男の嫉妬する心理や特徴を紹介!考えられる原因・対処法を紹介!

女性が男性に対して嫉妬するように、男性も女性に対して嫉妬することがあります。しかも女性が嫉妬するよりも男性が嫉妬したときのほうがめんどくさいとよく聞きます。

しかも付き合ってもいないのに嫉妬をして、結果的にストーカーになってしまうということもあります。ではなぜ男性は付き合ってもいないのに嫉妬してしまうのでしょうか。

今回は女性に嫉妬してしまう男性の心理や原因、嫉妬されたときの対処法についてご紹介します。

嫉妬する男の特徴と心理

では嫉妬する男にはどのような特徴や心理が働いているのでしょうか。

独占欲が強い

嫉妬しやすい男性は独占欲が強い傾向があります。1番にこだわるところがありますので、勉強でも仕事でも恋愛でも1番にこだわるところがあります。

そのため、自分が優秀でいなければいけないと思いながら努力しますが、それが少しでも脅かされると動揺してしまいます。そのため、彼女が飲み会などにいこうとすると、全力で止めますし、職場の男性との関係なども細かく行きたがります。

他の男性に奪われてしまうのが怖いという不安感があるからです。これは育った環境などからの影響を強く受けていると言えるでしょう。

必要とされたいと強く思う

嫉妬しやすい男性は誰かに必要とされることで安心します。この気持ちのことを承認欲求というものです。誰かに認められたい、自分のことをを必要として欲しいという気持ちを嫉妬深い男は強く持っています。

この欲求が満たされないと、どんどんフラストレーションがたまり、彼の嫉妬心がさらに強くなるでしょう。そのため、彼氏のことを頼ってあげることで、承認欲求は満たされます。この時には笑顔でありがとうといったり、「さすがだね」などというのがポイントです。

そして彼のことを頼り続けることで嫉妬心の男の欲求も改善されるでしょう。つまり彼と信頼関係を築いて安心させてあげることで、改善するでしょう。

男性の多い席で頻繁にボディタッチをしてくる

嫉妬深い男性は普段は普通にしているのですが、男性が多い席にいくと、彼女に過剰なくらいボディタッチをしてきます。彼女にボディタッチをしているところを周囲の人に見せつけて、自分の彼女であることをアピールしているのです。

そして、他の男性が彼女に言い寄らないようにけん制しているのです。

また、直接彼女に男性が話しかけるのも嫌なので、彼女に対して質問をしても彼氏が代わりに答えることがあります。

1日の予定や交友関係などを知りたがる

嫉妬深い男性は彼女が一緒にいないときの彼女の行動が気になって仕方がありません。そのため、女性の1日の予定や交友関係を細かく知ろうします。

彼女になにかあったら友達に聞けば大丈夫だと思っているのです。1日の予定を聞いたり、彼女の交友関係を聞くだけでなく、そのうち連絡も頻繁になってきます。

最初のうちは嫉妬するだけなのですが、だんだんと外出や交友関係を制限して彼女を縛り付けようとするのです。

自分に自信がない

彼女のことを「高嶺の花」「自分にはもったいない」などと思っていると、より嫉妬深くなり、束縛する傾向があります。ここでの心理として自分に自信がなく、「本当に愛されているのでしょうか」と不安に思っています。

普段自分に自信があっても好きな人の前になると「彼に自分みたいな人は似合わない」などと自己嫌悪になるという経験があなたにもあるのではないでしょうか。

それとに似たようなことが彼にも起こっているのです。そのため、彼のことを安心させて自信を持たせる必要があるでしょう。

メールやLINEを頻繁にする

嫉妬深い男性は常に彼女と繋がっていたいと強く思っています。彼女と一緒にいない時間がとにかく不安で仕方がないのです。つねに連絡が取れるようにLINEやメールを頻繁に送ります。

そして会話のキャッチボールが途切れないようにします。それだけ彼女との繋がりを望むのです。

色々と気遣ったり優しい言葉を欠けてくれるのですが、それは彼女の動向を常に把握しておきたいかれで、嫉妬心によるものなのです。

地味でいてほしい

嫉妬深い男性は自分の彼女を外に出すのを嫌がります。なぜなら外には自分以外の男性が数えきれないほどいるからです。彼女がおしゃれな格好をしたりしていると男性からアタックされる可能性があるのを心配しているのです。

ミニスカートを履くことや生足を出すことを嫌がったり、お化粧は派手なのを嫌がったり、目立つ格好やおしゃれな格好を嫌がります。露出の多い服を着ていると目立ち男性から狙われやすいというイメージがありますので、嫌がられるでしょう。

感情を抑えることができない

好きな人が他の男性と話していると男性は嫉妬しますが、女性と付き合っていない場合、その感情をコントロールする必要があります。

一応付き合ったあとでないと束縛できないと考えるのが普通で、片思いしているときは嫉妬心とうまく付き合っていかないといけません。

しかし、嫉妬深い男はその気持ちをコントロールできず、イライラしたり言動が乱暴になったりしてしまいます。嫉妬心を持つことは誰にでもあることですが、態度に出す男性は要注意です。

男が嫉妬している原因は?

男の嫉妬といっても色々な原因があります。ここでは原因について女性と他の男性との関係ごとにご紹介します。

職場恋愛の場合

職場恋愛で他の男性と仲良くしたり、他の男性の相談にのったり、ランチや飲み会に自分以外と言っていると嫉妬してしまいます。

独占欲が強くなったり、「相手の男性に気を許している」と思うのです。

また、自分の知らないところで彼女が他の男性社員と話したり、食べたりしていてもやきもちを妬きます。仕事でうまくやるには仕方がないのですが、女性としては困ってしまいますね。

ただ、男性としては「自分の知らないところで変な男に言い寄られていないか」と心配しているのです。それだけ女性のことを愛しているという証拠なのですが、やはり困ってしまいますね。

ただし、これは男性が他の男性社員に負けたくないと思う優劣関係によるものだと言えます。会社という場所は男性にとって負けられないところですので彼女を取られたくないと思うのです。

友達に対しての場合

彼氏である自分よりも友達と遊びにいったり、友達のことを気にかけていると、友達のほうが優先順位が上だと思われて嫉妬されてしまいます。

彼にとって友達は彼女の時間を取るライバルになるのです。

赤の他人の男性の場合

赤の男性の人や芸能人のことを褒めたり、自分の知らないところで他の男性と電話やメールをしたり会ったりすると嫉妬します。

自分という彼氏がいるのに、他の男のことを褒めたり、他の男性と交流するのをとにかく嫌がります。彼女のことを独占したいのに、彼女が自分のことを100%思ってくれていないことに対してイライラしてしまうのです。

男性からすれば「自分がいるのだから、他の男はいらないよね」などと思うのです。

嫉妬深い男性への対処方法

では嫉妬深い男性に対してどのように対処すればいいのでしょうか。

常にマイペースで

できるだけマイペースで付き合い続けることがことが大切です。嫉妬深い男性は付き合っている恋人のことを束縛したいという想いがとても強く、自分以外の男性となんらかの関係を持つことを嫌います。

彼の願望や欲求にいちいち付き合っていたら、精神的にまいってしまいますし、楽しくないでしょう。

そのため、嫉妬深さは彼の性格だと割り切って、自分のペースを崩さないでつきあいましょう。もしも彼氏が浮気を疑ってきたら「そんなに信用できないなら別れようか。そのほうがあなたも気分が楽になるよ」と言いましょう。

彼には「別れ」という選択しはありませんから、効果はそれなりにあるでしょう。

依存しすぎない

男女の関係は依存している関係といっても過言ではありません。依存しすぎるとその関係はうまくいっているとは言えません。自分はもちろんのこと相手にも依されるような関係にならないようにする必要があります。

愛情が嫉妬に変わるのはちょっとしたことがきっかけです。男性を嫉妬深い性格に育ててしまう可能性があります。お互いに自立できるように相手のことを尊重し合える関係を築き上げる必要があります。

依存されていると感じたら、束縛が強くなる前に二人の関係を見直す必要があるでしょう。手遅れになると嫉妬深い男性がさらにひどくなってしまいます。

嫌な事は拒否すること

嫉妬深い男性から独占欲が強すぎて嫌なことを言われることもあるでしょう。その独占欲がストレスになっていると、関係が悪化してしまうことがあります。

そのため、嫌なことははっきりと伝えることで、嫉妬深い男性とうまくやっていくことができるでしょう。

言葉で好きだと伝える

嫉妬深い男性は自信のなさから女性を束縛してしまいます。そのため、自信を持たせるために何かあるたびに好きという気持ちを伝えましょう。

毎日のように好きだという気持ちを伝え続けることで、嫉妬深い男性もだんだんと自信がついてきます。そうすることでしつこく予定を聞いてきたり、交友関係を探ってきたり、外出を制限するなどすることも少なくなるでしょう。

自分も同じように嫉妬深くなってみる

嫉妬深い男性のことを好きで別れたくないと思うのであれば、あなたもあえて嫉妬深くなってみましょう。男性のことを独占したり、男性がすることと同じようにしてみるのです。

そして嫉妬深い男性があなたの行動や言動を嫌がったときに「私も同じようにずっと思っていた」と伝えることで、男性を反省させることができるでしょう。

逆に男性が独占されることを喜んでいたら、承認欲求が満たされて満足するため、言動や行動が落ち着くでしょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は嫉妬する男の特徴や心理、男の嫉妬に対する対処法についてご紹介していきました。

男の嫉妬を受けることは女性にとってもストレスになってしまいます。そのため、できるだけ嫉妬をしないような関係作りをしていくことが大切になります。

不安な気持ちにさせないように男性を安心させてください。

関連記事として

三角関係が始まるきっかけって?三角関係の特徴、対処方法を紹介!

彼女と別れたいと思う原因は?上手に別れる方法と注意点を紹介!

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする