結婚までの交際期間はどれくらい?20代・30代・40代別に紹介!

恋人と付き合っていると「そろそろ結婚かな」と結婚を意識し始めるのではないでしょうか。長く付き合えば付き合うほど結婚を意識しはじめますし、男性であれば「いつ結婚したらいいんだろう」とプロポーズのタイミングを迷うことが多いのではないでしょうか。

実は長く付き合えば付き合うほど、結婚が遠のくことがあります。年代によって結婚の期間が違うようです。結婚するのに良い時期があれば知っておきたい情報ですね。ここでは年代別の結婚までの期間についてご紹介していきます。

結婚までの期間はどれくらい?

結婚をする前にある程度お付き合いをするものですが、その期間はどれくらいが多いのでしょうか。

特に20代半ばから30歳を過ぎると結婚を意識する人も多いと思いますが、結婚する機関はどれくらいなのでしょうか。

結婚までの期間が長いと結婚しにくい?

20代半ばを過ぎると結婚適齢期になり、恋人との結婚や、恋人がいない人もそろそろ結婚しないとと意識しはじめていきます。恋人がいる人の多くが、「結婚までの期間はどれくらいがいいの?」と悩みます。交際期間が短いと、「お互いのことをまだよくわかっていない」「交際期間が短いと結婚しても上手くいかない」と考える人が多いです。そのため、結婚を意識していても恋人関係をだらだらと続けてしまうのです。

結婚までの交際期間が長いと「お互いのことを理解している」「一緒の時間が当たり前になる」などのメリットがあるのですが、長くいればいるほど「相手の嫌なところが目につきやすくなる」「結婚のタイミングがわからなくなる」などのデメリットがあります。

そのため、交際期間が長いほうがいいとは言えないでしょう。

スピード婚や晩婚など色々ある

森三中の大島美幸さんのように交際期間0日で結婚したり、1ケ月で結婚してしまう人などスピード婚で結婚したり、30代後半で結婚するいわゆる晩婚の人もいます。

特に日本では晩婚化が進んでおり、初婚が35歳以降の人が急増しています。結婚が遅くなればなるほど、子どもを産みにくくなりますし、付き合いが長いとそれだけ年齢も年取っていきますから、関係は深くなるのかもしれませんが、もし子どもが欲しいということになると、長い付き合いが良いと言う事でもありません。

また、交際期間が長いのに、結婚したあとにすぐ離婚してしまう夫婦や、スピード婚で交際期間がものすごい短いのに何十年もラブラブな夫婦もいます。

そのため、結婚までの期間は何年がいいのかということは断定はできないでしょう。相手や自分が結婚を意識し始めたらもう結婚するタイミングなのではないでしょうか。

世代によって結婚までの期間は大きく異なる

お付き合いをしている相手がいて、その相手との結婚を意識している人もいるでしょう。世代によって、結婚までの期間は大きく異なるようです。

調べてみると、各世代の結婚までの期間を平均すると、1年半~2年だということがわかりました。だからといってその平均通りに結婚することが幸せになれると言う事ではありません。恋人との関係や、2人の環境を大切にして結婚のタイミングを見つけていきましょう。

20代は男女ともに仕事を安定させるために時間が必要です。そのため、結婚をなかなか意識することは難しいです。30代になるとお互いキャリアを築け、経済的にも安定してくるため、結婚を考えるようになるでしょう。

その一方で女性は出産のタイムリミットを意識するでしょう。しかし男性も女性も仕事では昇進しているころで責任のある立場になりますので、ここが結婚に踏み切る難しさを生んでいるようです。

40代になると子どもを持つか持たないかなどライフスタイルによって結婚するかしないかが変わってきます。仕事も経済的にも安定して結婚の条件はそろっているでしょう。あとはパートナーとだけの人生を選ぶのか、子どもを産んで父親母親としての人生を選ぶのかで結婚のタイミングは変わるでしょう。

世代ごとでは結婚に対する環境には大きな違いがありますが、どの年代においても相手に対する情熱やタイミングがとても大切です。結婚してからずっと続く生活には色々なことが起こります。価値観の違いで喧嘩したりすることもあるでしょう。その度に2人で乗り越えるには愛情と情熱が大切だといえますので、交際期間に愛情と情熱を育んでいくことが大切になるでしょう。

20代の結婚までの交際期間について

では20代での結婚までの交際期間はいつが多いのでしょうか。

●第1位:3年以内

20代の結婚までの交際期間で最も多かったのが、「3年以内」です。結婚までの交際期間で3年目を区切りとするカップルは比較的多いです。20代ならまだ結婚できるチャンスに恵まれるという余裕も1つのようです。

恋人を一生のパートナーにするか、長い時間をかけて考える人が多いのです。また、20代は自分の仕事にまだ慣れていないなど仕事が理由であることも多いです。そのため、結婚を意識していても、なかなか踏み出せないというところがあります。

その結果けじめがつけられずだらだらと関係を続けてしまう可能性があるため注意しましょう。

●第2位:1年以内

20代の結婚までの交際期間で、3年以内の次に多いのが1年以内です。日本には春夏秋冬と四季があります。この四季をすべて一緒に過ごして、これからも一緒に過ごしていけると思う人が多いのです。また、20代の多くは1年付き合えば相手のことを理解できると思っています。

20代で結婚願望がある女性は「彼は結婚願望があるのか」と悩みます。出産する年齢などを考えて「なるべく早く結婚したい」と考えます。このような理由から女性から相手に結婚について話をするケースが多いです。

20代の人の多くが1年以内で結婚したいと考えているため、この期間が1つの目安となるでしょう。

●第3位:半年以内

20代の結婚までの交際期間で3番目に多いのが半年以内です。スピード結婚と言われる時期ですが、比較的半年以内に結婚している人が多いです。近年ではスピード結婚する人が増えています。

この理由としては、結婚はタイミングだと思っている人が多かったり、半年程度一緒にいれば、ある程度は結婚生活を想像することができると考えているためです。また、付き合う前から結婚を意識していた人はスピード結婚になりやすいと言えます。

30代の結婚までの交際期間について

30代の結婚ですが、多くの場合1年以内で結婚する人が多いようです。ではなぜ1年以内に結婚を決めるのでしょうか。

自分に合う人がある程度わかっている

30代になると、恋愛経験が多くなり、自分に合わない人とお付き合いをして深く傷ついたり、失恋をした経験がある人が多いです。付き合っていても「この人となら添い遂げられそう」と感じるのです。また、周囲が見えなくなるほどの恋愛をすることが少ないのも30代の特徴と言えそうです。

そのため、自分に合う相手と出会えることができれば、付き合ってから短期間で結婚に踏み切ることができるのです。そのため、比較的落ち着いた交際が出来ている30代のカップルは長期間交際をする必要が無いのです。付き合ったころから結婚を意識しているため、30代の結婚までの交際期間が1年以内と短いのです。

交際期間が長いことのリスクを把握している

人間の恋愛感情は3年が限界だと言われています。交際期間が長くなればなるほど、付き合いはじめのような感情は亡くなっていきます。また、このことが原因で、少しずつ相手のことを求めなくなっていくこともあるのです。相手への気持ちが薄くなればなるほど破局する可能性は高くなります。30代の人はこのことをしっかりと理解しているのですね。

そのため、20代の人とは違い、長い時間一緒にいることでお互いのことを理解するという考えを持っている人自体が少ないのです。そして30代の人はスピード結構になりやすいのです。

また、交際期間中も10代20代のようなときめきやドキドキ感はあまり重視しません。

いっしょにいて安心する相手を選ぶことで、結婚したいという気持ちが強くなるのです。わざわざ長い期間交際することに対してメリットを感じないのです。

相手に求めるものが変わる

年齢によって異性に求めるものが変わります。10代や20代では刺激を求めますが、年齢を重ねていくほど、安定感や落ち着きを求めていきます。特に30代以降でこの傾向が強くなる傾向にあります。そのため、恋をして浮ついた状態になるのを嫌います。自分が落ち着く人と結婚して安心や安定感を手に入れたいのです。

この考えを持つため、刺激的で不安定な恋愛をしなくなります。初めから落ち着いた関係でいるため、結婚までの期間が短くなるのです。恋を追い求める男女の関係でなく、安定感のある愛を追い求める恋愛が好まれるのです。

結婚できる環境が整っている

20代だと経済的な問題で結婚に踏み切れないケースが多いのですが、30代になると安定した収入を得てゆとりのある生活ができる可能性が高いです。また、多くの人が結婚するしない関わらず貯蓄をしているため、すぐに結婚できるような環境である人が多いです。結婚をするために結婚式、新婚旅行、新居への引っ越しなど様々な費用が掛かります。

また、女性は30代を過ぎると、年齢を重ねれば重ねるほど結婚できる可能性が低くなります。このことを理解しているため、30代後半になると結婚に対して焦り始めるのです。しかも30代後半では結婚している友人も多いですので、男女問わず多くの人が結婚に対して焦り始めます。そのため、スピード結婚になりやすいのです。

40代の結婚までの交際期間について

40代になると、さらに結婚までの交際期間が短くなる傾向があるようです。

40代の結婚までの交際期間は半年~1年以内がほとんど

40代の結婚は世間的には晩婚と言われます。そのため、多くの人が結婚できないと焦り始めます。これが原因で「次お付き合いした人と結婚できなければ自分は一生独身だ」と考えてしまうのです。そのため、付き合う前から結婚を意識しています。また、40代の女性はさらに出産へのリスクが年々高くなりますので、子どもが欲しい人はさらに焦ってしまうのです。

これが理由で40代の結婚までの交際期間は半年~1年以内が非常に多いです。反対に3年以上交際してから結婚するカップルはかなり少ないです。また、付き合う前からこの人となら結婚したら幸せになれると見ることができます。そのため、自分が結婚したら幸せになれないと感じる異性とは恋愛関係にすらなりません。

まとめ

いかがでしたか?結婚までの交際期間についてご紹介していきました。結婚までの交際期間は人によって様々です。そのため、自分たちがいつ結婚すればいいのかをしっかりと考えていく必要があります。

結婚までの交際期間のメリットを考えながら、結婚を決めていくと良いでしょう。スピード結婚になる人は直感や勢いで結婚することが多いです。会った瞬間にビビっとくるというやつです。反対に直感が無い場合は結婚を決意するまで時間がかかります。

結婚までの期間は本当に人それぞれですから、早いとか遅いとかは関係ないと言えるでしょう。

関連記事として、

男性が結婚する平均年齢は?適齢期や男性の結婚に対する考え方を知ろう!

《手相占い》結婚線の位置や意味を知ろう!良い場合と悪い場合の位置は?

これらの記事も読んでみて下さい!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする