気持ち悪いと思われている男性の言動や見た目の特徴を紹介!対処方法は?

女性の皆さん、恋活や婚活をしていると様々なタイプの男性と知り合いますよね。

中には「うわっ、キモッ・・・!」と引いてしまうほど気持ち悪いタイプに遭遇してしまった経験があるという人もいるでしょう。

実は、多くの女性から「キモイ!」「生理的に受け付けない!」と敬遠されている男性ほど、当の本人はまったく気付いていない、むしろイケてると勘違いしている人が多いもの。

女性が優しく接してしまうと、彼らのキモ度を増長させたり、しつこくつきまとわれたりすることにもなりかねません。

そんな厄介な事態を防ぐためにも、今回の記事では女性が気持ち悪いと感じる男性の特徴や、関わりたくない時の対処法などをお伝えしたいと思います。

女性が「キモい!」と感じる男の特徴【見た目編】

女性は「気持ち悪い」と感じた時に「生理的に無理!」という言葉をよく使いますが、これは「その人の子どもが産めるかどうか?」という基準のもとに男性を判断する時に発生する、女性特有の感情なのだとか。

文字どおり「生理」ですから、すなわち「自分の子宮には合わない=エッチするなんて無理」ということですね。気持ち悪いと感じることは、女性の動物的な本能によるものなのです。

では、女性の多くが本能レベルで受け付けない男性とは、一体どんな人なのでしょうか。まずは見た目の特徴からご紹介します。

とにかく不潔

多くの女性が「気持ち悪い!」と感じてしまうのは、やはり清潔感に欠ける男性です。

婚活サービスを展開する『IBJ』が2014年に実施した調査でも、婚活女性の99.1%が男性とお付き合いできるかどうかの判断基準に「清潔感」を挙げています

同調査に寄せられた、女性たちの意見の一部をご紹介いたしましょう。

  • 鼻毛が出ているとかなり引く(20代後半)
  • 肩のフケが気になる(40代前半)
  • 口臭がする人は一番嫌い(20代後半)
  • はせめて切ってほしい(30代前半)
  • 体臭は周りに迷惑(30代前半)

鼻毛にフケに、お口のニオイ・・・女性ならば誰もが共感できるのではないでしょうか。

上記以外にも、伸びっ放しの髪の毛や髭、シワやシミの目立つ服、汚れてボロボロの靴などからも、「汚い」「なんかクサそう」といった印象を受けますよね。

また、意外と注目している女性が多いのが「肌」。特に、顔が皮脂でテカテカした、いわゆる”脂ギッシュ”な男性には清潔感を感じません。

太っている

体格の良い男性を好む女性もいるので「太っている=キモい」とは言い切れませんが、多くの女性は太っている男性とあえて付き合おうなどとは思っていないことは確かです。

ここで薄毛の男性を引き合いに出すのは申し訳ない気もしますが、「ハゲとデブ、付き合うならどっち?」という質問を女性にしたところ、なんと7割がハゲを選んだ(=デブは無理)というデータも実際にあるようです。

薄毛については「体質や加齢によるところが大きいので仕方ない」とも考えられますが、肥満体型は「汗臭そう」「体型だけでなく生活もだらしなさそう」など、女性がもっとも嫌う「清潔感のなさ」に直結してしまうことが、気持ち悪いと感じる理由でしょうね。

ちなみに筆者も、デブorハゲなら迷うことなくハゲを選びます。

オタクっぽい

アニメやマンガなどが”クールジャパン”と呼ばれて海外でもてはやされたり、コンビニではアニメとのコラボ商品が並んでいたりなど、オタク文化はひと昔前よりも社会に受け入れられつつあります。

しかし、見た目からしていかにもオタクっぽい印象を与える男性は、やはり女性からは不人気。その理由は、普段の言動だけでなく「ファッションのダサさ」にもあるようです。

もちろんすべてのオタク男子がそうではありませんが、オタクといえばこんなイメージがありませんか?

  • アニメキャラがプリントされたTシャツを堂々と着ている
  • ズボンにシャツの裾をしっかりIN
  • ズボンの丈が微妙すぎる
  • 決してお洒落とはいえない眼鏡をかけている
  • ダサいリュックを背負っている

実際にTVなどでオタク系イベントの映像が流れた際にも、それに近い服装をしている男性たちが目立ちます。

情報社会といわれる現代では、流行のファッションに関する情報なども簡単に収集できるはずですが、なぜそのような服装をチョイスしてしまうのか・・・筆者としても不思議で仕方がありません。

体臭がキツい

最近では「スメルハラスメント」という言葉が広く知られつつありますね。嗅覚というのは、人間の五感の中でもっとも本能的な感覚であり、臭いの種類や度合いによっては、まさに嫌がらせに匹敵するほどの不快感を相手に与えることがあるといいます。

なお、女性が特に嫌う「男の臭い」は次の6つ。

  • 加齢臭
  • 頭皮の脂っぽい臭い
  • 口臭
  • 足・靴下
  • タバコ

また、これらの臭いをケアをしようとするあまり、香水をつけすぎている男性も少なくありませんよね。元々の臭いと香水が入り混じった、何ともいえないあの臭い・・・男性には申し訳ないですが、臭いに敏感な筆者はすれ違っただけでも「うっ・・・」となります。

「残念ながら逆効果だよ」と教えてあげたくなりますが、ニオイというのはデリケートな問題でもあるので、なかなかハッキリとは言えないのも辛いところです。

女性が「キモい!」と感じる男の特徴【言動編】

ここまで、女性が気持ち悪いと感じる男性の外見的な特徴についてご紹介してまいりました。皆さんも共感できる点がたくさんあったのではないでしょうか。筆者も思わずゲンナリしてしまいました・・・(笑)。

また、こうした外見的な部分だけでなく、男性のちょっとした仕草や話の内容などからも不快な印象を受けることもあるでしょう。

続いては、多くの女性が気持ち悪いと感じる男に見られる言動をご紹介します。

落ち着きがない

どんな時でもドッシリと構えている落ち着きのある男性は、とても頼りがいがありそうに見えるため、多くの女性から好かれます。

それとは逆に、仕事中にしょっちゅう席を外す、しきりに貧乏ゆすりをしている、机やテーブルを指でコツコツ叩く・・・といった落ち着きのなさが見られる男性からは、決して良い印象を受けません。

そういう人を見ているとこちらまで落ち着かない気分になってしまいますし、何よりその挙動不審な行動が気持ち悪いんですよね。

ただ、緊張するとどうしても落ち着きがなくなってしまう人も中にはいますので、初対面の段階でキモ男と断定するのは早計かもしれません。

何かと下ネタに持っていきたがる

合コンなどお酒の入る席でよく遭遇するのがこのタイプ。場の雰囲気を盛り上げるためなど、本人にはそれなりの理由があるのかもしれませんが、女性側からしたらキモい男以外の何者でもありませんよね。

そんな下ネタ大好き男たちには、次のような心理があるといいます。

  • 女性のキャラが知りたい
  • 脈アリorナシを探っている
  • 女性が恥ずかしがっている姿が見たい
  • 恋愛経験が豊富なモテ男であることをアピールしたい
  • 会話を盛り上げたい

いずれの理由にしても、下ネタ大好き男は、遠まわしに女性の気を引こうとする子どもっぽいタイプだと言えそうですね。ある意味「チ〇コ~!」などと叫んではしゃいでいる小さな子どもと同レベルなのかもしれません・・・。

しゃべり方や笑い方がヘン

妙に早口だったり、「〇〇がぁ~、○○でぇ~」のようにやたら語尾を伸ばしたり、思わず「はぁ?」と聞き返したくなるほど小さな声だったり・・・など、しゃべり方がマイナスの意味で特徴的な男性も嫌悪の対象になりやすいですね。

また、常にうすら笑いを浮かべていたり、何か良からぬことを企んでいるかのようにニヤリと笑う男性からも、良い印象を受けることはほぼないでしょう。

私たちは普段、話の内容はもちろん、声や話し方、笑い方などからも、相手の性格や心理を自然に読み取っています。

したがって、たとえそれがその人のクセであったとしても、話し方や笑い方に違和感がある人だと、どうしても内面的にもおかしなところがあるのではないかと疑ってしまうのです。

女性の体にやたら触ってくる

何かにつけて髪の毛や肩などに触れてくる男・・・女性がもっとも「キモッ!」と感じるのは、このタイプなのではないでしょうか。

中には「ボディタッチ=好意のあらわれ」ととらえる女性もいるようですが、男性は本当に好きな女性ほど触れることをためらいます。触れたことで嫌われてしまったら悲しいですから。

したがって、やたらとボディタッチをしてくる男性のほとんどは、下心しかないドスケベ男

あなたにその気がないのなら、二人きりになることがないよう注意してくださいね。

ムダに自意識過剰で自慢話ばかり

男性は皆プライドが高い生き物。誰しも自分を大きく見せたがる傾向がありますが、何かにつけて自分のデキる男ぶりをアピールしてきたり、くだらない自慢話ばかりする男性は、女性にとってはウザいだけ。

具体的には、こんな内容の「俺スゴイ」アピールが多いですね。

  • 過去のやんちゃな武勇伝
  • 学歴自慢
  • 出世自慢
  • 物知り自慢
  • 身に付けている物自慢

男性が女性に自慢話をするのは、相手に好意を持っているケースも少なくないそうです。自分に興味を持ってほしい、魅力を感じてほしいという気持ちのあらわれですね。

好きな男性ならば別ですが、そうでない相手に対して「○○さんってスゴイですね~!」などと認めるような対応をしてしまうと、脈アリだと勘違いされてしまう可能性があるので気をつけましょう。

キモい男に出会ってしまった時の対処法4選

男性から好意を持たれると嬉しく感じるもの。しかし、相手が生理的に受け付けないキモ男であれば話は別ですよね。できれば深く関わりたくないでしょう。

では、万が一そのような男性から好意を持たれてしまった場合は、どうしたら良いのでしょうか。最後に上手なかわし方をご紹介します。

①プライベートに関わる話は避ける

今ハマっていることや休日の過ごし方などの私生活に関係する話題は、あなたとの距離を縮めるチャンスをキモ男に与えているようなもの。会話をする際は、当り障りのない話題にとどめておくようにしましょう。

メールやLINEなど、連絡先も安易に教えないほうが無難です。

②自分の弱みを見せない

多くの男性は、完璧な女性よりもどこか弱みのある女性にときめきます。男性には保護本能が備わっていますから、弱っている女性を見ると「俺が守ってあげなくては!」と思ってしまうんですね。

もしあなたが弱った姿を見せようものなら、キモ男はあなたを助けようとして、ここぞとばかりに近付いてくるでしょう。

どんなに困っていても悩んでいても、彼らの前でだけはそうした素振りを見せてはいけません。辛いかもしれませんが、デキる女を演じていてください。

③会話のテンポを意図的にずらす

あなたの身近にも「この人と話をしていると何だか疲れるな・・・」という人が一人はいるでしょう。その人とは、自分よりも話すテンポがかなり速い、あるいはかなり遅い人ではありませんか?

このように、人間は相手との会話のテンポからも相性の良し悪しを判断しています。会話のテンポが噛み合わない相手と一緒にいると、どうにも疲れてしまうのです。

つまり、キモ男を遠ざけたい時は、相手が早口ならばこちらはゆっくり、反対に相手がゆっくり話すならこちらは早口に・・・といった具合に、相手との会話のテンポを意図的にずらしてみるのも一つの手。

あなたとの会話に「なんか調子狂うわ・・・」と違和感を感じて、彼らのほうから避けてくれればしめたものです。

④ハッキリと意思表示することも必要

上記①~③の方法を試しても、しつこくつきまとわれるようならば、相手はよほど鈍感な人なのでしょう。おそらく遠まわしの脈ナシアピールは通用しません。

また、キモ男のターゲットになりやすい女性にも特徴があります。それは、普段から「No」と言うことが苦手だったり、心の中では不快に感じていても顔や態度には出さないような、いわゆる「お人好し」タイプの女性です。

他人に避けられることが多い人生を歩んできた彼らは、優しく接してくれる人を見つけると嬉しくなってしまうのでしょう。避けられていないと感じた相手には、ついしつこくなってしまうのですね。

いずれにしても、相手によってはあなたの拒絶の意志をはっきり伝えることも大切。誰かに指摘されるまで自分の欠点に気付かないような人も、中にはいるのです。

まとめ

今回の記事では、多くの女性から「気持ち悪い!」と思われてしまう男性の特徴や、扱いに困った時の対処法をご紹介してまいりました。

他人に対して「キモい!」などと感じてしまうのは、イジメや差別のようで罪悪感を感じてしまう、それゆえに表面上では優しく接している、という女性もいるでしょう。

記事中でもお伝えしたとおり、「キモい=生理的に無理」という感情は、より優秀な子孫を残したいという本能を持つ女性ならではの感覚。ある意味、気持ち悪いと感じる相手が存在するのは仕方のないことなのだと思います。

そうした感情を持ちたくなければ、彼らとはできるだけ関わりを持たないことが正解です。仕事などでどうしても関わらなくてはいけない場合は、必要以上に近付く隙を与えないようにしましょう。困った時は、今回ご紹介した対処法を参考にしてみてくださいね。

最後までご拝読いただき、ありがとうございました!

関連記事として

性格が悪い男の特徴とは?そんな男と付き合った女性の本音と対処法!

メンヘラ男の特徴とは?付き合い方と別れ方を知っておこう!

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする