あけおめLINEを好きな人に送る際の注意点を知ろう!どんな内容がいい?

ここ日本では、新年のご挨拶と言えば年賀状ですが年々、年賀状を出す人が減り続けています。その理由は、郵送料の問題とか、宛名などの作成が面倒ということなど様々だそうです。しかし、そういったこと以外で、もっと他に大きな影響を及ぼしている、何かがあるように思います。

年賀状の発行部数は、ピーク年から比較すると本年は、ピーク年の半分以下にまで下がったそうです。そうなった大きな要因の一つに挙げられますのが、LINEの存在でしょう。メールが主流になった時は影響を感じませんでしたが、LINEの存在は影響があると感じるのは何故でしょうか?

あけおめLINEで新年のご挨拶

もちろん人によっては、メールで新年のご挨拶をされている方も、いらっしゃるかと存じます。ですが、年賀状の発行部数に大きな影響を与える機能ではありませんでした。ところが、LINEの影響によって年賀状の発行部数が激減したことは間違いなく、周知の事実と言えるでしょう。

LINEの登場によって元旦を迎えた際に、あけおめLINEと称した年賀LINEや元旦LINEを送信する人口が爆発的に増加しました。それには、年賀ハガキやメール文を送るより手間が掛かりませんし、LINEには色んな特典もありますので、半ば必然的にLINEで新年のご挨拶をしているのです。

好きな人へ送るあけおめLINE

さて、もし好きな人がいれば、あけおめLINEを送りたいと思うはずです。その相手に年明けからアクセス出来る、絶好のチャンスですので印象に残るメッセージをLINEしたいものです。それに、もしかしたらLINEをきっかけにして新年より早々から、デートして恋愛が始まるかもです。

そんな年にするべく相手が受信して嬉しいと感じる、あけおめLINEの文字や言葉などをご教示させて頂きたく存じます。好きな人の性格や、ゆっくりしているだろう時間帯などを考慮して、ベストなタイミングでLINEしてみて下さい。それでは、あけおめLINEのコツを見ていきましょう。

丁寧な文章で新年の挨拶

LINEに関しましては、新年の挨拶と言えば大抵ラフな感じの文章で、メッセージを送る印象があります。例えば、あけおめLINEの場合「あけおめ、ことよろ」といった内容文のイメージが強いです。特に年齢が若ければ若いほど、少しオチャラケタ言葉を用いる人が多いとも思われます。

そこで、他の女性との差をつけるためにも、しっかりとした丁寧な文を用いて新年の挨拶をすることをおすすめします。いつもは、友達のような関係でもギャップをアピールする絶好の機会です。日本の男性は、どれだけ時代が違えど、清楚で礼儀正しい女性を好ましく感じるのです。

既読スルーでも送らない

家庭によっては、年末年始が非常に忙しい家もあります。特に正月の元日でしたら、初詣に出向いていたり親戚一同が、集まって来ていたりでLINEに気付くのが遅くなることも十分に考えられます。しかも日頃、お酒を飲まない人でも、正月だけは景気付けにお酒を飲む可能性が高いでしょう。

ですので、バタバタしていたりお酒を飲んで、頭が働いていない状態であることも想定されます。従いまして、あけおめLINEは返信を期待せず、それこそ年賀状を送るような気持ちで送信しましょう。間違っても、相手に返事待ちを感じさせるような疑問文などは入力しないで、LINEしましょう。

現在地や風景の写真添付

もしあなたが、丁寧な文面を考えたり、入力する言葉を思いつきにくいというシャイな女子でしたら、日の出や正月らしい身近な街並みの風景などを添付して、あけおめLINEを送るのも効果的でしょう。もちろん、謹賀新年の挨拶文ぐらいは添えるべきですが、その写真で会話が広がるかもです。

例えば、リアルに出先の神社などで撮った写真を添付してみたり、他の人達と出掛けているのであれば、この様子を写真に収めて添付して送信します。その際に一言「今〇〇達と〇〇に初日の出を見にきました。寒いので風邪ひかないように、本年も宜しくお願いします!」と付け加えましょう。

思い切って告白してみる

お正月は本年一年の展望を、最も心に抱く時です。もう、何となく良い雰囲気になっている相手であれば、あけおめLINEで思い切って告白してみるのもアリでしょう。もし振られたら、正月早々なんか幸先が悪いし相当に凹むと思うかも知れませんが、それは結果的に長期で見れば逆だと言えます。

何故に逆かと申しますと、男の心理を紐解けば女を振った場合、その女が過去や未来で告白していたとしても結果は同じだと言えるからです。殆どの男は交際する相手の基準を変えません。つまり、新年早々に答えをハッキリさせたほうが一旦は凹んでも、次のステップへと移っていけるからです。

あけおめLINEでNGの送信内容

新しい年を迎えて、気持ちもフレッシュな状態で、あけおめLINEを送信すると思いますが内容によっては、新年の心地良いあいさつを伝えるはずが結果として、不愉快な気分にさせてしまうことがあります。家族や友人、職場の上司、彼氏や彼女など、それぞれの人に対してNGの送信内容があります。

もちろん、NGの送信内容で、あけおめLINEを送ってしまえば、人間関係が終わるというほどではありません。しかし、そのNG送信によって、周りが自分に対する見方が変わるということは、多々ありますので注意が必要です。それでは、あけおめLINEのNG送信内容を相手別にて、ご説明していきます。

友達に送るNGのLINE内容

基本的には気心知れた仲ですから、あけおめLINEを友達に送る場合は、特に緊張したり言葉を慎重に選ぶ必要はないかも知れません。しかし、友人だからこそ気を付けたい部分が多くあります。例えば、あけおめとか賀正などの一言で済ませてしまうことがあると思いますが、これは良くありません。

おそらく、そんな感じであけおめLINEを送信しても、同じ言葉が送られてきて受信して終わりという形になり素っ気なくなります。あとは、LINEでやってしまいがちなスタンプ送信ですが、この場合も一言の送信の時と同様です。「親しき中にも礼儀あり」新年の挨拶だけでもキチンとしましょう。

上司に送るNGのLINE内容

日頃は節度をもって、失礼のないように接していても、あけおめLINEになると気が緩みフランクに送ってしまいがちです。先ほども記しましたが、LINEスタンプも新年の挨拶という角度から考察すれば、失礼なおこないに該当します。特に、お屠蘇気分でスタンプの連打送信は迷惑ですので控えましょう。

それから、寿・賀正・迎春など2文字以下の賀詞と呼ばれる文字を、目上の人の用いることは失礼とされています。賀詞を使う場合は、謹賀新年や謹賀新春などの4文字熟語を用いましょう。あと、忌み言葉を使うことも失礼ですので、去年(去る意味)の場合なら旧年に書き換えて用いるなど意識しましょう。

家族に送るNGのLINE内容

あけおめLINEを家族に送る場合は、まず家族との仲や関係性などケースバイケースで、様々な形があるでしょう。ですので、一概に正しいLINE送信はこうだとは言えませんが、まず自身の両親に対してのNGは先ほど記しました、上司に送るNGと同じような感じでいいと思います。LINEが使えるならですが…。

あとは、自身の兄弟に対してのNGのLINE内容は、先ほど記しました友達に送るNGと同様で良いかと思います。ですが、自分の家族に送りがちなLINEならではのNGポイントは、両親や兄弟に対して前年まで我慢していたことを伝え、今年からは勘弁してという内容を、あけおめLINEで送るのはどうかと思います。

恋人に送るNGのLINE内容

あけおめLINEをする際、特別感を出そうとして年賀スタンプを断続的に送信したり、ハイテンションでLINEすると空回りします。このことは男女別での事柄ではなく、男女共に気を付けるべき点です。いくら本命の恋の相手でも、最低限のモラルの境界線を引いて、LINEすることを心掛けておきましょう。

それから、しつこく相手に何しているの?と聞いてみたり、今年の自分の抱負や話ばかり語り続けることも、控えるべきです。正月は各家庭によって過ごし方のパターンもありますし、スケジュールを立てて動いているほど忙しい家もあります。気持ちは分かりますが、会った時の楽しみとしましょう。

あけおめLINEで注意すること

まず、LINE公式ブログでも呼びかけていますが、元旦の午前0時頃は通話やLINEトークによる、あけおめLINEの送受信が集中し、通信キャリアの回線が混雑して繋がりにくくなるので、Wi-Fiに接続してLINEの利用するほうがいいでしょう。その時間帯が1年で最も情報が飛び交い、更新の回数も多いとのことです。通信の制限対策として、LINE側もLINE公式アカウントのメッセージ配信をセーブしたりしています。

あと、正月はLINEの利用者が通常より倍以上増えます。それに伴って、デマが流れることがあります。しかも、正月はLINEそのものに不具合が生じることも時々あります。その際は決して焦らずに、ヤフーかグーグルのメイン画面で、LINE公式サービスと検索してご確認下さい。最近は色んなガセ情報が溢れていますので、必ず公式LINEで状況の確認をするようお願い致します。冷静に注意を払って対処しましょう。

まとめ

今回は、あけおめLINEを好きな人に送る内容と、個々に対するNGのLINE内容や注意することなどについて、記述させて頂きました。メールと同じようで、LINEのほうが圧倒的に利便性があり、送受信の速度もスムーズですので、利用者の多さには納得です。

そして機能の多さにも魅力があります。LINEタイムラインやLINEギフト、LINEポイントや専用のカードまであるので、あけおめLINEの一般化も時間の問題です。おしまいに、その人気のLINEのストアで、お年玉付き年賀スタンプを次の正月に買ってみます。

関連記事として

LINEを好きな人とする時の注意点は?彼を落とすためのテクニックを紹介!

LINE(ライン)の長文はどんなサイン?NGな文章を知ろう!

lineの駆け引きを知ろう!モテる男女が使うテクニックを紹介!

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする