合コンの自己紹介で好感度を上げよう!何をアピールすればいい?

恋人が欲しい人の出会いの場として良く行われるのが合コンです。合コンで気になる人がいれば、その人の目に留まるように好感度をアップさせたいものです。

合コンはまず自己紹介から始まると思いますが、その自己紹介は好感度をアップさせるために大切なものになります。今回は好感度をアップさせるための自己紹介の秘訣やアピールすべき点についてご紹介していきます。

もし合コンでもなかなかいい出会いがないと悩んでいる人がぜひチェックしてみてください

合コンの自己紹介は好感度アップのために大切なもの!

合コンに参加したときに必ず行うのが自己紹介です。そんな自己紹介は好感度をアップさせるためにとても大切なものになります。

自己紹介は第一印象を決める大切なもの

合コンでの自己紹介はその人の第一印象を決めるとても大切なことです。

例えば、明るく「山田〇子です!神奈川県出身で得意料理はオムライスです!」と言われるのと暗い感じに「山田〇子です…。趣味は特にないです」などと言われるのでは大きく異なります。

このため自己紹介での仕草や言動で合コンで恋人をゲットできるかが決まってくると言えるでしょう。

自己紹介はシナリオを練る必要はない

恋人が欲しい人は何度もチャレンジする合コンですが、どのようにすれば好感度をアップすることができるのでしょうか。

合コンは殆どの場合初対面の人と話すわけですから、自己紹介でなんとか好感度をアップさせて、気になる人とお近づきになりたいでしょう。そのため、中には自己紹介でどんなことを言おうとシナリオを練る人もいるのではないですか?

しかし、合コンの自己紹介用にシナリオを練る必要はありません。自分が何をアピールしたいのか、何をどの順番で話すのかだけを決めればOKです。

合コンの自己紹介は相手がどんな人なのか値定めをする時間ですので、これから紹介する秘訣や、アピールポイントについてご紹介します。

自己紹介で好感度をアップさせる8つの秘訣

ではまず自己紹介で好感度をアップさせる秘訣についてご紹介します。

ちょっと照れているように話してみる

男女ともに「自分に自信があります」というオーラで自己紹介をしている人はなんだか敷居が高く感じられ、みんなは敬遠してしまいます。男性ならともかく、特に女性の場合「気が強そう」「高嶺の花」というイメージを植え付けてしまうところがあるため、あまり自信満々に自己紹介をするのはおすすめできません。

合コンで自己紹介なんてちょっと恥ずかしいという雰囲気を出しつつもだらだらと話さない自己紹介は印象が良くなります。初対面の人同士が恋人を見つける食事会が合コンです。自己紹介で「この人自信家だな。理想が高そう」と思われないように注意してください。

地方出身者はあえてイントネーションを出してみる

様々な地方出身の人が集まる合コンなら、自己紹介を標準語で完ぺきにするよりは、ちょっと方言を入れてみたり、イントネーションを出身地域のものにしてみると男女ともに「可愛い」とウケが良かったりします。

方言を話すだけで印象が良くなったり、親しみを感じやすくなりますので、積極的に使っていきましょう。

無理に笑いを取らない

好印象を持ってもらおうと、お笑い風に自己紹介してしまうと自爆してしまう可能性が大きいです。笑わせようとしていると感じ取られてしまいます。返って雰囲気がしらけれ気まずくなってしまうことになります。

あなたがお笑いのセンスが他の人に褒められるくらいであれば話は別なのですが、素人ならやめておいたほうが賢明でしょう。それでもどうしても笑いを取りたいと思うのなら、「自分はすごく面白いなと思ったんだけど」と前置きして「先日こんなことがあって、自分はものすごくツボだった。」という自分自身が笑ったことを話してみましょう。

この方法ならそんなに失敗率は高くありません。ついでにあなたがどのようなことで笑うのか笑いのツボも伝えることができるので、さらに好感度がアップします。

彼氏(彼女)いない歴は言う必要なし

自分から初対面の人に恥をさらす必要はありません。長年恋人がいないということは人として魅力がなく、男性(女性)としての魅力もないと解釈されてしまいます。自己紹介で「彼女いない歴〇年です!」というのはあまりにも自虐すぎます。

ではどうしたらいいのかというと、「恋人いない歴はナイショ♬」などと笑顔で自己紹介しましょう。人は1つや2つくらい謎があったほうが興味を抱きます。自分から恥をさらしてしまうと一気に恋人候補から外されてしまうかもしれませんので注意しましょう。

合コン慣れは隠す

もし合コンに100回以上出ているとしても、2回~3回目くらいの雰囲気を醸し出しましょう。「この人慣れてる」と思われたら、男性であれば「お持ち帰り経験者」、女性なら「お持ち帰られ経験者」と思われる可能性があります。むしろ思われる可能性が非常に高いです。

合コンの自己紹介で純粋なオーラを出すのはとても大切なことですので、すらすらと自己紹介はせずに「えっと~」と自己紹介しなれていない風に演じてみてください。

はにかみながら「〇〇と呼んでください♪」と言う

このテクニックを使えば一気に初対面の異性との距離が縮められます。お互いに苗字で呼び合う合コンの後、そのまま縁がつながり恋人通しになるとします。そこから呼び方をいきなり変えるのは気恥ずかしさがあります。最初から呼び方をこちらから指定すれば、関係が親密になりやすいです。

ただし、呼び捨てはしてはいけません。誰でも初めて会う人のことを呼び捨てにするのは難しく感じられるでしょう。普段の呼び方を紹介するのが一番です。

「見た目より中身重視」と言う

「好きなタイプは特にありません。性格が良ければいいです!」などと自己紹介をしてみましょう。

合コンに参加している人の中には自分の外見に自信がないタイプが多いです。性格重視であることを伝えることで、彼らから好かれますし、容姿端麗な人にも好印象を残すことができます。

常に笑顔でいること!

やはり笑顔に勝てるものはありません。自己紹介するときにつまらなそうな顔をしたり、無表情な顔をしている人は「参加したくなかったのかも」と思われ、蚊帳の外になってしまいます。

笑顔で明るい表情でいる人はやはり好感度が高いです。無理に笑顔を作るといつかはバレますので、「今日の合コンを楽しんで恋人ができたらいいな!」!という気持ちで自己紹介をすれば、自然に笑顔になることができるでしょう。ポジティブで一生懸命な人に見られるようになるのです。

でしゃばらない

合コンは男女の出会いの場であるのですが、女性同士で協力しあう場です。そのため、でしゃばりすぎるのはNGです。幹事になっているのなら場をと取り仕切ることは大切なことなのですが、あまりでしゃばりすぎると男女問わずあまり印象が良くありません。

率先して大皿から小皿に取り分けるのは気の利く女性アピールになるかもしれませんが、毎回自分がやっていると、周りの女性が男性に「気が利かない」と思われるかもしれません。

他の女性に役割を譲ったり、してもらったことに対して感謝の気持ちを伝えるなど気配りを心がけましょう。

合コンの自己紹介でアピールすべきこと

では次に合コンでアピールすべきことをご紹介します。

女性らしさ

男性にアピールするのに「女性らしさ」はもっともアピールすべきポイントです。女性らしさを男性にアピールするためには優しさや明るさ、礼儀正しさがとても大切です。そして男性は女性の笑顔に弱いものですから、笑顔で自己紹介をすることは大切です。

ただし、元気すぎるくらい大きな挨拶はうるさいと思われ、小さすぎると聞き取りづらいため気をつけましょう。店内で流れているBGMや周囲の声とのバランスを考えながら話しましょう。

家庭的な女性をアピールする

家庭的な女性をアピールすることは、やりすぎてしまうと他の女性陣から「ぶりっ子」だと思われる可能性があります。女性を敵に回すと、合コンで横やりを入れられたり、悪い所を暴露される可能性もあります。合コンが始まる前に「家庭的をアピールする」と話しておくのも良いでしょう。

自己紹介の時はお料理やDIYなどの話題を出すと家庭的な女性をアピールすることができます。例えば、「料理が得意で、昨日は〇〇を作りました。食べるのも大好きで、美味しかったものを真似して作ってみたりします♬」などとアピールすることで、食べ歩きデートなどの布石を打てるかもしれません。

得意料理を話してみる

料理が得意なら得意料理を口にしてみましょう。ただし「肉じゃが」では料理得意を全面にアピールしているように思えますので、ハンバーグやカレーライス、オムライスなど男性が大好きなメニューでOKです。

「ビーフストロガノフ」や「ビシソワーズ」など凝った料理名だと「アピりすぎ」と思われる可能性がありますので、誰でも知ってる王道料理が良いでしょう。

自分の良さを出す

自己紹介ではやはり自分の良さをアピールすることは大切です。自分の良さは「自分はこここが優れていて~」とごり押しすることではありません。

自分の良さとは以下のようなことです。

  • 笑顔:緊張していても笑顔は絶やさないこと
  • ライフスタイル:仕事や趣味などのことを話してみる
  • 性格:長所をさらっと伝えるくらいでOK

これらは自分の良さを伝えるために大切なことですので、自己紹介で伝えてみましょう。

働き者をアピールする

男女ともに「今の仕事が大好きです」とサラッということで、好印象を与えることができます。合コンで「働くの楽しんでいないんだな」「仕事が嫌いなんだな」と思われるのはマイナスになりますし、むしろダメージになってしまいます。

「仕事が好き」と言うだけで前向きに生活している人だと思われますので、ぜひ言ってみてください。

まとめ

いかがでしたか?今回は合コンでの自己紹介で好印象を与える秘訣やアピールポイントについてご紹介していきました。さりげなくアピールをすることで、合コンが成功するか否かが決まってくるでしょう。

自己紹介での印象が悪いと好印象を持たせるのは非常に大変です。出来るだけ自己紹介で好印象を持ってもらえるようにアピールをしていきましょう。

自己紹介がうまくいけば合コンを楽しく過ごすことができるでしょう。

関連記事として、

お見合いの場で会話に困らない話題を知ろう!NGな話題は何?

あざとかわいい女子とは?性格やファッション、仕草の特徴を紹介!

これらの記事も読んでみて下さい!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする