男性の結婚のきっかけになるのは年齢?交際期間?決意するタイミングを紹介!

彼氏とのお付き合いが長くなってくると、多くの女性が意識し始める”結婚”。

彼のほうからプロポーズしてほしいのに、そんな素振りすらも見せてくれないと、「私と結婚する気あるのかな?」と不安になってしまいますよね。

女性としては、この先の妊娠・出産のことを考えると、できるだけ早いうちに結婚したいところですが、男性は生殖能力が低下し始めるのが女性より遅いため、そこまで焦りません。

また、男性は結婚してしまうと自分の時間が失われる、稼いだお金が使えなくなる、社会的な責任が重くなる・・・などのデメリットも多々あります。そのため、今まで自由にやってきた男性ほど、なかなか結婚に踏み切ろうとはしないのです。

では、そんな男性たちがついに重い腰を上げ、結婚を決める瞬間とは、一体どんな時なのでしょうか。

今回の記事では、「男性が結婚を決意するきっかけ」を詳しく探ってみました。

男が結婚に対して積極的になれない理由

運命の出会いから数年、順調にお付き合いを続けてきて、年齢的にもそろそろ結婚・・・かと思いきや、プロポーズされる気配がまったく感じられないとなると、女性としては不安になってしまいますよね。

冒頭でも触れたように、男性にとって結婚とは決して良いことばかりではありません。そのため、多くの男性は結婚に対してどうしても消極的になってしまうのです。

では、男性が結婚すると、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

  • 稼いだお金が自由に使えなくなる
  • 自由な時間が失われる
  • 社会的な責任が重くなる
  • プライバシーが失われる
  • 他の女性と仲良くできない
  • 家庭生活の中で我慢や妥協を強いられる
  • 転職や独立などを考えにくくなる
  • 親戚付き合いなど厄介事をこなさなくてはならない

こうしたデメリットを特に意識しやすいのは、やりたい仕事に挑戦したり、趣味や友達付き合いにお金や時間を費やしたり・・・といった、心のおもむくままに生きてきた男性。「結婚=我慢の連続」ととらえてしまうため、なかなか前向きに考えることができないのです。

とはいえ、自分のやりたいことを自由にやりながらも、彼女を大切にしてお付き合いを続けてきた男性であれば、この先のことをまったく考えていないわけではありません。

なかなか覚悟を決められずにいた男性でも、何らかの「きっかけ」が後押しとなれば、意外にあっさり結婚を決意するものです。

男が結婚を意識する「年齢」

さて、ここからは、男性が結婚を決める「きっかけ」について具体的にお話していきたいと思います。

まず、結婚を意識し始めるきっかけのひとつに「年齢」があります。

女性の場合は妊娠・出産の問題もあるので特に気になるところではありますが、男性は生殖能力が低下するのが女性よりも遅いため、年齢に関してはそこまで気にしていないそうです。

では、男性は何歳くらいから結婚を意識するものなのでしょうか。

女性向け情報サイト『マイナビウーマン』が、22~39歳の既婚男性を対象にアンケート調査を行ったところ、結果は次のようになりました。

  • 結婚を決めた年齢を教えてください
    第1位 「24歳~26歳」・・・26.9%
    第2位 「27歳~30歳」・・・26.6%
    第3位 「31歳~34歳」・・・20.4%
    ※4位以下は省略

(※2017年 「マイナビウーマン」調べ)

この結果からもわかるように、男性は30歳までに結婚を意識する人が多いようですね。

30歳前後というと、ちょうど仕事が軌道に乗り始める時期。一人前の収入を得られるようになり、生活が安定してきたことで、家族を持つことへの自信が持てるようになるのでしょう。

また、30歳前後は”結婚ブーム”となりやすい年代でもありますから、周りの友人や同僚の結婚に影響を受ける人もいるのかもしれません。

男が結婚を意識する「交際期間」

恋人との「交際期間」も、結婚を意識するきっかけの一つですね。

女性は「付き合って1~2年で結婚したい!」と考える人が多いと言われていますが、男性はどれくらいで結婚を意識するものなのでしょうか。

こちらも『マイナビウーマン』が実施したアンケート調査の結果をご紹介いたします。

  • 結婚を決めた彼女との交際期間を教えてください。
    第1位 「2年」・・・22.3%
    第2位 「1年」・・・19.0%
    第3位 「5年以上」・・・18.5%
    ※4以下省略

(※2017年 「マイナビウーマン」調べ)

お付き合いから1~2年で結婚を考えるというのは、どうやら男女共通のようですね。

1年未満だとお互いまだ気付いていない部分もありそうですが、2年も経てば人生を共に歩める相手なのかどうかがわかってくるのではないでしょうか。

男が「結婚しよう!」と決意するタイミング10選

年齢や交際期間以外にも、自分や恋人との間に起こった出来事がきっかけとなって、結婚の意志が固まる男性も多くいます。

その出来事とは一体どんなものなのか、具体的に見ていきましょう。

①昇進・昇給したとき

結婚するうえで男性に必要とされるのは、やはり経済力ですよね。

新入社員のうちはまだまだ満足な収入を得られず踏ん切りがつかなかった人も、昇進をきっかけに収入が上がると、家族を養っていける自信が持てるようになり、結婚を決意する人が多いようです。

また、昇進とはちょっと違いますが、契約社員やアルバイトとして勤務していた人が正社員として雇用された時も、結婚を決めるタイミングのひとつになるそうです。

②転勤が決まったとき

社会人を続けていると、職場から転勤を命じられる可能性もあるでしょう。長く付き合っている彼女がいる場合は、遠距離恋愛をするよりも結婚を、となることが多いといいます。

また、独立や起業といったタイミングで、自分に対して「家族のためにも絶対に成功させるぞ」というプレッシャーをかける意味で結婚を選択する男性もいるようです。

転勤にしても独立にしても、男性にとっては人生の大きな転機であり、ひとつの挑戦です。

挑むことを決意したのと同時に、守るべき家庭を持つことによって、自分自身を奮い立たせるのでしょう。

③身近な人が結婚しはじめた時

女性もそうですが、周囲が独身者ばかりのうちは「皆が独身だから自分も独身でいいや」と考えている人が多いです。

しかし、学生時代の友達や職場の同僚など、同じ年代の人たちが結婚しはじめると、独身男性たちは「先を越された!悔しい!」と感じてしまうようです。

男性は生まれながらにして競争心が強く、何事も勝ち負けを決めたがる生き物。

はっきり口に出しては言わないものの、心の中では身近な人たちを相手に「いかに早くゴールインできるか」の勝負をしているのかもしれません。

そして、自分も結婚することによって、競争相手たちと足並みを揃えようとするのです。

④体調を崩してしまったとき

病気やケガをしてしまった時というのは、体だけでなく精神的にも弱ってしまうもの。普段は自由気ままな独身生活を楽しんでいるような男性でも、寂しく感じたり、誰かに支えてほしいと思うようです。

そんな時に、彼女が献身的に看病してくれたり、身の周りのことを世話してくれたりすると、彼女の存在にありがたみを感じて、結婚を意識するきっかけとなることも少なくありません。

また、女性の皆さんでも一人暮らしの経験がある人ならわかると思いますが、ちょっとした風邪をひいただけでも、一人だとものすごく不安な気持ちになりますよね。

不安が大きくなってくると、「将来、もっと大きな病気をした時に一人だったらどうしよう?」などと考えてしまいます。

そんな将来の不安を解消するために、彼女がいる場合は結婚を選択する男性もいるようです。男性って、意外に気が小さいところがありますからね。

⑤同棲をはじめたとき

同棲を「結婚するまでの”お試し期間”」と考えている男性も多いので、同棲話が浮上した時点で結婚を意識していると考えて良さそうです。

また、実際に同棲が始まると、二人でキッチンに立って料理をしたり、広いベッドで一緒に寝起きしたり、家事を分担したり・・・など、結婚して一緒に生活した時のイメージがより具体的になってきます。

ここで浮かんだイメージがポジティブなものであるほど、結婚に対して前向きな気持ちになることでしょう。

⑥住んでいるアパートやマンションの更新時期

女性からすれば「えっ、そんな理由で・・・?」と思うでしょう(笑)。

確かにあまり色気のない理由ではありますが、アパートやマンションの契約を更新するかどうかというタイミングで結婚を決める男性は少なくないのです。

賃貸物件というのはだいたい1~2年おきに契約を更新するのが一般的で、一度更新してしまうとまた1年ないし2年は現在と同様の生活を続けることになります。

それならば、いっそ今よりも広い部屋に引っ越して、同時に家庭を持つのも悪くない、と考えるのでしょう。

それなりの年齢の男性であれば、マイホームの購入も視野に入れているかもしれませんね。

⑦お互いの両親に会ったとき

そこそこ付き合いの長いカップルであれば、夏休みやお正月など帰省のタイミングでどちらかの実家に遊びに行って、両親を紹介する・・・なんてこともありますよね。

女性もそうですが、恋人の両親に紹介されるということは、ちょっとしたプレッシャーを感じるもの。というのも「両親に会う=正式な交際相手として認められる」からなんですね。こうなると、もう中途半端なお付き合いはできません。

これが負担に感じてしまうという男性も少なくありませんが、誠実な男性であれば「ちゃんとしなきゃ」という意識が芽生え、少しずつ結婚を考えるようになるようです。

⑧彼女に子どもができたとき

入籍するよりも先に赤ちゃんができる、いわゆる”授かり婚”。

女性向け情報サイト『マイナビウーマン』が2016年に実施した調査によると、全体の7割近い男性が「彼女が妊娠した場合は結婚を即決する」と回答していました。

その理由として、男性たちからは次のような声が寄せられています。

  • 「妊娠した以上は男として責任を持つべき」(23歳/販売職・サービス系)
  • 「心構えがないならそういう行為自体をすべきではない」(36歳/技術職)
  • 「もういつ結婚してもいいと思ってるから」(26歳/専門職)
  • 「付き合っていたら結婚を前提に考える」(35歳/その他)

(※2016年 「マイナビウーマン」調べ)

多くの男性は、彼女が妊娠した場合は結婚という形で責任を取るべきだと考えているようです。彼女に対してだけでなく、お腹にいる赤ちゃんへの責任という意味でもあるでしょう。

ただ、結婚したいからといって、女性側から狙って妊娠するようなことはおすすめしません。

近年、授かり婚をするカップルの割合は増加傾向にありますが、その一方で「授かり婚は離婚率が高い」という説があることも事実なのです。

⑨彼女の家庭的な一面を見たとき

また、男性は、恋愛と結婚はまったく別物。相手となる女性に求める条件も違っており、恋の相手はルックス重視の傾向がありますが、結婚相手にはしっかりと家庭を守ってくれそうな女性を選びます

そのため、お家デートの時に美味しい手料理でもてなしてくれる、いつ部屋に遊びに行っても掃除が行き届いている・・・といった家庭的な一面が垣間見える彼女に対しては、結婚を前向きに考えられるようです。

特に、料理は結婚を意識しやすいポイント。

なぜなら、食事というのは毎日欠かさず摂るものだから。毎日の食事が美味しいということは、結婚生活も幸せなものであるに違いないと考えられるため、男性も結婚に対してポジティブなイメージを持ちやすいんですね。

「男をつかむなら胃袋をつかめ」とはよく言ったものです。

⑩貯金が目標額まで貯まったとき

新居への引っ越し、結婚指輪の購入、挙式や披露宴を挙げるための費用、新婚旅行の旅費・・・などなど、結婚が決まるとたくさんのお金が必要になります。

男性としては、できるだけ女性に金銭的な負担をかけたくありません。そのため、独身時代から結婚資金を貯めて、目標額に達したらプロポーズをしようと考えている男性も多いのです。

なお、男性が結婚に向けて貯金する金額は、100~300万円くらいだそうです。

あなたができるだけ早く彼と結婚したいのならば、デートにかける費用を節約したり、毎日のランチにお弁当を作ってあげるなど、一緒に貯金を頑張ってみると良いかもしれませんね。

まとめ

今回の記事では、男性が結婚を決意するきっかけについてご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

筆者夫婦は、いわゆる”ビビビ婚”に近く、交際から2ヶ月でプロポーズ、6ヶ月で結婚に至りました。プロポーズは嬉しかったですが、さすがに「早っ!!」と思ったのも事実です(笑)。

では、夫はなぜそんなに早い段階でプロポーズをしようと思ったのでしょうか。こちらの記事を担当させていただくにあたって改めて聞いてみたところ、「あらゆる面で、幸せそうな結婚生活がリアルに想像できたから」だそうです。

自分が一生懸命働いたお金を自由に使えない、趣味を楽しむ時間がなくなる・・・などの理由から、男性は結婚に対してマイナスのイメージを持ってしまいがち。

そんな男性たちに覚悟を決めてもらうには、やはり「結婚したらこんなに楽しいんだよ、幸せなんだよ」という良いイメージを持たせることがいちばんかもしれません。

皆さんが大好きな彼と結ばれ、幸せな結婚生活を送れるよう願っています!

関連記事として

結婚を前提に付き合うってどんな感じ?普通に付き合うとの違いって?

結婚に焦りがあるのは良くない?焦らなくてもいい5つの理由とは?

男性に結婚を意識させる方法は?結婚を意識している心理や行動を紹介!

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする