め夏ワンピなど、夏らしいアイテムで特別感を取り入れましょう。 

普段とは違う自分を演じる

服装や見た目が変えられないのなら、性格の方を少し変えてみましょう。

相手がいつものあなたならこう言うだろうな、と予想する行動から、いい意味で外れてみましょう。普段がわがままを相手に聞いてもらっているなら、相手を労わり手料理を振舞ってみたり、普段から甲斐甲斐しいタイプなら、ちょっと派手なメイクをして、相手を振り回すようなシュチュエーションを実行してみましょう。しかし、悪い方向に裏切ってはいけません。 

サプライズのプレゼント

クリスマスや誕生日プレゼントでもないのに、いきなりのプレゼントは驚きと予想外の喜びを与えます。予想外の喜びは、通常より大きな喜びだと感じられます。

相手が何気なくいいなと言ったものなどを覚えて置いて、プレセントするのがおすすめです。 

人に優しく

誰かが誰かに優しくする光景は、心温まるものです。自分の恋人が人を助けたり、子供と遊んでいる姿は心を揺さぶります。

恋人である自分だけででなく、知らない人にも優しくできる姿に、相手は惚れ直してくれるでしょう。 

愛情表現を大胆に

周りの目を気にして、普段しないような方法を取り入れるようにしましょう。普段している愛情表現も、もっと大胆にしてみるなど。態度で表すために、強く抱き着いてみたり、腕を組んでみたり、接触を増やして愛情表現を増やすことで絆が深まり、より相手のことを意識するでしょう。 

まとめ

始めて出会ったころのようなときめきが薄れがちになるのは、仕方がありません。ただふとした瞬間に相手の思いやりに触れて、「この人でよかった」と思うことがありますよね。

そういった惚れ直した瞬間を大切に積み重ねていくことができれば、これから先も二人で幸せな人生を歩んでいけることでしょう。

そのためには、何もかも晒しすぎないことと、いつまでもあなたに興味を持ってもらえるように、自分磨きを怠らないようにしましょう。どんどん増えるあなたの魅力に、彼に飽きたなどと思う暇がないようにすると、いつまでも新鮮なカップルでいることができるでしょう。

関連記事として

付き合いたてでも不安?そんなカップルが注意するべきこととは?

付き合って半年でラブラブのカップルと破局するカップルの違いはなに?

似た者同士のカップルは長続きする?メリット・デメリットを紹介!

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする