寝方で性格や相性が分かる?自分が寝ている体の向きをチェックしてみよう!

あなたは普段どんな体勢で眠りにつくでしょうか?また、どんな格好をして寝ていると家族から言われますか?

人は、寝ているときに何度も寝返りを打ち、体の調整をしているといいます。そして、その寝方や寝相にはアナタ自身も気づいていない、深層心理や現在の心理状態が隠されているのです。そう、あなたの本当の性格…。知りたくないですか?

そして、あなたの家族や友人、恋人の寝る姿勢もこっそりチェックしてみましょう。自分の知らない部分が隠されているかもしれません。今回この記事では、寝方による様々なタイプと、その性格について徹底解説していきます!

10種類の寝方でわかる本当の性格

あなたは普段、どの体勢が眠りやすいでしょうか?また、安心感があるでしょうか?カラダの骨格自体の癖はもちろん関係しますが、「最近はこの体勢が落ち着くな」や「前はこうだけど、今はこっちのほうが楽だな」といったこともあるかとおもいます。その場合、性格にも変化が起きていると考えられます。ここからは、ひとつの心理テストと思って、一番当てはまる寝方を見つけてみてください。

1.仰向け型(大の字)

手足を広げて、堂々と眠りについている姿は、別名「王様型」と言われ、子供と同じように無邪気な面をもっています。幼少期に親の愛情を一心に受け、気持ちが安定している証拠でもあります。そして、自由で個性的なタイプでもあります。社交的で、前向きで健全な考え方をしますので周りからも好かれやすいでしょう。しかし、自分に自信があることから、意見をしっかりともっていおり、頑固で我が強い傾向も見られます。無理強いしないように心がけましょう。

2.仰向け型(両腕が頭の後ろにある)

勉学にたいする意欲が高く、熱意もありますので、広い知識をもっているタイプといえます。時に奇抜な考え方や独特な感性から、周囲に理解されにくく、馴染めずにいることもあるようです。あまり人を好きになれない反面、実は家庭的な部分もあります。自分のペースを貫く傾向がありますので、お相手となる人は理解してあげるようにしましょう。

3.膝立て型(仰向けで膝をたてる)

仰向けの状態で膝を立てるあなたは、短期だけれど記憶力に長けているタイプです。一点集中が得意なので、記憶や暗記が得意なほうです。ですが、小さなことをいつまでも覚えていたりして、気が短く、イライラを引きずりがちです。心穏やかになれるように努力しましょう。

4.仰向け型(足を組む)

仰向けで、両足を組んで寝る癖のある人は、別名「囚人型」といいますが、ズバリ「ナルシスト」なタイプ。自分の生活スタイルや価値観にこだわりが強く、他人の手によってペースが乱されたり邪魔されることを恐れています。そのために無意識に一人でいることを好みます。裏を返せば、マイペースを貫けない部分があり、ナルシストな反面、どこか自信のないタイプでストレスも感じやすいと言えます。

5.うつ伏せ寝(お腹が下)

うつぶせ寝の人は、閉鎖的で他者を受け入れがたい性格のようです。度量が狭く、自己中心的な考えも目立ちます。これは、王様型のような自信満々な自己中心とは違い、他人から自分を守りたい一心で、余裕のなさからくるものです。

6.スフィンクス型(うつ伏せで丸まる)

この寝方をする方はとても珍しく、そうそう多くはないのですが、この寝相の人は子供のような無垢で純粋な心の持ち主と言われています。そのため、怒りっぽくわがままなところもありますが、可愛らしさから気に入られるようです。

7.横向き型(腕が体の下)

腕を枕代わりにして寝ていたり、体の真横に腕がある「半胎児型」と言われるこの姿で睡眠をとるタイプは、基本的に礼儀正しく誠実な性格です。また、このタイプは器用なため、2つのことを同時進行して行うこともあります。しかし、一つのことに100%注いでいるわけではないので、どちらも中途半端になったり器用貧乏に陥りがちになります。両立できることは魅力的ですが、時には一点集中することも大切です。

8.横向き型(丸まる)

横向きで膝を手で抱えているような、お腹を隠すように丸まって眠るタイプは、別名「胎児型」といわれ、女性に多いのが特徴です。

この寝方は嫉妬深い甘えん坊タイプのようです。少し依存的な性質もあり、行動する際には基本的に受け身の姿勢でいることが多いようです。また、欲求不満や悩み、不満を抱えている場合もこの寝方になりやすく、眠っている間でさえも自分を解放できない状況に置かれていたり、怒りの気持ちももっている可能性があります。心理的ストレスの強い状態であることが考えられます。

9.横向き型(片足を曲げる)

横向きで片足だけを曲げて寝ているタイプの人は、細かい事に目が行きやすく、気難しい性格の方が多いようです。やや神経質で、周囲の人に不満や愚痴をこぼすことも多いようです。心に余裕がないようですので、無意識にこの体勢を選んで、リラックスできるようにしているようです。

10.布団を顔までかぶる

布団をスッポリと頭の上や顔の位置までかぶって寝るタイプの人は、社交的と見せかけて、実はシャイな部分があるようです。素直に振る舞ってはいますが、繊細な心を持ち、なにか困難なことに遭遇しても周りを頼ったり甘えたりが上手にできません。人間関係でのストレスを特に感じやすいようですので、自分のぺースで進める環境を見つけていけると良いでしょう。

寝方からくる体への影響は?

寝方からくる性格のお話をしてきましたが、ここでは、寝方からくる体への影響や、普段の体の癖から不調につながっているケースについてご紹介していきます。

1.仰向け型の体の癖

【仰向け寝】この寝方は、基本的に一番理想的な寝方です。眠っている間の寝返りは必要ですが、この姿勢が多いということは、体の調子も悪くはないようです。

【両腕が頭の上】の体勢では、肩や背中の凝りが関係し、呼吸がしづらくなっていることから、この姿勢をとることで循環を改善させていると考えられます。

【足を組む】足を組むことから、普段から骨盤の歪みや、脚力の低下が考えられます。足腰が少し弱く、軸が定まりにくいことも性格に影響している可能性もあります。解消法として、スクワットや骨盤体操など、骨格をコントロールするとよいかもしれません。

【足を曲げる】こちらの寝方をする人は、足の疲れがたまりやすいようです。立ち仕事が多かったり靴が合っておらず、足に疲れを感じているようですので、寝る前に十分にストレッチすると良いでしょう。また、足を少し高い位置にセットして寝ると楽かもしれません。

2.うつ伏せ型

【うつ伏せ寝】大きな疲労を抱えているようです。何をしても疲れやすく、体力がなく、エネルギッシュになれないのではないでしょうか?また、極端に交感神経優位になり昂って疲れを感じているのかもしれません。心肺機能の衰えも考えられますので、有酸素運動を取り入れ、空気循環をよくすることでうつぶせ寝はしなくなるかもしれません。

【スフィンクス型】見るからに苦しそうなこの寝方は、体にとっては悪いですので、やめた方がよいでしょう。うつぶせ寝と同じく、循環器系の不調があるのかもしれませんが、ずっとこの体勢いることは避けましょう。しかし、心の安定には必要な体勢なのでしょう。

3.横向き型

【横向き】腰や背中に強い緊張があると考えられます。腰痛持ちであることが多いです。そして、右利きの人は体を右下にして右向きに、左利きの人は左下して左向きに寝る傾向が強いようですが、体の面からみるとリンパの流れを考慮してどちらかといえば、‟左向き”の体勢の方が良いようです。

【横向きで丸まる】横向きの姿勢と同じく、腰や背中の緊張が強い傾向にあり、心の不安が寝るときの体勢にまで影響しているようです。まずは、開放的になれるようにリラックスできる体操や、ストレッチを取り入れてみましょう。

【横向きで片足を曲げる】この寝方は骨格的に言えば、問題がありません。両足を重ねて寝てしまうよりも、片足のひざだけを曲げて寝ることのほうが身体的には負担がかかっていない状態です。ただ、毎回同じ足であれば、骨格の歪みが考えられますので、寝入る頃にでも交互に向きを変えて、寝るようにしてみましょう。

寝る位置でわかるカップルの相性

個人の寝方についてご紹介してきましたが、ここからは番外編として、今お付き合いしている人は必見のカップルの寝るポジションでわかる、深層心理について解説していきます。

男性が利き手側を外にして寝る

男性の腕が自由に動く利き手が、外側にある場合は、体勢を変えやすく女性を好きにコントロールしやすく、タッチによるコミュニケーションが取りやすいことから、カップルの関係は基本的に良好といえるでしょう。

女性が利き手側を外にして寝る

逆パターンとして、男性が利き手の自由が利かない位置に寝たがる場合、少し禁欲的な傾向にあるか、受け身タイプであるといえます。

なので、お付き合いにおいては女性側が主導権を握る形となり、それでもいいと思えるのであれば関係は良好なようです。

日によって場所が変わる

本来、人間は安心感を求める生き物ですので一定の場所を変えたくないという願望があります。

そんな中、わざわざ位置を変えたがる場合は、もともと落ち着きのない性格なのか、今は一時的に心が不安定な状態である可能性が考えられます。

背中合わせで寝る

お互いに背中を向けて寝ているこのポーズは、実は意外かもしれませんが、しっかりと信頼しきっている心の表れです。自分のペースを大切にし、自立心のある状態で長く続くカップルに多い寝方のようです。

しかし、最近マンネリを感じているようであれば、刺激的な行動を試みてみると、さらに絆が深まるかもしれません。

まとめ

寝方による様々な性格のタイプや体の状態をお伝えしましたが、いかがでしたか?まだまだ、個性的な寝方はたくさんあるとは思いますが、基本的には10パターンのようです。寝るときの無意識な状態にこそ本当の姿が隠されていましたね。

また、最後にお伝えしたカップル同士の関係性も興味深いお話でした。今回は書ききれませんでしたが、寝る位置だけでなく寝る体勢によってもお互いに対する信頼感や依存度などがわかるようでした。今度、誰かの寝相を是非チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする