相合傘をする男性の心理を紹介!どんなリアクションをするのが正解?

あなたは相合傘をしたことがありますか?相合傘とは、2人で1つの傘をさすことです。同性同士でも一つの傘に入れば、相合傘ですが、会話中や文章としての意味合いは、男女で同じ傘に入ることを意味することが多いと思います。

映画やドラマなど、カップルのデートシーンでは、急に雨に降られ、相合傘をすると、それがその後の恋愛関係に大きなポイントとなることもしばしばあります。昔は黒板のいたずら書きなどで、からかうように男女の相合傘を書いたりしていましたね。

そんな相合傘ですが、好きな人と嫌いな人がいるそうです。また心理的には、好きな人との距離感を縮めたり、関係を深くするにはとても良いアイテムだそうです。どうしてなのでしょうか?

相合傘が好きな人

相合傘が好きな人はどのように思っているのでしょうか?

ドキドキ感や近い感じがする

相合傘が好きな人の理由として、相手との距離感の近さを上げる人がいます。普段でも好きな人に会うとすごくドキドキしますが、相合傘は、さらに緊張感やドキドキ感がすごいですよね。

また雨を理由に堂々と好きな人と密着できると、距離を一気に縮めることができ、関係を進めたい人にとっては絶好のチャンスなのかもしれません。

愛や安心感を感じる

相合傘をしていると、相手の肩が濡れてしまわないか、ちゃんと入っているかどうかを気にするので、そういった気遣いに愛を感じるそうです。

また、相手と狭い空間にいるような感じになり、二人だけの世界を作れることや、相手との近い距離感を感じ、安心できると感じている人が多いようです。

相合傘が嫌いな人

相合傘が嫌いな人は、どうして嫌いなのでしょうか?

歩きずらい

お付き合いをしている人でも、友達でも、2人で1つの傘に入ることは、狭いし、歩きずらいし、雨に濡れてしまう可能性が高いので嫌いだと思っている人がいるようです。お互いに気を遣いながら歩くことになるので、それも嫌だと思っているようです。

さらに好きでもない相手とする相合傘は、相手との距離が近くなるので、匂いなどが気になる人も多いそうです。気にするぐらいなら、濡れて帰るか、濡れても、近くのコンビニに傘を買いにいくという人も多いそうです。

恥ずかしい

男の人に多い意見として、恥ずかしいということが多くあげられるようです。手をつないだりすることも恥ずかしく感じる人にとって、一気に距離感が縮まる相合傘は、相手のパーソナルスペースにグッと入る特別な行為のようで、恥ずかしくなるようです。

また最近では、人が近くにいること自体を苦手とする人もいるようです。

相合傘をする男の心理

相合傘をすることは、男性側の心理としてはどうなのでしょう?

パーソナルスペース

パーソナルスペースという言葉を知っていますか?パーソナルスペースとは、他人が入ってくると不快に感じる空間のことです。心理学的には、0~45㎝の密接距離、45㎝~1.2mの個体距離、1.2~3.5mの社会距離、3.5m~の教協距離という風に別れています。友人関係などでは、45㎝~1.2mの個体距離が多いといわれています。

そして相合傘は、相手との距離が0~45㎝の密接距離なので、これは恋人の距離感と一緒になります。つまり、付き合っていない人でも相合傘をすると、恋人同士の距離感を体感できるのです。

好意のあらわれ

人によって違いはありますが、一般的には男性の方がパーソナルスペースが広いといわれています。つまり、男性のほうが、人との距離感に敏感で、親密になった、もしくは、なりたい相手にしか近づかないということがわかります。

そのためパーソナルスペースの広い男性側から誘う相合傘は、パーソナルスペースに入ることを許している、もしくは入ってほしいと思っている下心のある相手の可能性が高いかもしれません。

稀にコミュニケーション能力の高い男性の場合は、そこまで考えず、色々な人に誘いをかけるかもしれませんが、多くの男性はよく知らない人にあまり自分から声をかけることはないようなので、少なからずの好意はあると思ってよいでしょう。また相合傘をきっかけに関係を深めたいとひそかに思っている男性も多いようです。

相合傘をして好かれる女性のリアクション

では、相合傘に誘われた女性については、どうでしょう。相合傘に入れてもらった女性のリアクション次第で男性はその人のことを好きになってしまうかもしれません。

ありがとう

まずは、お礼の言葉がきちんと言える女性に好感を持つようです。傘のない自分に傘をさしかけてくれたことに対して素直にお礼を言いましょう。

その際には、にっこりと笑顔で話しかけると、より好印象のようです。

相合傘だね

素直にお礼を言ってみたら、そのあとには、恥ずかしそうに、「相合傘だね」と言ってみるのもよいかもしれません。

相手がそんな気がなく誘った場合でも、傘の中という狭い空間で、2人だけのシチュエーションでは、急に意識し始めて、恥ずかしくなってしまうかもしれませんが、そこはチャンスです。相手に意識してもらうことで、関係が急に進むかもしれません。

濡れてない?

相合傘をして、傘に入れてもらうことで、相手が雨に濡れてしまうかもしれません。相手を気遣う言葉を言うことで、好印象に映ります。

男性が女性の方に多く傘をさしかけてくれている場合は、「ありがとう、でも濡れちゃってない?」とちょっと男性を自分側に寄せるような仕草をすることで、優しさを感じ、男性はキュンとしてしまうようです。またそんな密接した距離感に急に印象が変わったりすることもあるようです。

入れて

女性のほうから、相合傘に「もう少し入れて」とおねだりするようなことを言われると、キュンとしてしまうようです。

男性からはあまり積極的にくっつくことができない場合が多いようですから、そんなときは、女性の方から、「入れて」や「もうちょっとこっちに寄って」などの言葉で誘ってあげましょう。男性はうれしく思うようです。

よかった

相合傘をしてあげた女性から、「今日傘を忘れてよかったかも」なんていう言葉が出てきたら、男性はキュンとしてしまうようです。

たとえ、すごく好きな相手ではなかったとしても、「それってどういう意味だろう」と考えてしまいます。急にドキドキして止まらなくなるようです。

相合傘をして好かれる男性のリアクション

では、反対に、女性に傘に入れてもらった場合の相合傘で、好意的に映る男性のリアクションとはどのようなものがあるのでしょうか?

傘がなくてよかった

「俺今日傘を忘れてきて正解だったよ」とか、「傘一本でよかった」なんていう言葉がでてきたら、女性としては、「それどういう意味?私のこと好きなの?」と思ってドキッとしてしまいますよね。

実際、そのように言われた人は、「私のことを好きだと確信した」と感じているようです。男性もなかなか告白はできないので、このような相合傘をきっかけに、自分の気持ちをアピールしているのかもしれません。

照れるね

男性は、恥ずかしがりやの人が多いようですので、そんな中、きちんと声に出して言ってくるような人は、女性としては改めてドキドキ感を感じるようです。

さらに「私のことを意識してる?」とも思うようです。そうなると、女性の方は特に意識しないで誘った相合傘ですが、途端に意識してしまって、見る目が変わったと思う人がいるようです。

雨も悪くない

急に振り出した雨や、傘を持っていないという状況なのに、「こんな雨も悪くないね」とか、「君と一緒なら雨も嫌じゃない」のような言葉が出てくると、急に告白されているようで、女性はドキドキしてしまうようです。

相合傘という閉ざされた空間の中では普段よりもより親密さが増します。普通の告白よりも感じるものがあり、心にも残るようです。

こっちに寄りなよ

相合傘をして、男性が女性を気遣い、「もっとこっちに寄りなよ」とか、「濡れてない?大丈夫?」などの声掛けやグッと強引にでも引き寄せてくれるようなことをしてくれると、女性はその気遣いに優しさを感じてキュンとしてしまうようです。

また雨の中、自動車が通ると、雨水が跳ねますが、それを庇ってくれるように男性が車道側に移動するようなことがあると、強さや優しさを感じ、男性を見る目が変わるようです。

相合傘の誘い方

相合傘はパーソナルスペースにグッと入る特別な行為で、相手が好きな人だった場合は、普段の関係よりもさらに距離を縮める絶好のチャンスでもあります。

そんな相合傘に誘うには、どのようにすればよいのでしょうか?相手が緊張したり、遠慮したりすることなく、さりげなく入ってくれるような方法について見てみましょう。

気軽に「入る?」と声をかける

傘を忘れて、雨に困っているのを見かけたら、あまり意識しないようにして、気軽に「入る?」と声をかけてみましょう。男性が困っているのであれば、女性がちょっと積極的に「入っていきなよ」とか、「一緒に帰ろう」などと誘ってみるのもよいかもしれません。

男性はパーソナルスペースが広く、慎重で恥ずかしがり屋が多いので、なかなかすぐには入ってくれないかもしれませんが、積極的に来られると、少なからず好意があれば、「本当にいいのかな?」と思い、入ってくれるでしょう。

また、困っているのが女性であれば、「よかったらどうぞ」とか、「よかったら一緒に帰ろう」と男性側が気遣う言葉をかけて誘うと、好意があれば、入りやすいようです。

まとめ

いかがでしたか?相合傘は、誘うほうも、誘われるほうも、最初はとても勇気のいる好意かもしれませんが、もし相合傘ができたら、お互いのパーソナルスペースに入ることができ、より親密な関係の距離感を体感できる機会となるでしょう。

特に女性の場合は、なかなか積極的に出れない世の男性たちの気持ちを汲んで、好きな男性を積極的に相合傘に誘ってみてください。きっと恥ずかしがりながらも、入ってくれる場合は、少なからず好意があるはずです。

また、どちらかが特に好意を持っていなかったとしても、傘という狭い密接した空間に二人でいることで、この相合傘をきっかけに一気に距離が縮まる可能性もあります。

関連記事として、

パーソナルスペースが広い人の性格や恋愛面での特徴を紹介!

女性が好きな人にとる態度を知ろう!脈ありサインを見逃すな!

これらの記事も読んでみて下さい!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする