結婚が地獄だと思う瞬間を男女別に紹介!対処方法は?

よく「結婚は地獄の始まり」などと言われます。しかし、結婚とは本来は幸せになるためにするものです。誰も地獄をみるために結婚を考えません。一生一緒にいたいと思うからこそプロポーズをして結婚をし、晴れて夫婦になるのですが、結婚生活は想像している以上に甘くはありません。

結婚してから知る相手の癖や金銭感覚、性格の不一致、子育てへの理解など独身時代には合った自分だけの時間が確実に減ってしまいます。そのうち「どうして結婚してしまったんだろう」と後悔してしまうこともあります。

今回は「結婚は地獄の始まり」だと感じる瞬間や対処法についてご紹介します。

結婚して地獄だと思う瞬間【女性編】

結婚生活は素敵な旦那様とこんな生活をするなんて夢見ていたのに、実際の結婚生活は辛いことばかり。

そんな結婚生活が地獄に感じる瞬間をご紹介します。

旦那が豹変した

結婚した夫婦にはよくある話なのですが、結婚生活が地獄に感じる瞬間として「結婚した途端旦那が豹変した」というのが挙げられます。豹変の仕方は旦那によって変わってきますが、よくあるのが、結婚前はとても優しかったのが結婚してからいきなりDVするようになったり、亭主関白になったというケースがとても多いです。

特にDVは離婚の原因にもなりやすいため、妻としては地獄を感じるでしょう。

また、結婚前はそうでもなかったのに、結婚してから旦那の性欲が無くなってしまいセックスレスになったという声もよく聞きます。結婚前は恋人を離さないために頑張りますが、結婚して自分のものになると、満足感を感じたり、毎日いることで安心して性欲が減ってしまうことは男性ではよくあります。

反対に女性は結婚をきっかけに子供を強く望みますので、性欲が強くなりやすいところがあります。このようにすれ違うと「子供が欲しいって言っているのにセックスレスになるのはなんで?」と離婚を考えてしまうこともあります。

旦那の不倫

世間をにぎわせがちな不倫も離婚を考えるくらい地獄に感じます。芸能人や政治家などが不倫をするとよくテレビで取り上げられますが、不倫は芸能人や政治家がする特有のものではありません。勿論一般家庭でもよくあることなのです。

特に男性の場合は詰めが甘いところがあるため、すぐにばれるという特徴もあります。

「知らぬが仏」ということわざがありますが、不倫をするくらいなら最後まで隠し通してほしいと思うくらい、不倫された妻にとってはすごく傷つき地獄に感じられます。

特に多いのが妻が妊娠中に不倫をするというケースです。妊娠中だから仕方がないのですが、旦那さんの相手をすることができずそれに不満をもち不倫をしてしまうことが多いです。小さい子供を抱えての離婚はしにくいという状況も地獄に感じさせるのです。

旦那が家事育児に協力しない

結婚前は「1人暮らしをしてたから家事も協力できるよ。子供好きだか育児もする」などと言っていたのに、いざ結婚してみると家事も育児も全部妻に押し付けて自分は寝っ転がってスマホをいじっているという旦那さんはとても多いです。

共働きなのに、仕事から帰ると妻は家事と子育て、旦那は疲れたといってゴロゴロするという家庭の割合がとにかく多いのです。最近は女性の社会進出が目覚ましく、旦那と同じくらいの年収を稼いでも、家事や子育ての負担が変わらないとなると、妻が不満を抱えて離婚を考えても不思議ではないのです。

女性は家事や子育てをしていても褒められませんが、男性はゴミ出しを手伝っただけで「協力的な旦那さんで素敵ね」な度と言われます。そして育児をする男性は「イクメン」という言葉で褒めたたえられます。

つまり、男性は育児や家事に関わらない場合がほとんどということです。それでも国からの指示で、女性の正社員も男性と同じくらい働かなければならないため、妻は会社での仕事と家庭での仕事の両方を抱えることになり地獄を見てしまうのです。

旦那の隠し事がわかったとき

男性は都合が悪いことがあると隠してしまうことが多いです。結婚してから旦那が借金をしていることを知ったというケースも実は非常に多いです。結婚して女性がお金を管理するようになって、「知らないところから毎月引き落としがある」と気付いて問い詰めると、「独身時代からの借金の返済」などと言われると、地獄でしかありません。

その状況になると、子供を作ったり、マイホームのために貯金を考えていたのに、いきなり借金返済が降りかかり絶望感そのものです。せめて結婚前ならよかったのにと離婚を考えることにもなりかねません。

義理の家族との付き合い

妻の最大の難所ともいえるのが義理の実家との付き合いです。嫁姑問題はいつの時代もありますが、それが原因で離婚になってしまうことも良くあります。特に義母が過干渉になったり、旦那がマザコンだと離婚を考えてしまうことが多いようです。

マザコンかどうか、親が過干渉かどうかは結婚前はわかりにくいですし、孫が生まれた途端に孫フィーバーで過干渉になって妻を怒らせるということもよくあります。

このような義理の家族との付き合いが上手くいかなくなるのも地獄だと思わせる理由の1つです。

結婚して地獄だと思う瞬間【男性編】

結婚して地獄だと思うのは女性だけではありません。男性も結婚して地獄だと思う瞬間があるのです。

お小遣いが少ない

家庭や夫婦によってさまざまですが、多くの家庭ではお小遣いは月収の手取りの1割程度で設定されています。つまり月々手取りで30万円なら、お小遣いは3万円になります。

ただし、その3万円は昼食代込みなのか、お弁当があるから昼食代は含まない価格なのかなどという細かいルールは各家庭によって異なります。ガソリン代やタバコ代、飲み会の費用などもお小遣いに含まれるのかというのも問題になってきます。

他の家庭を見て、「月収の1割か」と思った妻が、月手取り30万を稼ぐ旦那さんに3万円ですべてやりくりしろとなったらどうなるでしょうか。

きっと足りなくなることがほとんどでしょう。今は不景気で月収30万円でも多い方です。しかも後輩や部下がいる場合がほとんどですので、付き合いで飲みに行く場合でもおごらなければいけません。そうすると1日でお小遣いを使いきってしまうこともあります。

このように旦那さんの仕事事情や立場に応じてお小遣いを設定しないと、お小遣いで不満が出てしまい、働いても良いことないと地獄を見ることになってしまうのです。

付き合いに参加できない

子供が小さいと、夜飲み会に参加すると妻に怒られるから参加できないという男性が急増しています。妻が臨月や出産直後、体調不良など特別な場合は仕方がありませんが、普段の生活で付き合いを制限されることは少なくありません。

ちょっと仕事の付き合いがあると休日家を空けようものなら、「家庭と仕事どちらが大事なのか」「普段家にいないんだから休みの日くらいは子どもと遊んだり家事を手伝ってよ」などと言われてしまうのです。

女性は結婚をすると家事や子育てがあるため、友人と遊んだり、趣味を楽しんでいた独身時代とはだいぶ変わってきます。友達に会うのにもママ友と会ったり、いつも子供と遊びに行くなど、子供が付いて回ります。

しかし旦那さんの付き合いは独身時代と変わらず、子連れではないため、「自分ばっかり」と妻から攻められるのです。そして結婚が地獄だと感じてしまうのです。

休日に休めない

旦那さんは毎日夜遅くまで仕事をしている場合がほとんどです。中には家に帰る時間が遅すぎて、平日は帰るころには子どもが寝ているなんてこともあります。それくらい頑張っているのだから、休みの日くらいはゆっくり寝てゴロゴロしたいと思うもの。

でも休みの日にゴロゴロしていると、「子供と遊んであげてよ」などと言われて仕事の日よりも疲れてしまうこともあります。また、「会社員は休みがあるけど、主婦には休みがない」と言われてしまうのです。

確かに家事や子育ては休みがないのですが、会社とは違いテレビを見たり、子供と昼寝をしているなど稼働していない時間も長いです。

それなのに、「私は休みなく頑張っている」と言われると、旦那さんも素直に感謝できなくなってしまうのです。

妻を怒らせたら最後

昔は亭主関白で男性が一家の大黒柱なのが普通でした。それが時代の流れによって変わっていき、今では妻の尻に敷かれたり、家庭に居場所がないという旦那さんが多いです。それ時代は悪いことでもないのですが、中には妻を怒らせると、家にも入れてもらえないなどという男性もいます。

亭主関白の頃は家庭に入って家事をして養ってもらう妻がほとんどでしたが、働く女性が増えて女性も男性と変わらないくらい稼ぐ人がいるという時代になりました。

そのようなところからお互いの立場が代わり、女性のほうが大黒柱になっているという逆転現象が起きているのです。男性としては亭主関白になりたいわけでもないのに、妻に気を使ったり怯える生活をしているうちに男性のプライドも傷つけられて結婚生活が地獄だと思ってしまうのです。

結婚に後悔したときの対処法

では結婚に後悔したらどのようにすればいいのでしょうか。ここでは結婚に後悔したときの対処法をご紹介します。

あきらめる

何事もあきらめが肝心です。「諦めが肝心」という言葉があるように、「この人を選んだのは自分なのだから諦めよう」「この人に期待するだけ無駄」と諦めましょう。

期待した分だけ裏切られたと思い、一気に地獄に堕ちた気分になります。諦めが付けば、相手に対してがっかりすることもなくなります。

ストレス発散

今の結婚生活で不満が溜まっているのであれば、ストレス発散をしましょう。同じ境遇の人と愚痴を言い合ったり、子供がいるなどで離婚できない場合、気持ちを他の人にぶつけたり、ストレス発散をすることで、頑張ることができます。

気持ちがすっきりすれば、後悔することもなくなります。離婚はなかなか簡単にはできません。対処方法として我慢し続けるといつかは離婚になってしまいます。

なんとかストレス発散をして気を紛らわしましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は結婚が地獄だと思う理由や対処法についてご紹介していきました。結婚生活は波乱万丈です。良いこともあれば悪いこともあります。

結局はお互いが妥協点を見つけていくことで結婚生活が上手くいくのかもしれません。もしあなたが結婚を地獄だと思っているのならそれは相手にとって同じかもしれませんので、一度夫婦で話し合うのもいいかもしれませんね。

関連記事として

結婚に焦りがあるのは良くない?焦らなくてもいい5つの理由とは?

彼女・彼氏に妥協できる点とできない点を紹介!結婚相手だと変わる?

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする