婚活がうまくいかない原因を男女別に紹介!改善方法はある?

幸せな未来を夢見て”婚活”に励んでいる皆さん、最近の調子はいかがでしょうか?

「頑張っているけれど、なかなかうまくいかない・・・」というあなた、同じような悩みを抱えている人は少なくありません。

しかし、婚活がうまくいかない人たちの多くは、「なぜうまくいかないのか」ということに気付かないまま、婚活を続けてしまっているようなのです。

何事もそうですが、うまくいかない時には何らかの原因があるもの。何が原因を知らないままでは、いずれ同じような失敗を繰り返してしまいます。

恋活や婚活もまったく同じで、うまくいかない原因を知らないまま続けていても、あなたが望むような結果は出ないでしょう。このままでは、やがて婚活に疲れてしまい、”婚活鬱”に陥ってしまうことにもなりかねません。

そこで今回の記事では、婚活がうまくいかない男女別の原因や、うまくいかない時の対処法などをご紹介したいと思います。婚活に悩む皆さん、一緒に解決策を探していきましょう!

【男性編】婚活がうまくいかない原因

なかなか理想的な女性に出会えない、結婚を前提としたお付き合いに発展しない、という男性は、「もうオジサンだからかなぁ・・・」「給料があまり良くないから・・・」など、年齢や経済力が原因だと思い込んでいる人が多いといいます。

しかし、婚活がうまくいかない本当の理由とは、それだけではないのです。

見た目で女性を判断している

好みのタイプの異性とお付き合いしたいというのは、誰しもが望むもの。必ずしも悪いこととは言えませんが、婚活の場で見た目を最重視してしまうのはいかがなものかと思います。

ロングヘアが好き、スレンダーなほうがタイプ・・・などなど、ルックスだけで女性を判断していては、お付き合いどころか相手すら見つけることができないかもしれません。

また、今はどんなに若くて美しい女性でも、年齢とともに容姿は変化します。自分の好みとはまったくかけ離れた外見になる可能性だってあるんです。見た目重視で結婚を決めてしまうと、やがて「こんなはずじゃなかった・・・」と後悔することになりかねません。

こうした事態を避けるためにも、女性を見た目だけで判断するのはやめましょう。結婚を決めるうえで大切にしたいのは、二人の相性。「好みとはちょっと違うけど、話してみたらすごく気が合った」なんてことはよくあります。

身だしなみに無頓着

総合婚活サービスのIBJが実施した調査によると、婚活女性の99.1%が男性の「清潔感」を重視して交際できるかどうかを判断しているとのこと。

つまり、どんなにイケメンであろうと、ハイスペックな職業に就いていようと、清潔感に欠ける男性はそれだけで女性に嫌われてしまう可能性が高いということです。

なお、男性の清潔感について、婚活女性たちからはこんなコメントが寄せられていました。

  • 初対面で鼻毛が出ている男性はかなり引く(20代後半)
  • 肩のフケが気になる(40代前半)
  • 口臭がする人は一番嫌い(20代後半)
  • せめて爪くらいは切ってほしい(30代前半)
  • 体臭は周りに迷惑なので気にかけてほしい(30代前半)

男性が思っているよりもずっと、女性の目は厳しいんです。

他にも伸びっ放しの髪の毛や無精ヒゲ、洋服のシワやシミ、靴の汚れ・・・などなど、挙げればキリがありませんが、普段身だしなみにあまりこだわらないという男性は、自分の頭のてっぺんからつま先までを一度じっくりと見直してみることをおすすめします。

特に婚活パーティーやお見合いの場では、意外と女性との距離が近いので、出掛ける前にはしっかりとチェックするようにしましょう。

プライドが高すぎて・・・

高学歴・高収入のハイスペックな職業に就いている、容姿が整っていて過去にモテた経験がある、といった男性に多く見られるのがこの特徴。「高スペックな自分には、同じように高スペックの女性が相応しい」と思い込んでいるようなタイプですね。

このタイプの男性は、スペックに惹かれて寄ってくる女性は多いものの、高すぎるプライドが足を引っ張って、なかなかお付き合いにまで発展しません。

過去にはそれなりの美人と付き合った経験があるのでしょうが、現在もなお男性として魅力的な人であるならば、わざわざ婚活をする必要などないはず。

相手に上から目線であれこれとケチをつける前に、今の自分を客観的な目線から知る必要がありそうです。

自分をうまくアピールできていない

草食系や絶食系と呼ばれる男性たちがよく話題になっていますが、最近では婚活というよりも恋愛自体に消極的な男性が増えています。

こういったタイプの男性は総じて恋愛経験が少なめ。そのため、婚活の場で女性と知り合うことができても、どうやってアピールすれば良いのかがわからず、相手に自分の魅力を知ってもらえないうちに終わってしまうこともしばしばです。

特に、大勢の人たちが集まる婚活パーティーなどでは、損をする場面が多いでしょう。

婚活サイトやアプリを利用すれば、メッセージのやりとりで足りない部分をカバーすることも可能でしょうが、それでも肝心な時には自分から積極的にアピールしなければ始まりません。

それとは反対に、自分の魅力を相手に伝えようとして、自分のことばかりを話し続けてしまう男性もいます。このタイプはどちらかというと肉食系の男性に多いです。

お見合いにしてもパーティーにしても、婚活の場で大切なのは、限られた時間の中でお互いのことを知り合うこと。全力でアピールしたい気持ちはわかりますが、一方的に話してばかりでは相手のことを知ることができませんし、何より相手の女性を困らせてしまいます。

押しすぎても、引きすぎても、うまくいかない・・・恋愛って難しいものですよね。

【女性編】婚活がうまくいかない原因

続いては、婚活がうまくいかない女性にありがちな特徴を見てみましょう。

婚活の場で思うような成果を出せずにいる女性は、その原因を外見や年齢のせいにしがち。

若い女性や美しい女性を求める男性が多いのも事実ではありますが、それが根本的な原因というわけではないケースも多いのです。

相手の男性に求める条件が厳しすぎる

「40歳以上のオジサンなんて無理!」「身長は私より15cmは高くなきゃ」「お金の苦労はしたくないから、年収800万円以上は譲れない」・・・などなど、結婚相手に求める条件というのは人それぞれあるものですが、これがあまりにも厳しすぎると婚活はうまくいきません。

そうした女性たちは、自分が幸せな結婚生活を送るためではなく、周囲から「素敵な旦那様ね」「羨ましいわ」などと思われたい、つまり自分の見栄のためだけに条件を定めていることが多いようです。

男性編でもお話したように、誰だって年を取りますし、それとともに見た目も変化していきます。また、どんな一流企業に勤めていても、景気の悪化や健康上の理由などで収入が激減する可能性だってあるのです。そうなったからといって、簡単に離婚するわけにはいきませんよね。

繰り返しますが、結婚するうえでもっとも大切なのはお互いの相性。条件を満たしている人が、自分と相性が良いとは限らないのです。

本当に幸せな結婚をしたいのならば、自分の見栄のための条件よりも、心から愛し続けることができるのはどんな相手なのかを今一度考え直してみてください。

婚活の方法が間違っている

一昔前の婚活といえば、親族や知人、あるいは結婚相談所の紹介によるお見合いが主流でした。しかし現在では、街コンや婚活パーティー、婚活サイトやアプリなど、婚活方法はどんどん多様化しています。

そんな中、何かしらの手段を選んで婚活を進めていくわけですが、自分に合わない婚活方法を選んでしまうと、思うような成果が出にくくなってしまいます

たとえば、内気で引っ込み思案な性格の人が街コンや婚活パーティーに参加しても、自分をうまくアピールできないまま終わってしまいますし、ルックス重視の人が多いと言われる婚活サイトやアプリなどは、容姿に自信がない人はどうしても不利になってしまいます。

なかなか思うように進まない・・・という人は、まず自分にどんな婚活方法が合うのかを考えてみましょう。

恋愛経験が少ない人や男性と接することが苦手な人は、結婚相談所でアドバイスを受けながらの婚活が良いと思います。

また、ルックスに自信が持てない人は「コミュ力」勝負が必須。会話力が活かせる婚活パーティーやお見合いのほか、ノリ重視の婚活イベントもおすすめです。

精神的に自立していない

結婚相談所を利用する30代・40代の婚活女性の中には、一度も実家を離れて生活したことがない、親同伴で相談に訪れる、両親のアドバイスなしでは何も決められない・・・というような人も少なくないそうです。

また、格差社会が進む近年では、非正規雇用で実家暮らしの女性も多いといいます。

アラサー・アラフォー世代の女性というと、社会的にも経済的にも自立した大人の女性を想像しますが、実家や両親への依存が抜け切れていない人も意外といるのです。

そうした自分にとって過ごしやすい環境で生きてきた女性たちは、結婚することによって踏み出すことになる新たな世界や関係性の中に飛び込んでいくことに尻込みしてしまいがち。当然、自分にとって快適かつ安全な世界に、他人が踏み込んでくることにも納得できません。

そのため、どんな男性と出会いがあっても、デートをしても、結婚には発展しません。これでは、ただの婚活ごっこですね・・・。

結婚とは、育った環境も価値観もまったく異なる人と家庭を築き、子供を産み育て、人生を歩んでいくもの。その覚悟をしっかりと持たなくては、仮に婚活が成功したとしても、結婚生活がうまくいかなくなる可能性があります。

悔いのない婚活、そして結婚をしたいなら、少しずつでも自立への意識を持つことが大切です。

常に受け身の姿勢

「恋愛は男性がリードしてくれるもの」と思っている女性は結構多いです。しかし、先述のとおり、最近では女性に積極的にアプローチできない奥手な男性も増えています。

そんな時代の中で、男性からアプローチされるのをただ待っているだけでは、なかなか次のステップには進めません。これでは、結婚のチャンスを自ら逃してしまっているようなものです。

特に女性は、アラサー、アラフォーと年齢が高くなるにつれて「自分からアプローチするなんてカッコ悪い」と思ってしまいがちですが、好意を伝えないことには何も始まらないのはどの年代だって同じこと。「いいな」と思った相手には、自分からも積極的にいきましょう!

婚活がうまくいかない時の対処法5つ

婚活がうまくいかない・・・とお悩みの皆さん、ここまでのお話の中で、ご自分に当てはまっている部分が少なからず見つかったのではないかと思います。

良くない点に気付けたというだけでも、十分に幸運なこと。今からでも遅くはありませんから、少しずつ改善できるように努力していきましょう。

また、うまくいかないままの婚活を長く続けてしまった人は、少し疲れてしまってはいないでしょうか。

何事もそうですが、無理をして続けていくよりも、一度気分をリフレッシュさせたほうが良い流れが向いてくることもあります。

ここからは、婚活がうまくいかない人や婚活に疲れてしまった人に、ぜひ試していただきたい対処法を5つご紹介いたします。

ご自分に合った方法を見つけていただければ幸いです。

①期限を決めて活動する

一般的に、婚活にかける期間は半年~10ヶ月くらいが平均だと言われています。

つまり、婚活者の多くは、マッチングアプリや婚活パーティーなどの何らかの手段で相手探しを行った結果、半年~10ヶ月くらいの期間で良い出会いがあったか、あるいは諦めて中断してしまっているのです。

先の見えない道を走り続けるのは辛いもの。婚活も同じで、期間が長くなればなるほど息切れしてくるのは当然です。

ただ、活動を始めた頃のモチベーションが徐々に失われ、「そのうち誰か見つかるだろう」くらいの気持ちになってしまったらもうアウト。そんな気持ちでダラダラと婚活を続けていても、良い出会いなど期待できません。

もし1年以上も婚活を続けているならば、ここで一旦期限を設定して活動をしてみることをおすすめします。

たとえば、「3ヶ月」と設定したならば、こんな方法を試してみてください。

  • 婚活パーティーや街コンに毎週参加する
  • 1日1人以上の異性にマッチングアプリで「いいね!」を送る
  • 結婚相談所ですすめられた相手とは必ず会ってみる

「仕事がデキる人は期限と目標を決めて計画的に行動している」と言われますが、これは婚活でも同じ。明確なゴールと目標を設定することで、達成に向けて努力しようという前向きな気持ちになったり、積極的に行動を起こすようになるはずです。

②「結婚しなくちゃ」から「結婚したい」へ意識を変える

婚活がうまくいかなくて、何だか気分も落ち込み気味・・・そんなあなたは、ここで一旦立ち止まって「なぜ婚活を始めたのか?」ということを考えてみてください。

「周りの友達がみんな結婚したから」「親がうるさいから」「年齢的にそろそろ」など、婚活を始めた理由は人それぞれだと思います。

しかし、あなた自身は本当に「結婚がしたい」のでしょうか?

本来、結婚は「したいからする」もの。同世代の友達が続々と結婚したり、親に急かされたりすると焦ってしまうのもわかりますが、「自分も早く結婚しなくちゃ」という思いにとらわれて婚活を続けていては、気分が乗らなくなったり疲れたりするのは当然です。

「〇歳までに結婚しなければならない」という法律などありませんし、結婚しなかったからといって罪に問われるようなこともありません。

結婚に対してそれほど前向きでないのであれば、自然に「結婚したいな」という気持ちが湧いてくるまで待ってみましょう。

婚活を一度お休みするのも良いですし、婚活よりも気軽な恋人探しに切り替えるのも一つの手。恋人ができたことで「結婚したい」という気持ちになる可能性も十分にありますよ。

③ネガティブな気持ちを捨てる

気に入った相手とのマッチングが叶わず「私じゃダメなのかな?」「どうせ俺なんて・・・」とネガティブになってしまっているあなた。

自分が「いいな」と思っても、相手から交際をお断りされてしまう・・・というのは、婚活の場ではよくあること。気持ちはよくわかりますが、クヨクヨしていても仕方ありません。「今回は縁がなかっただけ」と割り切って、新たな出会いへと目を向けましょう。

なお、婚活情報サイトや結婚相談所などのコラムによると、婚活がうまくいきやすい人にはこんな共通点があるようです。

  • 婚活を楽しんでいる
  • 素直で柔軟性がある
  • 失敗しても前向きに再チャレンジする
  • 笑顔が素敵

つまり、ポジティブシンキングこそが婚活を成功させる秘訣。結婚のプロが言うのですから間違いありませんね。

④自分磨きをする

自分に自信を持っていないと、肝心な場面で異性にうまくアピールすることもできません。さらに、うまくアピールできずに失敗して・・・の繰り返しでは、自信はなくなっていく一方です。

婚活の場に積極的に参加するのも良いですが、自分にイマイチ自信を持てないでいるあなたは、自分を高めるための時間も大切にするようにしてみてください。

婚活の場で好まれやすい服装やメイクの仕方を勉強したり、ダイエットをするなど、見た目を磨くことはもちろん、内面磨きも重要です。

たくさんの本や映画を観たり、知らない土地へ旅行に出かけたり、また趣味や興味のある物事を通じて様々な人と出会って多様な価値観に触れることも、内面の豊かさに繋がります。

話すのが苦手だという人は、話し方について書かれた書籍を読んだり「話し方講座」などに参加して会話力を上げるのも良いでしょう。

自分を磨くことによって自分に自信が持てるようになり、婚活を有利に進めることができるようになるはずです。

⑤時には休むことも必要

何事もそうですが、疲れていたり気分が乗らない時というのは、思ったような成果が上げられないもの。そんな時は思い切って気分転換を図ることも大切です。婚活疲れを感じているあなたは、一度婚活から離れて心身をゆっくりと休ませてみてはいかがでしょうか。

ぐっすり眠って疲れを取るのも良いですし、友達と遊びに出掛けたり、趣味に思い切り没頭するなど、好きなことや楽しいことをして心の元気を取り戻すのも効果的。

また、人とは不思議なもので、物事の渦中にいる時はまったく見えなかったものが、少し距離を置くと見えてくる、ということがよくあります。

婚活も同じで、一旦離れることによって、自分に合った活動方法や、自分が本当に理想とするのはどんな人なのか、といった大切なことが見えてくることもあるのです。

「休んでいる間に素敵な異性が他の人に取られてしまうかも・・・?」などと不安になってしまうかもしれませんが、疲れた顔をして婚活パーティーに行ったって、異性から「あの人、素敵!」なんて思われることはありません。

婚活を成功させるための充電期間として、ポジティブにとらえましょう!

まとめ

今回の記事では、婚活がうまくいかない男女別の原因や、うまくいかない時の対処法をご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

婚活を続けているけれど、なかなか理想の人との出会いがない、関係が発展しないまま終わってしまう・・・といった悩みを抱えている人は、うまくいかない本当の理由に気付いていないことが多いようですが、これが婚活における最大の落とし穴。

本当の理由に気付かないままダラダラと婚活を続けていては、おそらくこの先もずっと同じような状況が続いていくことになるでしょう。

今回ご紹介した中に、自分に当てはまる部分があると感じたあなたは、少しずつでも改善できるように努めていくように心掛けてみてください。

大丈夫、今からでも遅くはありません。時代は空前の婚活ブーム。あなたと同じように結婚を夢見て相手を探している人たちが、たくさんいるのですから!

関連記事として

婚活する時の服装(ファッション)を20代・30代・40代別に紹介!

婚活地獄に陥ってしまう原因は?どうすれば抜け出せるかを知ろう!

婚活に疲れたと感じる原因は?対処方法を知っておこう!

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする