彼女依存症な男性の特徴とは?彼女はどうやって対処すべき?

彼女依存症になる男性は、彼女に愛されているにもかかわらず、それでも愛情が足りないと感じてしまいます。

彼女が優しい人であればあるほど、その束縛度は増し、エスカレートしていきます。その結果、嫉妬や束縛によるDVやストーキング行為に発展することもあります。

会社や周囲の前では、いい人であろうと装いますが、彼女という自分を肯定してくれる存在ができた途端、彼女から離れられなくなってしまう傾向にあります。

そんな依存度の高い男性の特徴と改善策に迫ってみましょう。

こんなにもあった!彼女依存症の男性に見られる特徴12選!

「彼女が好きで好きでしょうがない!何があっても彼女が最優先」という彼女依存症の男性には、ある共通する特徴があります。

彼女に依存してしまうには、心理的なわけがあり、実は幼少期が影響していることも場合もあるのです。依存してしまう男性に見られる特徴にはどんな心理が隠されているのか探ってみましょう。

寂しがり屋な男性

一人でいると不安になったり、極度に寂しがる傾向になる男性は、彼女に依存しやすいと言えます。彼女が優しければ優しいほど、彼女に対する要望はエスカレートします。

最初のうちは、彼女も喜んで受け止めますが、何かにつけて彼女に会いたがり、日を追うごとに要望が加速し、彼女への依存度は益々高まっていきます。

わがままな男性

彼女に対する依存度が高い男性は、自分の思い通りにならないと怒り出したり、不機嫌になります。しかし、一歩会社に出るとそんなわがままは通用しないため、大きなストレスを抱えてしまいます。

そんな心を満たしてくれるのが彼女という存在です。彼女の前ではわがままが言えるので、母親に甘える子供のような心で彼女に接するようになります。次第に、彼女なしでは生きていけなくなるのです。

気分の波が激しい男性

なにかうまくいかないことがあるとすぐに落ち込んでしまう男性も要注意です。一度落ち込むと、自分で解決する方法を持ち合わせないため、誰かに頼り救いを求めます。

厳しい意見や指摘をされることを嫌い、よしよしと慰めてくる女性を求めます。傷つくのを恐れているため、最終的には解決策を見出すよりも優しさだけを求めてしまう傾向にあります。

ネガティブな男性

自分のことを好きになれない男性はネガティブ思考と言えます。自分を肯定することがなかなかできず、悪い方へ悪い方へと考えを巡らしてしまうのです。

自分で自分を否定するため、自分を肯定してくれる女性を求めます。「こんな自分を好きになってくれるなんて」という思いから女性と付き合い始めます。

自分を肯定してくれる女性といることで、自己肯定感を感じることができるのです。

甘やかされて育った男性

母親に愛情をたっぷりと受け、溺愛されて育った男性は、彼女にも母親と同じような愛情を求めがちです。

母親に甘やかされて育ったことで、独立心が育たず、大人になっても甘える習慣が抜けません。

付き合う前はしっかりしていた男性が、付き合ってみると掃除や洗濯、料理だけでなく、お金の要求までするようになることもあります。甘やかされて育った男性には注意した方が良いでしょう。

束縛する男性

自分がかまって欲しいときにかまってもらえないと不安になってしまう男性は、彼女に依存しやすい傾向にあります。

彼女に連絡しても返答がないと、「どこで何をしているんだ!浮気をしているんじゃないのか!」と思い、彼女と連絡が取れるまで何度も何度も連絡します。

彼女の都合は気にもせず、自分の感情を相手に押し付けるのです。

エスカレートする行動に耐え切れなくなった女性が別れを切り出すと、彼がストーカーになってしまうなんてこともありえます。別れる時は慎重に切り出しましょう。

第一優先は彼女な男性

先約があろうとなかろうと、何があっても彼女が最優先で、彼女が喜ぶならなんでもします。

「彼女がいないと生きていけない」とまで思っているため、彼女に嫌われないように彼女の要求をなんでも聞いてしまうのです。

彼女と会うためなら会社の人との大事な予定まで断ってしまうなんてこともあるかもしれません。

自信がない男性

彼女に依存してしまう男性の多くが、自分に自信が持てずにいます。自己肯定感が低いため、「常にこれでいいのか?本当に大丈夫か?自分なんて、、、」と、常に自分を否定しているため、自分に自信が持てません。

そんな自分でも「好き」と言って受け止めてくれる彼女がいてくれたら、「この子を離してなるものか!」と、必要以上に束縛したり、つなぎとめるようなことをします。

幼児体験が影響している男性

子供の頃に、親の愛情を十分に受けずに育ってしまった男性は、彼女ができると愛情をコントロールできなくなってしまうことがあります。

愛情と欲望が入り混じり、仕事や友人よりも彼女を優先し、彼女にも自分だけを優先して欲しいと願うのです。愛情に飢えた男性の心の中は、常に不安でいっぱいなのです。

褒められたい男性

彼女に依存する男性によく見られるのが、他人の評価を気にするタイプです。多くの人から賞賛と承認をもらうことで、承認欲求を満たそうとします。

しかし、実際はそう簡単にはいきません。「自分のしていることはこんなにも素晴らしいのに、なぜ周囲は認めてくれないのか」と、不満を抱いています。

だからこそ、「好き」と言ってくれる彼女に認めてもらい、褒めてもらうことで満たされない感情を満たしているのです。

「自分を認めて褒めてくれる人は彼女しかない。」と、彼女を独占し、彼女なしでは生きていけない状態へと変化していきます。

結婚を急ぐ男性

自分のことを「好き」と言ってくれる彼女が出来たからこそ、「別れたくない」「離したくない」という強迫観念のようにも思える感情に苛まれ、結婚を急ぐ男性もいます。

「この人を手放したら、自分をわかってくれる女性現れないかもしれない」「彼女とずっと一緒にいたい」という気持ちに駆り立てられ、彼女から別れを切り出される前に結婚という先手を打ち、安心感を得ようとします。

彼女にベッタリの彼氏が実行すべき改善方法とは?

彼女に対して依存心が強い彼の場合、彼女から突然別れを切り出されることも少なくありません。突然のことで「なぜ?どうして?」と戸惑う依存男性も多いでしょう。

そうなる前に、彼女に対する依存度を軽減し、彼女との良好な関係を築くために、改善できる方法を見つけましょう。

仕事を増やし忙しくする

彼女にのめり込みすぎて依存している場合、やるべき仕事量を増やすことで自然と依存度を減少させることができます。

仕事に打ち込むことができれば、彼女に対する依存度が分散され、ちょうど良い距離感を築くことができます。

会う頻度を決める

毎日のように彼女に「会いたい、会おう」と言っていると、社会人で忙しくしている彼女の場合は特に、うんざりしていたり、距離を置きたいと思っていることもあります。

心地よい関係を築くためにも、会う頻度や会う曜日などをあらかじめ決めておくと良いでしょう。

その日以外は、会いたくても我慢し、会えた時の楽しみとして仕事を頑張るくらいの気持ちでいる方が、彼女も会うことを楽しみにしていてくれるはずです。

他の女性とも会話をしてみる

他の女性には目もくれず、彼女だけを見ている依存度の高い男性は、彼女以外とは会話やコミュニケーションを取ろうとはしません。

そのため、彼女に盲目になっています。しかし、彼女以外の女性と接点を持つことで、他の女性の考え方に触れ、女性に対する理解度が深まります。彼女だけしか見えていなかった狭い視野を変えるきっかけとなるでしょう。

ベッタリ彼氏を持つ彼女が実行すべき改善方法とは?

依存心の強い彼氏を持って、毎日彼氏に振り回されているなんて人もいることでしょう。

そんなつらい思いをしているなら彼氏との付き合い方にルールを作ってみましょう。彼とどんなルールがあれば、うまく付き合っていけるか、さっそく見ていきましょう。

連絡の頻度を決める

彼氏からの過剰な連絡は、はじめのうちは嬉しいかもしれませんが、返信しているうちに嫌気が差してくることもあるでしょう。

そうならないように、事前に連絡頻度を話し合い、決めましょう。はっきりと伝えることで、彼もわかってくれるはずです。

彼女は彼氏の言いなりになってはならない

彼の言うことはできる限り応えてあげたいと思う彼女も多いのですが、無理して続けては体も心も持ちません。できないことはできない、嫌なものは嫌と伝える勇気を持ちましょう。

ただし、伝え方には注意が必要です。自己肯定感が低く、自分に自信がない彼を責めるような言い方をしてはいけません。

「私は、○○してもらえたら、嬉しい」など、Iメッセージで伝えると効果的です。彼は彼女を喜ばせたいと思っているので、彼がどうしてくれたら私はどう感じるのかをはっきりと伝えることが大切です。

自信をつけさせる

自己肯定感の低い彼氏は、自分を受け入れられないという特徴があります。だからこそ、自分で自分の良さに気づいてもらえるように仕向けてみましょう。

例えば、彼女から見て彼の素敵だと思うところを箇条書きにして渡したり、毎日1つは褒めるようにして、「俺は素敵なところがあるのだ」と刷り込むのです。

好きな彼女から毎日褒められたら、自己肯定感だけではなく、男性としての自信も付くこと間違えありません。

しばらく距離を置く

1週間ほど、旅に出るなり、実家に帰省するなり、彼と会わない期間を作りましょう。距離を置くときは、「携帯が壊れた。」「携帯を忘れた」と一本連絡を入れて、連絡が取れない状況を作りましょう。

連絡が取れない状況を演出することで、男性は2人の関係について考えることができるいいきっかけになります。また、自分自身にとってもいい気分転換になるはずです。

まとめ

いかがだったでしょうか。彼女に依存してしまう彼には、自己肯定感の低さから彼女を必要以上に縛り付けたり、放さない言動をとってしまう傾向にあります。

また、幼児期や育ってきた環境にも、大きな影響を受けていることが少なくありません。自分に自信のないことを彼女で補おうとする、あまり彼女の都合を度外視してしまいます。

彼氏の依存心を改善するためには、彼女も一緒になって、依存を軽減させる必要があるでしょう。

彼女にのめり込める一途さを持つ彼ですから、仕事や別のことに夢中になれれば、才能が認められる日もそう遠くはないかもしれません。

関連記事として

共依存恋愛とは?そんなカップルの特徴と注意点、改善方法を紹介!

彼氏にマンネリしている時の女性の行動!マンネリになりやすい女性の特徴は?

彼氏が怖いと感じた瞬間や行動を紹介!怖いと感じた時の対処法は?

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする