婚活の条件が高望みしてるのってどこから?理想が高すぎるのは良くない?

婚活中の女性の皆さん、相手に求める条件が高すぎではありませんか?

婚活がうまくいかない原因のひとつとして、まず理想や条件が高すぎることが挙げられます。しかし、どのような条件を提示したら高望みなのか、漠然としていて分かりにくいものです。

そこで今回は、未婚女性が結婚相手に求める条件の調査から、高望みしてしまう女性の特徴、高望みが原因で婚活がうまくいかない時の対処法までレクチャーします!

結婚相手に求める条件

結婚する相手に対して、誰しもが少なからず条件や希望はあるものです。ここでは、未婚女性が相手に求める条件として挙げる、上位5つをご紹介します。

高収入

未婚女性が結婚相手の条件として、一番重要とこたえる人が多いのが「高収入であること」です。

その理由として、収入が低く貧しいと不満が溜まり喧嘩になるため、家庭がうまくいかないと考えている人が多いようです。また、高収入の人と結婚すればフルタイムで働く必要もなく、のんびりと暮らせそうと考える人も多いでしょう。

このように、結婚後の暮らしがより快適で楽で、尚且つ穏やかに過ごせることを望んでいる人が多く、そんな生活を送るには安定した高い収入が必須と考えているようです。

ルックス

恋愛の条件に高収入と考える人が多いのは事実で、結婚する相手には「ルックスの良し悪しよりも生活力があるかが重要」とよく言われますが、いつの時代も変わらずルックス重視の女性はたくさんいます。

「一生添い遂げる相手には自分好みの顔であってほしい」「イケメンだったらイライラする場面でも許せるし喧嘩もしなそう」「旦那を紹介する時に堂々と紹介したい」「毎朝起きて一番初めに見る顔がイケメンだったら幸せを感じられそう」など、ルックス重視の理由は様々です。

誰もがイケメンと答える美男子ではなくても、自分好みの顔であってほしいと考えるのは、未婚女性に限らず普通なのかもしれません。

高身長

かつてバブル時代の女性が男性に求める3つの好条件として「3高」という言葉が流行しました。その内容は、「高収入」と「高学歴」、そして「高身長」です。

昔も今も変わらず、身長が高い男性に女性は憧れる傾向があります。相手に身長の高さを求める理由として、「男らしさを感じる」「包容力を感じる」「気兼ねなくヒールがある靴を履きたいから」「顔やファッションがイマイチでもスタイルが良ければ、手をかけたらイケメンになる可能性がある」といったことが挙げられます。

女性にとって高身長は、男らしさの象徴と考える人が多いのかもしれません。

居住地域

都会暮らしを希望しているのに結婚を機に田舎暮らしをしなくてはいけなかったり、相手の地元で自分にとっては縁もなく、知り合いが1人もいない場所に嫁がなくてはいけないとなった場合、結婚するのに相当な覚悟がいりますよね。

当然ながら、住む場所で暮らしは大きく変わります。せっかく相性の良い男性と結婚出来ても、希望していた暮らしと現実が大きくかけ離れていたら、結婚生活もうまくいきません。

しかし、「愛があれば暮らす場所はどこでもいい」と思えるような相手と知り合えれば、この条件はなくなるかもしれませんね。

長男以外

最近は、結婚をしたら相手の両親と同居するといったケースは減ってきているものの、ゼロではありません。また、長男の嫁の場合は、親の老後をどうするか……といった問題もあります。

その点、次男や三男の場合は、自由気ままに暮らせて気が楽なため、現代でも長男以外の男性と結婚したいと考える人が多いようです。

高望み未婚女性の特徴

理想の男性像や結婚する相手に求める条件を聞かれた際に、「高望みし過ぎ」とか「理想高すぎ」と言われたことはありませんか?普通がどの程度か分からないので悩んでしまいますよね。

では、どのような条件や理想を掲げたら、高望みになってしまうのでしょうか?ここでは、「こんな理想や条件を掲げている婚活女性はNG」な事柄についてまとめました。

年収〇〇〇万円以上と簡単に言う

「年収=豊かな暮らし」を想像している女性が多く、婚活パーティーの中でも「年収600万以上」や「年収800万以上」の男性しか参加できない限定パーティは、女性人気が高い傾向にあります。

実際に、婚活中の女性に年収の希望を聞くと、1000万円以上と答える人も少なくありません。しかし、年収800万や1000万となると、大手会社の管理職レベルの年収で、そこまで稼げる人はほんの一握りです。2017年のサラリーマンの平均年収は418万円なので、婚活女性が掲げる年収の条件と比べると高望みなのが分かりますね。

このように女性が掲げる理想の年収に対して男性は、「年収1000万円以上と平気で言うやつはまともに働いたことが無い人」「現在の社会に対しての理解が低すぎる」「他力過ぎて頭が悪そう」といったように、イメージは最悪です。平均以上の年収を条件としている場合は、発言に気を付けましょう。

現在の自分の価値を理解していない

婚活女性は30~40代の女性が中心ですが、あなたが思っている以上にあなた自身の価値は、若い10~20代の頃と比べて格段に落ちているのを理解しているでしょうか?

女性の年齢を男性の年収に例えた場合、16歳が1200万円、18~20歳が1000万円、22歳900万円、24歳800万円、26歳700万円、28歳600万円、30歳500万円、32歳400万円、34歳300万円、36歳200万円、38歳100万円、40歳0円……となります。

これを見ると、結婚相手の男性の条件に「年収1000万円以上」を掲げている女性は、反対に男性から結婚する女性の条件として「年齢が18~20歳であること」と言われているのと同じです。若くないから理想や条件を掲げてはいけないということでは決してありませんが、自分の価値を知らずに相手にばかり求めてしまうと勘違い女と思われてしまいます。自分の市場価値を理解した上で条件を定めるといいでしょう。

プライドが高すぎる

望みが高い婚活中の女性の中には、「友人に自慢できる素敵な旦那さん」や「一緒に並んで歩く時の見栄えの良さ」などを理由に、条件を考えている人もいます。

そんなプライドの高い婚活女性に対して男性は、「自然恋愛で結婚に至らず婚活している時点で妥協はある程度必要」「男はモノではない」「相手にばかり求めて自分はどれくらい完璧な女性なの?」といった思いや疑問があるそうです。収入やルックスばかりではなく、内面にもしっかり目を向けましょう。

気持ちが若い頃のまま

若い頃はモテていて引く手数多だった記憶が抜けきれず、歳を重ねた現在も昔と同様の需要があると思っている人は要注意です。

10~20代の頃はチヤホヤされて何を言っても何をしても許されていたけれど、30~40代と歳を重ねた今、過去と同じようなワガママを言っている人は、ただの勘違い女です。飲み会の場所などでぶりっ子をしたり、できないフリをしてみたり、分かりやすく甘えるといった行為は、30~40代の女性は控えましょう。

気持ちが若い頃のままの女性に対して男性は、「昔の栄光を忘れられず、いい歳した大人の女性がキャピキャピしているのはイタイ」「自分が昔と同じようにモテていると勘違いしている」と思っているようです。今の自分と向き合い、年相応の態度を心掛けましょう。

理想が高いメリットとデメリット

これまで婚活女性の高望みに忠告をしてきましたが、理想を高く掲げることは悪いことばかりではありません。

ここでは、高望みのメリットとデメリットを解説します。

デメリット

自分好みの白馬の王子様が迎えに来てくれるのをひたすら待ち続け、いくつになっても受け身でいると、結婚適齢期を過ぎても何の出会いもなく、恋人さえもできずにただただ歳を重ねてしまいます。これが、婚活で高望みする最大のデメリットと言えるでしょう。

高望みは決して悪いことではありませんが、相手にばかり求めて自分磨きを怠っているようでは、男性に気に入ってもらえることはまず無いでしょう。また、あなた自身が教養がないのにも関わらず、闇雲に相手の学歴や年収にこだわるのは実にナンセンスです。掲げている理想の男性像に見合う自分になることを前提に、好条件を掲げると良いでしょう。

メリット

理想を高く持っている場合、理想としている男性に見合う女性になろうと、お稽古や習い事をしたり、隣に並んでもつり合う女性になるために外見磨きをするなど、自分自身を向上させるための努力ができます。

また、例え高望みだとしても、前向きな気持ちで積極的に婚活をすれば、実際に好条件の男性に出会える可能性もあります。このように、婚活で高望みすることは悪いことばかりではないのです。

高望みが原因で婚活が上手くいかない時の対処法

条件は譲れない。けれど、婚活が上手くいかない……と悩んでいる人、必見です。高望みが原因で婚活が上手くいかない時の対処法をお伝えします!

条件を1つに絞る

年収が高くて、高身長で、イケメンで、家庭的で、子供好きな人……といったように、結婚相手に求める条件が多い人は、これだけは絶対に譲れないと思う条件を1つに絞ってみましょう。条件が多いと、男性は引いてしまいます。

反対に1つに絞った場合、男性に何を求めているのかが分かりやすく、多くを求めない女性に対して、男性は安心感さえ感じてしまうものなのです。

まとめ

最近は20代が婚活するようになり、30~40代の独身女性は焦りを感じている人も多いでしょう。

婚活において、年齢は重要です。若い世代と残りの席をかけて不利な戦いをしなくてはいけないのにも関わらず、好条件を掲げて品定めをしているようでは、何年経っても結婚はできません。

しかし、結婚相手に理想を高く持つことすべてが悪いことではありません。自分の身の丈に合った理想を掲げればいいのです。まずは、婚活する前に自己分析から始めることをおすすめします!

関連記事として

婚活パーティーでは年収が大事?人気の職業を紹介!

婚活がうまくいかない原因を男女別に紹介!改善方法はある?

婚活地獄に陥ってしまう原因は?どうすれば抜け出せるかを知ろう!

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする