告白の断り方のマナーとは?してはいけない行動を知ろう!

告白されたら誰もが嬉しいと感じるものですが、その告白を全部受け入れられるのかと言われれば、そうではないこともたくさんありますよね。自分も好意を持っている人から告白されればそれが一番ですが、そうでもないシチュエーションも多いものです。

そんなとき困るのは、告白の上手い断り方でしょう。せっかく自分に告白してきてくれた相手ですから、拒否するように断って、傷つけるようなことはしたくないですよね。もともと仲の良かった友人であればなおさらでしょう。

相手を傷つけずにうまく告白を断るにはどうすれば良いのでしょうか。今回は、告白の上手な断り方についてまとめてみました。

告白を断る際には慎重に

告白を断る際、返事を適当な済まさず、慎重に相手を傷つけないような返事を考えることは非常に大切なことです。なぜなら、恋愛における告白は相手にとっても自分にとっても大きなイベントの一つであり、軽く見てはいけないものだからです。

自分が告白する立場になればもちろん分かるはずです。意を決して告白をしたのにも関わらず、NOという返事を貰ったという事実だけでショックを受けてしまうのに、さらにその返事が適当なものだったらどうでしょうか。ひどく傷つきますよね。自分の気持ちを無視しているような態度に、「なぜこんな人を好きになっていたんだろう?」と困惑させられてしまうほどです。

そのため、告白に対する適当な返事は、相手の怒りを買う可能性があり、トラブルのもとにもなります。せっかく大きな決意をして告白をしてきてくれているのですから、その気持ちをふいにするような対応はやめましょう。

また、告白を適当に断ってしまうと、相手がもともと友人関係にあった場合、気まずさをそのまま引きずってしまう可能性もあります。しかしうまく断ることができれば、気まずくなることなく友人関係を修復できる場合も多いです。

告白の断り方のマナー

では、まず告白の断り方のマナーから見ていきましょう。告白の上手い断り方には大事なマナーがあります。難しく考える必要はなく、このマナーさえ守っていれば、きっと相手を傷つけるようなひどい断り方にはならないはずです。

告白の返事は先延ばしにしすぎない

告白を断る際、つい断りづらくて「考えさせてほしい」と何日も返事を先送りにしてしまう人がいます。先延ばしにしすぎると、そもそももっと断りづらくなってしまいますし、相手にも変に期待をさせすぎてしまいます。

返事を先延ばしにするということは、告白を受け入れる可能性もあるということを示します。当然、相手の男性は「もしかしたらOKなのかも」と淡い期待をしてしまいますよね。

本当に考えたいときはまた話は別ですが、断るつもりで、ただ気まずいから返事を先送りにしただけ…というのなら、早めに返事をした方が良いでしょう。長くても1週間が限度です。

好意に対する感謝の気持ちを伝える

まず大前提として大事なのは、好意を持ってくれたことに感謝をすることです。恋愛関係としての男女にはなれないにしても、好意を持ってくれたこと自体はとても嬉しいことですよね。告白を断る=好意を拒否する、という風に相手に伝わらないように気をつけましょう。

その際は、一言を前置きすることが大事です。「気持ちはとても嬉しいけど」の一言があるだけで、もし告白の返事がNOだったとしても相手は救われるものです。また、告白を断ったうえで、最後に「ありがとう」と一言添えるのも大事なことです。

返事は直接会って伝える、電話やメールはNG

断る気まずさゆえに、告白の返事を電話やメールで済まそうとしてしまう人がいますが、このパターンは絶対にNGです。返事がたとえNOであっても、相手の告白に誠意を持って応えるため、告白の返事はしっかりと直接会って伝えるべきです。

もし返事がNOだったとしても、しっかりと時間を取って断るというだけで、告白にしっかりと向き合ってくれているという印象は相手に伝わるものです。

逆を言えば、メールやLINE、電話で返事を済ませられては、相手も困惑してしまいます。自分はしっかり会って気持ちを伝えたのに、なぜこんな態度で告白をふいにされなければいけないのか…と二重でショックを受けてしまうことは間違いありません。

きっぱり断りたいときはきっぱり断る

相手を傷つけまいとして、曖昧な返事をしてしまうと、相手からすれば「OKなの?ダメなの?」とよく分からない気持ちになってしまいます。

特に、自分に既に付き合っている人がいたり、好きな人がいる状態では、自分の気持ちが今すぐに変わらない以上、告白は受け入れることはできません。その事実ははっきりとしています。

だからこそ、曖昧な返事をすることは、相手にとっても失礼なことなのです。むしろ、相手がいるのに「キープ」ととらえられたら最悪ですよね。

きっぱりと断るときはきっぱりと断る、このことは徹底しましょう。「好きな人がいる」「彼氏がいる」その事実ははっきりと伝えなければいけません。

今後ストーカーのように付きまとわれたくないなら…

残念ながら、全部の告白が嬉しいととらえられるわけではないですよね。例えばストーカーのように付きまとわれている人からの告白や、生理的に受け付けない人からの告白は、正直されても困るだけでしょう。

どうしても自分が嫌で断りたいというときも、余計なトラブルを避けるために、はっきりと「付き合う気はない」という意思を示しておいた方が身のためです。「気持ちは嬉しいけど」としつこく前置きしてしまうと、相手に期待を持たせすぎてしまう可能性があります。

友達としても関係をうまく維持していきたいなら…

きっぱり断りたい場合もあれば、断った後もうまく関係は維持していきたいという場合もあるでしょう。相手は大事な友達ということもあるでしょうし、大事な仕事仲間ということもあります。

特に仕事関係の人だと、社内恋愛はしたくないけど、良い仕事仲間でいたいという場合は、告白後もやはり今まで通りの関係になれたら一番ですよね。

もし友達としてもうまく関係を維持していきたいのであれば、告白を断る際はぜひ「友達としてやっていきたい」という自分の意思は相手に伝えておきましょう。

そのうえで相手の意思を尊重し、相手が今までどおり接して来たら自分もそうする、しかしもし相手が自分を避けようとしてきたら、残念でもそれを受け入れる…それが一番です。

告白を断る際のNG行動とは

では次に、告白を断る際にやってはいけないNG行動について見ておきましょう。何度も言うように、告白は人によっては一世一代のビッグイベントでもありますし、もしそこまでではなくとも真剣なものであることは確かです。

適当な告白の断り方をしてしまうと、人としてのマナーのない行動になってしまうので、ぜひ避けておきたいところですね。

告白を断る際のNG行動は以下の通りです。

告白を茶化す

一番やってはいけないのは、大事な告白を冗談めかしく茶化す行為です。照れくささから、「またまた~!」と笑ってごまかそうとする人がたまにいるものですが、笑ってごまかそうとすることは告白をしてきた相手にとって失礼な行為でしかありません。

告白でショックなのは「YES」を貰えないことではなく、本気にしてもらえないことです。相手が真剣なモードで告白をしてきているのに、こちらが生返事だったり、笑っていたりなどでは、いくら好意を持っている人とは相手からすれば怒れる話です。

否定的な言葉で告白を断る

断る際に、相手に否定的な言葉を使うのもNGです。例えば、「ウザい」「迷惑」「キモイ」などの言葉は、いくら相手の告白を受け入れないからといって、そもそも不用意に相手に言っていい言葉ではありません。

男女の仲になることは一切考えられない、そんなきっぱりと断りたい相手だったとしても、諦めてもらうためにひどい言葉を投げかけるのは方法として間違っているでしょう。むしろこのような攻撃的な言葉は、相手の男性を逆上させ、さらなるトラブルに繋がってしまう恐れがあります。

本音では実際のところ「キモイ」「迷惑」などと思っていたとしても、断る際に口に出すのはやめましょう。どんな人が相手であれ、せっかくの告白ですから、言葉選びはぜひ丁寧にすることを心がけましょう。

告白後にこちらからあからさまに避ける

これは告白を断ったあとの行動の話になりますが、告白されて断った後に、こちらからあからさまに避けるのはやめておきましょう。行動が分かりやすすぎてこれも相手に失礼です。

相手の男性が、今まで通り話そうとしてきているのなら、なおさらですね。告白を断わられて、気まずくて避けたいのはむしろ相手の方でしょう。気丈に振舞っていても、本音としては今すぐにでも消えたい、そんな思いを抱えているのかもしれません。

しかしそんな相手が、今まで通りの関係に戻ろうと、ちゃんと接してきてくれているのです。そんな気持ちを無下にすることほど、失礼なことはないですよね。

あからさまに避けるような行為は辞めて、こちらも気まずさをじっとこらえて接するようにしましょう。最初は確かにぎこちなさしかない状態になってしまうかもしれませんが、いい意味でも悪い意味でも、時間が経てば慣れますし、気まずさも忘れます。しっかりと接するようにしていれば、気まずさを感じることなく今まで通りの関係にも戻れるはずですよ。

まとめ

告白の断り方って難しいですよね。相手を傷つけないように…と気を遣い過ぎてしまうと、どんな言葉を選べばよいのか分からなくなってしまいます。しかしだからといって、告白されたら誰でも受け入れるというわけにもいきませんから、告白の断り方はしっかりと心得ておきたいところですね。

基本的には、相手の好意に感謝しつつ、丁重に断れば問題はありません。その際、相手の思いを無下にするようなひどい対応だけはしないように気をつけましょう。

丁寧な対応で断ることができれば、最終的にはお互いに嫌な思いをすることなく、その後もうまく関係を維持していくことができるはずですよ。

関連記事として

告白を保留する理由を知ろう!待っている期間でしてはいけないNG行動とは?

「月が綺麗ですね」に対する返事の返し方を知ろう!断る場合は?

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする