咳払いをする癖のある人の心理や理由を知ろう!治すにはどうすればいい?

おそらく皆さんの周りにも、しょっちゅう咳払いをしている人が、一人ぐらいはいらっしゃるかと思われますがいかがでしょうか?例えば、風邪をひいていたり本当に喉の調子が良くない人であれば、致し方ないと思いますが日課のように四六時中、咳ばらいしている人は割と居ます。男性の方が多いと思われますが、決して喉仏があるからという理由ではないはずです。

それでは意図的に咳払いをしているのでしょうか?でも何のためにでしょう?分別のある大であれば、理由の見当たらない咳払いは、周りに迷惑をかけることに他ならないと理解できるはずなのですが…。そのあたりも含めて、ここでは咳払いを癖のようにする人、あるいは既に癖になってしまっている人の特徴や、深層心理について探っていきたいと思います。

他意のない一つだけ特例的な咳払いの症状について!

病気や調子が悪くて咳払いをするのは致し方ありませんが、その場合その時だけに発生する咳払いであることが、周りから見ても一目瞭然です。しかし、どう見ても健康にしか見えず、喉の調子が悪そうにも喉に持病があるようにも見えないのに、所構わず咳払いをするのは何を意味する行動なのでしょうか?ですが、一つだけ特例的な咳払いの症状がございます。

それは、確かに身体の調子が悪い訳でもなく食欲もあって、目一杯動いている人でも癖のように咳払いをされる方がいます。これは、慢性的に喉元に痰が溜まりやすい体質であるということです。この場合は一種のアレルギーにも似ているので、仕方なく痰を喉元から離そうとするため、咳払いせざるを得ないのです。また、普通の人より喉が渇き易いのも特徴です。

違和感のある咳払いをする人の原因と理由を紐解く!

先述したような、本当に体調や喉の調子が悪い人や特例的なパターン以外の咳払いについて、紐解いていきたいと存じます。咳払いをする人の中でも、特に違和感を感じるのは、意味が不明なほど大きな声で咳払いをしたり、何か吐いているのか?と思うような咳払いをする人です。特別、脳に障害がある訳でもなく、普通の社会人の方が癖でおこなっているのです。

では何故、脳に障害もなく普通の社会人として生活している人間が、気が触れたとしか思われ兼ねないような咳払いをするのでしょうか?もし喉に痰が絡んで、咳払いをする必要があったとしても、わざわざ周りを不愉快にさせるまでの咳払いをする理由はないと思いますよね。それでは、そのような咳払いをする人の深層心理について見ていきましょう。

自身の存在をアピールするための咳払い

よくテレビ番組内のドラマや映画の中のシーンなどでも、周りの人の視線や注目を集めるために咳ばらいをする場面があります。

この咳払いには、ここに自分は居ますよという自己アピールの潜在意識が働いています。このような威嚇に近い咳ばらいを、わざわざするのは自分自身にスポットライトが当たらないので、寂しい気持ちから発する行動だと解釈されます。

残念ながら、このタイプの人が理解していない部分は、咳ばらいをして周りに注目してもらおうという発想そのものから間違っていることです。咳ばらいをしている人を見る周りの人の心理は、反射的な感覚から見ただけであることすら気付いていないのです。本当に構って欲しかったり、存在感を誇示したいなら別の方法があることを、悟って頂きたいと思うばかりです。

わざと連続的に小さめの音でする咳払い

文字で表わすのは少し難しいですが、例えば「んんっ、んんっ」とか「コホッ、コホッ」いったような、わざとらしい感じがする小さめの音で連続的な咳ばらいをする方がいます。このような咳ばらいをする方の心理は、相手や近くに居る人の様子を伺うという意味合いがあります。自分が咳ばらいをすれば、どのような行為を示すのか無意識的に様子を見ています。

そういった理由で咳ばらいをする方の深層心理には、何かしら現状に不満を持っていたり、納得のいかないことが鬱積している時のストレス発散であると考えられます。ただ、この咳ばらいに関しましては懸念もあります。何故なら、この咳ばらいは誰でも意識せずともしてしまうこともあるそうですから、もちろん私もですが皆様もお気をつけ下さいませ。

自分自身を安定させるためにする咳払い

実は毎日、定期的に咳ばらいをする人にとっては、自分自身の精神状態を安定させる行為であるようです。咳ばらいをすることによって、自分自身のペースを落ち着かせることができるようです。そのような方にとっての咳ばらいは、一種のリズムなのかも知れません。しかし、本人がリズムを刻むのは勝手ですが、人前で定期的に咳ばらいをするのはどうかと思います。

このような咳ばらいをされる方も、非常に残念ながら自身のことを考えるのが関の山で、自分が咳ばらいをすることによって他人が不快にならないか、などを考えられるキャパシティがありません。今まで誰にも注意されなかったのか、それとも周りの人からもリズムだと認められていたからかも知れませんが、この癖が続き過ぎると一生治らない可能性があります。

緊張状態を紛らわせるためにする咳払い

これも殆どが男性特有の咳ばらいと言えますが、あまり親しくない人や人間関係のない人と同じ場で一緒にいる際、沈黙している間ずっと咳ばらいをする方がいます。それは緊張した状態を紛らわせるための咳ばらいと言えるでしょう。この時に咳払いをする人は、おそらくコミュニケーション能力が優れていないか、口が上手くない方だと考察されます。

このような方の心理には、このまま何か話していないと気まずい雰囲気になっていくという妙な焦りが働いています。別に、得意先でもなく皆が同じような条件下であるなら、気遣う必要などありません。ですが、この場面で咳ばらいをしてしまう方は、慣れない相手に対する緊張と、静かな状況から生まれる恐怖心から咳ばらいをしてしまうのです。

勤め先で仕事の真っ最中にする咳払い

職場で常日頃から、咳ばらいをする方や上司、先輩、後輩、いずれにしましても咳ばらいをすれば気になる人も少なくないと思います。理由は様々でしょうけど、自分が場の空気を読めない言葉を発してしまった時や、上の者からの場合なら、もっと積極的に仕事をしてほしい時など良くない意味合いでの咳ばらいしかないと考えられます。

いかなる状況で、どのような立場の方であれ、職場内でおこなわれる咳ばらいは殆どが悪いものと決まっています。とにかく、職場内での咳ばらいは周りの方々に悪い印象を与えやすいことが多いと思われますので、つい咳ばらいしそうになっても可能な限り制御するほうが賢明です。もちろん、体に支障が出そうなら我慢しないで下さいね。

自分は偉い人と思わせるための咳払い

まるで、おいっ!と呼んでいるようにも聞こえる咳ばらいをする人がいますが、これは自分が偉いのだと誇示する意図があると言えます。どう考えても不自然な咳ばらいで、このような咳ばらいをする人は、上から目線で態度も横柄なところが特徴です。この場合の対処法は、できるだけ相手にしないことぐらいです。

また、この咳払いが癖になっている方は少し厄介な人物であることが多く、正直言って塗る薬が無い性質です。上から目線で偉そうな態度になっても、周りが認めるほどの実力があるならまだ納得もできます。しかし、このような咳ばらいをする方で、仕事ができて性格も良いという人間は存在しないため、厄介者でしかないのです。

咳払いする癖を治す最も効果が期待できる方法!

これまで記してきました通り、周囲の人達は咳ばらいする癖がある方に良い印象を持つことは難しいものです。ですが、面と向かって少し静かにお願いできますか?などと言えば、トラブルに発展する可能性があります。そこで、わざと咳ばらいをする、あるいは咳払いが癖になっている方を治すために最も効果的な方法を記してみます。

それは、あなたがどうしても我慢ならなくなってきた場合、咳払いをした瞬間に「大丈夫ですか?前から気になってたので渡したいモノがあります」「喉の調子悪そうですので、もし良ければ舐めてください」と言って、のど飴を渡してあげて下さい。そうすれば、怒ることもできないでしょうし、咳払いのことを気付いてくれると思われます。

咳払いすることが癖になっている人の心理とは?

既に現段階で、咳ばらいが癖になってしまっている人の原因として考えられますのは、コミュニケーション能力の低さだったり、自分に自信が持てないなど心の弱さからくるものだと言われています。何故か密接になると咳払いをする方や、恋愛を意識している相手の前だけ咳ばらいをする人も、咳ばらいが癖になっている人に該当します。

密室や静かな室内で、とにかく咳ばらいをすれば落ち着くという心理状態や、想いを寄せる人の前で咳ばらいをすれば少し動揺を隠せるという心理が働く理由は、弱い自分自身を取り繕うためと思われます。しかし、現実的には咳ばらいすることによって、本人の弱さを隠すつもりが逆に弱さを露呈していることに早く気付くべきですね。

まとめ

この記事では、咳払いをすることが癖のようになっている人の特徴や深層心理について、記述させて頂きました。もし、あなたの近くや周りで咳払いをする癖がある人がいらっしゃるとします。それで、あなたが勇気を振り絞って、その人に咳払いを指摘したとしましても改善するどころか増々、悪化する可能性のほうが高いので残念です。

咳払いをすることが癖になっている人が、あなたにとって大事な存在であれば、咳払いをする行動そのものを注意するのではなく、咳払いが癖づいてしまった原因を除去することに協力してあげる流れがベストです。その前に原因を見付けなければなりませんが、それが双方共に嫌な思いをしない最善の形となります。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする