合コンで盛り上がるゲームの条件とは?盛り上がるゲーム・アプリを紹介!

合コンが盛り上がるゲームといえば、一昔前までは何といっても「王様ゲーム」でした。クジで”王様”を引き当てた人は、他の参加者に好きな命令を下すことができるというものです。

王様の命令は、「変顔を披露する」といったライトなものから、「ビール一気飲み」など少々ハードル高めのものまで様々。雰囲気によっては「隣の人とキスをする」「膝枕をする」といった、ちょっとエッチな命令が飛び出すことも珍しくありません。

しかし、王様ゲームで下される命令には、多くの女子が負担を感じている様子。確かに、イケメン相手ならまだしも苦手なタイプとのキスなんて最悪です。実際、「合コンには行きたいけど、王様ゲームは嫌」という女子も少なくないのだとか。

盛り上げようとして行ったゲームでも、誰かが機嫌を損ねてしまっては、合コン自体が台無しになってしまう可能性も。せっかくなら、参加者全員で楽しめる場にしたいですよね。

そこで今回は、女性ウケも良くて場の雰囲気も盛り上がる、合コンにオススメのゲームをご紹介したいと思います。

女子にウケるゲームには”条件”がある!

合コンの雰囲気を盛り上げようと考えてゲームをやってみたところ、イマイチ盛り上がらないどころかすっかりシラけてしまった・・・実際にそんな経験をお持ちの人もいらっしゃるのではないでしょうか。

冒頭でも触れたとおり、合コン中のゲームといえば「王様ゲーム」が定番ですが、悪ノリをして意地悪すぎるお題を出す人も少なくありません。しかし、お題が過激になるほど、女子は引いてしまうもの。出会いを求めて合コンに参加しているのですから、男子の前で恥ずかしい姿なんて見せたくないのです。

合コン中のゲームを盛り上げるには、「女子ウケする内容かどうか」が絶対条件と言っても過言ではありません。

【女子ウケ条件①】参加者全員で盛り上がれる!

王様ゲームのようにターゲットを指定して行うゲームだと、王様と選ばれた人しか盛り上がりません。また、クジ引きなので仕方ないことではありますが、特定の人ばかりが王様あるいはターゲットに指名されて、まったくゲームに参加できない人が出てくる場合もあります。

ゲームをするなら、みんなが平等に楽しめるような内容のものを選びましょう。

【女子ウケ条件②】アダルト過ぎはNG!

王様ゲームだけでなく、その他のゲームを行う場合にも、敗者への罰ゲームを用意することが多いと思います。

その際、キスなどの性的な要素が強いものは、いくら出会いの場とはいえ少々やり過ぎ。初対面でそんな提案をするような男性は、女性陣から良い印象を持たれることはほぼないでしょう。

ただし「手をつなぐ」「食べ物を”あ~ん”する」といった可愛らしいものならば、ちょっとしたドキドキ感が得られて喜ばれる場合も。何事も限度を守ることが大切です。

【女子ウケ条件③】罰ゲームはソフトに”笑える系”

罰ゲームで多いのが「ドリンク一気飲み」。よっぽどの酒豪でもない限り女性はキツいですし、男性が一気飲みしているのを見るのも「大丈夫かなぁ・・・」「酔って介抱するハメになったら面倒・・・」なんて、色んな意味で心配してしまいます。

一気飲み以外にも、ハードな内容の罰ゲームは、やる方も見ている方もテンションが下がってしまう可能性大。「隣の人とツーショット写真を撮る」「〇分間、語尾に”ニャン”をつけてしゃべる」など、みんなで笑えるソフトなものを用意しておきましょう。

盛り上がること間違いナシ!おすすめゲーム8選

さて、ここからは男女ともに楽しめる合コンゲームをご紹介していきます。次の合コンで幹事に指名されている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

①序盤から盛り上がる「お名前しりとり」

乾杯が終わったら、まずは参加メンバーの自己紹介タイム。最初が肝心とは言うものの、「緊張していつもグダグダになってしまう・・・」という人は多いですよね。

そんなお悩みを解決してくれるのが「お名前しりとり」。普通に名前を言うだけよりも盛り上がり、初対面のぎこちない雰囲気も一気に和みます。

【やり方】

以下のように、前の人の名前の終わりの文字から始まる言葉を足して、自己紹介をします。

たとえば前の人の名前が「タナカユウジ」さんだった場合は、「ジム通いで体を鍛えています、サトウタクミです!」、次の人は「みんなの人気者、スズキユウコです!」といったような具合です。勝ち負けが一切絡まないので、メンバー全員で楽しめます。

【盛り上げるコツ①】

名前の前につける形容詞が短すぎると、だんだんつまらなくなってしまうので、「必ず10文字以上で」「前の人よりも1文字でも長くなるように」などのルールを設けると良いでしょう。

【盛り上げるコツ②】

前の人の自己紹介を次々とつけ足していくのも面白いです。

先ほどの例であれば「ジム通いで体を鍛えているサトウタクミさんのお隣の、みんなの人気者スズキユウコさんの隣の、これから英会話を始めたいヤマダタカシです!」といったように、後半になるほど記憶力が必要になり、人数が多いほど難易度も上がります。

また、みんなが名前を繰り返してくれますし、自分の番のために他の人の自己紹介を聞こうとするため、全員の顔と名前を覚えやすくなります。

②距離感を縮める「第一印象ゲーム」

こちらは参加者同士にまだ微妙な距離感がある時に試すのがおすすめ。事前に何かを準備しておく必要もありませんので、手軽に場を盛り上げることができます。

【やり方】

「この中でいちばん○○な人は?」という質問に対して、「せーの!」で一斉に指をさすだけ。

【盛り上げるコツ】

序盤は「知的な人」「お酒が強そうな人」といったライトなお題から始めましょう。雰囲気が温まってきたら、「モテそうな人」「恋愛経験が豊富そうな人」と少しずつハードルを上げていくようにします。

また、男性は女性、女性は男性、と指さす相手を異性に限定すると、より出会いの場らしい空気感が生まれますよ。

③会話しながら楽しめる「英語禁止ゲーム」

こちらも道具いらずで手軽に始められるゲーム。英語を使わないというシンプルなルールながらも、意外に楽しめるんです。

【やり方】

自由な会話の中で始めても良いですが、罰ゲームを恐れて無言になってしまう可能性があるので、何かお題を決めて一人ずつ順番に話すなどのルールを決めておいたほうがスムーズです。

「最近ハマッていることは?」と聞かれて「カフェ巡りです」と答えてしまったらアウト。もちろん「次は○○さんの番ね」とふられて「オッケー!」なんていうのもアウトです。誰かをハメようとして、積極的に話をしようとする人も出てきて盛り上がりますよ。

④みんなの本音が知れちゃう「10円玉ゲーム」

このゲームは、TV番組でよく見かける「○○だと思う人はスイッチオン!」の簡易版といったところでしょうか。みんながある程度打ち解けて、そろそろ本音を聞いてみたい・・・そんなタイミングで試すのがおすすめです。

【やり方】

用意するものは、人数分の10円玉とおしぼりだけ。ゲームを始める前には、コインの裏表を確認しておきましょう。なお、10円玉は平等院鳳凰堂が描かれているほうが表です。こんな豆知識を披露しても面白いかもしれませんね。

参加者が1枚ずつ10円玉を手に持ったら、Yes/No形式のお題を提示します。お題に対してYesならコインの表、Noなら裏を向け、他の人に答えが見えないようにコインを手で隠しながらおしぼりの中に入れてもらいましょう。全員のコインが集まったら、おしぼりの上から軽くシャッフルして、おしぼりをオープンします。

【盛り上げるコツ①】

「今日の合コン、来て良かったと思っている人は表!実は家で観たいTV番組があるという人は裏!」といったように、参加者が答えやすい質問を考えるのがポイント。「合コンに来て後悔している人は裏!」なんて質問をすると、本当に裏の人がいた場合にシラけてしまう可能性があるので注意しましょう。

【盛り上げるコツ②】

このゲームの良いところは、回答が匿名だという点。ちょっと大胆な質問でも、意外と素直に答えてくれる人が多いです。盛り上がってきたら、「この中に気になる人はいる?」「どちらかというと、SかMか?」なんてキワドイお題に挑戦してみるのも良いでしょう。

⑤親密度が増す「ペアゲーム」

合コンでは、場が盛り上がってくると自然に席替えが行われるもの。しかし、参加者が互いに気を使い合ってしまい、誰も最初の席から動こうとしない・・・なんてケースも、時にはありますよね。そんな時は、ペアゲームでシャッフルしちゃいましょう!

【やり方】

男女二人でペアを組み、「○○といえば?」というお題に対して「せーの!」で二人同時に答えを言います。回答する時に目を合わせたり、答えが見事一致したらハイタッチできたり・・・など、気になる相手とペアになれたら一気に距離を縮められそうです。

【盛り上がるコツ】

男女ペアを作る時には、クジ引きなどの平等な方法をおすすめします。自由な流れだと、組みたい相手がかぶったり余ってしまったりすると、不穏な空気が流れてしまうかもしれません。

せっかくペアを組んでいるので、罰ゲームを用意する場合も二人で協力してクリアできるようなものが良いでしょう。

⑥アレンジも楽しい「リズムゲーム」

NTTドコモのCMで、大人気俳優の綾野剛さんが、女子高生たちとリズムゲームで遊んでいたのを覚えている人も多いと思います。

こちらですね。

実はこのゲーム、現在も「斉藤さんゲーム」として飲み会の席で大人気なんです。さらに、CM中では人気お笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斉藤さんの持ちネタを元にしていましたが、最近では様々な芸人さんのネタを組み合わせた進化版もあるのだとか。

【やり方】

ゲームを始める前に、「ユウスケ→ユウ」「カオリ→カオ」といったように、参加メンバーの呼び名を二文字にしておきましょう。二文字のほうがリズムに乗りやすいです。

基本動作は、以下の繰り返しです。

  • 1拍目:膝または机を叩く
  • 2拍目:手を叩く
  • 3拍目:親指を立てて右手を握る
  • 4泊目:親指を立てて左手を握る

最初は「○○(最初の人の呼び名)から始まるリズムに合わせて~」とリズムを取ります。続いて「○○(次の人の呼び名)、2!」といったように、リズムに乗りながら次に指名する人と1~4までの数字、あるいは「斉藤さん」と言います。

指名された人は、リズムに合わせて斉藤さんのギャグ「ペッ」を、動作つきで指定された回数分行います。

「斉藤さん」の場合は全員で「斉藤です!」。この場合は指名した人の隣が次の親となります。左右どちらを次の親とするかは、事前に決めておくと良いでしょう。

【盛り上げるコツ】

全員がリズムと動作に慣れてスムーズに展開できるようになったら、様々な芸人さんのネタを組み合わせた応用編にチャレンジしてみましょう。

こちらの動画が参考になると思います。

動画では「バイきんぐ」の「なんて日だ!」や、「コロコロチキチキペッパーズ」の「やっべぇぞ」が登場していますね。芸人さん&ネタの数が増えるほど難易度も高くなりますが、盛り上がること間違いナシです!

⑦秘密の質問にドキドキの「女王様ゲーム」

こちらは王様ゲームの進化版。王様ゲームのノリが苦手な人や合コン初心者でも、安心して挑戦できますよ。

【やり方】

王様ゲームと同じ要領で割箸などを使ってクジを作り、女王様(男女どちらでもOK)とそれぞれの番号を決めます。ここで女王様になった人以外は、全員目を閉じましょう。

女王様は好きな番号を指名し、「この中で気になる人は?」「携帯番号を知りたい人は?」などといった質問をします。指名された人は、声には出さず、質問に合った相手を指さしましょう。もちろん女王様を指さしても良いですよ。

この時、指名された人だけは目をあけることを許されます。つまり、質問の回答は女王様と指名された人だけの秘密。他の人は、「指をさされたのは自分かな?」というドキドキ感が味わえます。

⑧カラオケ合コンなら「NGワードカラオケ」

食事の後の2次会でカラオケ、というのは合コンの定番コースですね。モノマネや採点機能で盛り上げようとする人も多いですが、歌が苦手な人はちょっとハードルが高いと感じてしまいます。このNGワードカラオケなら、歌の上手さにかかわらず、全員で楽しむことができますよ。

【やり方】

曲が始まる前に、NGワードを決めておきましょう。たとえば「りんご」をNGワードにした場合は、「り」「ん」「ご」を言わないようにして歌を歌います。慣れてきたら、もう少し長めの単語をNGワードにするのも面白いかもしれません。

選んだ曲によっては次々とNGワードが登場して、もはや曲として成立しなくなることも。歌やモノマネが得意でなくても、自然に笑いを誘います。

合コンで困った時のお役立ちゲームアプリ

合コンに参加する前には、みんなで楽しめそうなゲームアプリをインストールしておくのも一つの手。話が途切れてしまった時のネタ提供に役立ちます。

おすすめのアプリをいくつかご紹介しておきましょう。

下手なほうが盛り上がる「お絵かき伝言ゲーム」

TV番組でもお馴染みの「お絵かき伝言ゲーム」。お題のとおりにリレー形式で絵を描き、最後の人が解答するというものです。もちろん事前に紙とペンを用意しておくのも良いですが、アプリならもっと手軽に楽しめます。

絵が下手なほど盛り上がるので、トークに自信がない人にも笑いを生むチャンスが到来するかもしれません。

合コン宴会にお絵かき伝言ゲーム!(iPhoneのみ)

指先だけで相性診断できる「ラブタッチ」

画面に指先を置くだけで、二人の相性を診断できる「ラブタッチ」。画面に表示されたハート形のメーターの溜まり具合で、どちらが相手に対してドキドキしているかを計測します。

相性の良し悪しにかかわらず、同じ画面に指先を置いている瞬間は、なんだかドキドキ。指と指が触れ合って・・・なんて胸キュンな展開も期待できるかもしれません。

ラブタッチ(iPhoneのみ)

連絡先交換につながる「SNOW」

若い女性に人気のカメラアプリ「SNOW」。既に使っている人も多いのではないかと思います。

「SNOW」の魅力といえば、フィルター機能やスタンプを使って、誰でも簡単にお洒落で可愛い写真が撮れること。合コンの楽しいシーンを撮影するのにも、大活躍間違いナシです。

気になる相手に「あとで写真送るから、LINE教えて!」と、連絡先を聞き出す手段としてもおすすめですよ。

まとめ

今回の記事では、合コンが楽しくなるゲームや携帯アプリをご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?

筆者は独身時代、合コンが好きではありませんでした。もともと人見知りしがちなせいもありますが、あの独特の雰囲気がどうも苦手なんですよね・・・。友達の付き合いで参加してみたものの、帰り際はいつも気疲れでグッタリしていた記憶があります。皆さんの中にも、同じような人がいるのではないでしょうか。

しかし、就職して社会人ともなると、確実に異性と出会う機会は減ってきます。いつもしぶしぶ合コンに参加しているという人も、実は貴重な出会いの場だと感じられるようになってくるでしょう。

ただ、そこから恋愛に発展するかどうかは、合コンそのものの盛り上がり度にかかっています。会話も弾まない、距離も縮まらない・・・こんな雰囲気では恋どころではありませんからね。近々合コンに行く機会がある人は、ぜひ今回ご紹介したゲームで場を盛り上げて、恋のチャンスをつかんでください!

最後までご拝読いただき、ありがとうございました。

関連記事として、

合コンの自己紹介で好感度を上げよう!何をアピールすればいい?

合コン後のメール・LINEはいつ入れる?脈アリ・脈なしの返信の判断方法を紹介!

これらの記事も読んでみて下さい!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする