「友達として好き」と言う男性心理は?恋愛対象になる可能性はある?

好きな人から「友達として好き」と言われたとき、複雑な気分になる人が多いです。

嫌われていないことは辛うじてわかりますが、女としては好きではないのか、そもそも男女間の友情は成立するのか。言われたシュチュエーションにもよりますが、意味が曖昧でもやもやするのです。嫌われいないのならいい、と、ポジティブにとることもできますが、つらくなって離れてしまう人もいます。

「友達として好き」と発言する、男性の心理はどのようになっているのでしょうか。紐解いて、女性として好きになる可能性があるのか、考えていきましょう。 

友情と恋愛感情の違いとは

自分が相手に抱く感情が、友情なのか恋愛感情なのかわからなくなることもあります。そんなときは「友情で結ばれていると思っていた男友達が、他の異性と一緒にいたら、嫉妬しますか?」と自分自身に問いかけてみてください。

友情と恋愛感情の違いは、嫉妬心がどこへ向かうかが大きなカギになります。自分以外の異性と親し気にする姿に、もやもやしたり、平静でいられなくなったり、自分の中の面倒くさいところが沸き上がってきたら、それはヤキモチを焼いています。恋愛感情のない誰かが異性と抱き合っていても、何とも思わないものです。

また、「相手とキスできる?キスしたい?」という問いかけでも、自分が相手に恋しているか、ただの友情なのかの判別ができます。

あなたが相手に抱く感情がどんなものなのか、しっかり自覚してから次のステップへ進みましょう。

「友達として好き」という男性心理

男性は、自分が今フリーであるなら、とりあえず付き合ってみる、という方向に思考がシフトしやすいです。なのに、あえて友達としてという言葉をつかうのは何故でしょうか

遠回しなお断り

恋愛対象として見ることができないときに使われることがあるようです。

なんとなく好意を感じている時に、牽制の意味を込めての言葉です、相手が自分のことを完全に好きになる前に、そういう気持ちはないことを遠回しに伝え、お互い傷つかないようにという意図です。

決め手に欠ける

友達としてはいいのだけれと、恋人にするには、何かが足りない。特別感のある女性としてみることができない場合も「友達として好き」と言ってしまうようです。

その時点では恋愛対象外ということなので、すぐにどうこうなることは難しいです。

試している

友達として好き、と言われて、相手がどんな反応をするのか試している場合もあります。少しでも相手が悲しそうな素振りを見せたら、脈ありと判断するのです。深入りする前に相手の気持ちを探ろうとする、慎重、あるいは臆病な男性に多いです。 

友情以上恋愛未満

大切な特別な相手だとは思うけど、それは恋になるにはまだ距離がある、恋になるかわからない。ある意味誠実ではありますが、宙ぶらりんという意味では残酷でもあります。

好きと言ってしまうと、そのまま付き合うことになってしまうかもしれない、けど嫌いじゃない、もう少し親しくなったら恋なのか友情なのかはっきりすると男性は思っているので、女性はやきもきしながら待ってしまうのです。

言葉通り

単純に言葉通りに、「大好きな友達」という意味で使っている場合です。一緒にいてたのしい、男女の垣根なく親しくしたいという気持ちの表れです。恋愛感情とは別に一緒にいて楽しい、友達としてすごく相性がいいと感じています。

次回も一緒に楽しく遊びたい、大勢いる友達の一人で、特別な感情はないという裏表のないストレートな言葉です。回りくどい言い方が苦手で、自分の気持ちに素直な人はこういった言葉を選びます。

照れて本当のことが言えない

突然思ってもみなかった質問をされ、慌ててしまい、照れて本当の気持ちを伝えられないタイプもいます。例えば女性から「私のことどう思ってる?」と聞かれたとき、うろたえて咄嗟に告白もできず、友達として、と誤魔化して答えてしまう男性もいます。この場合はかなり脈ありです。

キープされている

自分のことを好きな女性を、都合よくキープしておきたいと考えています。付き合うのは面倒だけれど、自分のことを好きでいてくれる女性がいるといことに優越感を手放したくない男性です。可能性がゼロではないことを伝えておけば、女性は自分を好きでい続けると考えているのです。

あるいはほかに本命の女性がいて、その人とうまくいかなかったらあなたと付き合おうと考えていることもあるでしょう。

煮え切らない態度ばかり取る男性には注意が必要です。 

「女性として好き」になる可能性

結論から言えば、恋愛関係になる可能性はあります。気になる異性とは、お見合いでもないかぎり、関係は知人、友人から始まります。そこから恋愛に発展していくのが現代では一般的な恋愛のステップです。

では、どうしたら恋愛に発展させることができるのかが問題です。 

早めに動く

ダラダラと友達の期間を過ごすと、気を許しすぎてしまい、返って不利になることがあります。親しさは増す一方、男女であるという緊張感もなくなり、兄妹姉弟のようになってしまいます。恋愛対象から離れていってしまうのです。

恋人になりたいと思ったら、友達期間が短いうちに動いた方が話は早く済みそうです。

相談をもちかける

友達から恋愛対象に変わるきっかけはさまざまですが、昔からよく行われてきたのが「相手に相談事をする」です。悩みを相談し相手に頼ることによって、か弱い一面をアピールし、男性の庇護欲を刺激します。

また、悩み事を打ち明けるということは、あなたのことを信頼している、頼りにしているということを言外に男性に伝えます。信頼を寄せられ、守ってあげることによって、男性はあなたを友達ではなく一人の女性として意識して好きになる可能性が高くなります。

始めは好きだという気持ちを悟られないようにしましょう。そうすれば警戒心を持たれることなく、距離を縮めることができます。

甘え上手感謝上手

上記にもありますが、男性には好きな人に対して保護欲求があり、か弱い女性や子供はつい放っておけなくなってしまいます。

甘え上手、頼り上手になると男心を揺さぶることができます。男性に頼らないといけないか弱い部分を少し演じてみましょう。普段しっかりした女性であると、なお効果的です。上記のように悩み事の相談、仕事上のストレスを相談するのも有効です。

そして大切なのは、助かりました、ありがとう、など感謝をストレートに伝えることです。そこからまた御礼などの口実で、デートに誘うことも可能です。

女性らしい部分を感じさせる

ただ楽しく遊んでいるときはわからない一面を見せたとき、ぐっとくるようです。例えば家事能力の高さなどを垣間見ると、突然女性としての魅力を感じるようです。

とれたボタンを手早くつけたり、掃除洗濯も大事ですが、胃袋をつかむことは、いつの時代でも効果覿面です。

弱っている時に側にいる

不安定な状態にあるときに、そっと側にいて、話を聞いてくれるだけでも安定するものです。

思いやりがある女性だなと感じたときに、見方が変わることあります。好きな人への優しさももちろんですが、周りにも優しくできる女性はモテます。 

ギャップを見せる

普段遊ぶときの恰好を見慣れてしまうと、突然仕事用のきりっとした姿を見せられると見方が変わることもあります。制服マジックなどと言われるものです。

男性は意外に単純なので、異性を見るときは視覚情報、外見であることが多いです。友達から一歩抜け出そうと思ったら、自分の性的な魅力を高める必要があります。表情、態度、見た目のおしゃれ、仕草や態度まで、普段とは違う自分を演出し、よりギャップを強調しましょう。 

イベント時にはできるだけ連絡する

何かしらの大きなイベント、例えばクリスマスや誕生日、バレンタインなどイベント事があったときには連絡をとりあいましょう。フリーの人は意外に寂しい思いをしているかもしれません。寂しくて精神的に落ち込み気味のときに、手を差し伸べてくれる相手は素敵に見えます。

夏まつりなどで浴衣などの衣装で、普段とは違う色気を見せつけるのももちろん手段として有効です。意外性にドキッとして好意を自覚することもあります。

イベント事に参加する機会普段とは違う顔を見ることができますし、反対にあなたが品定めをされているかもしれません、注意しましょう 

好意に気づかせる

あなたが相手に恋愛感情としての好意をもっていることを、それとなく伝えましょう。「友達として好き」だなんて、デリカシーのないことを言ったかもしれない、という罪悪感から、見方が変わることもあることです。

もし第一印象では恋愛対象として見てくれていなくても、いつの間にか親しくなり、好意に巻き込まれていつのまにか付き合ってしまっているということもあり得るのです。

ストレートに告白する

告白して、友達という関係すら壊れてしまったらどうしよう、だったら友達のままでいい、と考える人もいるでしょう。ですがストレートに告白するほうが、まどろっこしい恋愛的駆け引をするよりは状況が動きやすいです。

男性は自分のことを好きな女の子は気にしてしまうものです。思ってもいなかった相手から告白され、見方がかわり、いつの間にか「アレ、好きかも」となっていることもあります。

告白したときから、新しい関係が始まるかもしれません。

友だちから恋に発展しやすい血液型

一目惚れやツインレイを見つけて、出会ってすぐに恋に落ちるタイプと、お互いを知る時間や友達期間を経て、後に恋に落ちるタイプの人がいます。恋の仕方は人それぞれですが、血液型に則して大まかに傾向がありますので、ご紹介します。

最も友達が恋愛対象に変化しやすいのは

A型が多い傾向にあります。そもそもA型は慎重なタイプが多いので、極端な話、容姿しか知らない相手に突然恋に落ちる可能性は、他の血液型より低めです。それよりは友達として知りあっていて、信頼感や安心感をある程度得て、この人なら大丈夫と思えるようになれば、恋に落ちるのも時間の問題です。

A型男子を好きになったのなら、友達の友達から始めて少しずつ接点を増やし、まずは信頼を得ましょう。

友達は友達のままになりがちなのは

B型の男性はノリがよくてざっくばらんなタイプなので、顔が広いです。男女問わず友達は多く、特に異性を意識して遊んでいるわけではありません。男女で遊びに行っても、仲良く遊んで帰るだけで、本当に友達だと思っています。

周囲が付き合っていると思うほど親し気でも、異性だと思っていないので友達から恋愛対象になる可能性はありますが、それは低いです。

まとめ

「友達として好き」という言葉の中には、いろいろな気持ちが隠れています。

普段の会話や態度から、どんな意味でその発言になったのか、慎重に判断する必要があります。恋愛対象として好意があるのかよくわからない宙ぶらりんの関係はつらいですよね。

できれば恋人になりたいと思うのなら、思ってしまった方から行動しなければなりません。何でも言える友人関係は、それはそれで大切な絆ですが、恋人になるにはそれを一度壊す覚悟が必要です。

友情から始まった恋は、長く続くと言われます。一度壊しても、それを上回るステキな関係が手に入るかもしれません。

関連記事として

友達以上恋人未満の男性の心理を紹介!付き合うきっかけになる好意は?

異性の友達と恋人の違いを紹介!友達を好きになってしまう瞬間はいつ?

女友達をデートに誘う方法を知ろう!デートに誘う男性心理って?

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする