告白の成功率が分かるチェックリスト!どのタイミングがベストかを知ろう!

女性の皆さん、これまでの人生の中で、好きな人に「告白」をした経験はありますか?

おそらく「ない」と答える人のほうが多いのではないかと思います。というのも、日本の恋愛市場では基本的に女性が受け身。告白も男性側からするのが当たり前だと考える人がとても多いのです。

しかし近年では、”草食系男子”などと呼ばれる奥手な男性が増えているせいで、女性から男性に告白するケースも少なくないのだとか。好きな人に思いを伝えるというのは素敵なことですが、やはり気になるのは告白の返事。

勇気を出して告白をするなら、やっぱり「OK」をもらいたいですよね。

そこで今回の記事では、自分から告白を考えている女性の皆さんのために、意中の相手の脈アリ度を知る方法や、告白の成功率をアップさせる方法をご紹介したいと思います!

今は女性から告白する時代?

ひと昔前までは、男女がお付き合いする時には、男性から女性に告白するのが当たり前だと考えられてきました。

筆者は現在30代ですが、若い頃は好きな男性ができると「早く告白してくれないかな」とヤキモキしていたものです。この感じ、同世代の女性の皆さんなら共感していただけますよね?

ところが近年では、女性から男性に思いを伝えるケースが増えていると言われています。

男女の立場が逆転しつつあるのは一体なぜなのか・・・まずはその理由を探ってみました。

男性の2人に1人は女性からの告白を待っている!

株式会社資生堂が、2014年に展開したキャンペーンの一環として、20~40代の男性500名を対象に告白に関する意識調査を行ったところ、結果は以下のようになりました。

【Q.女の子には自分から告白したいですか?それともされたいですか?】

  • したい・・・16.4%
  • どちらかというとしたい・・・27.8%
  • どちらかというとされたい・・・37.8%
  • されたい・・・18.0%

(※2014年 『Peachy』掲載記事より)

「女性に自分から告白したいか?されたいか?」という質問に対して、「したい」と積極的な姿勢を示した男性はたったの16%。「どちらかというとしたい」と合わせても、自分から告白したい派は半数以下となっています。

ここ数年で”草食系男子”という言葉がすっかり一般化しましたが、さらに最近では恋愛にまるで興味がない”絶食系男子”、恋愛の優先度が低い”断食系男子”といったニュータイプも次々に登場しています。

この調査が実施されてから4年が経過した現在では、告白されたい派の割合もより多くなっているに違いないでしょう。

相手がそんなタイプの男性なら、女性側は告白を待っているだけではいつまでたっても恋の進展は見込めません。

それに気付いた女性たちが「それならば私から!」と動き出したのです。男性が草食化してしまったぶん、女性が肉食化せざるを得なくなったというわけですね。

いつの時代も、私たち人間は環境に合わせて性質を変化させていくものなのです。

女性からの告白は成功率が高い?

恋に奥手な草食系男子が急増している昨今。女性側から告白して恋を実らせるのは、決して難しいことではないでしょう。

彼らはただただ奥手なだけで、本当は女性に興味津々ですし、チャンスがあれば恋人だって作りたいのですから。

もしかしたら、あなたの意中の相手も、あなたからの”一言”を期待しているかもしれません。

「女性から告白なんて、ガツガツしているように思われそう・・・」などと考える女性もいると思いますが、今はむしろガツガツしてナンボの時代!

積極的に動いた女性こそが、幸せを手に入れられるのです。

告白の成功率がわかる5つのチェックリスト

奥手なイマドキ男子は、2人に1人が告白待ち。

女性は自信を持って告白しても大丈夫そうですが、それでもやっぱり「フラれたらどうしよう・・・」という不安はなかなかなくなりませんよね。

そこで、告白をする前に、まず告白が成功する確率がどれくらいなのかを診断してみましょう。

普段彼と接している中で次のような言動が見られる場合、それは奥手な彼なりの脈アリアピールである可能性大!

チェック項目は全部で5つ。当てはまるものが多いほど、成功率も高いと考えられます。

①メールやLINEで頻繁にやりとりをしている

多くの男性は、メールやLINEのやりとりをするのを面倒だと感じています。

なぜなら、男性にとってメールやLINEはあくまでも”連絡手段”の一つであって、女性のように”会話を楽しむツール”ではないからです。そのため、親しい友達であっても、はっきりした用事がなければ連絡することはほぼありません。

したがって、彼からメールやLINEが送られてくるのは、それだけでプラス。普段は面倒だと思うこともする気になってしまうほど、あなたに好意を持っているということです。

さらに、返事が早い、やりとりが長く続く、絵文字やスタンプを送ってくる・・・といった傾向があるならば、本気度もなかなかのものでしょう。

②よく目が合う気がする

目が合うのは、彼の視線があなたにロックオンしている証拠!

女性は好きな人ほど直視できないものですが、男性の場合は逆で、好きな人ほどじっと見つめてしまう傾向があります。

これは、大昔に狩りを生業としていた男性が持つ「獲物を目で追いかける」という狩猟本能によるものなのだそうですよ。

③何かと親切にしてくれる

「好きな人には優しくしてあげたい」というのは男女共通の心理ですが、女性はそれほど親しくない人にも優しく接するのに対して、男性は本気で好きな人だけに特別優しくするという、女性よりもわかりやすい特徴があります。

「ドアを開けてくれる」「重たい物を持ってくれる」くらいなら他の女性にもすることがあるかもしれませんが、次のような言動は好きな女性の前でしか見せない特別な優しさです。

  • 困っている時に手を貸してくれる
  • 「いつでも相談して!」と頼れる存在をアピール
  • 体調を心配して気遣ってくれる
  • 時には叱ってくれる
  • 忙しい時でも時間を作ってくれる

もし当てはまるものがあれば、告白も嬉しい結果が期待できそうです!

④彼の口から「ヒマだ」という言葉を聞いたことがある

「今日、ヒマなんだよね~」「休みだけど、やることが何もなくてさ・・・」など、男性がわざわざヒマだということをアピールしてくるのは、「誘ってくれないかな」という気持ちの裏返し。

自分から誘う自信がないので、女性が食い付いてくれるのを期待しているんですね。

あなたのほうから「それならどこか遊びに行かない?」と誘ってあげたら、きっと大喜びで乗ってくれるはずですよ。

いい感じでデートできたら、そのまま告白しちゃうのもアリでしょう!

⑤一緒にいる時の距離が近い

人はそれぞれ「パーソナルスペース」というものを持っています。

パーソナルスペースとは、他人に近付かれると不快に感じる空間のこと。親しい相手ほどパーソナルスペースは狭く、近付かれても不快には感じません。一方、そこまで親しくない相手はパーソナルスペースが広く、あまり近寄られると不快に感じて距離を置きたくなります。

そう、パーソナルスペースはいわば”心の距離”。物理的な距離が近いほど、心の距離も近いということです。

個人差や男女差はありますが、一般的にパーソナルスペースは次のように分けられています。

  • 0~45cm:恋人や家族との距離
  • 45~120cm:友達との距離
  • 120~360cm:知人や職場の人との距離

さて、意中の彼とあなたが一緒にいる時の距離はどれくらいでしょうか?

もし45cm以内なら、彼もあなたに対してかなり心を許している証拠。あなたから思いを伝えれば、きっと喜んでくれるに違いありません。

反対に、近寄ろうとするとさりげなく距離を置かれたり、腕組みをする場合は「これ以上近くに来ないで」のサインかも・・・?

このあとご紹介する恋愛テクを学んで、心を開いてもらえるように頑張りましょう!

心理テクニックで告白の成功率を上げよう!

さて、告白成功率チェックの結果はいかがでしたでしょうか。

当てはまる項目がたくさんあったというあなた。彼の気持ちはもうわかりましたよね?あとは自信を持ってぶつかっていくのみです!

一方、当てはまる項目が少なかったあなた。残念ながら、今の段階での脈あり度は低め。告白しても残念な結果に終わってしまうかもしれません。

しかし、ガッカリして諦めるのはまだ早いですよ!

今は脈がない状態でも、あなたの努力次第で脈ありに変わる可能性は十分にあるのです。

ということで、続いては「心理学に基づいた恋愛テクニック」を2つご紹介します。今日からさっそく実践して、彼との距離を少しずつ縮めていきましょう。

親近感を抱かせる「ミラーリング効果」

「ミラーリング」とは、表情や言葉、仕草などを相手と合わせる、すなわち”まねっこ”をすることで、相手に親近感や安心感を抱かせるという心理テクニックです。最近では恋愛テクニックの一つとしても紹介されていますね。

具体的なやり方としては、たとえば相手が笑っていたら自分も笑う、相手が飲み物を飲んだら自分も飲む、相手の「昨日〇〇に行ったんだ」という話題に対して「〇〇に行ったんだね」と繰り返す・・・などなど。とにかく相手のまねっこをすれば良いのです。

真似をするポイントは「あくまでもさりげなく」。わざとらしいまねっこは相手をバカにしているように見えてしまいますのでご注意ください!

”好き”をお返ししたくなる「好意の返報性」

皆さんも、誰かからプレゼントをもらったり、食事をご馳走になったりすると、「次の機会には自分も何かしてあげよう」という気持ちになるのではないでしょうか。

このように、私たちは誰かから好意を受け取った時、自分も同じように相手に好意をお返ししたいという心理がはたらくものです。

これを心理学では「好意の返報性」と呼ばれています。

基本的に人間なら誰しもがこの性質を持っているので、意中の彼に対して好意を伝え続けていれば、やがて彼もあなたのことを好きになってくれるかもしれません!

とはいえ、たいして仲良くないうちに大胆に好意を示すのは逆効果。お返ししてくれるどころかかえって警戒されてしまいますから、好意は次のような方法で少しずつ小出しにして伝えていくことをおすすめします。

  • 相手の目を見つめる
  • 相手の話にしっかり耳を傾ける
  • 相手の良いところを褒める
  • さりげなく特別扱いする
  • ちょっとしたプレゼントをする

狙い目はいつ?告白が成功しやすいタイミング6選

お気付きの人も多いと思いますが、告白の成功率は「彼との心の距離感」が近ければ近いほどアップします。

彼のほうもあなたのことを恋愛対象として「いいな」と思ってくれている状態であるならば、あなたの一言で関係が動き出す可能性が高いでしょう。

また、告白の成功率は、思いを伝える”タイミング”によっても変化すると言われています。

せっかく勇気を出して告白するのですから、どうせなら確実にOKをもらえそうなタイミングを狙いたいですよね。

では、告白が成功しやすいのは、一体どんな時なのでしょうか。

①食事デートの後

告白が成功しやすいタイミングとして、まず”食後”が挙げられます。

ご飯を食べてお腹がいっぱいになると、なんだか眠くなってきますよね。

これには自律神経のはたらきが関係しており、満腹状態の時に眠気が起こるのは副交感神経が優位になって心身ともにリラックスしているから。リラックスして気分が良い時は、人に対しても好意的になれるんです。

反対に、お腹が空いている時は交感神経が優位になっているため、人によってはイライラしたり不機嫌になることも。これでは告白の結果が目に見えていますよね・・・。

また、食後によく飲むコーヒーも、告白の成功率アップに一役買っています。

人気番組「ホンマでっかTV」でも以前紹介されたことがあるのですが、コーヒーの主成分のひとつであるカフェインには「人から説得されやすくなる」という効果があるんですよ。

デートの流れで告白しようと考えているあなたは、当日は食事デートが断然おすすめです。食後のコーヒーも忘れずに注文しましょう!

②季節のイベント当日

夏なら花火大会やお祭り、冬ならクリスマスやバレンタインといった季節のイベントは、告白する決心がつきやすいばかりでなく、OKをもらいやすいタイミングとしてもベスト。

中でも恋の一大イベントであるバレンタインは、告白の成功率が40%超というデータも存在するほどです。

季節のイベントが近付くと、街もいつもとは違った雰囲気に包まれ、自然と気分が高揚してくるものです。

特にバレンタインの前にはクリスマスやお正月もありますから、楽しそうなカップルを横目に一人寂しく過ごしていたシングル男子なら、なおさら恋愛モード全開になっていることでしょう。そんな時こそ、まさに大チャンスなのです!

③相手の誕生日

誕生日はたくさんの人から祝福してもらえる幸せな日ですよね。

筆者くらいの年齢になると「また年をとるのか・・・」とちょっとウンザリしてしまいますが(笑)、若い世代の皆さんからすれば1年の中でも特に大きなイベントだと思います。

実は、相手の誕生日も告白が成功しやすいタイミングのひとつ。

なぜなら、誕生日は誰もが”主役”になれる日。

色々な人から「おめでとう!」と声をかけてもらったり、プレゼントをもらったりすれば、当然テンションは上がりますよね。

こうした気分が良い状態の時を狙って告白すると、成功率はグンとアップするのだそうです。

④夕方から夜にかけての時間

告白のタイミングを時間的な観点で考えた場合、もっとも成功しやすいのは夕方から夜にかけての薄暗い時間帯。

人間の心理状態は、朝起きてから夜眠りにつくまで一定のリズムで変化しています。

日中はモチベーションも高く行動的、頭も冴えていて判断力もしっかりしていますが、少しずつ日が暮れて夜に近付くほど、思考やメンタル面が不安定になってくるのです。

夜になると訳もなく寂しくなったり不安を感じたりするのは、こうした心の仕組みによるものなんですね。

また、夕方は美しい夕焼け、夜は煌びやかな夜景と、夜にかけての時間って昼間に比べて景色もロマンチック。

隙をつくようなやり方ではありますが、この思考が不安定かつムード満点のシチュエーションの中で告白すると、その場の雰囲気にふわ~っと流されてOKしてくれる可能性が高いです。

⑤相手に変化があった時

人間の心理には「変化を嫌う」という特徴があると言われています。

確かに、引越しや転勤などで環境が変化すると、ストレスを感じてしまう人が多いですよね。もちろん、こんな状況の時に告白しても、良い返事はまず期待できません。

しかし、以下のような嬉しい変化が相手に起こった時は、逆に大チャンス!

  • 仕事で昇進した時
  • 試験に受かった時
  • 試合や勝負事で勝った時
  • 目標を達成できた時

こうした変化が起こった時というのは、先ほどの誕生日と同じようにテンションが上がっていますから、告白をOKしてくれる可能性も高いのです。

⑥直接会っている時

スマホの普及率が急増したせいか、最近はメールやLINEで気持ちを伝える人が多いようですね。

確かに、メールやLINEでの告白って、告白する側にとっては都合の良いことばかり。相手の顔が見えませんから、気持ちを落ち着けて告白できますし、うまいセリフを考えたりタイミングをつかんだりもしやすいです。

しかし、これは告白される側にとっても同じことで、相手が傍にいないぶん、冷静に考えて答えを出せるんですね。

ノリやムードに流されて・・・ということが期待できないので、じっくり考えた結果「ごめんなさい」ということになりかねないのです。

まとめ

今や女性側が男性にアプローチをする時代・・・ということで、今回の記事では告白の成功率をアップさせる方法についてご紹介してまいりました。

こんなことを言うと身も蓋もないのですが・・・今の二人の関係が成功率チェックの項目にすべて当てはまっていた、あるいは成功率を上げるためのテクニックをすべて実践したからといって、100%OKをもらえるという保証はありません。

とはいえ、告白したいけど勇気が出ない、あと一歩を踏み出せない、という皆さんにとっては、「きっと大丈夫」という自信をつける有効な手段だと思います。

皆さんが意中のお相手と結ばれるようにお祈りしています!

関連記事として

告白を女性からでも成功させる方法を紹介!どんなメッセージがいい?

バレンタインでの告白を成功させよう!どんなチョコやプレゼントがいい?

告白におすすめのシチュエーションを紹介!七夕やクリスマスなどのイベントがいい?

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする