「大人の恋愛」の特徴を知ろう!若い恋愛との違いや必要なものは?

恋愛というものは年齢とともに仕方が変わってきます。いろいろな経験をして、成長した大人の恋愛に憧れる人も多いのではないでしょうか。若いころのような恋愛とは違う大人の恋愛はどのようなものなのでしょうか。

大人になってから大人の恋愛ができるかというとそうではありません。では若いころの恋愛と大人の恋愛は何が違うのでしょうか。今回は大人の恋愛の特徴や長続きするにはどうしたらいいのかなどをご紹介していきます。

恋愛をしてもなかなか長続きしないと悩んでいる方はぜひ最後まで読んでみてください。

あなたはどのような恋愛をしていますか?

あなたは今までにどんな恋愛をしてきましたか?燃えるような熱い恋愛?それともひと夏の恋?恋愛の形は人それぞれです。人には言えないような恋をした人もいるでしょう。

さらに男女の関係でいえば恋愛未満の関係も普通に存在します。

男女の関係について

男女の関係は大きく分けると「恋愛ではない関係」と「恋愛関係」の2種類あります。その内訳としては以下になります。

●恋愛ではない関係

恋愛ではない関係は以下になります。

①知人として

例えば、ご近所さんやちょっと話したことがある程度の人など、日常の中で会う人がいますよね。相手がどんな人かは知らないものの顔は知っている程度のお付き合い。生活している中で親しいわけではないものの、知り合い程度の人は知人ということになります。

②仕事のみの関係

上司や部下、同僚など職場でのみ顔を合わせたり、仕事がらみの交流しかしない関係を指します。プライベートで会うほどの仲ではなく、お昼休憩に一緒にご飯を食べる程度の関係です。このように仕事仲間としてプライベートとは一線を引いている関係になります。

③友達

気分転換やリフレッシュをするために趣味にいそしむ人もいるでしょう。このようなときに一緒に楽しんだり、本音で話せる関係です。知り合ってからの期間は特に重要ではなく、知り合ってからそんなに経ってなくても信頼できる相手は友達と言えるでしょう。

●恋愛関係

そして恋愛関係としてもいくつかあります。

①恋人

お互いを認め合い、対等に付き合って思いやりと敬意をもって接し、特別な愛情を育む関係のことをお言います。ここで重要なのはお互いのことを「恋人」と認識しているかどうかです。どちらか片方しか「恋人」と認識していない場合はこの関係には該当しません。

②下心のある関係

金銭目的やセックス目的などお互いにとってなんらかの利益があり、その利益のために交流をする関係のことを言います。

浮気や不倫、セフレが主に挙げられます。また、このような割り切った関係だけでなく「心の隙間を埋めてくれるような相手」など依存した関係もこちらになります。

友情と愛情の違いとは

心理学的には友情と恋愛感情は同じものであるとされています。友情と恋愛感情の違いは「障害」の有無です。ここでいう「障害」は自分の中で考えている関係よりも踏み込もうとしないものになります。

例えば、恋愛対象が「既婚者」や「同性」「年の差」、「イケメン」などの障害により、それ以上踏み込むことをやめようとします。お互いの気持ちが一致し、愛情を感じていても、障害により距離感ができたら友情となるのです。

大人の恋愛の特徴

「大人の恋愛」と聞いてどのようなイメージを持ちますか?

イメージしたところで抽象的なもののため、大人の恋愛がどのようなものなのか知らない人も多いのではないでしょうか。

余裕がある

大人の恋愛は「余裕」があります。では余裕がある恋愛とはどのような恋愛なのでしょうか。この余裕は経済的余裕と精神的余裕のことをいいます。経済的に困窮していないか、切羽詰まっていないかが大人の恋愛ということになります。

もちろん生活のために相手に依存するようなことになっていたら大人の恋愛とは言えません。経済的な格差は小さいほうが良いでしょう。経済格差のない遠慮しない関係が大切になります。

これに対して精神的な余裕は格差はそれほど関係ありません。同年齢の場合、女性と比べて男性は精神的に未熟な場合が多いです。その格差を埋めようとすることで、よりいい関係を築くことができるかもしれません。

そうすることで大人な恋愛ができるかもしれないのです。

生活を犠牲にしない

ブラック企業に勤めている方や超エリート社員でない限り、独身の人は自分の時間をしっかり確保しているはずです。きっと自分の時間を趣味などに時間を割いているのではないでしょうか。

また、東京や大阪などの首都圏に住んでいる人なら平日でも夜の街へ繰り出して都会での生活を楽しんでいるのかもしれません。

大人の恋愛はそのような趣味などを減らすなど変更することなく始まっていきます。

だだ交際したままずっとそのままの関係なのはあり得ません。お互いの関係がどんどんと深まっていきます。

関係が深まったとしてもお互いの生活のパターンを浸食することはまずありません。

将来の生活を見越した恋愛

大人の恋愛はお互いを束縛するような関係ではありません。ただし、逆に配慮しすぎて踏み込まなくても物足りなさを感じてしまい不完全燃焼のまま関係が終わってしまいます。

お互いが目指しているものが異なっていても終わってしまうでしょう。近い将来にお互いがどのような生活をしているのかなどを話し合って、目線を合わせることはとても大切です。

何度も話し合いを重ねて、お互いが落ち着くような関係になれば交際は安定するでしょう。

心で結ばれた関係

大人の恋愛というものは「支配したい」「独り占めにしたい」というような欲求から離れ、心と心が通じ合っている姿が理想です。そのことを前提に相手との関係や行動などは自由に発展させましょう。まずは必要とされたときにすぐに会いに行けるような関係を築くことが大切です。

大人の恋愛では心と身体が付随します。身体が主体になるような肉体関係だけの存在あありません。セフレのような単に肉体関係を結ぶようなこととは最初から目的が違うのです。

お互いが支え合う関係

大人の恋愛では片方が支えるのではなく、お互いに支え合うような対等な関係でなければなりません。相手が自分にないものを持っていたら、それを吸収することが嬉しいというサインを相手に出しましょう。

そして、お互いにそれを認めあえる関係かどうかが大人の恋愛では大切なことになります。ここをうまくいくことができれば、安定した関係になることができるでしょう。

自己責任

大人の恋愛は恋愛で起こった出来事の結果はすべて自己責任になります。問題が起きたとき相手に責任を押し付けて逃げてはいけないということです。それがややこしくなったとしても逃げ出してはいけません。

責任を取れない相手と恋愛をしても長続きをすることはありません。それなら最初から大人の恋愛がしたいと求めないほうがいいのです。

大人の恋愛をするときに必要なもの

大人の恋愛はよくある恋愛ドラマのように舞台などが必要ではありません。また、いつ始まるのかなど予測できないものです。お互いが大人の恋愛をしたいと思ったときが始まりです。

ではここではそんな大人な恋愛をするときに必要なものをご紹介します。

経験

大人の恋愛をするにあたって今まで恋愛経験をしているか否かが重要です。恋愛経験をしているということは失恋を経験しているということです。

特になぜ空回りしてしまったのかや、そのときの反省などをしていることはとても大切です。経験豊富であればあるほど引き出しがありますから、大人の恋愛に生かしていくといいでしょう。

知識

大人の恋愛は恋愛テクニックが必要不可欠です。ただしプレイボーイなどがするような遊びのことではありません。恋愛テクニックは時に相手の気持ちをもてあそんでしまうことがありますので、遊びでのテクニックとは真逆です。

大人の恋愛では相手を思いやるテクニックが重要です。時にはアドリブをまじえながら行っていくのですが、実践的な知識を豊富に持つことが重要です。

思いやり

若いうちは若さもあって互いに傷つけあうこともあり、未熟で激しい恋愛になりがちです。大人の恋愛はその未熟さが無くなっていきます。成功するためには相手のことを思いやって気遣いをしましょう。

ただし、過剰にしすぎると束縛感を得てしまうこともあります。そうなると大人の恋愛からかけ離れてしまいます。

そのため、思いやりや気遣いはほどほどにしたほうがよさそうです。

信頼

大人の恋愛で疑心暗鬼は禁物。お互いのことを信頼し合うのが大切です。もし疑ったり嫉妬したときはそれが大きくなる前に話し合いをするようにしましょう。知られたくない秘密は少ないほうが良いです。弱みを見せないと力まなくていいのです。

そしてなんでも本音で話さないと、たくさんのブラックボックスを持った不安定な関係になってしまいます。

相手のことを信頼するということは簡単そうなことで実はとても大変です。でも自分を信じてもらうにはまずは相手のことを信じないといけません。

お金

大人の恋愛では自分のお金で生活できることはとても大切なことです。貯金や借金は別になりますが、月ごとに不自由なく生活できるかどうかが重要です。趣味にそそぎこんでいるような人は、見栄っ張りや派手付きなどの金遣いが荒いタイプを気にする必要はありません。

もし問題がある場合は、急に解決するのではなく少しずつ修正しましょう。

地位

自由業の人は別ですが、多くの人は企業に会社員として属します。そしてこのような人は地位が高かったり、職種によっては自由な時間を作りやすくなり、そこは非常に有利な点と言えるでしょう。

平日でも時間に融通が利けば大人の恋愛を長続きさせることができます。自営業や自由業の人は時間を思うままに使うことができますので大人の恋愛にはとても有利だとえいます。

職場恋愛だと地位を利用しているなどの風評が出る可能性がありますので十分注意する必要があります。大人の恋愛は周囲に受け入れられる必要があります。オープンでありながら私情を挟まないようにバランスよく行動する必要があります。

もしもわからない場合は周りの意見を聞いてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は大人の恋愛についてご紹介していきました。大人の恋愛は子どもの恋愛とは一味も二味も違います。大人になってからの恋愛が大人の恋愛というわけではなく、大人の恋愛には精神的にも肉体的にも金銭的にも余裕が必要不可欠です。

信頼するにも心に余裕が必要ですし、一緒に恋愛をするのにもお金はかかってきます。大人の恋愛をするならまずは余裕をもてるように頑張ってみましょう。余裕ができれば周囲から余裕のある魅力的な人だと思わせることができるはずです。

関連記事として

10歳差以上離れた「年の差カップル」はうまくいく?メリット・デメリットを紹介!

付き合うとはどういう事?社会人男女の付き合うの定義を知ろう!

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする