動物園デートの服装のポイントや楽しむ方法、注意点を紹介!

いつの時代も、人気の高いデートスポットの一つに動物園があります。パッと聞いただけでしたら、大人の方からすると幼稚に聞こえるかも知れませんが、最近の動物園は進化しております。例えば、生態を観察出来る実験や、動物に直接触れ合えるような環境が整っていたり、また催しなども積極的に実施しています。

現在の動物園は、もしかすると子供と匹敵するぐらい、大人も楽しめる場所になっていると思われます。ですので、老若男女を問わずあそべて、楽しく時間を過ごすことが出来るスペースになっている動物園が増えてきています。

この記事では、現在の動物園で楽しむ方法やチェックポイントについて記述していきます。

動物園デートでのファッション

動物園でデートをするとなれば、やはり普段のデートとは色々な部分が異なってきます。まず、服装は動物と触れ合う可能性が高いので、肌の露出が少ない軽装が相応しいです。もちろん、靴も少し汚れてもいいようなスニーカーなどが良いと思います。持参品を入れるためのものも、この際はリュックなどがいいです。

あと気をつける点は、装飾品などのオシャレは極力控えるほうが賢明です。キラキラ感のあるモノは動物を刺激する可能性が高いためです。それから、人と交差することの多い場所ですので、日傘やツバの大きい帽子も避けたほうがいいでしょう。

動物は人間よりも嗅覚が鋭いので、香水などもつけないほうが理想です。

動物園デートで楽しむポイント

やはり、せっかく動物園でデートするのであれば、思い出に残る1日にしたいはずです。それに、彼氏あるいは彼女から見た相手が動物たちと触れ合う様子も、見てみたいものです。動物園での楽しみといえば、やはり可愛い動物たちに会えることです。動物たちに餌をあげたり触ったりして存分に堪能したいものです。

そして大事なのは、動物園でデートをする場合は準備を入念にしないとなりません。まず、当日の持ち物についてですが、ハンカチ・ウェットティッシュ・タオル・日焼け止めなどは最低限、用意しておいたほうがいいと思います。

それでは、動物園デートで楽しむ方法を各ポイント別に分けて記していきます。

日常を忘れて活発に過ごす

国内にある動物園は、どの園も非常に広い敷地が取られていますので、全てのコーナーを回るとなりますと、かなりの距離を歩くことになります。大方この敷地内に居る間は、殆ど歩いてるか立ち止まっているかになりますけど、所々に休憩が出来るベンチなどが設置されていますので安心です。

今の動物園は、ただ動物を見て回るだけではなく、園内のミニ施設のような場所で、動物と触れあう体験が出来るイベントをしていることが多いので寄ってみましょう。日頃は目にすることのない光景や雰囲気を思う存分、お互い動物園デートを堪能して活発に動いて積極的に行動しましょう。

会話で盛り上がりましょう

園内を巡っていれば、行く先々で色んな種類の動物と遭遇しますので、ほぼ会話が途切れることはないと言えます。動物好きなカップルでしたら、動物の仕草や風貌などの一つ一つが話しの種になるほどでしょう。また、パンフレットなどを読みながら観察すると、さらに会話は盛り上がることになります。

その観察した動物ごとに対する感想や、見て思ったことなどを言い合うだけでも、会話は尽きないものになるでしょう。恋愛をしている2人の間柄が比較的、大人しいカップルでも動物園では会話が盛り上がったという話しを何度も聞いています。それぐらい、動物園には恋人たちをも盛り上げる力があります。

各動物たちを見て癒される

動物そのものが苦手だったり、動物アレルギーでない限り動物園デートは、男性も女性もユッタリとした気持ちで楽しむことの出来るオススメのスポットです。動物たちは本能の赴くままの表情や動作をしますので、見ているだけでも癒されます。特にゴロゴロしている姿は見ている人たちを安心させてくれます。

また、動物園によっては立ち上がるレッサーパンダや、ぞうの親子、食欲旺盛で人懐っこいキリンなど、個性の強い動物が存在していますので、そういった情報を前もって調べておくといいでしょう。今の時代は動物園もホームページに情報の開示をしておりますので、事前に閲覧しておくことをおすすめします。

弁当持参でピクニック気分

せっかくの動物園デートでしたら、緑も芝生も多いのでピクニック気分でお弁当を持参すると楽しみが増えます。園内では、テーブルのあるところもありますが、ベンチのみのほうが多く設置されていると思われますので、そのことを想定して片手で食べることが、出来るサンドイッチや惣菜パンなどが良いでしょう。

それか、おにぎりなども片手で気軽に食べれますのでオススメです。あとは、おかずを入れる場合、唐揚げや卵焼きなどを食べやすいように、予め一口サイズに切って用意して置きましょう。弁当を入れる容器も蓋付きの使い捨てのものが便利です。持ち運びのことを考えると、午後からの荷物が減るほうが良いです。

一日中あそぶことが出来る

最近の動物園は、園内に色んな動物が居るのは当然のことですが、レストランや休憩所、お土産屋さんなども非常に充実しています。開園から閉館までの時間、野外ということもあってか時が経つのも早く行楽シーズンや、土日・祝日など仕事や学校が休みの人が多い日は全てのポイントを回り切れないほどです。

入場料も安く2人きりで一緒に一日中あそぶことが出来ますので、未だ距離感があるというカップルは間違いなく親密になれるでしょうし、立ち寄るポイントごとに会話することも多々あります。お土産屋さんも、充実している動物園が多いため友人や知人、職場の人などに買うお土産を選ぶのも楽しいものです。

動物園デートの注意点について

これまで動物園デートについて、楽しいことだらけの内容を記してきましたが、やはり恋愛している2人であれば見落としがちな注意点があります。その、見落としがちな注意点を知っておくことで、より楽しいデートを満喫することが出来るのだと思います。

動物園デートでの注意点について、心の準備が出来ていなかったがために喧嘩をしてしまい、楽しいデートになるはずが最悪のデートになってしまった、なんてことにならないようにしておきたいものです。それでは、その注意点について見ていきましょう。

ロマンチックは期待しない

デートの場所が動物園ですので、ロマンチックなシチュエーションは期待しないことです。変にロマンチックを期待してしまうと、動物園デートが楽しめなくなるでしょう。どうしても、動物園内でロマンチックを求めるのであれば、季節によって夜も開園している場合があるので予め調べておきましょう。

動物園でデートすることが決まっているのであれば、初めからロマンチックなムードを期待するのは少し無理を感じます。やっぱり、アクティブに楽しめるからこその動物園という場所であり、ロマンチックなムードを求めているのであれば、同じ動物観察をするという場所では水族館をおすすめします。

シーズンによって混雑する

この動物園という場所は、子供がいる家庭であれば外に出掛けるスポットとしては、筆頭候補でもあると言えるはずですので、シーズンによっては大混雑する可能性もあります。また、春・夏・冬は各学校も休みになりますので、必然的に家族連れが多くなり混み合うことを考えておく必要があります。

そういうことで、時期やタイミングを選ばないと大混雑に紛れて来場することになり、のんびりと動物園デートを楽しめなくなります。それに各々のセクションで、待ち時間も長くなりますから通常なら見やすい動物も、観察することすら難しい状況になりえます。出来るだけシーズンを外して行きましょう。

餌やりの時間を見逃さない

動物たちに餌をやる時間を設けている動物園があります。まず普段は見ることの出来ない、動物の食事をする姿が楽しめます。小動物が食事をする可愛らしい様子や、肉食動物がダイナミックに食事をする風景は見逃したくないものです。動物園デートにおいて、楽しみにしている内の一つでもあるイベントと言えるでしょう。

その餌やりイベントの時間案内は、エントランスなどに開示されていますのでチェックしておくべきですが、つい忘れてしまいがちです。楽しみにしているイベントの時間帯を忘れるということは、このデートはイマイチなのかな?と相手の気分を落ち込ませてしまう可能性があるので、念のためキッチリ覚えておきましょう。

特に女子は動きやすい格好

冒頭でも述べましたが、やはり動物園ですから動物と触れ合うのは勿論のこと野外な訳ですから、軽装であるべきだと思います。例えば、特に女性の場合はヒールを履いてきたら足が確実に疲れますし、スカートを履くにしてもロングスカートを着用して来たら、草木などに引っ掛かったり危険が伴います。

ですので、ハイキングやピクニックに行く時のようなアクティブな服装コーデがいいでしょう。ストール系のものや髪型などもヒラヒラ感のあるものも、檻などに引っ掛かったりする可能性があるため避けるべきです。もし万が一、動物に悪気なく悪戯されても大丈夫なコーデで出かけるようにしましょう。

見たい動物はデートの最後

園内を隅々まで回るのは、距離にすると恐らく相当な徒歩数になると思われます。そこで、注意点というか肝心なことは一番、見たいメインの動物を2人で話して決めておくことです。そして、その動物を見るのは動物園デートの最後にしようということを取り決めておくほうがいいでしょう。

少し前に記した通り、相当な徒歩数になるため疲労感も終盤に差し掛かれば出てきます。そんな時、最後に一番見たい動物を決めておくと、道中しんどくても踏ん張れます。やはり、クライマックスは感動して動物園をあとにしたほうが、デートとして最高の締めくくりになることでしょう。

まとめ

今回は動物園でデートをするときに、注意しておくべき点と楽しむポイントについて記述させて頂きました。恋愛している2人が頻繁に行くとは思えない場所だからこそ、やっぱり良い思い出にしたいものです。そのためにも予め、下調べや当日の天気などのチェックは怠らないほうがいいです。

日常生活では、ブラウン管を通してでしか見ることの出来ない動物たちを、肉眼で好きな人と見れるので動物が好きなカップルでしたら間違いなくテンションは上がるでしょう。大人だからという理由で落ち着いていないで、時には子供心を思い起こして無邪気に動物園デートを楽しんでみて下さい。

関連記事として、

初デートの場所はどこがいい?中学生・高校生・大学生・大人別におすすめを紹介!

初デートの会話に困った時の鉄板ネタを知っておこう!NGな話は何?

これらの記事も読んでみて下さい!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする