自分から連絡しない男の心理状態とは?連絡をもらう方法と駆け引きの方法を紹介!

もし好きな相手から電話やLINEなどの連絡がないとき、あなたはどんな気持ちになりますか?きっと不安になりますよね。

そんな時はあなたは自分から連絡する方ですか?それとも相手から連絡をして欲しいですか?

あなたの周りの男性で普段は普通に仲の良い人なのに、自分から連絡をしてくることがない人って意外と多いのではないでしょうか。では電話でもLINEでも、連絡を自分からしてこない男性の心理とは、どういったものなのでしょうか?

ここでは自分では連絡をしない男性の心理をみていきましょう。

自分から連絡しない男性の心理

自分から連絡しない男性の心理はというのにもいくつかの理由があるでしょう。まずは相手がどのタイプなのかというのを知ることが大切です。

その理由によってもしかしたら改善されるかもしれません。あなたの好きな彼はどんなタイプなのかをチェックしてみましょう。

自信がない

男性の中でも自分に自信のない人が多くいます。

相手に自分がどう思われているかを考え過ぎてしまい、自分からなんと切り出していいかわからないという心理タイプです。

このタイプは相手が誰であっても、彼自身の性格上のことなので改善されるのはむずかしいかもしれません。

彼自身の自信のなさからどう切り出せばいいかわからないという心理があり、この場合は、相手に何かを求め過ぎずに女性の方から連絡をとりましょう。

返事がこないとさみしいから

自分から連絡したいという気持ちはあるけれど、もし返信がなかったり既読スルーされたらどうしようという不安がよぎり、連絡ができないという男性の心理もあるでしょう。

そんな男性は寂しがりやな性格の人が多く、自分の気持ちを相手に伝えることができないので自分の中で完結してしまい、積極的に自分から連絡をすることができないのです。

そんな男性に対しては、日頃から連絡をこまめにすることで不安感もなくなり、相手から連絡をしてくれるようになる可能性があります。

何を送っていいかわからないから

会っているときはいつも楽しそうに話すのに、電話やLINEなどでは返事が素っ気ない場合は、文章などを送るのが苦手という場合もあります。

誰でも相手の表情を見て話せる方が、会話のテンポや声のトーンがわかりますよね。

こういった男性の心理は相手のことを決して嫌いということではなく、どんな内容を送っていいのかがわからないという気持ちが少なからずあることでしょう。

また送りたいと思っても相手のことを気遣いすぎて、送るタイミングがわからなく結局諦めてしまうこともあるでしょう。

しかし自分から切り出すのが苦手なだけで、返信はしてくれるタイプなのであまり気にせずに連絡をこちらからしてみましょう。

プライドがあるから

これは相手から返信がなかった時の不安感などと似ているかもしれませんが、男性としてもプライドがあり、自分が女性よりも優位に立っていたいという心理もあります。

自分から必死に相手をつなぎとめようと連絡をすることを、男らしくないと思う男性もいるのです。

あまりにも女性側が相手に対して下手でいることによって、その考えが生まれることがあるのです。

そういったときは、一度女性側からの連絡をやめてみるというのもひとつの方法です。

自分が何もアクションを起こさなくても、相手が何でもしてくれるという気持ちがあるので、一度距離をおいてみると心配になり、連絡して来てくれるかもしれません。

連絡が欲しいと思っていない

そもそも男性からしてみれば、用件がある方が電話やLINEなどの連絡をするべきだと思っている人が多いことでしょう。

「自分は今、用がないから連絡をしない」

シンプルに言ってしまえばそんな理由なのです。しかし、女性側からしたら、「用件がなくても連絡して欲しい」と思ってしまうのです。同じ価値観を持っていれば、こんな不安にはならないのでしょう。

しかし、連絡の多さを愛情の大きさと比例してしまいがちな女性にとっては、連絡をしてこない男性の気持ちがわからないように、男性にとても女性の気持ちは理解ができないこともあるでしょう。

そういった男性には正直に「連絡が欲しい」という気持ちを伝えれば、その気持ちを理解してまめに連絡をくれるようになるかもしれません。

要は男女の考え方の違いにも左右されるので、一人で悩んでいないで相手に気持ちを伝えてみましょう。

忙しいから

もしかしたら学校や仕事など、自分のことで精一杯で連絡することが面倒になっているかもしれません。

ひとこと連絡くれればいいのにと不安になるかもしれませんが、相手からすれば今は少し放っておいて欲しいと思っているかもしれません。

そういった場合は返信もそっけない可能性があります。忙しい男性との仲を深めたいと思うのなら、相手の気持ちを汲んで今はそっとしておくのが賢明でしょう。

それでも連絡をしたいのであれば、返信をしなければいけない質問が多い内容のメッセージは避けましょう。あまりにもしつこいと、相手の気持ちを冷めさせてしまうでしょう。

プライベートを邪魔されたくないから

連絡を自分からしない男性の特徴として自分の時間を大事にする心理を持つ人もいます。

他の人と一緒にいることはもちろん、自分一人の時間も大事にするため、やりとりが続く可能性のあるLINEは基本自分から送ることはありません。

そういったプライベートを邪魔する人の特徴は束縛を嫌います。自分のペースで行動したいため、もし相手からのメッセージに対しても短い返信、もしくは既読してから返信までが時間がかかる可能性があります。

こういったタイプの男性は目の前にあることに対してのみエネルギーを注ぐタイプなのです。

電話やLINEなどのやりとりよりも、会っている時間を大事にするので、その気持ちを理解してあげることも必要ですね。

めんどくさいから

連絡をしてこない男性の特徴として、連絡をするのが面倒臭いという人もいます。

あまりマメなタイプではないのでこちらから連絡したとしても、あまりの返信の遅さに悩んでしまう人も少なくないでしょう。

相手によって態度が変わり、恋愛対象でなかったり、苦手な人に対してはやりとりが続くのが嫌なために、すぐに返信をしない人もいるでしょう。

しかしまだ返信があればいい方で、もっとめんどく下がりの人に至っては相手からのメッセージを読んでそのまま返信してこない可能性もあります。

相手に冷めているから

自分から連絡をしないだけでなく、こちらからの連絡に対しての返信もない場合は、男性の気持ちが冷めてしまっている可能性があるかもしれません。

片思い中の相手であれば、その男性は他に好きな人や恋人がいるかもしれません。

会っている時の男性の反応を見て、相手の反応がよくなければ諦めて、次の恋愛に行った方がいいかもしれません。

恋人同士の場合でもそのままの流れでデートなどの次に会う予定の話になることを避けている可能性もあるのです。

こういった場合はあっている時の相手の表情を見て判断、もしくはさりげなく気持ちを聞くことが必要でしょう。

「浮気しているのかも?」と一人で不安になるより、相手に探りを入れてみるなどをした方がいいかも。

何も考えてない

もしかしたら自分から連絡をしてこない男性のほとんどは、あまりそういったことに対して、深く考えている人はいないかもしれません。

電話もLINEやメールのやりとりも、どちらが先に送るべきかなんて考えているのはもしかしたら女性だでしょう。

女性からしたら、男性からリードして欲しいからそういった連絡も男性からして欲しいという考えがあるかもしれませんが、男性側からしてみれば、そんなことは大したことではないのです。

マメな人や寂しがりやな男性ではない限り、用件がある方が連絡をすればいいという考えを持っているかもしれません。

相手からメッセージをもらうには?

あまり自分から連絡をしてこない男性に対して、どういった方法をとれば相手から連絡をくれるようになるのでしょうか。

友達の場合は「たまには連絡ちょうだいね」と気軽に話せるかもしれませんが、片思いの相手などの恋愛対象の男性に対しては、嫌われたりしたくないために、なかなかその一言が言えなかったりするでしょう。

相手が自分のことをどう思っているかわからない人は、その片思いの男性が自分以外の人に対して、連絡をマメにする人なのかを探ってみましょう。

もしかしたら誰に対しても積極的に連絡をする人ではないかもしれませんので、相手の性格を知ることから始めましょう。

恋人同士の場合は、片思いの人よりは正直に「連絡が欲しい」と言いやすいでしょう。

しかし、相手に求めているばかりだと関係性も悪くなってしまいます。

ほとんどの連絡をしてこない男性は女性が思っているよりも難しく考えていないので、駆け引きなどで自分から連絡をしてこない人は少ないでしょう。

それにそんな男性は、相手に対して不安にさせたり悲しませたりしてやろうという気持ちがあるわけではないのです。

相手の気持ちをわかった上で、押し付けにならないように自分の気持ちをさりげなく伝えてみましょう。

もしくは相手に求めてばかりいないで、自分から連絡をしてみましょう。

彼に仕掛ける効果的な駆け引き

連絡をしてこない男性に対して好意を持っている場合、少しでも自分に興味を持って欲しいと連絡をこちらからしてしまいがちです。

でもそれはかえって彼を安心させてしまうことになり、その後も彼の方から連絡をくれることはないでしょう。そのようなことがないように、時にはあえて引いてみることも大切なのです。

毎日彼に連絡をしていたら、二日ほど連絡をするのをやめてみるのです。引いてみることによって、彼の「彼女は自分のことが好き」という安心感が勘違いかもしれないと考えさせるのです。

毎日連絡をくれた相手が急に連絡が来なくなったら、急に不安感に襲われますよね。

「何か怒らせちゃったかな?それとも、他に好きな人でもできたのかな?」

そのような想像を彼はしてしまうでしょう。そして毎日連絡がくるのが当たり前になっていたけど、連絡が来ないことで初めて心の余裕がなくなるのです。

連絡をすることもいいですが、このように連絡しないことでも相手を気にさせる効果があるのです。

駆け引きで気をつける事

この駆け引きのタイミングで気をつけねければならないのは、ケンカをしているときなど、お互いの関係がギクシャクしているときにこの引くことをしないということ。

相手があなたに怒っていたりしているときに連絡をしなかったりすると、余計に関係が悪化して取り返しのつかないことになるかも。

駆け引きのタイミングは慎重に。

まとめ

自分から連絡をしてこない男性の心理をみていきましたが、いかがでしたでしょうか。

このように、男性と女性では考え方が違うのは当然のことですよね。

会っていない時もお互いに連絡を取り合いたいと思う人もいれば、そうでない人ももちろんいます。

相手との関係を良好にするために、相手の気持ちに寄り添うことも大切ですね。

関連記事として

LINEの既読がつかない理由は?未読スルーされた時の対処方法を知ろう!

忙しい彼氏と上手に付き合っていく方法!連絡の頻度はどれくらいがいい?

「また連絡します」は社交辞令?その言葉の心理や連絡が来ない時の対処法を紹介!

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする