恋人との倦怠期を乗り越える方法を紹介!なぜ倦怠期になる?

どんなカップルでも一度は訪れる倦怠期ってありますよね。

その度に関係がギクシャクしたり、喧嘩したり、最悪の場合は別れてしまうカップルもいるかもしれません。

倦怠期というのは恋人に対して「慣れ」が生じてしまったり、二人で長い時間いることによって新鮮味がなくなってしまうことでの「飽き」によってお互いの関係がうまくいかなくなる時期といわれています。

どんなに仲のいいラブラブな二人だからこそ、倦怠期は必ずといっていいほど乗り越えなければならない壁といっていいでしょう。

今回はその倦怠期について、どんなキッカケで倦怠期に陥りやすいのか。また、二人で倦怠期を乗り切るための方法をみていきましょう。

今倦怠期のカップルも、付き合いたてのラブラブカップルも、倦怠期の乗り越え方がわかれば何も怖いことはありません!

誰でも一度は訪れる倦怠期

倦怠期のタイミングは人それぞれと言われていますが、三ヶ月、半年、一年、三年、、、などと節目節目に、倦怠期の影は潜んでいると言われています。

これは恋人でも夫婦でも同じようにあり、そのほとんどが一緒にいることに慣れてきたり、新鮮味がなくなってきた時に多いでしょう。

カップルによっては倦怠期中に、些細なケンカで感情的になってしまい、別れてしまうカップルも少なくありません。

しかし倦怠期中のケンカは後になって考えてみると、本当に些細なきっかけで起こるケースが多いので別れて後悔してしまうこともあるでしょう。

付き合って初めての倦怠期は、お互いの全てが好きだからこそ許せていた部分も、だんだんと好きだけではカバーできなくなってくる三ヶ月頃に訪れることが多いでしょう。

そこで持ち直してもまた、数ヶ月後にはまた「慣れ」が生じてきてしまい、第二倦怠期が訪れます。

カップルによって倦怠期の回数はそれぞれなのですが、倦怠期が多いと、それだけ別れの危機がある分、乗り越えた時の二人の絆はより深まっていくはずです。

なので倦怠期を理解しておくだけでも、二人の関係性を冷静にみて、乗り越えていくこともできるのです。

二人の関係がギクシャクするキッカケって?

では、どんなことがキッカケで倦怠期は訪れるのでしょうか?

わかっているようでわかっていない倦怠期のきっかけを知って、あらかじめ備えてみるのもいいかもしれませんね。

ここでは代表的な3つの倦怠期のサインをみていきましょう。

ドキドキがなくなって老夫婦みたいになった時

どんなカップルでも付き合い始めは誰しも、二人にとって初めて触れる相手の言葉や態度にドキドキしてしまいますよね。

好きな相手が自分のことだけを見てくれているだけで、キュンキュンしてしまう人もいるでしょう。

また、もともと友人関係が長くても、付き合った当初は恋人同士という関係性に変わるので、新鮮さを感じることがあるでしょう。

そんなラブラブな二人でも、同じことを何度も繰り返していれば、初めて味わったときめきより、新鮮味は半減してしまうのは当然のことですよね。

中には何年経ってもキス一つとっても、初めての時とかわらずにキュンキュンできるツワモノもいるかもしれませんが、回数を重ねてしまえば、初めてのドキドキ感は間違いなくなくなってしまいますよね。

あまりにお互いを知りすぎてしまい、長年寄り添う老夫婦のようになってしまうと、倦怠期に陥りやすいのです。

関係性は安定してくる分、恋人より家族のような関係になってしまい、「好きじゃないのかも」と思ってしまうのです。

好きでしていたことでも相手に感謝されなくなった時

初めのうちは相手の喜ぶ顔が見たくて、少し無理をしてでも相手に合わせてしまうことは、付き合いたてのカップルなら誰しも経験することでしょう。

やっぱり、相手にいいように見られたいし、もっと好きになって欲しいし、「誰にも渡したくない!」という恋心がマックスに発動してしまいますよね。

初めてはどんなことにも「ありがとう!!」と言って喜んでくれていた恋人も、回数を重ねれば相手の行動が見えてきて、あまり驚かなくなるという現実に直面してしまうことがあります。

何度同じサプライズをやっても毎回心から驚いてくれる人は、探してもなかなか見つからないものです。

だんだんと相手に「ありがとう」を言わなくなったりすると、その言葉をもらいたくてやっていた訳ではないのに、「ありがとうと言ってくれなくなった」と不満に感じてしまいますよね。

相手がしてくれることや、相手が隣にいること自体が当たり前になってしまうと、倦怠期がスタートしてしまうきっかけになるようです。

会っていてもつまらない

付き合いたては別にどこにいく訳出なくても、二人でいられることに幸せを感じることが誰でも出来ていたはずです。

しかし、倦怠期になると新鮮味がなくなるせいか、なぜか何をしていてもつまらないと感じてしまうこともあるはず。

「二人でお家デートするなら、会わないでそれぞれのんびり好きなことをやってもいいんじゃないかな?」なんて思ったことってありませんか?

一緒にいる時間が長すぎても倦怠期は訪れます。

倦怠期を乗り越える4つの方法

どんなラブラブなカップルでも必ず慣れが訪れてしまう倦怠期に備えて、どんな方法をとればいい関係を続けられるのでしょうか。

長い年数一緒にいるカップルや夫婦が自然とやっている倦怠期の壁を乗り越える4つの方法をみていきましょう。

簡単なことで意外とできていないことなのでぜひ実践してみてくださいね。

新しいことを二人でしてみる

長く付き合いが続くとデート一つとっても、付き合いはじめの時に比べて予定を立てずに会うことも増えるでしょう。

その結果、食事に行った後にどちらかの家に行ってまったりするなど、デートの流れもマンネリになってしまいがちです。

仕事などで忙しい相手に合わせておうちデートもいいのですが、たまにはいつもと違うデートプランを立ててみるのもいいでしょう。

また、いつもの行動範囲だけでなく、新しいデートスポットやレストランなども開拓してみるのも一つの手です。

お互いのプライベートを充実させる

長く一緒にいれば予定がなくてもお互いの休みを合わせたなら、二人で会う時間を作ろうと予定を空けておきますよね。

もし、倦怠期の雰囲気を感じたり、マンネリ気味になってケンカなどが多くなってきた場合は思い切って他の事に目を向けてみるのもいいでしょう。

お互い別々のプライベートを充実させることで、新しい話のネタができますし、会う回数を少なくすることで、その一回を大事にすることができるのです。

プライベートの時間を恋人に全て捧げてしまっている人は、最初は良くても時間が経つにつれ不満ができてしまうことがよくあります。

束縛するタイプの人は、自分のプライベートを相手に全て捧げているので、相手のことで頭がいっぱいになります。

そのため、相手が自分以外のことに興味を持つことにいい気分がしないのです。

恋人しか見えていないと周りをみる余裕も無くなってしまうので注意が必要です。

お互いが、他の趣味などを持っていて、恋人と趣味の両方を充実させていれば、倦怠期もあまり心配することはないでしょう。

グループで遊んでみる

どんなに仲が良くても二人でできることには限界があるでしょう。

そんな時は共通の友人やカップルなどを交えて、グループで遊んでみるのもいいでしょう。

いつもは二人ですることでも友人が加わることで、いつもと違う恋人の顔をみることもできるでしょう。

人数が増えるとバーベキューをしたり、レンタカーを借りて遠出したりなど遊びもいつもと違うことができます。

一緒にいながらも新鮮味を取り戻せるので、二人で家にこもり気味なカップルは実践してみるのはいかがでしょう。

そんな時こそ素直に話し合ってみる

倦怠期のカップルは相手の小さな言動に対してイラッときたり、いつもはあまり気にしないことでも、相手とのコミュニケーションをとることが億劫になることがあります。

なぜか相手の顔を見たり、声を聞くのも気に触る。そんな経験がある人は多いはず。

距離を取るというのも一つの手段ですが、マンネリの原因は「長く一緒にいるからこそのコミュニケーション不足」が一つの原因になっています。

「私の性格をわかってくれているから、言葉に出さなくてもわかってくれているはず」

なのに、相手の心ない言動にイライラしてしまうのです。

でも、それは言葉に出して言わないと相手に伝わっていない事も多いんです。

長く一緒にいるからこそ、言葉に出して言いたいことを話し合う場を作ることで、お互いのすれ違いを回避できたりするんです。

話し合ってみたら案外簡単に解決できる事もあります。

長く一緒にいる夫婦などは多少の割り切りも持ち合わせています。

しかし、あまりにも気になる事や不満を持っていることは、早い段階で話し合うことが大切ですね。

まとめ

倦怠期に陥ってしまうカップルの時期や、その乗り越え方をみていきましたが、いかがでしたか?

どのカップルでも倦怠期は必ずといっていいほど訪れるでしょう。

倦怠期真っ最中であれば周りがよく見えたり、先の見えないイライラから解放されたいと思い、相手を必要以上に傷つけたり、距離をとったりしてしまう事もあるかもしれません。

しかし、後になって振り返ると、笑い話にもなるほど当たり前なことであり、二人の絆を深めていくためには必要なステップなのです。

倦怠期を乗り越えるための4つの方法を紹介しましたが、他に二人だけのルールを決めたりするのもいいかもしれません。

月に一度は不満を言い合う時間を作ってもいいですし、できるだけ日々のストレスを溜めずに笑顔でいられる方法を話し合ってみてください。

倦怠期を乗り越えられずに別れてしまうカップルももちろんいるでしょうが、またお互いの気持ち次第で縁があれば復縁するカップルもいますし、正しいことは一つではないので、二人のやり方を模索してみてくださいね。

関連記事として

付き合って半年でラブラブのカップルと破局するカップルの違いはなに?

彼女がそっけない理由はなに?そんな時の対処方法を知ろう!

彼女と距離を置く時の注意点!してはいけないNG行動と男女別心理を紹介!

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする