クラブの楽しみ方を知ろう!初めての人は一人で行かない方がいい?

「行ったことないけどクラブに興味あるな」と思っているクラブ初心者のあなた。なんとなくクラブに対してのイメージはあるものの、不安があると行くことに躊躇してしまいがちですよね。

初心者っぽくみられてしまうのも恥ずかしいし、逆に下手に目立ってしまうのも不安ですよね。ここでは初めてクラブに行く人でも楽しめる、クラブの豆知識と楽しみ方をお伝えしていきます。もし興味がある人はクラブにいく心得をみてぜひ実行に移してみてください。

これであなたもクラブデビューできること間違いなしです。

そもそもクラブって何をするところ?

クラブとは簡単に言ってしまえば「お酒を飲みながら大音量の音楽に包まれて踊れる場所」でしょうか。

日本では50年以上前に流行ったディスコというクラブの原型となる場所があり、同じように若い世代や年齢問わずに音楽とダンスを楽しめていました。

その後、欧米の流行が加わり、いまのDJスタイルになったといわれています。

クラブで流れる音楽はクラブミュージックと呼ばれ、いろいろなジャンルの音楽をDJ(ディスクジョッキー)が選曲してアレンジを加えて流すというスタイルなんです。

ただ単に音楽を楽しむ人もいれば、その楽しみ方は人それぞれです。

基本オールナイトなので、金曜、土曜をメインにイベントを行っているところが多く、大きい規模だと1000人ほどが収容できる大規模なクラブも都心に増えています。

クラブ選びの基準

そもそも初めてクラブに挑戦する人にとって、どんなイベントが初心者向けなのかもわからないですよね。

イベントの大きさや、どんなゲストが来るのかなど、色々な情報があって何を基準に選んだらよいかわからない人に対しての3つのポイントを抑えておきましょう。

好きな音楽ジャンルを選ぶ

クラブミュージックといっても、ハウス、ジャズ、ヒップホップにレゲエなどの様々な音楽ジャンルのイベントがあります。

まず始めてクラブに行くのに、自分が知らないジャンルの音楽が流れる場所に行くのは少し、上級者向きでしょう。

あまりなじみのない音楽が流れていると、音楽に乗ることも難しいですし、その場の雰囲気に馴染めず楽しめないこともあるかもしれません。

始めてクラブに行く場合は自分が好きなジャンルのイベントを選んだ方が、もしその場で新しい友達ができたとしても、好きなことの話題であれば盛り上がることもできるでしょう。

もしくはオールジャンル系という様々な音楽がミックスされているクラブで、自分の好きなジャンルを見つけるのもいいでしょう。

オールジャンルであれば、誰でも知ってる曲からマイナーな曲まで幅広く流れていることが多いので、初心者でも十分に楽しめるでしょう。

好きなアーティストが出るクラブに行く

もし、自分の好きなジャンルが決まっていれば、そのジャンルのクラブイベントに絞ってみることをおすすめします。

できるのなら、知ってる曲が何曲かあったほうがテンションも上がりますよね。イヤホンや一人で聞いている時よりも、音の重厚感と周りの盛り上がりにまた違う盛り上がりをみせて、楽しめるはずです。

クラブの入場料はまちまちですが、そこまで安くはなく、だいたいが3000円からの値段になることが多いでしょう。それに加えてドリンク代は別料金になるので、できればハズレのイベントは避けたいところですよね。

クラブで出演するゲストが有名な人だったり、好きなアーティストの場合は値段以上に楽しめたりする可能性が高いので、まずはフライヤーやホームページなどでゲストの確認をしましょう。

クラブ好きの友達に連れてってもらう

初めから一人でクラブに行くのもかなりの勇気がいるでしょう。初めてのクラブはクラブ好きに友達に連れていってもらうのがいいでしょう。

友達が行き慣れている箱の場合は、その箱のルールからトイレの場所や穴場スポットまで色々な情報を教えてもらうことができ、心強いでしょう。

最初はクラブに馴染めなくてただ眺めていることから始まるかもしれません。そういったときは、一人でいるより、話し相手がいた方がお酒を飲むだけでも雰囲気を味わえますし、他の人との交流もしやすいでしょう。

女性にとっても一緒にいてくれる友人がいた方が心強いでしょう。クラブではナンパ目的の男性もいるので、もしそういったことが面倒と感じているのであれば、男友達なども誘って、いざという時に守ってもらうのもありですね。

クラブに行く前の準備

クラブを楽しむにはある程度の下準備が必要になります。この4つのポイントを前もって確認しておくだけで、さらにクラブを楽しむことができちゃいます。

まずはクラブイベントのサイトをチェックしてみましょう。さらにもし、好きなDJやアーティストがいるのであれば、イベント情報をチェックしてみましょう。

ドレスコードを確認

クラブに行く格好というのは人それぞれです。

Tシャツにジーパンの人もいればガチガチにキメてきている男性もいるでしょう。

お酒を飲む場なので基本的に未成年は入れないところが一般的ですが、年齢層も様々で、それぞれに自由な格好をしています。

女性も露出が多い人もいればカジュアルな人もいるので様々ですが、踊ることが多いので相手のことを周りの人に迷惑がかからないように、ピンヒールなどのヒールの高い靴は履かない方が楽しめるでしょう。

基本的にクラブ内は暗く、人が多いためみんなが汗をかいて踊ったり、お酒を飲んだりするのでおしゃれはしたとしても動きやすく、多少汚れてもいいような服装をしている方がいいでしょう。

スニーカーやフラットシューズのように足が疲れない靴の方が楽です。

イベントの中にはドレスコードを指定している少し高級なクラブもありますので、行く前にサイトなどで確認しておいたほうがいいでしょう。

もしくは、一緒に行く友人などに聞くことをお勧めします。

手荷物は預けられるか

大体のクラブはクロークやコインロッカーが設置されていますので、荷物などを預けることができます。

だいたいがワンコインほどで使用可能なので、できるだけ身軽な状態でいられるようにしましょう。

フロア内ではお酒を購入するのでお財布に携帯など、小さい貴重品バッグを持っていると便利でしょう。

お財布も長財布などの大きな財布よりも、ドリンク分の現金があればいいので小さい小銭入れを用意しておくのもいいでしょう。

そしてフロア内は人の熱気で蒸し暑いので、タオルなどをもっておくのも便利です。

箱の大きさを確認

箱というのはクラブの建物の広さをいいます。

収容人数が多かったり、ダンスフロアが広かったりする箱を大箱と呼び、逆に収容人数が小さい箱は小箱と言いいます。

始めて行くには大箱を選んで行くことをおすすめします。

なぜかというと大箱は収容人数が広い分様々なお客さんがいるので、クラブ初心者からコアな常連客まで様々な人が楽しめるような工夫がされていることがあるのです。

しかし、小箱の場合はコアなファンが多く、出ているアーティストなどをよく知らないと、なかなかその場を楽しめないこともあるでしょう。

初心者の方にはまずは大箱を見つけていろんなジャンルをたのしみながらも、特に好きなジャンルについては小箱のクラブにトライするという流れがおすすめです。

休憩場所を確保しよう

外んどのクラブイベントはオールナイトで朝方まで行っているところがほとんどでしょう。

しかし、急に疲れてしまったり、眠たくなってしまった場合、終電はすでに終わっていて帰れない状況になることがあるかもしれません。

しかし、クラブの箱の中では音楽は大音量だし、休むに休めませんよね。

そんな時は前もって休憩場所を探しておくのです。近くのファミレスや漫画喫茶など、朝方まで営業している場所を前もってチェックしておくと、もし利用しなかったとしても安心ですよね。

もしクラブの近くに住んでいる友人などがいれば、その友人と一緒にクラブに行って楽しんでもいいでしょう。

お酒を飲んで踊るので、たまに酔っ払いすぎて、路上で寝てしまったりと人に迷惑になるだけでなく、危険を伴うのでやめましょう。

あとは好きに楽しもう

クラブでは単純に音楽を楽しむ人もいれば、気が狂ったように踊る人、クラブの雰囲気が好きで踊らずに楽しむ人、ナンパに精を出す人など、人それぞれで自由にその時を過ごしています。

音楽が流れているから踊らなきゃいけないという考えを持っていると、とても窮屈になりますよね。

コンサートなどはアーティストの歌声や演奏に誰もが集中して聞き入りますが、クラブでの楽しみ方に決まりは全くないのです。

踊りたい人は脇目も振らずに踊ってもいいですし、音楽には目もくれずに新しい出会いを求めて毎週通っている人もいるかもしれません。

ほとんどの人は本気でダンスをするというより、リズムに合わせて体を揺らしたりする程度なので、リズム感がなかったとしても心配する必要はないのです。

クラブの中は暗くて人の顔もあまり見えないですし、そもそも人のことを観察するような人はクラブには少ないでしょう。

お金を払って自分の気持ちいい音楽に身を任せに来ているので、あなたが思うより周りの人は他の人には注目していませんので安心してクラブを楽しんでくださいね。

とにかくなんでもありなのがクラブの自由なところなのです。

ただ、ケンカなどのトラブルは周りの人の迷惑になりますし、最悪の場合は出入り禁止となる場合もあるので、最低限のマナーを守って楽しみましょう。

まとめ

初めてのクラブを楽しむ方法と、あらかじめ準備しておくことについてみていきましたがいかがでしたか?

何もわからないから不安なだけで、一度体験さえしてしまえば何も困ることはありません。

しかし、深夜でお酒も飲むので飲み過ぎには注意しましょう。全ては自己責任になりますので、自分の体調を見ながら楽しみたいものです。

女性は特にハメを外しすぎて、翌朝知らない男性とホテルにいたなんてことにならないようにしましょう。

関連記事として

女性はクラブに行くときはどんな服装がいい?露出が多すぎると危険かも!

出会いがない社会人はどうしてる?男性と女性が出会うきっかけとなる場所を紹介!

尻軽女だと思われやすい行動を紹介!男性からはどう思われてる?

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする