告白を保留する理由を知ろう!待っている期間でしてはいけないNG行動とは?

あなたは告白の返事を保留されたことがありますか?勇気をもって、一生懸命に告白したのに、相手の返事は、「ちょっと考える時間をもらいたい」「返事はもう少し待ってもらっていいかな?」など、保留された場合、告白した人は、どういう風に考えたらよいのでしょうか?

また保留する人は、単に面倒だから?それともキープとして考えてるの?など、告白の返事を保留する理由を考えてみました。あなたの好きな人は、どうして告白を保留しているのでしょうか?

告白の返事を保留する理由

告白をされて、返事を保留するときは、どのような心理、理由が考えられるでしょうか?

軽く思われたくない

告白された方の気持ちが受け入れる方向で決まっていて、本当はすぐにでも返事をしたいところだけど、即答するのはなんだか交際を軽く考えていると感じられるのではないか?と思っている人がいるようです。

もしそのような気持ちからだとしたら、きっと告白している時の顔の表情に現れているでしょう。嬉しそうに聞いていたり、笑顔だったり、「ありがとう」など感謝の言葉やうなづくような仕草が見られたら、きっとそれは脈ありの可能性が高いとみてよいでしょう。たとえ保留されたとしても、それは「軽く見られたくないから」です。きっとすぐに良い返事が来るでしょう。

タイミングが悪い

例えば、告白された人に、今彼女がいて、あまり関係は良くなく、別れようかと思っていた場合は、告白を受けても三角関係になるから、すぐに返事ができないという状況になります。そのため、「少し待ってほしい」など保留することがあります。

それは、告白された側からしてみれば、タイミングが悪く、自分の周りの状況を少し整理してきちんと告白してくれた人のことを考えたいという誠実さの表れでもあります。もし、その人が、告白の時に、嬉しそうにしていたり、笑顔や感謝の言葉などを言っていた場合は、きっと近いうちに良い返事がもらえるかもしれません。

キープしておきたい

特に今まで気にしてはいなかったけれど、告白されて、嫌いではないから、とりあえず友達感覚でキープという形にしておこうと思った時に返事を保留することがあるそうです。このような告白の保留をする人は、男女ともに恋愛経験に長けている人のようです。とりあえず、相手の好意が分かったので、保留しておいて、友達関係のような間柄になり、そこからその人の人柄や、自分と合うかどうかを見極めたいと思っているようです。

一方、稀に複数関係を持ちたい人の場合も、保留することがあるそうです。相手の好意をできるだけ長引かせて、自分に都合のよい関係だけを続けていきたいと思う時に告白を保留することがあるそうです。

迷っている

単純に告白されてびっくりして迷っている場合も保留にすることがあります。その場合、告白してくれた人があまり面識のない人だったり、思いがけない人だったりした場合は特にその可能性が高いと言えるでしょう。ただ、以前から好きな人でも、突然の告白に戸惑って保留にしてしまうケースもあります。

面識のない人からの告白の場合は、保留にした後にきちんと知り合い、段々と関係ができていき、発展するということも考えられます。まずは、告白したときの相手の反応や、保留された後の相手の反応を見てみるとよいでしょう。嬉しそうにしていたり、笑顔がみられたら、これからの関係に期待してもよいかもしれません。

恋愛に無関心

男性に多いのですが、告白をされても、学校や仕事などで忙しく、恋愛関係に時間を割けないと思ってる場合、また何かの理由があって、恋愛モードになれない場合、保留にすることがあります。その場合、チャンスがないわけではありません。時間が過ぎれば、問題が解決して恋愛に向かう時間ができるかもしれません。その場合はよい返事がもらえるかどうかは、その時の状況次第ということになります。

告白の時の相手の状況、態度や顔の表情などが、本当に困っているような場合は、返事は期待できないかもしれません。ただ、その返事の理由が、あなたを嫌いというわけではなく、状況的に無理であったり、現状難しいということであれば、時間をかけてゆっくりと知り合い、関係を保っていくことで、今後落ち着いた時にまたアピールの方法を考えましょう。

恋愛対象外や知らない相手

告白してくれたけど、「あなたは誰?」という場合や、そもそも「恋愛対象外」と思っていた相手からの告白の場合、保留にすることがあります。これから恋愛対象としてみてほしいと告白を受けたけど、急にそんな風に見ることができないと思った場合は、このような態度に出てしまうことがあります。一般的に考えて、よく知らない相手とすぐに恋愛関係なんてなれないですよね。

しかし「恋愛対象外」や「知らない人」と思っていても、告白後から知り合い、友人関係からスタートして、そのうち恋愛対象になることもあると思います。そのため、告白した方は、返事を急がせないことが重要になります。もしすぐに返事をもらいたいと言ってしまうと、断られる確率が高いからです。知らない人や恋愛対象外の人になら、今後もあまり関係があるわけではありません。

しがらみのない人間関係では、すぐに断っても何も不都合はないと考えるのが一般的だと思います。

比較して考えたい

ほかにだれか気になる人がいたり、タイミングよくほかの人からも告白を受けていたという場合、どちらがいいか、より自分と恋愛関係に向いている方と付き合いたいと思うので、告白を保留される場合があります。

告白される側が女性だった場合は、特に強く思うようです。「結婚する場合は、どちらと結婚したほうが幸せになれるだろうか」など、女性の頭の中ではさまざまな妄想が繰り広げられています。そのため友達期間の間にじっくりと比較検討できるように告白の返事を保留するのです。

もし告白後、女性から色々聞かれたら、常識的な範囲で丁寧に答えてあげましょう。

断る理由を考えるため

悲しい理由ですが、本音では、告白を受けた最初から断ると決まっている場合でも、すぐに返事をしては、相手に申し訳ないと思い、断る理由を考えるために告白の返事を保留にすることがあります。その場合、告白の際には本当に困ったような態度や顔の表情であったりすることが多いので、よく相手を見てみるとよいでしょう。

告白を受けた側は、告白してくれた人が身近であればあるほど、考えてしまいます。今後の関係が気まずくなりたくなかったり、誰か共通の友人でもいるなら、その人を巻き込んでしまわないか、など色々考えるので、必然と返事が遅くなってしまいます。

気を付けたい!返事待ちの行動

では、告白を保留されたときに気を付けたい行動や注意点はあるのでしょうか?

返事の催促

告白の返事が気になってすぐにでも連絡をしたいと思ってしまう人は多いようです。しかし相手の保留した気持ちや理由がわからない以上は、返事の催促はしないほうが良いでしょう。相手なりに考え、告白を保留しているので、催促されれば、「自分のペースで考えたいと思っていたのに」と思われてしまいます。またそのように相手の気持ちを察することのできない人とはお付き合いできないと思われてしまいます。

しかしそれでは何時になったら返事がもらえるのか不安になりますよね。相手の気持ちがわからないまま、待ち続けるのは、とてもつらいことだと思います。その場合は、事前に相手に無理のない返事の期間を設けることもよいでしょう。

「返事は来週にお願いできますか?」や「次に会う時に聞かせてもらえるかな」など、相手に考える時間を与えながら、返事の期間を区切ることも一つの対処方法です。

言いふらす

自分が誰に告白して、その結果保留された、などと、二人のやりとりを誰かれ構わず相談したり、周囲に言いふらしたりするのはマナー違反です。

告白した恥ずかしさもあり、それをごまかそうとしているのかもしれませんが、誰でも自分のプライベートな出来事を他人が知っているのはあまり良い気持ちはしません。

さらに、もしよい返事をしようとしていたのに言いふらされるようなことがあれば、「口の軽い人」と思われます。そんな人を恋人にしようとは思わないですよね、返事を断られてしまうかもしれません。人の口には戸を立てられません。告白を成功させたかったら、相手の返事が保留の限りは、相談もおすすめできません。

干渉

保留にしたのは、一人でしっかりと考えたいからなのに、相手は告白してきた途端に、常に干渉してきたり、チラチラと監視してくる、あまりにしつこいと告白の返事に困ると思っている人もいるようです。

何もなかったような態度

告白してきた人が、次の日からまるで何もなかったような言動をとると、成功確率が下がります。相手側としては、保留にしている返事をどうしてよいのか困ってしまうようです。

保留中なだけなのに、待てずに「この前のはごめんなさい。なかったことにして」などといわれるのは告白された側としてはどうしてよいのかわからなくなります。告白を真剣に考えようと返事の保留をした側としては、自分の真剣さをわかったもらえなかったと悲しくなりますし、失礼になります。

保留の返事

では、保留だった返事が来た場合、どのように対応すればよいのでしょうか?

告白の返事がOK

素直に喜んでください!これから二人のお付き合いが始まる最初のイベントになります。まずは告白の返事をくれたことへのお礼を言ってください。そしてこれからよろしくお願いしますという気持ちを伝えましょう。大げさな喜び方や態度は相手も引いてしまうのでそこは気を付けましょう。

告白の返事がNG

残念ですが、これからの態度が重要です。最初に告白の返事をもらえたことにお礼を言いましょう。そして、気になるなら、どうしてダメだったのか、その理由を聞いてみてもよいでしょう。もしその理由が状況的に恋愛関係になれない、など時間がたてば可能かもしれないという場合なら、今後も良い関係でいたいと伝えることもできます。

またごく身近な相手だった場合は、共通の友人や知人などもたくさんいるので、これからも友人関係として関係性を壊さず、上手くやっていけるようにしたいと伝えるようにしましょう。もちろん相手の方にもお願いしましょう。

まとめ

いかがでしたか?告白はとっても勇気のいる行動です。自分の偽りない気持ちを相手にきちんと伝えるという行為は、とても素晴らしいと思います。きっと告白を受ける側もそれをわかっていると思います。だから告白の返事を保留するのは何か理由があるのではないでしょうか?

「返事を保留されちゃったから不安」「きっとダメなんだろう」などと一人で悩んだり、「聞いて、聞いて」と周りに言いふらすよりも、「保留の返事が不安で待っているのがつらいんだけどいつ頃返事が聞けますか?」と直接相手に対して聞いてみることもあなたの真剣さが伝わる一つの手かもしれません。

関連記事として

告白は何回目のデートでするのがいい?相手が告白してこない場合の対処法は?

告白する場所はどこがおすすめ?女性が喜ぶ場所を紹介!

告白を女性からでも成功させる方法を紹介!どんなメッセージがいい?

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする