好意を持たれると男性はどんな行動を示す?持たれやすい女性の特徴を紹介!

どんな人からも、嫌われるよりは好かれる方がいい。それはもちろんそうですが、行き過ぎた好意や知らない人からの好意は、良いと言い切れない場合もあります。特に美人の女性やかわいい女の子は、警戒している面もあるでしょう。

逆にあまり整っているとは言い難い顔立ちの人でも、常に周りに人がいて、モテるタイプの人もいます。これは恋愛心理で相手に好かれる法則、方法に当てはまるようなテクニックを、無意識に使っている可能性があります。

ではどんなタイプだと、人に好意を持たれるのでしょうか。人間が好意を持つ要因、嫌いになる要因はある程度決まっていますので、そこを上手く使って、人間関係を円滑にしていきましょう。 

好意を持たれやすい女性の特徴とは?

メイクやダイエット、美容整形にと、美しくなるために頑張る女性の姿は、それだけでいじらしく、可愛らしいです。ですが意外に美人イコールモテる、というわけではありません。

美しい人は華やかな雰囲気をまとい、それだけで人が寄ってくる要因になりますが、モテるかというとそれは別の話です。

モテる要因は大きく4つあります。 

頭の回転が早い

黙って周囲の話を聞いているだけかと思いきや、周囲を良く見ていて、人の小さな変化にも気が付いてフォローできる女性はモテます。臨機応変な気づかいができるスキルは、人間として尊敬されますし、愛されるからです。

一見難しそうですが、相手を良く見て愛情をもって動けば、練習次第で会得することも可能です。

人の悪口を上手にいなせる、テンポのいい会話が楽しめる、わかりやすい説明をしてくれるなど、頭の回転が早い女性は、一緒にいて誰でも楽しい相手です。 

笑うと愛嬌がある

笑顔でいると、自然と周囲から好かれるようになります。そして集まっている人たちも、みんな笑顔です。

どんなに美人でも、高嶺の花になってしまえば好感度は下がってしまいます。親しみやすい雰囲気、愛嬌があると好意が持たれやすいです。 目つきが悪い、顔が怖いなどと周囲から言われてしまう人は、意識して笑顔でいるようにしましょう。それだけでも印象が変わり、人が近寄りやすくなります。

清潔で健康的

清潔感は誰にでも好意を持たれるための必須条件と言っても過言ではありません。第一印象がかなり変わってきます。

清潔感を出すために、髪は最低限整え、どんなに時間がなくても、洗顔と薄化粧程度はして、肌を整えましょう。これは健康的な印象も左右します。さらに肌や髪の毛には普段の生活が現れてしまいます。服装も、皺はないか、襟元が乱れてないか、ぱっと見汚れはないか最低限確認しましょう。

また、言葉遣いと姿勢も、清潔感に大きくかかわっています。気を付けましょう。

でもちょっと隙がある

何事も完璧にこなす人は、男性は頼られがいがないので、ちょっと距離を置いてしまいます。男性は女性にカッコつけたい生き物なのです。ちょっとした隙があると親しみやすさを感じ、好意を持ちやすいようです。

全部が隙だらけだと、それはそれで敬遠されてしまいます。「普段しっかりしているのに、意外にドジなところがある」くらいが普段とのギャップでぐんと男性は近寄りやすく、好意は恋愛感情まで発展するようです。

大事なのはわざとらしさがないこと。男性の前でだけぶりっ子であるタイプはマイナス要因になりかねません。 

タイプ別好意の表し方

男性は、女性に好意を抱くとわかりやすい行動をとりがちです。やたらと視線を感じ目が合うようになる、気が付いたら側にいる、ボディータッチが多くなる、内容のないLINEやメールにも返事をくれるようになる、などです。

その他、男性は好意のある女性にどんなサインを出してくるのか、タイプ別に恋愛心理の特徴とご紹介します。

体育会系男子の好意の表し方

このタイプの男性は、イメージ通り不器用でガツガツしたところがあります。ちょっと動物的で、好意のある女性には自分の優れている点をアピールしようとしてきます。特に運動が得意なので、得意分野での武勇伝、やんちゃアピール、とにかく強い男をアピールしたいのです。在る意味わかりやすく、また困ったタイプです。

草食系男子・引っ込み思案な男子の好意の表し方

草食系ですから、基本的に好きな相手ができても、積極的に動いたりはしません。むしろ好き避けをしてしまうタイプです。遠くから見ているだけでコミュニケーションも何もないまま終わってしまい、ひっそりと失恋して後悔するのです。

このタイプは、あなたから動くしかありません。ちょっと強引にデートや外出に誘ってみて、脈ありなら誘いに乗ってきます。そうでなければ理由をつけて断るか、二人きりでいかないように働きかけます。とにかく受け身のタイプなので、あなたが押して、その反応で計るしかありません。

マイペース男子の好意の示し方

好意の示し方もマイペースなタイプです。一度好きになると一途であることは間違いないのですが、性格や行動がマイペースというか、頑固で面倒くさい面があるので誤解されがちです。

このタイプは裏表がありません。好きな人には素直に優しくします。優しさの形はわかりにくいかもしれませんが、下心がないので、安心して優しさを受け入れて大丈夫です。

女性的なタイプに弱いので、母性を発揮してみましょう。さらにあなたを大事にしてくれるようになるでしょう。その大事にするやり方は、あなたには伝わりにくい方法かもしれませんが。 

年下男子

性格的な面だけでなく、年齢的なものでも変わってきます。

年下男性は、年上女性に対して若干のコンプレックスを抱えていることもあります。そんな男性は自分の強さをできるだけ知って欲しい、頼ってほしいと思っています。好きな女性には優しくするのは当たり前、その中でさらに自分の強さや頼りがいをアピールしてくるのです。

反面、年上女性に甘えたいのも年下男性です。何か困難な状態に陥ったときに、甘えてくるような雰囲気を醸し出してきたら、さらに好意を持たれている可能性は高いです。

年上男性

年上男性は、年下の女性が自分に何を求めているのか理解している傾向が強いです。すなわち、年上ならではの包容力、同年代にはない経済力、経験からくる有効なアドバイスです。

困っていることはないか気を配ってくれ、相談に乗ってくれます。単純にいい先輩であるだけかもしれませんが、自分の経験が相手の助けになると思い、頼って欲しいという気持ちのあらわれでもあります。

頻繁におごってくれたり、デートに連れ出してくれたり、それらは年上男性の強みを全面に押し出したアピールでもあります。また、体力や体型をひけらかし、頻繁に若さアピールをしてくるとき、あなたに好意がある可能性が高いです。 

蛙化現象とは?

友達、あるいは良い同僚だと思っていたのに、突然好意を向けられると、嫌悪感を持ってしまうことがあります。好きではない男性からの好意に拒否感を覚えるのはわかりやすいですが、では、好きな相手からの好意でも、嫌悪感を抱いたり、拒否感を覚えたりするのはどういったときでしょうか。

実はこれは、学術的に研究がされていて、「蛙化現象」と名前がついています。

元ネタはグリム童話

「蛙の王子様」という、グリム童話のお話しがあります。要約すると、醜い蛙がお姫様の恋人になることになりましたが、お姫様は蛙のあまりの醜さに嫌悪感を我慢できず、蛙を壁にたたきつけて殺してしまおうとしました。しかし蛙は死にませんでした。不思議なことに、壁に叩きつけられた衝撃で魔法が解け、蛙は美しい王子様の姿になりました。お姫様はその王子様を一目で気に入り、恋人にしました、というお話です。

蛙は嫌悪の対象、王子様は好意の対象になります。醜い蛙が美しい王子様になることで、お姫様の好意を手に入れる物語とは逆に、相手から好かれているとわかったとたんに、相手が王子様から醜い蛙という嫌悪の対象に変わってしまうことから、「蛙化現象」と名付けれました。 

恋愛をゲームのように考えている

相手をいかにして自分に惚れさせるか、という、過程が楽しいタイプの人は、相手から好意が返ってくることはゴールなのです。なので途端に相手に興味がなくなってしまいます。しつこく相手から好意を示されると、どうでもいい、から嫌悪になってしまいます。

対処法として

両想いになるのは、ゴールではなく、スタートに過ぎないということを理解しましょう。まだまだ始まったばかりの関係なのに、相手が振り向いてくれたことで勝手に充足感を感じてしまうことを、改めなくてはなりません。

恋愛はお互いに理解を深め、成長しあっていくのが本当の姿です。愛される喜びを知り、恋愛を通して人間として成長していきましょう。 

相手を理想化しすぎる

相手を理想化しすぎて、相手の男性が自分の理想とは違う行動や、カッコ悪いところを見たりすると、勝手に幻滅してしまうこともあります。生身の人間なのに、ドラマや漫画のヒーローのように思い、期待を膨らませてしまうのです。

対処法として

等身大の相手との、恋愛経験を増やしていきましょう。リアルな大人の男性を見慣れると、夢から覚めることもあります。憧れが現実になり、幻滅してしまうことはあります。アイドルだってトイレにも行けばセックスもします、あなたと同じです。生身の人間と恋愛をしている自覚を持ちましょう。

自分に自信がない

自分に自信がない、自分にことが嫌いだと思っていると、そんな自分を好きになるなんて見る目がないのではないだろうかという疑心が湧いてしまいます。

片思いのころはこんな自分を好きになってくるはずがないと思い、安心していましたが、現実に相手があなた向ける好意を受け入れることができず、このギャップが嫌悪感として現れ、蛙化現象が起こってしまうのです。

また、こんな自分を好きなるなんて、見る目がない、ろくでもない男だとして、相手を見下してしまうことすらあります。

対処法として

自己肯定感を高めましょう。自分なんて魅力がない、と思っているのはあなただけかもしれません。実際に相手から好きになってもらえているのですから、あなたには魅力があるのです。

ます、自分は何故人に好かれる価値のない人間だと思うに至ったかを、冷静に考えてみましょう。次に、それは本当に自分が駄目なところなのか、客観的に考えてみましょう。できれば信頼できる第三者に聞いてみましょう。周囲から見ると魅力なのに、あなたはコンプレックスだと思い込んでいるのかもしれません。自分の魅力に気が付くことが、一番の対処法です。

気が付くことができれば、自分に自信が持て、蛙化現象が起きることが少なくなり、恋愛を楽しめるようになります。

まとめ

好意、ひいては恋愛というものは、人間関係の延長にあります。人間関係を上手にこなせる人は、恋愛も上手くいきやすいです。また恋愛が上手く行っていると、自然に笑顔になりやすく、周囲から素敵な人だな、好意的な人だなと思われます。好意を持ってもらえるいい循環ができあがり、ますます周囲には人が寄ってくるようになり、人間関係が発展していきます。

好意を得たいと思うのなら、まずは周囲の人と人間関係を円滑にできるよう、せめて笑顔でいるよう努力しましょう。好きな異性にだけにこやかにしていても、すぐにばれてします。

関連記事として

友達以上恋人未満の男性の心理を紹介!付き合うきっかけになる好意は?

好意の返報性を使った恋愛テクニックを紹介!上手くいかない時の対処法も知ろう!

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする