2018年の宝くじ購入日はいつが当たりやすい?購入場所はどこがいい?

皆さん今年はもう宝くじを購入しましたか?いつも夢見て購入する宝くじ。しかし、実際に大金を当てる人ってどんな事をして当ててるのでしょう。偶然だ、たまたま当たったなんて人もいると思いますが、実際はいろいろこだわって購入している人が当たっているという統計があります。

今回は宝くじが当たる人はどんな人なのか?また2018年のジャンボ宝くじを購入するならどの日が良いのかなどご紹介していきます!!

宝くじで高額当選する人はどんな人?

宝くじは毎月色んな種類のものが発売されています。しかし買えども買えども当たらない人も多いはずです。そんな中でも高額当選している人は必ずいるのです。

高額当選した人たちにはどんな傾向や特徴があるのかまとめてみました。

性別と年齢

日本宝くじ協会からのアンケートにより高額当選する人はいろんな層の傾向があるようです。

【男女ともに多い年代】

  • 60歳以上 41.3%
  • 50歳~59歳 21.5%
  • 40歳~49歳 18.5%

【性別】

  • 男性 67.8%
  • 女性 32.2%

購入しているのがお金に余裕が出てきた年代の割と高齢で、男性が多いだけかも知れませんが、60歳以上で男性の方が当たっている確率が高いと言えますね。

名前のイニシャル

【男性のイニシャル】

・「M.K」「K.S」「K.K」

【女性のイニシャル】

・「M.M」「M.S」「K.K」

【男女共通のイニシャル】

・名字が「K」

その年によってもバラツキがあるようですが、だいたいこのイニシャルの人が高額当選しているようです。他にも男性は「T.K」、女性の「M.K」も当たる確率が高いと言われています。

職業

  • 【一位】 会社員
  • 【二位】 無職
  • 【三位】 主婦
  • 【四位】 自営業

職業は一般的に多い会社員が多いのは会社帰りに購入する人が多いからかもしれませんね。無職の人は仕事をリタイアした人も含まれているようです。

星座

【男性の星座】

・水瓶座

【女性の星座】

・牡牛座

他の年では男女共通で水瓶座が良く当たっていた年もあり、女性の魚座がトップになった年もあったそうです。また、逆の最下位の星座の男性は「双子座」女性は「蠍座」との結果が出たそうです。双子座と蠍座の皆さん、落ち込まないで下さいね。

購入枚数

高額当選をした人の枚数は「30枚」だそうです。次に当選した人は「10枚」言われています。

平均購入枚数は20~30枚ほどで、年々増えていると言われています。しかし高額当選を目指すなら30枚購入したほうがよさそうですね。

保管場所

  • 【机の引き出し】25.5%
  • 【神棚・仏壇】21.5%
  • 【カバン・ハンドバッグ】10.6%
  • 【タンス】9.1%
  • 【財布】8.0%

購入してから抽選までの保管場所はやはり無くさないようにする為なのか引き出しが多いようですが、神棚仏壇よりも引き出しが最も高額当選するようです。

宝くじ買い続けてどれくらいで当選?

宝くじを購入し続け高額当選した期間は「10年」と長期にわたり購入し続けている人が確立も高くなり、継続して購入している事で金運や幸運を呼ぶことがわかりました。

物事でもなんでもそうですが、継続は力なりなんですね。

売り場の店員さんが見た高額当選した人の特徴

実際に宝くじ売り場で売っている売り子さんたちが見た、または身の回りで高額当選した人の特徴はどんな人だったのでしょうか?

【研究熱心】

真面目で努力家な人が多いです。言葉数が少なく、あまり余計な事は話さない人。また購入日や数字、金運風水などいろいろな事を綿密に研究して自分の買い目だけを購入する人が高額当選しているらしいです。しっかりと勉強して運だけではなく、努力も必要なのかも知れません。

【ポジティブ思考】

売り子さんの知り合いの方で、高額当選したらしく、その方は常に前向きに物事を捉え、人の悪口や愚痴を言わない人だったそうです。ポジティブな考え方が良い運を引き寄せている為なのか、少額なのも含めて年に何度も当選しているそうです。

【容姿】

男性は角顔で唇が薄めの人、女性はたれ目で鼻が少し上向き、口は口角が上がっている人がよく高額当選していたそうです。またメガネはかけていた方がいいらしいです。メガネをかけることにより、先見の明がもてるのかも知れないですね。

【あまり欲がない】

高額当選者に多いのが、あまり欲がない人なんだそうです。宝くじの封を開けずに購入したままの状態で番号の確認に来ていたり、1枚しか購入していなかったり、中には当たった金額すべてを寄付金にした人もいたそうです。高額当選したお金をすべて寄付金にするのは人としてとても素晴らしいですが、なかなかできる事ではないですよね。欲がない人の方が高額当選する傾向にあるようです。

【猫】

そして多くの販売員が見た人、聞いた人で多かったのが、高額当選した人はなぜだかみんな猫を飼っていたそうです。招き猫と言うだけあって、猫ちゃんには不思議な力があるのかも知れませんね。

【金運アイテム】

高額当選者の特徴として、金運アイテムを持ち歩いてる人が多いようです。金運財布は金運をアップする財布でその財布に宝くじを入れていたり、パワーストーンを身につけていたり、黄色の服をきていたりと様々な金運アップアイテムを身につけている人が高額当選しているようです。

どこで購入すれば高額当選?

全国的に有名で、日本一当たる確率が高いと言われている売り場は西銀座チャンスセンターです。その西銀座チャンスセンターの中でも購入窓口は《1番》が最も当たると言われています。その窓口は「億の細道」と呼ばれているそうです。

西銀座チャンスセンターの伝説

昔の西銀座チャンスセンターは、窓口の手前で並び、空いた窓口から順番に窓口へ案内していました。現在のように窓口を選ぶことはできなかったそうです。その為どの窓口に案内されるかわからなかったのですが、1992年頃のジャンボ宝くじで発売日初日に並んでいた人が《1番》窓口で購入し、見事1等の高額当選をしたそうです。

そこからテレビ番組などで紹介されるようになり、西銀座チャンスセンターの《1番》窓口は「億の細道」と呼ばれるようになりました。《1番》の窓口はジャンボ宝くじの発売期間はとても混み合っています。混雑状況を常にチェックする事もおすすめします。

《西銀座チャンスセンター ジャンボ中間賞金100万円以上の当選実績》

  • 2018年 バレンタインジャンボ 1000万円 × 1本
  • 2018年 バレンタインジャンボ 100万円 × 20本
  • 2017年 年末ジャンボ 1000万円 × 14本
  • 2017年 年末ジャンボ 100万円 × 148本
  • 2017年 サマージャンボ 1000万円 × 2本
  • 2017年 ドリームジャンボ 1000万円 × 6本
  • 2017年 グリーンジャンボ 2000万円 × 2本

2018年 ジャンボ宝くじの種類、発売日は?

先ずはどんな種類があるのか?これからのジャンボ宝くじの発売日はいつなのか?ジャンボ宝くじの種類をちゃんと把握し、今後の予想発売期間をご紹介いたします。

ジャンボ宝くじ 種類

宝くじの中でも当選金額が多いのはジャンボ宝くじです。ジャンボ宝くじはミニを含め1年に数回あります。

  • バレンタインジャンボ (バレンタインジャンボミニ)
  • ドリームジャンボ (ドリームジャンボミニ)
  • サマージャンボ (サマージャンボミニ)
  • ハロウィンジャンボ (ハロウィンジャンボミニ)
  • 年末ジャンボ (年末ジャンボミニ)

2017年からは、「オータムジャンボ」が「ハロウィンジャンボ」、2018年からは「グリーンジャンボ」が「バレンタインジャンボ」と名前が変更になりました。どうやら近年若年層による宝くじへの関心が薄れていて、売り上げが低迷しているそうなのです。どうやら若者たちに人気のイベントにあやかり、この名前に変更されたようです。

ジャンボ宝くじ予想販売期間(確定したものも含む)

では今年のジャンボ宝くじはいつ発売されるのでしょうか。すでに決まった過去の販売日も含めて昨年の発売スケジュールを参考にご紹介致します。

  • バレンタインジャンボ販売開始期間 1/31(水)~2/23(金) ※決定
  • バレンタインジャンボミニ販売開始期間 1/31日(水)~2/23(金) ※決定
  • ドリームジャンボ販売開始期間 4/4(水)~4/27(金) ※決定
  • ドリームジャンボミニ販売開始期間 4/4(水)~4/27(金) ※決定
  • サマージャンボ 7/17(火)~8/10(金) ※予想
  • ハロウィンジャンボ 10/11(木)~10/31(水) ※予想
  • 年末ジャンボ 11/26(月)~12/21(金) ※予想

暦で見る開運吉日とは?

ジャンボ宝くじの発売期間は、ミニを合わせると結構な日数がありますよね。年間約三分の一あるのです。前向きに考えれば、こんなにある発売期間があるという事は、億万長者と言う大きな夢への入り口がこんなにもあるという事ですよね。

しかしどの日を選べばよいのでしょうか?購入する日は新月や満月、吉方位による方角などにも関わると言われていますが、今回は昔からある暦などで見ていきましょう。

暦には吉日があります。大安や一粒万倍日だけではないようなのです。宝くじを購入するにはどの日が一番良い吉日なのかをご紹介いたします。

【天赦日】

「てんしゃび」「てんしゃにち」呼ばれています。天赦日は百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされていて、年間でも5回か6回程しかありません。

とても貴重な日である為、最高の大吉日とされています。何事においてもプラスに働くと言われていますが、主に、開業・結婚・引っ越し・宝くじの購入に最適日だとされています。

【大安】

「たいあん」「だいあん」と呼ばれていて、「大いに安し」の意味です。六曜の中で最上の吉日とされている為万事において吉で、成功しない日はないとされています。特に結婚式などはこの大安の日に行われることが多いです。

また住宅建築の地鎮祭、基礎工事着工日、引渡日を大安の日にする人も多いです。また内閣の組織も、うまくいくことを願い大安を選ぶのだそうです。

【一粒万倍日】

「いちりゅうまんばいにち」「いちりゅうまんばいび」と呼ばれています。一粒万倍日は選日の1つで単に万倍とも言います。一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味であります。特に開店、種まき、仕事始め、お金を出すこと等に吉であるとされています。

しかしこの日に人から物を借りたり、お金を借りたりすると苦労が倍になってしまい、凶となります。一粒万倍日は数が多く他の暦と重なる事があり、吉日と重なると一粒万倍日の効果がより強くなり倍増されますが、凶日と重なった場合はその凶が半減すると言われています。

【寅の日】

「とらのひ」は千里行って千里戻ると言う事から旅立ちに良い日とされています。そして投資した労力やお金を使っても戻って来る意味があるので、寅の日には旅行やお財布を新しくすることがおすすめです。

開運旅行として旅に出るのも良いでしょう。虎の模様は金運財運の象徴と言われていますので、金運アップするにはとても効果的な日です。葬儀や婚礼には不向きの日とされています。

【巳の日】

「みのひ」と呼びます。この日は財運や芸術を司る神様の「弁財天」と縁がある日と言われていて、財運金運に大変縁起が良い日とされています。この日にお金に関する願い事をすると弁財天様が叶えてくれると言われています。

弁財天の使いである蛇に願いをすると弁財天に届けてくれると言われていて、巳の日は財運アップと金運アップの日とされています。

また巳の日の中でも60日周期に一度来る己巳(つちのとみ)の日は更に縁起が良い日とされていて、銀行口座を開設する、財布を新調する、宝くじを購入するなど、お金にまつわる願いをすると良い日です。

※またサイトなどでも年間開運カレンダー、年間金運カレンダーなどがありますのでチェックしてみて下さい。中でも「開運日が一目で分かる 年間開運金運カレンダー」は開運日がわかりやすく記載されていますので見てみて下さいね。

2018年、これからのジャンボ宝くじを購入する日は?

2018年、今後のジャンボ宝くじを購入すると良い吉日はいつなのでしょうか?すでに、バレンタインジャンボ宝くじとドリームジャンボ宝くじの購入日は終了しているので、サマージャンボ宝くじの購入日からご紹介いたします。

※ちなみに2018年バレンタインジャンボ宝くじを購入すると良かった日は2/1(木) 、2/15(木)  2/20(火)で、ドリームジャンボ宝くじを購入すると良かった日は4/7(土)、4/18(水)でした。

サマージャンボ宝くじを購入すると良い日

サマージャンボ宝くじの予想発売期間は7/17(火)~8/10(金)と言われています。今年のサマージャンボ宝くじの購入する日はあまり一粒万倍日が良くないようです。赤口や受死日と言う悪い日が重なっているのです。この期間にまず選ぶとしたら、大安の7/18(水)、7/24(火)、7/30(月)、8/5(日)です。

7/18(水)ですが、大安でも不成就日と重なってしまうので候補日から外します。7/30(月)も往亡日の凶がある為出かけるには良くない日とされているので除外します。残る7/24(火)、8/5(日)ですが両日とも大安で十二直が「開」になります。運が開くという意味を表しています。

ではどちらがより良い日なのかと言えば、8/5(日)がよさそうです。この日の干支が己巳になります。己巳はお金に縁があり弁天様の使いの巳です。そのことなどを総合するとサマージャンボ宝くじを購入するのに最も良い日は《8/5(日)》となります。

ハロウィンジャンボ宝くじを購入すると良い日

2017年からオータムジャンボ宝くじと言う名前がハロウィンジャンボ宝くじに変更されました。ハロウィンジャンボ宝くじが発売される予想日は10/11(木)~10/31(水)です。昨年からの傾向であれば販売期間がとても短いです。

もしかした販売枚数も少ない可能性があるので当選確率が上がるかも知れません。当選金額は少なめですが、競争率が少なそうなのでチャンスかも知れませんね。では肝心の購入日ですが、この期間に発売されるとしたら大安と一粒万倍日が重なる日が2日間あります。

それは10/17(水)と10/29(月)です。更に十二直が両日とも「成」なのです。成功の「成」、お金持ちを表す「成」、成就する意味があります。運気もとても良い日です。ただしこれも両日とも同じなのですが「三隣亡」なのです。三隣亡は凶とされている日なのですが、実は三隣亡は建築関係に関する事に対しての「凶」を表すのです。

なので基本宝くじにはあまり関係が無い為、気にすることは無いでしょう。暦には目的によって気にしなくても良い「凶」があるのです。その為、家を建てる場合などは三隣亡を避けた方が良いという事です。宝くじで高額当選しても三隣亡の日に家を建てないようにしましょうね。

さて両日とも良さそうな日と分かりましたが、実は10/17(水)は不成就日となっています。宝くじを購入するには少し致命的なので、この日はやはり避ける事にしましょう。と、言う事でハロウィンジャンボ宝くじを購入する吉日は《10/29(月)》となります。ハロウィンの仮装準備で忙しいかも知れませんが、是非忘れないようにしましょう!

年末ジャンボ宝くじを購入すると良い日

2018年最後の大チャンス、年末ジャンボ宝くじです。当せん金額は昨年と同じであれば10億円です。そして発売総額も1500億円!すごいですよね。今まで当たらなかった人は、今年の年末にチャンスがあるのだと諦めずに行きましょう!

毎年販売期間も長めになっています。やはりそれだけこの年末ジャンボ宝くじに賭けている人が多いと思われます。ではその為にも是非購入する日にこだわりましょう。

昨年の傾向からすると予想する販売期間は11/26(月)~12/21(金)までとなります。先ずはこの中で11/28(水)を候補にしました。この日は天赦日です。年に数回しかないと言われている天赦日です。赤口なので吉日なのは間違いありません。

しかし、年末ジャンボと言うのに11月に購入するのは忘れがちなので、12月の候補日も見てみましょう。12月に入ってから大安は5日間あります。12/3(月)、12/7(金)、12/13(木)、12/19(水)です。この大安の日のうち、12/13(木)、12/19(水)は受死日と不成就日に重なり歴注の中でも最悪の日になってしまいます。

この日は残念ながら大凶になってしまうので除外します。そして12/3(月)ですが十二直が「破」になります。夢や願いが破れては元も子もありません。こちらも除外しましょう。12月で残るのは12/7(金)です。この日は十二直も「納」で、運気を収める、金運を納める意味合いから良い日とされます。

前半で少し忙しいなと思う人は後半で少し良い日を見てみると12/22(土)と12/23(日)があります。12/22(土)は一粒万倍日でとても良い日です。12/23(日)も「凶」ではないので購入には良いかもしれません。しかし販売期間として、もしかしたら終わってしまっている可能性があるので、今年の年末ジャンボ宝くじで購入すると良い日は《11/28(水)》と《12/7(金)》です!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、宝くじで高額当選している人の特徴と、高額当選するかもしれない購入日をまとめてみました。やはり、高額当選している人はしっかり調査して研究してる人が多いようです。また、購入する日も今回お伝えしましたが、ご自分の年周り、生まれた日にも関わって来るようです。是非色んな視点から研究して、高額当選を目指してください!

最後に2018年のジャンボ宝くじの購入日をまとめておきます。

【サマージャンボ宝くじ】8/5(日)

【ハロウィンジャンボ宝くじ】10/29(月)

【年末ジャンボ宝くじ】11/28(水)と12/7(金)

是非参考にして、億万長者目指してください。この記事をきっかけに更なる幸運が訪れる事を願っております!!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする