mixiで出会いを求める事が可能?SNSで出会う時の注意点を知ろう!

今からおよそ10年ほど前に大流行した「mixi(ミクシィ)」。日記やコミュニティなどの機能を通じて多くの人との交流が楽しめる、日本のSNSブームの火付け役ともいえるサービスです。

アラサー、アラフォー世代の皆さんの中には、「私も使っていたよ!」という人が結構いるのではないでしょうか。筆者もガラケー時代はmixiユーザーでした。

しかし、FacebookやTwitterなど海外発のSNSが流行し始めた頃からその人気は衰え始め、現在では最盛期の半分ほどにまで利用者数が減少してしまったといいます。

世間では”オワコン化”が囁かれるmixiですが、実は最近、恋活・婚活をしている人たちの間では「出会える!」と密かな噂になっているのだとか・・・!

そこで今回の記事では、「mixiで本当に出会えるのか?」「mixiで出会いを探すコツ」など、mixiを利用した出会いを徹底分析してみようと思います。

そもそも「mixi」って?

まず、「mixi・・・何それ?」という若い世代の皆さんのために、mixiがどのようなSNSなのかを簡単にご説明しておきましょう。

筆者と同じアラサー、アラフォー世代の皆さんは「こんな機能、あったあった!懐かしいな~!」という気分でお付き合いいただけたらと思います。

「mixi」とは

「mixi(ミクシィ)」は、株式会社ミクシィが運営する、日本を代表するSNSのひとつです。

現在SNSの主流となっているFacebookやTwitterはアメリカ発ですが、mixiは日本生まれのSNS。ユーザーもほとんどが日本人です。

サービス開始は2004年。今から14年も前のことなんですね。

全盛期となった2006~2009年頃には、若い人たちの間でmixiを利用していない人を探すほうが難しいくらいだったそうで、筆者も当時はたくさんの友達から「私も”招待”して~!」と言われました。

mixiはいわゆる”会員制”で、既にmixiを利用している友達からの招待がないと利用することができなかったんです。この”誰でも利用できるものではない”という特別感も、mixiが流行した理由のひとつだったのかもしれません。

どんな機能があるの?

mixiでは、「マイミク」と呼ばれるmixi上での友達とメッセージをやり取りしたり、ブログのように日記を書いたりなど、ユーザー同士のコミュニケーションが楽しめる機能が充実しています。

数ある機能の中でも、mixiのメインといえばやはり同じ趣味や関心事を持ったユーザーが集まる「コミュニティ」。全盛期には300万以上のコミュ数を誇り、中には参加者が数十万人を超えるほどの大型コミュも存在していたといいます。

また、現在は仕様が変更されているようですが、いつ・誰が自分のページを訪れたのかがわかる「足あと」という機能もありました。LINEの既読機能のようなもので、気になる人も多かったのではないかと思います。

恋活・婚活SNSとして再ブーム到来?

冒頭でも触れたとおり、現在ではすっかり一時期の勢いを失ってしまったmixi。

しかし、最近になって、恋活・婚活に励む人たちの間で「出会えるサイト」として再注目され始めており、利用者の数も少しずつ増えてきているようなのです。

現在、mixiの利用者はおよそ1,300万人だと言われています。

筆者もそうだったのですが、全盛期に利用していてそのまま放置している人もいるでしょうから、アクティブユーザーはもっと少ないのかもしれませんが、それでも今現在でも根強い人気があることがわかりますよね。

ただ、近年流行しているマッチングアプリなどとは異なり、mixiは男女の出会いを主な目的としているサイトではありません。

そのため、日記へのコメントや趣味のコミュニティを通じた交流が、出会いのきっかけとなることが多いでしょう。

しかし、それがmixiを通じた出会いの良いところ。「”趣味友”ほしいな~」くらいのライトな感覚で始められるので、最初から恋愛が目的のマッチングアプリは気が引けてしまうという人たちにとってはちょうど良いのだそうですよ。

mixiで素敵な出会いを探す6つのコツ

自分も昔mixiユーザーだったというあなた、出会いが見つかるとなれば、久々にmixiを覗いてみたくなったのではないでしょうか?

とはいえ、ただユーザー登録をしているだけでは、素敵な出会いには結びつきません。

mixiでは、現代の主流となっているSNSよりも利用者同士が交流できる機能が充実していますから、これらを積極的に活用することが出会いの近道です!

ここからは、出会いが生まれやすくなるmixiの使い方のコツを6つご紹介したいと思います。

①顔写真を設定すると返信率アップ!

他のSNSでもそうなのですが、顔写真をアップしている人とそうでない人とでは、他のユーザーにメッセージやコメントを送った際の返信率に大きな差があるといいます。

当然、顔写真を出している人のほうが返信率は高いです。

相手の人柄というのは、プロフィールに掲載されている自己紹介文や、コメントやメッセージの内容だけではイメージしにくいもの。顔がわかると「優しそう」「お洒落なんだろうな」といったイメージが湧きやすく、相手に安心感を与えやすいのです。

mixi上で出会いを探したいなら、まずはプロフィールの写真を自分の顔が写ったものに設定しておきましょう。

身バレ・顔バレに抵抗がある人は、カメラアプリなどのスタンプ機能を使って、顔の一部を隠しても大丈夫要するに、あなたがどんな人なのか、というイメージが他のユーザーに伝われば良いのです。

なお、「異性ウケしそうな写真がない・・・!」というあなたは、自撮りする男を女性はどう思ってる?女子ウケがいい自撮り方法も紹介!が参考になるかと思います。男性向けの内容ではありますが、女性も使える”写真写りが良くなるヒント”をたくさんご紹介しています。

②たくさんのコミュニティに参加しよう

mixiの代表的な機能といえば、やはり「コミュニティ」。

その数は全盛期と比べて減少したと言われているものの、定番系からちょっとマニアックなものまで、現在でもたくさんのコミュニティが形成されています。

筆者が覗いてみたところ、「オタクな恋人が欲しい!」「年上女性好き&年下男性好き」といった恋活系のコミュもたくさん見つかりましたよ。

こうしたコミュに参加して、同じように積極的に出会いを求めている人たちと交流するのが、出会いを見つけるにはいちばん手っ取り早い方法だと言えるでしょう。

「そこまでガツガツするのもちょっとな・・・」という人は、自分の趣味のコミュニティに参加して、同じ趣味を持つ仲間として交流する中で距離を縮めていくのも良いですね。

狙い目としては、参加者の男女比が同じくらいのコミュか、あるいは異性のほうが多いコミュ。車や格闘技などの男性が多いコミュに参加している女性、反対に料理やスイーツなどの女性が多いコミュに参加している男性は、確実に目立つためチヤホヤされる可能性が高いです。

③日記にコメントしてみよう

mixiでは、ブログのように日常の出来事などを日記にして公開することができます。

ブログをやっている人ならおわかりかと思いますが、日記に対して「いいね!」やちょっとしたコメントを残すことでも、相手との交流が生まれやすくなります。自分の投稿を見てくれている人や、反応してくれる人がいるというのは、誰だって嬉しいですからね。

ただし、すべての投稿にコメントをしたり、毎回アップされるやいなやコメントをするなど、”やり過ぎ”にはご注意を。相手の気を引きたい気持ちはわかりますが、あまりにしつこいとストーカー扱いされてしまうかもしれませんよ。

他の異性を牽制するような、慣れ慣れしすぎる雰囲気を出すのもNGです。

④気になる異性にはメッセージを送ってみて

出会い系アプリやサイトの中には、「〇通目以降のメッセージの送信は有料」というところも多いですが、mixiの利用は基本的に無料(※「mixiプレミアム」は月額324円)。

どれだけメッセージを送ってもお金はかかりませんので、仲良くなりたい異性を見つけたら、どんどん声をかけてみましょう。特にあなたが男性ならばなおさらです。相手がどんな人なのかが見えにくいネット上では、女性のほうから男性に絡んでいくことはほとんどありませんからね。

ただし、中にはメッセージの受信範囲を「マイミクのみ」などに設定していて、知らない人からのメッセージを受け取らないようにしているユーザーもいます。

その場合はマイミク申請を送る必要がありますが、一気にたくさんの人に申請を送ることは避けましょう。というのも、mixiでは一度にマイミク申請できる数が限られていて、それを超えると利用が規制されてしまう可能性があるんです。これは筆者も知りませんでした。

なお、マイミク申請の上限は「100件/1日」「20件/1時間」。メッセージの送信も同様に、1時間に20通を超えると利用に制限がかかるそうなので注意しましょう。

⑤マイミクの男女比は均等に

マイミクを増やす際にもう一つ注意しておきたいのが、異性のマイミクばかりに偏らないようにすること。

他のSNSで出会いを探す時にもよくあることなのですが、男女比が極端に偏りすぎていると、いわゆる”出会い厨”だと勘違いされやすく、異性から避けられてしまう可能性があります。

そうした悲しい事態を防ぐためにも、同性のマイミクも適度に作っていきましょう。同性のマイミクもいるとわかれば、相手にも「この人は純粋に人と交流がしたいんだな」ということが伝わり、妙なイメージを抱かれることはないはずです。

⑥オフ会でリアルに出会う!

mixiのコミュニティの中には、定期的に「オフ会」を開催しているところがあります。筆者も先ほどいくつかのコミュを覗いてみましたが、オフ会の告知が結構たくさん見つかりました。

オフ会は、実際に顔を合わせて話ができるチャンス。初めてだと緊張するかもしれませんが、ちょっとした飲み会に参加するくらいの軽いノリで行ってみると良いでしょう。女性にとっても、最初から二人きりでデートをするよりも、大人数で会うほうが安心ですよね。

また、先ほどお話したように、異性の参加者のほうが多いコミュに参加すると確実に目立ちます。オフ会に参加すれば、リアルなモテモテ状態が味わえるかもしれません!

こんな利用者に気を付けて!mixiで出会う際の注意点

mixiで出会うメリットは、日記やコミュニティ内での発言などを通して、相手の人柄がある程度知れること。

特に趣味や好みが同じ相手であれば、お互い共通の話題が多いため、実際に顔を合わせても話が弾みそう。「一緒にいて楽しいな」と感じる相手とは、当然お付き合いに発展する可能性も高いでしょう。

しかし、中には詐欺狙いの業者や、悪徳ビジネスや宗教団体への勧誘を目的としている人など、良からぬことを考えている輩もいるといいます。

こうした人に引っかからないためには、mixiを利用する上でどのようなことに気を付けたら良いのでしょうか。

相手のプロフィールはくまなくチェックしよう

mixi以外のSNSや恋活アプリなどを利用して出会いを探す場合も同じですが、気になる相手を見つけたら、コンタクトを取る前にまずプロフィールをしっかりと確認するようにしてください。

自己紹介文があまりに不自然であったり、素人にしては写真が美人orイケメンすぎる、などの場合は悪徳な業者や何らかの勧誘目的である可能性が高いので注意が必要です。

芸能人やモデルさんなどの写真を加工してプロフィール写真に使っているような人も実際にいるようですので、怪しいと思ったらアイコンを拡大するなどしてじっくり見てみましょう。「Google」の類似画像(似た画像)検索を利用するのも一つの手だと思います。

”出会い厨”コミュニティに気を付けよう

相手のプロフィールをチェックする際には、どんなコミュニティに参加しているのかも見ておくようにしてください。

趣味系のコミュニティではなく、たとえば「友達作ろう♪LINE関東」などのようなSNS系コミュに多く参加しているのであれば、”出会い厨”を疑ったほうが良さそうです。

また、こうしたSNS系コミュは、自分が参加する場合も慎重にいきましょう。効率良く出会いを探すことができそうではあるのですが、出会い厨のほかにも勧誘目的の人が潜んでいたり、既婚者が不倫相手探しの場として使うことも多いのです。

もし既婚者と関係を持ってしまった場合、「知らなかった」では済まされないような事態に発展する恐れもあるでしょう。参加しないように、とは言いませんが、交流する相手をしっかりと見極めるようにしてくださいね。

不審なメッセージは即スルー

個人的なやりとりができるメッセージも、危険なユーザーを見極める重要なポイントです。

まだ親しくもないのにLINEやメールアドレスの交換を持ちかけてきたり、「今LINEの調子が悪いからここ(別のサイトのURL)に連絡して!」などと別のサイトに誘導しようとする場合は、良からぬことを企んでいるものと判断したほうが良いでしょう。

また、こちらの質問に答えないなど、会話がイマイチ噛み合わないような相手も要注意。自分のペースにうまく巻き込んで何かに勧誘しようと考えているのかもしれません。(ただのコミュ障である可能性も否めませんが・・・)

いずれにしても、相手からのメッセージが不審に感じた場合は、即スルーするか、様子を見ながら対応していくようにしましょう。

本気で恋活したいなら・・・!

ここまで、mixiを利用して出会いを探す方法についてご紹介してきましたが、日記やコミュニティで交流しながら距離を縮めていくのは効率的でないと感じた人もいるかもしれませんね。

それなら、やはりマッチングアプリを使った出会い探しがおすすめです。利用者全員が異性と出会うことを目的としているので、関係が発展しやすいはずです。

せっかくですから、mixiと関わりが深いマッチングアプリを1つご紹介しましょう。

2017年秋にリリースされたばかりの「Pancy(パンシー)」。こちらはmixiグループが運営するマッチングアプリです。

特にPancyをおすすめしたいのが、「恋人は外見より内面重視!」というあなた。Pancyでは、従来のマッチングアプリよりも、お互いの価値観を知れる機能が充実しているんです。登録時に受ける性格診断テストは、かなり当たると口コミでも評判なのだそうですよ。

また、mixiグループが運営しているだけあって、もちろん管理体制もバッチリ。安心して利用できるマッチングアプリです。

【Pancy(パンシー)-婚活・恋活マッチングアプリ】

まとめ

今回の記事では、SNSを利用して恋活・婚活をしている人たちの間で再注目されているという「mixi(ミクシィ)」で出会いを探す方法や、出会い探しの際の注意点などをご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?

筆者もかつてはmixiユーザー。既に結婚していたので、筆者自身は出会った経験はありませんが、mixiで出会ったカップルが身近にいました。

同じコミュニティに参加していたことがきっかけとなったそうですが、いつも一緒に趣味のイベントに出掛けたりしていて、とっても仲良しの二人でしたよ。

やはり共通の趣味や好みがあるというのは、恋愛において大切なんですね。そんな相手を求めている人にとっては、mixiのコミュニティがかなり使えるのではないかと思います。

「昔使っていたよ!」というあなたは、久々にログインしてみてはいかがでしょうか?

関連記事として

出会いはSNSで求めるもの?そのメリットやデメリット、注意点も紹介!

Twitter(ツイッター)で出会いをつくる方法はある?注意点も紹介!

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする