幼馴染同士の恋愛はあり?付き合うメリット・デメリットを紹介!

幼馴染との恋愛、あなたは考えてみたことはありますか?というか、幼馴染は恋愛対象に入るものでしょうか?

正直なところ恋愛対象には考えられないという人もたくさんいるのではないでしょうか。自然と恋愛を意識すると、幼馴染よりも別の相手に目が行ってしまうもの。しかしその一方で、兄弟のように仲が良い幼馴染だからこそ恋愛が成立しやすいという考え方もあります。

そんな漫画やドラマのような幼なじみ同士の恋愛ですが、実際のところはどんな感じなのでしょうか。

今回は、そんな幼馴染で恋愛を始めるメリット・デメリット、そしてもし幼馴染同士で付き合ったらどんな付き合い方になるのか…上手な付き合い方についてまとめてみました。

幼馴染同士で恋愛するメリット

まるで少女漫画の設定のようなお話ですが、実際に幼馴染同士でカップルになったり、結婚したりする例は結構たくさんあるものです。

今まで幼馴染としてしか見てこなかった友達が、意外にもかっこよく思える瞬間はあるかもしれません。まずは、幼馴染同士で恋愛するメリットについて考えてみましょう。

自然体で付き合えるので気が楽

まず幼馴染同士の恋愛で一番のメリットとして挙げられるのは、自然体で楽に付き合えるという点です。

恋人同士って、お互いに好き同士とは言っても、逆に意識してしまってうまく喋れない、緊張してしまうということもありますよね。彼の前では良い顔をしていないと…と必要以上に固くなってしまう人もいるでしょう。しかしそんなとき、自然体で付き合うことができる幼馴染の彼氏は、とても気持ちを楽にしてくれるものです。

子供の頃から一緒にいるからこそ、お互いのことをよく知っていますし、信頼もしています。今さら幻滅することもなければ、変に着飾って良いところを見せようとする必要もありません。

変に意識せず付き合うことができるため、まるで最初から夫婦のように安心できる関係を築けることも多いのです。

共通点も多く話も合いやすい

幼馴染同士で恋愛するメリットとして、二つ目に大きいのは共通点が多く、話も合いやすいという点にあります。

生まれ育った場所も近所、学校もほとんど同じ、昔からの男友達・女友達の仲だからこそ他にも共通点も多いでしょう。話も合いやすく会話も弾むでしょう。

彼氏と彼女同士、付き合ってみたら意外と話もなかなか合わず苦労した…なんてこともよくあります。ちょっと気が合っただけで勢いで付き合ってしまった二人によくあるパターンです。

しかし幼馴染同士の恋愛なら、このような心配もほとんどないものです。内輪の話などでたくさん盛り上がれることでしょう。

喧嘩してもすぐに仲直りできる

喧嘩してもすぐに仲直りできるという良さもあるでしょう。子供の時から一緒にいる二人ですから、言いたいこともはっきり言えるでしょうし、喧嘩することも多いかもしれません。ですがその分、仲直りも早いはずです。

昔から幼馴染同士として家族のように一緒にいたからこそ、喧嘩しても仲直りの方法と心得ているということです。喧嘩をしてもすぐに仲直りし、仲良く一緒にいることができるカップルは、長続きしやすいというメリットがあります。一緒にいて変な窮屈さを感じることもないでしょう。

近所なのですぐに会える

幼馴染同士だと、家の距離も近いということが多いですよね。幼馴染の彼氏を持つと、すぐに会えるという良さがあるため、寂しさを感じて不安な思いをすることもないでしょう。

ちょっと寂しくなった時はすぐに会いにも行けます。自然と毎日のように会う関係性ができあがるため、コミュニケーション不足ですれ違うが触れてしまう心配もありません。

家族ぐるみで楽しく付き合える

幼馴染だと、お互いの家族ぐるみで仲が良いということも多いでしょう。彼の親や兄弟とももともと顔見知りで、家に遊びに行くのも何も苦ではない、そしてもちろん彼も同じ…というパターンもたくさんあるはずです。

すると、改まって彼の両親に挨拶して距離を縮めて…という段階を踏む必要がなくなってきます。もともと関係ができているわけですから当然ですよね。

また、もし結婚という話にもなれば、まず反対されるようなこともないでしょう。必要以上に事前準備をすることなく、スムーズに結婚の流れになることも多いです。また、結婚後の家族関係もうまくいきそうなものです。

幼馴染同士で恋愛するデメリット

では、次に幼馴染同士で交際するデメリットについて見てみましょう。メリットはたくさんある幼馴染同士の恋愛ですが、デメリットはどんなものがあるのでしょうか。

一般的に幼馴染の恋愛となるとあまり恋愛対象としてありなものに思えない人も多いものですが、その証拠に、デメリットはいくつかあるものです。もし幼馴染のことが好きかも…と悩んでいるのなら、一度恋愛するデメリットにも目を向けてみた方が良いかもしれません。

自然体すぎてドキドキ感がない

自然体で接することができるのは、幼馴染同士で付き合うことの大きなメリットになるとはお伝えしましたが、これは捉え方によってはデメリットになる場合もあるため注意が必要です。

というのも、自然体すぎると今度は逆に彼氏彼女っぽくならず、相手にキュンとしたり、ドキドキ感がなかったりなどのことが可能性として考えられるからです。

恋人同士で一緒にいて緊張する、うまく話せない、そんなドキドキ感も恋の醍醐味と言えばそうでしょう。逆にそれがなくなって自然体でいすぎたことで、恋人っぽさがなく、つまらないと感じることも少なくはないものです。

自然体でいられること、それは人によって良いと思うか悪いと思うか、捉え方はそれぞれ違うところがあるのは事実です。

結局異性として見ることができず別れることも

上の「ドキドキ感がない」という部分にも通ずる部分はありますが、幼馴染同士だと、友達同士の延長からの付き合いになることが多いため、なかなか相手を一人の異性として意識するタイミングが分からなくなってしまうこともあります。

そして結局いつまでも相手を異性として見ることができず、スキンシップができなかったり、デートもぎこちなかったりと、うまくいかないことは意外と出てきます。

その結果、大して恋人らしいこともせず別れてしまうパターンもあり得るものです。

険悪ムードが長続きすると気まずい

幼馴染同士だと喧嘩しても仲直りしやすいというメリットがあるのは確かですが、それでも相当にひどい喧嘩をすれば、険悪なムードが何日も続くことはあるでしょう。

すると、近所で家は近いからこそ、険悪なのに顔は合わせてしまう…そんな状態になってしまうことは多いものです。気まずいですよね。しかも幼馴染同士だと、お互いの家族や共通の友達とも、喧嘩中は話しづらかったりと、なかなか面倒なことも多いです。

ちなみにこの気まずさは、万が一別れたときなどにもあります。別れた後は、正直今まで仲良くしていた彼の友達や彼の家族とも、気まずくて接しづらくなってしまうでしょう。

告白しても本気にしてもらえない可能性も

ちなみに幼馴染同士の恋愛は、友達やもはや兄弟のような付き合いから始まるものなので、逆に恋愛感情を意識してもらいづらいというデメリットもあります。真剣に告白をしても、本気だと捉えてもらえない可能性もあるということです。

どこかふざけているように思われてしまったりなど、真剣な恋愛モードに二人の関係をシフトしていくのは意外と難しいものです。

幼馴染=仲良い、だからといってすぐに恋愛的な意味でのカップルになれるのかと言われれば、必ずしもそうではないことも多いのです。

幼馴染同士でうまく付き合うには?

幼馴染同士の恋愛はメリット・デメリットそれぞれあるものですが、もし幼馴染と恋愛関係になることがあれば、せっかくですし、付き合い方を失敗して気まずい関係にだけはなりたくないですよね。

恋愛関係になったことで、かえって二人の仲が崩壊してしまうのはとても切ないことです。そこでここからは、幼馴染同士での付き合い方のポイントについてまとめてみました。幼馴染の彼を恋愛対象として意識している人も、ぜひ必見ですよ。

ギャップを意識する

幼馴染同士の恋愛は、前述したように異性として見られない、自然体すぎてドキドキしないなどのデメリットがあるのは確かです。今まで同じようなかたちで接するばかりでは、確かにつまらないと思われてしまうのも当然でしょう。

せっかくただの幼馴染から彼氏彼女という関係になるのですから、今までの自分とはちょっと違った姿を相手に見せていくのも大事なことです。要は今までの自分とのギャップを作るのです。

例えば今までは彼の前でラフな恰好をすることが多かったかもしれませんが、たまには女性らしく可愛いワンピースやスカートを着こなし、デートを盛り上げてみましょう。普段の自分を知っているからこそ、彼は逆にキュンとするはずです。

自分自身も彼と接する際は、普段の幼馴染の彼とは違う一面に目を向けてみることが大切です。

マンネリに気を付ける

幼馴染同士の恋愛で一番気をつけておかなければいけないのはマンネリです。幼馴染だと、家も近所、ずっと一緒にいるなど、当たり前の環境というものができやすいものです。

これはすぐ近くで幸せを感じやすいという意味では利点にもなりますが、関係がマンネリしやすいのも事実でしょう。

普段のデートの際にはたまには遠出してみたり、たまには旅行に出かけてみたりなど、いつもとは違う環境を普段から意識することが重要です。

マンネリを防止することは長続きの秘訣です。逆を言えば、マンネリを放置するとすぐに別れのきっかけにもなってしまいますので、十分注意が必要です。しかも気を付けておきたいのは、幼馴染同士というのは関係の特性上マンネリしやすいということです。

まとめ

幼馴染同士の恋愛事情には、利点と欠点、いろいろな要素があるものですね。幼馴染の恋愛ってありかも…と思えた人もいるでしょうし、やっぱり幼馴染同士は恋愛対象にならないと思った人もいるでしょう。

ですが、幼馴染というのは誰もが持てる関係ではありませんし、大切な関係であることには変わりはないでしょう。もし恋愛関係になれるのなら、これまで以上に素敵な二人になれるようにぜひ接していきたいところですね。

関連記事として

友達以上恋人未満の男性の心理を紹介!付き合うきっかけになる好意は?

彼女が男友達と飲んだり遊びに行ったりするのに嫉妬する!対処法は?

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする