アラフォーで独身の女性の特徴とは?どんなイメージがあるかを知ろう!

30代後半から40代前半を「アラフォー」といい、男性であれば、既婚者が増え、仕事になれてきて、会社や社会において重要な地位に就く人も出てくる、いわゆる働き盛りと言われる年代です。女性においても、既婚女性も多く、独身者は女性誌などで、きれいで仕事もできて、キラキラとした素敵なライフスタイルを送るステキ女子と言われ、取り上げられています。

しかしキラキラしたアラフォー独身女子といわれる女性たちは、そんな言葉とは裏腹に、陰では独女などともいわれ、「妊娠・出産などのリミット」や「女性の幸せ」などのプレッシャーを抱えてながら仕事をしているのが実情ではないでしょうか?

またアラフォー独身女性自身、結婚願望がないわけではないので、そんなさまざまな外部からのプレッシャーと、自分のキャリアなどの板挟みの中、婚活をするという厳しい年代だと感じているようです。そんなアラフォー独身女性の婚活事情について調べてみました。

アラフォー独身女子の特徴

アラフォー独身女性の一番の関心ごとは結婚のようです。仕事やプライベートで忙しく毎日を過ごしているうちに、いつの間にか40代に差し掛かっていて、今までは特に意識しなくても仕事と同時に恋愛を楽しめたのに、いつの間にか頭の片隅に結婚の文字がちらつくようになって焦りが出始める人が多いようです。

そのため、アラフォーになってから、婚活を始めたり、積極的に結婚相談所や婚活サービスを利用したり、合コンなどに参加しようとするのですが、いまいち上手くいかない。

今までは何もしなくても上手くいっていたのに、どうしてダメなんだろうと落ち込むこともしばしばあるようです。ではなぜ思うように上手くいかないのか、そんなアラフォー独身女性の特徴を見てみましょう。あなたにも思い当たることがありますか?

自然な成り行きで結婚するもの

独身アラフォー女子は、なぜか「結婚は自然な成り行きからするもの」と考えているようです。そのため、婚活自体、心の底では否定的にとらえている人もいます。積極的に婚活サイトや婚活イベントなどに参加したり、お見合いをするよりも、本当は運命の出会いを待っているような人が多いといわれています。

しかし現実を見ると、女性の多くが30代前半で結婚しています。そしてその交際期間は、平均で4年程度と言われています。つまり、多くが25歳ごろから付き合いだしているのです。自然な成り行きを期待していたら、すでにアラフォーの人はアラフィフ近くにならないと結婚できなくなってしまいます。それに若いころは女子のつながりも多く、紹介や友達として出会いの場があったかもしれませんが、同年代の多くが結婚している今、独身女子同士のつながりも少なくなり、紹介や出会いの場自体が減っています。

さらに自分も社会において結構な地位になってきているアラフォー女子は、好きという情熱だけでは動けず、結婚相手には、さまざまな条件などを見てしまいがちになることもよくあることだといわれています。

いつまでも優等生

アラフォーで独身というと、性格的に癖があったり、何か問題があるのでは?と思う人もいるでしょう。しかし、実はその反対で、アラフォー独身女性の特徴として、いつまでも優等生のような人が多いといわれています。それはなぜなのでしょうか?

アラフォーで独身女性の中には、性格もよく、空気の読めるコミュニケーション能力の高い人が多くいるようです。それは会社やプライベートでも同様で、昔から優等生タイプの人だそうです。

そのような人は、両親や周りへの気遣いから、昔から自己主張が苦手で、しかも周囲の自分への期待がわかってしまうので、その期待に答えたいと頑張ってしまう、その結果、実家から出ることや恋愛に夢中になることができず、しかも仕事や会社への期待通りに頑張ってしまうので、いつまでも恋愛に目を向けることができないでいるのです。

自由でいたい

アラフォーで独身女性の中には、「自由でいたい」と思う人が多いようです。また、そのような人の多くは、結婚することで自由がなくなると考えているようです。これまで自分の思うように生きてきたので、今更人に合わせて生活をすることに抵抗を感じている人が多いようです。

結婚はしたいけど、社会的状況から、結婚すると「自由が利かない」「仕事が思うようにできない」「子育てに自信がない」など不安要素のほうが多くあり、そのため今の自由な自分の立場を手放せないと思ってしまうようです。

しかし、結婚したからといって、自由がなくなるわけではありません。もちろん一人ではないので、お互い多少は妥協していかないといけない部分はあるでしょう。しかし独身時代には決して知ることのできない幸せもあるのです。どこまでを自由と取るかは個人の問題ですが、結婚したら二人で工夫してお互い自由な時間を作ることはそう難しいことではないような気がします。あなたは「自由がなくなる」を言い訳にしてはいませんか?

男性との交流が少ない

アラフォー独身女子の中には、そもそも男性との交流が少なかったからと理由付けしている人も多くいます。確かに仕事が忙しく、さらに職場の大半が女性ということでは、会社と家の往復だけしていたら、男性との縁はなかなかつながらないのもわかりますね。

しかし、本当にそれだけでしょうか?もしかしたら、長く男性と交流のない女性の中には、いつの間にか自分の中の男性の理想像や結婚観が出来上がってしまっていて、年々そのレベルが上がってきているということはありませんか?自分の中にある理想の男性像を常に持ってしまうと、男性との交流の機会や出会いのチャンスにも、なかなか気付けないでいる可能性があります。

まずは異性と交流するチャンスを逃さないようにしましょう。最初から交際を前提としなくてもよいので、まずはお友達から始めてみるのもよいでしょう。

結婚はゴール

実際は結婚がスタート地点なのですが、アラフォー独身女性の中には、結婚がゴールと思っている人も多く、周りに独身女性が少なくなってきて「一人はイヤ」と結婚を意識して、結婚をゴールに定めるようです。

そんな人が婚活を始めると、とてもまじめに一生懸命に言われたことをこなそうとします。しかしアラフォーからの結婚率は低く、そのうち思うように婚活が進まなかったり、お見合いなどで相手に失礼なことを言われるようになります。

婚活コンサルタントにも「婚活市場的にもアラフォーなら、相手は50代や60代、バツイチも視野に入れないとだめですよ」などと、落ち込むようなことを言われ続けると、幸せになりたくて婚活しているのに、結婚という肩書(ゴール)が欲しくてそのために頑張っているような状況になってしまうようです。

婚活が趣味

昔から性格的にも明るく、社交的、コミュニケーション能力が高く、いわゆるモテ組だったアラフォー独身女性の中には、婚活が趣味になってしまっている人がいるようです。

このような人も結婚したくて婚活しているのですが、婚活パーティや出会いの場の雰囲気やサービスなどが楽しくて、ハマってしまうようです。また、「もしかしたら、次の婚活でもっといい人があらわれるかもしれない」と思って中々前に進めないのだそうです。

うまくいかないのは親のせい

アラフォーで独身女性の中には、結婚できないのは親のせいだと思っている人がいるようです。実家で暮らし、過保護に近い親の干渉を受けてきた人の中には、なかなか若いときの依存精神のままの人が多いようです。

本来ならば、どのような環境でも、自分を持って親と対等に話ができるはずですが、アラフォーで独身女性は、自分がきちんとできないことを棚に上げ、「親が反対する」「親が干渉しすぎ」と親のせいにしてしまうそうです。

上から目線

若いときは、異性に対していいところを見つける得点方式で考えることができたのに、アラフォーになると、社会的にも責任ある立場になることや、上司として過ごす人も多くなります。ある意味、オス化している傾向があるのです。

そのためか、異性に対しても、悪いところ見る、減点方式で考えてしまう人が多いようです。「いい人なんだけど、ここがだめなんだよね」「収入は良いけど、ここがありえない」など、自分を棚に上げ、上から目線での態度は、やはり結婚するとなると引いてしまいますよね。

自分磨きで努力

神社仏閣めぐりなど、最近流行りのスピリチュアル系自分磨きや、ネイルやマッサージ、ダンスやお料理などのお稽古などの自分磨きをしていることで、自分は一生懸命努力していると錯覚しているアラフォー女子がいるようです。

結婚する相手や結婚に対する考え、自分の将来への計画を全く考えず、このような的外れな努力をしている人が多いのもアラフォー独身女子に多い特徴です。

アラフォー独身女性のイメージや印象は?

では、男性からみた、アラフォー独身女性のイメージや印象はどうなのでしょうか?結婚の対象としてみているのでしょうか?

若作り

男性が思う、アラフォー独身女性の印象で一番多いのは、若作りしているということのようです。ファッションが20代のようにミニスカートだったり、攻めたファッションだったり、メイクもナチュラルというよりも、毒々しいような色使いや艶々くちびるだったりと、周りから見て、「正直痛い」と思うようです。

理想が高すぎ

「アラフォー独身女性なのに、相手への理想が高すぎて困る」と思っている人が多いようです。ただでさえ、アラフォーの年齢に会う男性が少ないのに、さらに高身長や高収入、高学歴などの条件をつけるアラフォー独身女性が多いようです。

結婚に夢を見ている

アラフォー独身女性の中には、結婚に夢を見ている人が少なくないと言われています。「結婚したら、大きい戸建ての家に住んで、犬を飼って、たくさんの子供たちがいて」「大好きな旦那様が記念日にはプレゼントをくれて、ホテルのレストランで記念日を過ごすの。」「私は専業主婦で、毎日お料理を作って待っているの」など夢を語ります。

共働き結婚をした人なら、「!!?」とびっくりしてしまうような理想や夢を婚活男性に求めているアラフォー独身女性がいるようです。確かに結婚は良いものだけど、そんなに甘くないよと思う男性が多いようです。

肉食系

アラフォー独身女性の中には、肉食系の人がいるようです。「アラフォーで独身女性の割には清楚な印象、おとなしそうだったので連絡先を交換したら、意外と肉食系でガツガツ責められてびっくりした」という男性が多くいるようです。

確かにアラフォー独身女性の精神的には、「これを逃したら次はわからない」という切羽詰まった状況かもしれませんが、肉食系を好きな男性は少数派のようです。相手を見て行動してほしいですね。

デートが大変

アラフォー独身女性とデートするとき、大変そうと思っている男性が多いようです。特に実家暮らしのアラフォー独身女性とのデートは、お金に関して余裕がありそうなので、どこに行くか、何を食べるかにしても、お金の心配をしてしまうようです。

たとえ割り勘にしても、自分の金銭感覚と相手の金銭感覚にずれがあるように感じるそうです。また、もし自分が一人暮らしだったら、同棲状態に持ち込まれてしまうのではないか?と思う人もいるようです。

親と同居させられそう

特に実家暮らしのアラフォー独身女性の場合は、男性から見ると、「付き合ったら絶対に親と同居させられそう」と思うようです。

実際にはそんなことはないと思いますが、アラフォーで実家暮らしという条件からそのように思うようです。男性は自分の親との同居は何も思わないのに、なぜか自分が彼女の親と同居すると思うと、「絶対にイヤ」と思う人が多いようです。

まとめ

いかがでしたか?アラフォー独身女性の場合を見てみましたが、アラフォーで独身というだけで、なぜかあまりよい印象は持ってもらえないようです。しかし、アラフォー独身女性には、社会の荒波を乗り越えてきた彼女たちにしか出せない大人の包容力や強い精神力があります。そこをきちんと見てほしいですよね。

もしあなたが本当に結婚したいと切望しているのなら、外見や職業、収入や地位などの肩書はちょっと置いておいて、自分が本当に好きになれる人と幸せな人生をおくれるようになるにはどうしたらよいのかを真剣に考えてみるとよいかもしれません。また同じような境遇の友人と話し合うのもよいかもしれません。自分だけでなく、女友達と一緒に頑張ることで、お互いのいいところや悪いところも見えてくるでしょう。なにより、頑張っているのは一人ではないと思えることで、焦らずに前に進むことができるでしょう。

そして周囲の評価や肩書ではなく、きちんと自分の理想的な夫婦のあり方が見定まった時には、結婚はゴールではなく、年齢もネックではないと実感するでしょう。

関連記事として

40代男性の恋愛傾向や本音とは?心理や特徴、アプローチ方法を紹介!

婚活の条件が高望みしてるのってどこから?理想が高すぎるのは良くない?

結婚ラッシュの三回っていつ?ラッシュに乗る人と乗れない人の違いは?

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする