デキ婚で後悔しない心構えとは?離婚率が高い理由は何?

以前は、デキちゃった結婚と呼ばれていたのが、現在では授かり婚などと言うようですね。呼称はどうあれ意味は同じですので、この記事ではデキ婚と呼ばせて頂きます。さて、そのデキ婚とは恋愛している男女が交際中に女性が妊娠して、そのまま婚姻届を提出して入籍することを指します。

最近では、芸能界でもタレントがデキ婚するケースもチラホラ耳にします。ですが、普通は交際期間を経て、お互いの両親に挨拶をしてから結納を済ませ結婚という流れです。それが、デキ婚となれば慌てて両親に報告することから始まります。

実際のデキ婚は想像以上の困難が待ち受けています。

デキ婚でよくありがちなパターン

交際中に妊娠したことが発覚して、女性が比較的早く結婚を決める理由は、子供を堕ろしたくなかったからという意見が最も多いそうです。そして、女性のメンタル面も大きな変化が表れてきます。まず、それまで彼氏だった人が突如、旦那となり愛情のベクトルは夫より赤ちゃん優先になります。

とにかく妊婦であることが分かってから多くの女性は、赤ちゃんに関することばかり話すようになります。妊娠生活の不安や生活費は大丈夫かな…など無理はありませんが、あまりにも新しい夫に無感心過ぎて気の毒に思います。少し度が過ぎた赤ちゃん依存の女なら、男が浮気するのも頷けます。

デキ婚で後悔しないための心構え

もちろん、女性側も初めての出産を控え子育ても待っているという人生に、突然なった訳ですから男性側の協力や努力は不可欠です。この妊婦期間の夫婦生活の内容次第で、後の関係性が全く違ってきます。何とか無事に出産まで乗り越えられたとしても、肝心の二人の愛情が冷えきっていれば最悪です。

デキ婚とはいえ、やはり子供は天からの授かりであることは間違いありません。せっかく縁があって家庭を築いていく関係上にあるのに、後悔しか残らないという結果は避けたいものです。ここでは、始まりはデキ婚でも幸せになるために、気をつけておかなければならない点を項目別でご説明致します。

先ず最初に親への挨拶と承諾

デキ婚で二人の気持ちと覚悟を確認し合って、真っ先に訪れる難問は親への報告と承諾を得ることです。これは何より最優先事項ですが、何より最も難関です。殆どの親は激怒して反対します。妊娠している云々より、所帯を持つ時の順番が異なっている点と、計画性が欠如しているので心配だからです。

でも、もう妊娠している事実とふたりの気持ちがシッカリ結ばれていることが確かなら、親側からすれば了承せざるを得ません。とにかく自分の親、相手の両親、親同士の顔合わせなど急速に施さなければならない現実があります。色々と衝突もあるでしょうけど、この件は絶対に怠ってはいけません。

お金の隠しごとを絶対しない

妊娠が発覚して、一緒に生活をしていく準備を進めている際に、最もキチンとしておくべきことがあります。それは、今の経済状況つまり毎月の所得はもちろんのこと、借金やローンなどについての支払い状況なども含めて正直に打ち明けることです。貯金や掛けている保険など全て一切合財を話します。

この件で偽りや隠しごとがあったがため、後々に発覚して揉めた挙句、殺伐とした間柄になって結局は離婚したというケースは少なくありません。これから一緒に生活していくにあたり、特にお金絡みはオープンにしておかないと深刻な問題になります。デキ婚で急だったからなどは言い訳になりません。

もし男性が浪費家だった場合

彼女が妊娠して、話し合いの末デキ婚が決定すれば、その時から男性側は父親としての自覚を持って努めなければなりません。しかし、お互い一緒に暮らしだしてから表面化する事柄があります。その事柄の中で男性が浪費家であることが判明すれば、抜本的に生活スタイルを見直す必要があります。

旦那の所得が毎月50万円以上あるとかなら、まだ妥協出来る面もあるでしょうけど、そうでなければ浪費癖のある男性には我慢してもらうことが多くなります。酒飲みなら安い種類のランクに下げてもらったり、博打をする男なら禁止させて、少しでも貯金に回すなどの約束をキッチリしましょう。

結婚式や旅行は話を聞くだけ

女性からすれば、例えデキ婚であっても結婚式に憧れを抱く女性は現在でも多く居ます。一方で男性からすれば、それでなくてもバタバタしているのに、結婚式や旅行などお金もかかるし今は無理だと判断します。ですが正しくても、その判断を女性に突き付けたら心の中に亀裂が生じるかも知れません。

ですので、気持ちは理解出来ますが冷たく言い切らずに、内情はどうあれ一応は彼女の要望や考えを聞きましょう。その上で、残念そうに結婚式や新婚旅行については自分も同じ思いだという旨を伝えてから、でも今は難しいけど近い将来必ず実行しようと、胸中を拭ってあげながら言うことが大事です。

お互いの関係者と面識を持つ

さて、何とか双方の親から了承を得て、男性は社会人でしょうから会社への報告や、女性側も仕事をされている場合は退職か長期休暇の申請などを済ませたとします。そして一段落すれば、今度は出産を迎える前に出来るだけ、自分の周りの人たちと面識を持ってもらっておくことも重要だと考えられます。

女性は出生後、子育てに専念することになります。そうなると、主人の友達や会社の先輩や後輩などの関係者と会う機会は随分と先になります。子供が生まれてから、色々と相談出来たり情報をくれる人が増えれば精神的な負担が減ります。少しでも妻が安心して子供を産めるような環境を作っておきましょう。

デキ婚の離婚率が高い原因と理由

一昔前のイメージで言いますと、やはりデキ婚というのは10代から20代のカップルが殆どだったように思います。しかし、2020年には女性の半分以上が50歳以上になる日本ですから、最近では30代や40代でもデキ婚するケースが珍しくなくなってきました。そして、デキ婚の問題点も同時に浮き彫りになっています。

その問題点とは、通常の結婚と比較してデキ婚は離婚率が相当に高いことが判明しています。まず、10代の男女でデキ婚から5年以内に80%以上が離婚となり、20代~30代でも5年以内に35%以上が離婚しています。その離婚率の高さは何が原因で理由なのでしょうか。その辺りについてご説明していきましょう。

デキ婚してお互いの素を知る

自他共に認められるほど仲の良いカップルで、お互い浮いた噂もなくセックスもコンドーム未着用で順調に愛を育んでいても、デキ婚してから僅か数年で離婚というケースは結構あります。その原因は、お互いの素の部分が共に生活することによって、露になって嫌気が差してきたからという理由が最も多いとされています。でも、そうゆう見方しか出来なければ誰と一緒になっても同じ結果だとも思います。

例えば、3~4年の交際期間があって十分お互いのことを理解しているようでも、週に1~2日ペースで会うのと一緒に生活するのとでは、全く色々と異なります。やはり、毎日のように顔を合わせますと相手の欠点などが目に付きやすい傍ら、新しく親になることで責任を果たそうとするプレッシャーの板挟みで参ってしまうのが実態です。しかし、ある程度は相手の処々を受け入れる了見ぐらい備えるべきです。

デキ婚で選択の余地を失った

普通に順序立てて、結婚に至った場合はそれほど悩むようなことにはならないと思いますが、子どもが出来てから一緒になるのがデキ婚です。

その場合、本当に今のパートナーで良かったのかな、などといった払拭しきれない考えが頭を過ぎることも多いようです。まぁ普通の結婚でも思う人は思うかも知れませんが、いずれにしましても男女共に、このようなことを考えてしまいがちな部分は確かにあるでしょう。

エスカレートすると他人の配偶者やパートナーが羨ましく思ったり、現状の自分を目の当たりにしては、こんな筈じゃなかったなどと悩んでしまうことがあるそうです。結婚する人が自分に相応しいか否かを選択する余地がないまま、デキ婚という形になってしまったから発生する思いでしょう。

ですが、このような考えを持つ人は配偶者を侮辱する最低な感覚の持ち主なので、離婚するほうが正解かも知れませんね。

デキ婚は慢性的に経済が不安

現在も日本はデフレの真っ只中でして、約20年ほど一般労働者の実質賃金は平行線あるいは下がっているのが実情です。失業率の低下や株価上昇による好景気は一部の金持ち層だけが感じる情勢です。そんな中で、デキ婚となれば様々な面において準備期間も短く、出産前も出産後も出費は続きます。当然お金の無い状態が慢性的になり、不安定な経済状況での夫婦生活を営まなければなりません。

しかし、皆様もご承知の通りお金の無い状況が続きますと、思った以上に人の心を荒廃させます。旦那も急に責任感を持たなければならない立場になり、一生懸命働いても冒頭で記した通り一定以上の金額を稼げず、自宅に戻っても生活が苦しい話しばかりだと段々やる気が失せてきます。単細胞な男という種は、認められたり褒められて力を発揮する類いなので、やがて暴走するかパンクします。

まとめ

今回は、デキ婚からの始まりでも幸せに向かうための心構えと、デキ婚の離婚率が高い理由などについて、綴らせて頂きました。この記事に該当する人へ伝えたいことは、デキ婚でも何でも、とりあえずは赤ちゃんや子どもが中心になるのは理解します。しかしながら一応は、一生を共にするパートナーは今の夫なり妻ですよね?

その二人の間に愛の結晶として生まれた可愛い子供も、やがて一人の大人となり巣立ちます。そんな時に子供が居たから我慢して夫婦であり続けたと言って、お別れするようなことだけは避けて欲しいのです。パートナーとして最高の理解者だと尊重し合って、デキ婚でも幸せになれる実例者となってもらいたいと心より願います。

関連記事として

スピード離婚の理由で多いのは?メリット・デメリットを知ろう!

スピード婚の決め手やきっかけを紹介!後悔することが多いって本当?

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする