嫌われる人の特徴と改善する方法を知ろう!診断方法も紹介!

世の中にはいろいろな性格や個性を持った人がいますが、やはり傾向として周りの人に嫌われやすい人っていますよね。

いろいろな人からあの人の愚痴を聞く、あの人はいつも周りに避けられているなど、あなたの職場や友達関係などでも、思い当たる人はいるのではないでしょうか。

むしろ「友達ができない…」と悩んでいる人で、「もしかすると私って周りから嫌われる人なのかな…」と不安に思ったことがある人もいることでしょう。

確かに嫌われる人は、なかなか人脈が広がらないもので、友達も少なければ上司や部下から信頼されることも少なくなります。人望があまりにないと感じる人は、確かに自分自身が嫌われる人の特徴を持っているのかもしれません。

今回は、そんな嫌われる人の特徴について考えていきたいと思います。あわせて「嫌われる人」からの脱却する対処法もまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

嫌われる人の特徴とは?

嫌われる人には、ある程度共通点があるものです。あなたの周りで周りから嫌われている人は、以下のような特徴を持っているのではないでしょうか。

また、もしかするとあなた自身にもその特徴が当てはまるのかもしれません。まずは嫌われる人の特徴について見てみましょう。

ワガママで自己中心的

嫌われるタイプの人は、まず性格がとにかくワガママで自己中心的です。普段から自分のことしか考えておらず、周りに対して気遣いをしたり、優しくしたりすることができません。

そのため自分勝手な行動が多く、周りはそのせいで迷惑をこうむることが多くなりがちです。自分の思い通りに事が進まないと気が済まず、そのせいで癇癪を起したり、不機嫌になる人も多いです。

自慢話が多い

嫌われる人は、自慢話をよくする傾向があります。基本的に自分の話を聞いてもらいたいという気持ちから暴走してしまうことが多く、まず相手の話を聞こうとせずそれよりも自分の話をし始めます。

本来の話よりもだいぶ大げさに盛ったかたちで話をすることも多く、周りはいつでもその自慢話にうんざりするでしょう。しかもその自慢話には、良い反応を貰えないと機嫌を悪くすることもあります。

普段から自分の話ばかりになってしまう人は要注意です。知らないうちに、相手にとってはどうでもいいような自慢話ばかりで会話を埋め尽くしてしまっている可能性大です。

被害妄想が強い

被害妄想が強く思い込みが激しいタイプの人も、周りには嫌われる傾向が強いです。なぜなら、その被害妄想のせいで周りの人は振り回されたり、うっとうしく相談事を持ちかけられたりするからです。

被害妄想が強い人は、心配性、思い込みが激しい、偏見があるなどのマインドセットでその人格が出来上がっていることが多いです。常にAはAと決めたらそうと思い込んでしまい、万が一AはBという選択肢が生まれてもそれを信じることをしません。

そのせいで視野が狭くなってしまい、仕事や人間関係でも支障をきたすことが多くなりがちなのです。

気分屋

気分屋の人も周りの人を振り回すタイプの人として、よく嫌われるものです。猫のように気分がコロコロ変わる人は、相手をとにかく戸惑わせる傾向が強いと言えるでしょう。

今日は機嫌が良いのか悪いのか、愛想が良いのか悪いのか、出掛けたい気分なのか中にいたい気分なのか……周りからしてみれば、ついていくのは大変でしょう。いつでもその人の機嫌をうかがうように接しなければいけなくなるため、はっきり言ってかなり面倒なものです。

愛想が悪い

嫌われる人は、愛想が悪いという傾向があるのも確かです。話しかけられても笑いもせず、いつも怒っていそうな表情をしている人は、周りの人を寄せ付けることはありません。寄せ付けるどころか、近寄りがたい人認定をされて、嫌われることは間違いないでしょう。

不愛想な人は、挨拶やお礼や気遣いなど、人としてのマナーが正直なっていないところが多いです。そのため職場や友達などの人間関係からは自然と淘汰されてしまい、周りに敵ばかり作ってしまう傾向があります。

ネガティブ思考で暗い

ネガティブ思考で、お世辞にも明るいとは言えない人も、残念ながら嫌われる傾向は強いです。被害妄想が強い人と通ずるものがありますが、ネガティブ思考の人は、常に愚痴や不平不満を口にしたり、不幸自慢や自虐的な発言を繰り返します。心配事も尽きず、周りからすれば正直どでもいいようなことも、悩み始めたらきりがないのです。

話を聞いている相手からすれば、うんざりするのは間違いありません。ポジティブで明るい人とネガティブで暗い人がいれば、多くの人がポジティブで明るい人と友達になりたいと思うものでしょう。

清潔感が無い

清潔感があまりにもない人は要注意です。人は本能的に汚いものを嫌うため、清潔感がない人は「汚い人」「臭い人」などという印象が強くなり、嫌われる傾向は強いです。

極端な話、何日もお風呂に入っていない人、いつも髪がボサボサな人、服がだらしない人などは分かりやすく周りから避けられますよね。

清潔感も気遣いや思いやりと同じで、人が持つべきマナーの一つなのです。それが抜けているのですから、嫌われることになるのは当然でしょう。

人によって態度が変わる

嫌われる人は、自分が接する人によって態度を変えるタイプが多いです。よくある例でいえば、上司や先輩、異性と話すときだけ全く別人のように態度を変える人っていますよね。自分にとってメリットのある人には愛想良くし、特にメリットを感じない人には不愛想…それくらい分かりやすく態度を豹変させる人はいるものです。

女性の場合だと、男性の前ではとたんに話し方や言葉遣いを変えてぶりっ子になるというタイプは、分かりやすく嫌われます。また、男性の場合だと、女性の前では急に態度を大きくしたり偉そうに話したりする人は、調子の良い人という印象が強くなり嫌われることでしょう。

嫌われ者度チェック

嫌われる人の性格を振り返ってきましたが、いかがでしたか?このほかにも、神経質、完璧主義の心理があってミスが許せない、怒りっぽいなどさまざまな特徴が挙げられるでしょう。

ちなみにあなたは、以上の嫌われる人の特徴はいくつ当てはまっていましたか?あくまで傾向ですが、当てはまっている量であなたの嫌われ者度が分かるはずです。

1~2つ当てはまる

1~2つ程度当てはまっていたら、まだ嫌われ者の範囲ではないでしょう。ただ、「ちょっと嫌なところがある」という印象を周りから持たれている可能性は高いです。相性の悪い人に対しては、そこそこのストレスを与えているかもしれません。

当てはまった部分はなるべく早めに直すことをおすすめします。特に第一印象に関わる部分は、自分自身の人脈の広がりや仕事のチャンスに影響する可能性が高いでしょう。

3~4つ当てはまる

3~4つ当てはまる人は、嫌われ者としてはちょっと危険信号レベルです。嫌な部分ばかりを見せている人には、既に嫌われていたり、陰で悪口を言われている可能性は高いでしょう。

嫌われる人の特徴で当てはまるものが4つまで来ている人は、特に気をつけた方が良いかもしれません。「いいところもあるけど、悪いところも結構多い人」として、嫌われるところまではいかなくとも、積極的には関わりたくない人とは思われている可能性は高いです。

5つ以上当てはまる

嫌われる人の特徴が5つ以上当てはまる人は、残念ながら人から嫌われる傾向が強いと言わざるを得ません。友達が少ない、人とすぐにもめ事を起こすなど、思い当たる部分もあるかもしれません。

なるべく直せるところから早めに直していくことをおすすめします。嫌われる部分が多ければ多いほど、周りの人からは距離を取られる可能性は高く、仕事、恋愛、結婚などさまざまな場面で「生きづらさ」のようなものは感じてしまうでしょう。

まずは自分が「嫌われる人なんだ」という認識を持ったうえで、性格を変えていく努力をしましょう。性格はそう簡単に変わるものではないので、長い目で見て地道に直していく姿勢を持たなければいけません。

嫌われる人に自分が当てはまっていたら…?

では、嫌われる人の特徴を自分がもし持っていたとして、それを直していくためにはどうするのが一番良いのでしょうか。最後に嫌われる人の特徴を改善するためにおすすめのコツや対処法を見てみましょう。

人の印象を良くするもの…それは笑顔

嫌われるタイプの人は、まずは自分の印象を少しでもよくするように心がけましょう。自分の性格を直すといってもかなり難しいものなので、最初のうちは印象を変えていくように意識すると実践しやすいものです。

ポイントとしては笑顔です。笑顔が素敵な印象がつけば、自分の印象というものははるかに良い方に変化します。

明るいイメージにもなりますし、人当たりが良さそうな印象にもなるでしょう。特に不愛想な人は、なるべく笑顔でいることを心がけていきましょう。

清潔感は絶対に気をつけよう

見た目の印象もとても大事です。特に清潔感は見た目の印象を大きく左右するものなので、人から見て良いイメージを持たれるようにすること、つまり清潔感を良く保つことは最低限気をつけるべきです。

来客があれば自分の家を綺麗にするように、人と接する際に清潔感や綺麗さを意識するのは当然のマナーになります。髪がボサボサなら整える、服がシワだらけなら整った服を着る、すっぴんなら最低限化粧をするなどの対策はするべきです。

何か一つでも人のためになることを

思いやりや優しを大切にすることをまずは始めてみましょう。常に、何か一つでも人のためになるようなことをぜひ心がけてみてください。

周りで困っている人がいたら助ける、辛そうな人には体調を気遣ってみるなど、少しでも優しさを持つだけで印象は変わっていくでしょう。

まとめ

嫌われる人は、多くの人が分かりやすく避けるような特徴や共通点を持っているものです。理由もなく嫌われたり、避けられたりするようなことはないということですね。

自分自身が嫌われる性格の持ち主の場合は、なるべく早めに性格を見直した方が良いでしょう。嫌われる性格は、自分の未来の可能性を狭めてしまうと言っても良いはずです。

ぜひ嫌われる性格から脱却し、人を惹きつけられるような好かれる自分になれるよう、自分の性格を向き合ってみてくださいね。

関連記事として

友達がいない女性の特徴を恋愛・行動別に紹介!同性から嫌われやすい女性とは?

女に嫌われる女性の性格や特徴を知ろう!好かれるようになる方法は?

腹黒い女性の特徴と見分ける方法を紹介!どの様に付き合うのがベスト?

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする