とりあえず付き合うという選択は正解?メリット・デメリットを知ろう!

好きな人に告白して、僕も好きでしたと言ってもらえてお付き合いが始まる、というのが理想的です。

ですが、あなたが告白しても、ちょっと考えさせてほしい、とか、とりあえずよろしく、なんて言われたらどうでしょう。ショックでしょうか、それとも嬉しいでしょうか。逆にあなたが恋愛対象として見ていなかった異性から、突然付き合って欲しいと言われた時、どう思うでしょう。

始めは恋愛感情がなかったけど、とりあえず付き合ってみた、という選択肢について考えてみましょう。 

とりあえず付き合うメリットとは?

「マイナビウーマン」のアンケートで、意識していなかった異性から告白されたとき、約三人に一人の割合で、「まあまあいいと思ったら付き合う」という結果がでました。

始めは、彼氏がいるというステータスが欲しいなど、多少打算的な考えの人もいるでしょう。

自分らしく

最初は相手から想われてのスタートです、女性はありのまま、自然体で付き合うことができますし、女性にとって心理的に有利な恋愛関係を構築できます。付き合っていくうちに少しずつ彼のことを理解して、良いところが自分のペースで見えてくるのも良い点です。そこから真剣交際に進む可能性ももちろんあります。

また、自分から好きになった相手だと、相手に好かれようと無理をして相手に合わせてしまうこともあります。尽くしすぎて疲れてしまうより、ありのままのあなたを好きになってくれた男性のほうが、心穏やかになれるかもしれません。

新しい価値観

女性は自分が好きになるタイプというのは、自分でも自覚があって、大きくブレたりしません。告白されて付き合う場合、今まで付き合ってきたタイプと全く違うタイプになる可能性があります。新しいタイプと付き合うことによって、新しい価値観があなたの中に芽生えるでしょう。

恋愛スキルがあがる

しばらく恋人がいなかった人はとくに、恋愛中の相手との距離の取り方や、スマートなデートの方法を忘れてしまっているかもしれません。それを思い出すリハビリとして、異性と付き合う感覚を養うことができます。恋愛に飛び込んでみるのは有益なことです。

恋愛は人それぞれ違いがあるので、いろいろな人と付き合うことによって、恋愛の視野も広がることでしょう。 

とりあえず付き合うデメリットとは?

そんなつもりじゃなかった、と、デメリットがメリットを上回ることもあります。優しい人ほど相手を振り回しているのではないかと後悔をしてしまうこともあるでしょう。

好きになろうと焦ってしまう

相手のことを好きだと思えないため、ときめきがなく、どうしても軽んじてしまう傾向にあります。会う約束をしていても、他に誘いがあればドタキャンしてしまったり、惚れられているという優越感から、優先順位を下にしてしまいます。

優しい人は、そういう感覚に罪悪感を感じ、相手を好きになろうと努力します。そしてその努力が焦燥感になり、交際がつらくなることすらあります。結婚もしていないのに、相手に義務を負ったような気分になると、ますますときめきは遠のくでしょう。

わがままになる

相手が好きでいてくれることに胡坐をかいてしまい、わがままな女性になってしまうかもしれません。好きな人や、片思い中は何とか振り向いてもらおうと努力をして、謙虚に自分を抑えますが、逆の立場になると大事にされるのが当たり前になり、気に入らなければ八つ当たりをしたり。相手を下にみていれば、それは伝わるものです。少しずつ相手を幻滅させてしまう、嫌な女になってしまうかもしれません。

別れを切り出しにくい

どうしても好きになれない相手とは、別れる必要がありますが、相手が応じなかった場合、別れが難しくなる場合があります。腕力的にどうしても女性は男性に適わないので、DVやストーカーとなったとき、女性には対処法を考えなくてはなりません。かといってずるずる付き合ってもいいことはないので、気が引けるかもしれませんが、第三者を巻き込むことも考えて、きっぱり別れるようにしましょう。曖昧が一番こじれてしまいます。

また他に気になる人ができたとき、新しい恋を始めることに躊躇いがでてしまいます。

嫌なところが目につきやすい

好きな人だと、「あばたもえくぼ」ということもあり、欠点も好意的に見ることができます。ですが、好きでもない相手の嫌な部分は受け入れることができず、評価が落ちていきます。好きじゃない相手、から、嫌いな相手、に評価が落ちていくこともあり得ます。

早いうちに一つでも相手のいいところ、素敵なところを理解しないと、評価の下がり方は急激になります。 

とりあえず付き合うを成功させるために

一目惚れ、ツインレイ、運命の人、いろいろ呼び名はありますが、目が合った瞬間に恋に落ちる人もいます。が、逆に人を好きになるのに、時間がかかるタイプの人もいます。

折角好きになってくれて、勇気を出して告白してくれて、とりあえずでもお付き合いしてみようと思った人です。あまりにあなたが受け身過ぎても、縁が途切れてしまいます。お見合いもそうですが、人間関係は歩み寄りが大切です。どんな風に歩み寄れば上手くいくでしょうか。

マメに連絡する

まだ好きになれるかどうかわからない相手と、連絡を取り合おうとは思わないかもしれませんが、あえてこまめに連絡を取るようにしていきましょう。

相手はあなたのことが好きなので、マメにメールやラインで、連絡を返してくれるでしょう。相手からはくるのに、あなたの方からはあまり連絡を入れないという形になるのはおすすめできません。

相手を知るためと、恋人同士の形から入るのも大切なので、意識して連絡をするようにしましょう。コミュニケーションをとることによって、お互いのことを理解できるようになります。

マメにデートをする

上記と理由はほぼ同じです。恋人同士の形から入ることと、コミュニケーションをとることで理解が深まります。また、二人きりで実際に会うことによって、相手の人柄も伝わってきます。

ここで注意したいのは、無理をしないこと。デートと言っても無理に遠出をしたり、お泊りデートをすることはありません。二人の間の距離感が近付く前に無理をすると、疲れて嫌になってしまいます。

まずはデートの目的は、あなたが相手の中身を知ることと、そして相手が、本当のあなたを知ることです。告白してきた方は、あなたに勝手な理想の女性像を見ている可能性もあるからです。

いいところを探してみる

意識的に良いところを探してみましょう。取り合えず付き合ってみた場合、本当に好きになれるかどうか自分に自信がない状態でお付き合いをスタートしていることもあります。自信がないとネガティブになりがちで、そんなときは相手のことも自分のことも、悪いことばかりが目につきます。

それを意識して、良い方向へ目を向けましょう。いいところをたくさんみつけることができれば、好きになりやすいものです。好きという感情へ向かえる可能性をたくさん見つけるとこが大切です。

一線を超えないようにルールをつくる

セックスの相性も、気にならないと言えばウソでしょう。ですが好きという感情が追いついていないのに、取り合えずでそこまでのスキンシップをとるのはいかがなものでしょうか。迷うのなら、ここはきっぱりと、真剣交際になるまでキス以上のことは一線をひいておくべきでしょう。

無理して体の関係を作ってしまえば、あとで後悔したり、相手に嫌悪感を抱いてしまうこともあります。 

こうなったら別れ時かも

年齢を重ねるほどに、好きというだけでは進めなくなるので、とりあえず条件が合うのなら、飛び込んでみるのもよさそうですが、引き際を見極めるのも大切なことです。

特に婚活中の人は、自分なりに期間を決めておくといいでしょう。時間を無駄にはできません。

好きと言われると微妙な気分に

相手が愛情表現をしてくれると、どう対応していいのか困ってしまう時があります。誠実な人ほど、気軽に「好き」という言葉を使えません。相手と同じ温度で愛情を返せないからです。嫌いじゃないけど、イイ人なんだけど、と、「だけど」が積もってきたと思ったら、関係を見直す時期かもしれません。

将来のビジョンが見えてこない

相手があなたとの未来の話、たとえば来年の話でも、ずっと一緒にいることが前提であるかのような話をし始めても、あなたにはそのビジョンがみえてこないとき。むしろ軽い不快感すら湧いてくるとしたら、早めに別れる準備が必要かもしれません。

友達に紹介できない

彼はあなたを、自分の友達に紹介している人のに、あなたの方は誰にも紹介できない状態は、あなたは彼と長く一緒にいる気がない心理状態を表しています。

あるいは、彼と付き合っていることはあなたの中では誰にも秘密なのかもしれません。それは相手がハンサムではないから、友達に自慢できる彼氏ではないからという心理も働いています。胸を張って、この人のここが素晴らしい、というチャームポイントが見つけられていないのです。

褒めてもらっても嬉しくない

普通、好きな人に新しい髪型や洋服を褒めてもらうと、嬉しいものです。デートだったら、少なからず相手のためにおしゃれしてきたという、あなた気持ちが報われたということです。

ですが、相手に対してそういう気持ちがないのなら、褒めてもらっても、別にあなたの為じゃない、と反発が起こってしまい喜びが湧いてこないのです。あなたが彼に、全くときめいていないということです。

男性側の恋愛心理

男性が気にしていなかった女の子から、告白されたときの男性心理はどうなっているのでしょうか。

男性視点

男性は、ある程度自分の好みに合うタイプであれば、としてりあえず付き合えてしまいます。これは男性全体に共通する特徴ですが、その男性が女の子に飢えていたら、よっぽど目に見えるデメリットがないかぎり、どんな女性でもとりあえず付き合えます。

男性的なメリット

肉食系はもちろん、草食系男子だって、女の子から好かれれば嬉しいのが男という生き物です。女性とにこやかに話すだけでも気分は上がっていきます。とりあえず彼女ができたことによって、男性はその女性とスキンシップをとるのに理由がいらなくなります。もっと言うと、とりあえずセックスできる相手を手に入れたと考えています。

また、友達はみんな彼女がいるのに自分だけいないから、家事や世話をしてほしいから、というまさに誰でもいいような動機もありえます。

ですがセックスしてしまうと、相手によってはとりあえずではすまなくなる場合もあります。まずは友達として、など、一線を引いておくのが無難です。

デメリット

男性が女性に告白されて、とりあえず付き合うという状況は、男性の自尊心は満足させますが、狩猟本能は満足できません。簡単にとれる獲物は刺激が少ないのです。結果、相手の女性を蔑ろにしてしまう状況になりえます。

好きな人に尽くされるのが嬉しいのが男性ですが、好きじゃなければただ煩わしい存在になります。 

まとめ

取り合えず付き合ってみるということに、抵抗がある人もいるでしょう。年代別に意識に違いがあり。30代を超えると、結婚を即意識してしまうため、なかなか気軽に踏み出せない人もいます。

でもせっかくのご縁です。相手を知らないまま「友達のままでいてください」というのも勿体ないことです。

相手も告白して、すぐに自分を好きになってくれるとは思っていないでしょう。時間をかけて知っていくことによって、強固な絆ができ、徐々に相手を好きになっていくというケースも少なくありません。昔から女性は「世界で一番愛している人より、世界で一番愛してくれる人との方が幸せになれる」とも言われています。慌てて決める必要はありません、

関連記事として

付き合うとはどういう事?社会人男女の付き合うの定義を知ろう!

好きじゃないのに付き合う理由とは?結局別れることが多い?

付き合う前に手をつなぐのはアリ?ナシ?その心理を男女別に紹介!

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする