結婚を前提に付き合うってどんな感じ?普通に付き合うとの違いって?

「結婚を前提に付き合おう」という話になったことはありますか?普通に恋人同士として付き合うことと、結婚を前提に付き合うこと、これらにはどんな違いあるのでしょうか。

告白されて、「結婚前提に…」と言われたら、「具体的にどんな感じになるの?」と戸惑ってしまう人もいるでしょう。確かに結婚前提に、という条件が付いた時点で、付き合い方は若干変わってくるものです。

そこで今回は、結婚を前提に付き合うという話になったときの付き合い方の特徴・上手く付き合うためのポイントをご紹介していきたいと思います。

「結婚を前提に付き合う」とは?

結婚を前提に付き合うということは、つまり「いつか結婚する」というゴールを具体的に定めた条件のもと付き合うことを言います。

例えば結婚を前提にという話がなければ、特に結婚を意識することなく、彼氏・彼女の関係を続けていくものですよね。もちろんタイミングが来れば結婚を考えることもあるでしょうが、付き合い始めのきっかけとしては、結婚という具体的なゴールはなかなか設定していないはずです。

これに対して結婚を前提に付き合うことは、いわば結婚前のお試し期間中という感じになります。

例えば婚活サービスなどでマッチングした人がいたとしても、さすがにすぐに結婚しましょうという話にはなかなかならないですよね。お見合いなども同じです。

そんなとき、結婚は意識したうえで付き合うという関係が成り立つことが多いのです。例えば具体的に「1年以内くらいをめどに」と期間を決める場合もあれば、特に期間は定めず、結婚を視野に入れた真剣な付き合いをする場合もあります。

いずれにしても、「結婚を前提に付き合う」というのは、普通に恋人同士が付き合うのと比べて真剣味が違うのは確かでしょう。

結婚を前提に付き合うって具体的にどんな感じ?

では、結婚を前提に付き合うことの特徴について見てみましょう。

もしあなたが彼氏に結婚を前提に付き合いたいと言われたら、どのように付き合うのが良いのか、付き合い方をつかむために参考にしてみてください。

結婚相手は彼になることが前提になる

「そりゃあいつかは結婚するし…」という気持ちは誰にでもあるでしょうし、「結婚前提」と言われても、そこまで真剣にとらえない人もいます。

ですが結婚前提というのは、結婚相手はその彼になることが前提となることをまずしっかりと考える必要があります。

今は交際相手という関係でも、いつかは結婚相手になります。「結婚相手は別で探して…」なんて不誠実な対応はもちろんできないことになりますので、彼とどんな結婚生活を送りたいのか、イメージしながら付き合ってい必要があります。

早いうちに家族に挨拶する

結婚前提の付き合いだからこそ、家族への挨拶をする時期も、普通の付き合いと比べてかなり早まると言って良いでしょう。結婚は自分たちだけの問題ではないので、お互いの家族が絡んでくるのは当然ですよね。

実際に結婚が決まる前から、家族も含めた付き合いが良好な状態になっているのが一番望ましいでしょう。

すぐに別れに結びつけない

結婚を前提条件とした真剣な付き合いなので、少し喧嘩したり、すれ違いがあっても、すぐに別れに結びつけることは暗黙の了解でNGとされているものです。

そもそも大人の真剣交際ですから、喧嘩した、すぐに別れる、ではあまりに短絡的すぎますよね。お互いに長く連れ添うことを前提として付き合っていきますので、喧嘩したからと言ってすぐに別れを切り出すのは、そもそもマナー違反のようなものです。

交際期間はそこまで長くない

結婚を前提として付き合う場合、結婚というゴールが決められているため、「交際期間」は実は普通のカップルと比べて少ないことが多いです。特に婚活パーティーや結婚相談所などで出会ったカップルだとこのような傾向は強く見られるものです。

ちなみに平均交際期間は1年前後が多いとされています。1年ほどお互いのことをよく見て、問題なければ結婚するというかたちが多いです。

そのため、「もっと長い期間の交際を経て結婚を決めたい」という人には、実は向かないことも多いのが特徴になります。

結婚前提の付き合い…別れたらいけないの?

結婚を前提に付き合うとは言っても、別の人間同士の付き合いですから、実際に付き合ってみたら何が起こるか分かりませんよね。

確かに「結婚前提」とは言っているものの、付き合い始めたら「絶対結婚しなければいけない」というわけではもちろんありませんので、結婚を前提に付き合ったが結果的に別れた…というカップルも結構いるものです。

別れの原因

結婚を前提に付き合うというカップルでも別れてしまう原因とは何があるのでしょうか。よくあるものとしては言われるのは、実際に付き合ってみて感じた価値観や性格の違いです。

特に婚活サービスなどで出会った二人だと、友達としてもともと知り合いだったわけではありませんので、このような結果になってしまうことはよくあることです。

また、職業が怪しかったり、お金にだらしないダメ男など、真剣交際をして蓋を開けてみれば、とんでもない問題があった…なども別れの原因になり得ると言います。結婚において、お金が職業の問題は決して見過ごせることではないですからね。親など周りの人が反対する場合もあるでしょう。

さらに、結婚に対するお互いの認識の違いもあるでしょう。特に、具体的に「いつ結婚するか」という話をしていなかった場合、それぞれ結婚のタイミングで意見が食い違ってしまうことも多く、その結果別れに繋がってしまうこともたくさんあります。

いずれにしても、「結婚前提での交際」は、期間が短いことが多いため、失敗に繋がりやすい原因を秘めていることも事実なのです。

別れてトラブルになることは…?

ちなみに、「結婚を前提に」と口約束でも話をしているのですから、「別れたいと言ったら慰謝料を請求されるのでは…」と心配する人も多いでしょう。

結論から言えば、全くあり得ない話ではありません。もちろん、話し合いを重ねてお互い合意のうえで別れに繋がったのであれば、円満な別れですし、裁判沙汰になるようなことはほぼないでしょう。

しかし、「結婚前提の付き合いだったから、別れたいというのが気まずくてバックレてしまった」という不誠実な対応を取ってしまうと、トラブルの原因になりかねません。本当に慰謝料を請求されてしまう可能性があります。

もし別れたいのであれば、前述したように、しっかりと話し合いを重ねて別れることが大切になります。

結婚前提の付き合いを成功させるポイント

では次に、実際に結婚前提に付き合うとき、どのような点に気を付けていけば付き合いがうまくいくのか、ポイントを整理してみましょう。

普通の付き合いとは真剣度が違う交際ですから、気軽な気持ちで交際をしていると、失敗してしまうことも多くなるかもしれません。それでいて交際期間も短くなりがちです。「結婚が決まった」と浮かれず、冷静にお互いのことを見ていく必要があります。

お互いの性格・価値観を知る努力を

もしお互いの出会いのきっかけが婚活サービスなどの場合、あまり相手のことをよく知らない状態で交際がスタートすることも多いです。プロフィールは知っていても、実際の性格や趣味嗜好などは、話してみなければよく分からないことも多いはずです。

性格や価値観の不一致は、離婚や男女の別れの原因でかなり多いものです。実際に交際を始めてみたらイメージしていた感じと全く違った…ということもよくありますので、話が具体的に進んでたのに別れる…なんてことにならないためにも、お互いの性格・価値観はよく知っておくことが大切です。

結婚の計画は立てておこう

結婚前提の付き合いとは言っても、上でもお伝えしたように、実際にどんなプランで結婚まで歩んでいくのかということをよく決めず、見切り発車してしまうカップルは意外と多いです。

いくら「結婚前提」とは言っていても、予定が定まっていないのでは、気持ちも盛り上がりませんし、具体的な結婚の話も出ないことが多いのです。

せっかくの出会いを無駄にしないためにも、「1年以内に結婚するのをめどに」と話しておくのも良いかもしれませんね。最初から何でもかんでも予定を決めてしまうと逆に窮屈になってしまいますが、せめておおよその結婚までの交際期間は定めておいた方が良いでしょう。

結婚前提だからこそ相手選びは慎重に

もし婚活サイトや婚活パーティーで出会った未婚男性と結婚前提の付き合いをスタートさせたいのであれば、最初にお相手を選ぶのにもある程度慎重になった方が良いでしょう。

理想が高すぎて相手が決まらないのも問題ですが、安易に相手を決めて「結婚前提に」と言いつつ軽い気持ちで付き合うのも問題アリです。

どんな人と結婚したいのか、どんな人なら自分に合うのか、相手選びを本気でしっかりと考えることも、結婚前提の付き合いを成功させるポイントの一つになります。

結婚前に同棲するのもあり

恋人として付き合うことと結婚することは、当たり前ですが大きく違うものです。今まで恋人同士だったのが結婚してひとつ屋根の下で暮らして家庭を作っていくのですから、お互いの生活スタイルはかなり変わります。

「そんなの分かっている」とは言っていても、付き合うことと結婚して一緒に住んで暮らしていくことの違いは、実際に経験しなければ分からないものです。

そのため、結婚前提の付き合いだからこそ、結婚前に同棲する期間を設けるカップルも実は多いのです。同棲は夫婦のような感覚で付き合うことが可能になるため、もし結婚を失敗したくないのであれば、お試しも含めて、同棲を彼氏に提案してみることも良いでしょう。

まとめ

結婚前提の付き合いは、やはり普通の恋人同士の付き合い方と違って、真剣に将来を意識したものになります。だからこそ、気軽な気持ちで付き合うことなく、自分のパートナーとなる相手がどんな人なのか、しっかりと見極めていきたいところですよね。

彼をただの恋愛相手として見るのではなく、付き合っているうちから夫として見ていく姿勢を持つことも大事でしょう。また、自分自身も、相手の奥さんになるという自覚を持ったうえで、自分のことについて包み隠すことなく、本音で接していけたらそれが一番ですよね。

結婚を前提に付き合いたいと告白されたら、ぜひ以上のポイントを参考に、交際を成功させていってくださいね。しっかりと相手と向き合えば、きっと幸せな結婚ができるはずですよ。

関連記事として、

四柱推命で結婚の相性をチェックしてみよう!結婚時期も決めれる?

結婚までの交際期間はどれくらい?20代・30代・40代別に紹介!

結婚相手の決め手となる理由を紹介!男女別に相手に求めているものを知ろう!

これらの記事も読んでみて下さい!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする