金運UPの効果がある壁紙を紹介!生き物や景色、神仏が良い?

お金持ちになりたい!と思った事はありませんか?そしてその為に何か試してみましたか?金運とは別名財運ともいいます。お金はもちろん、不動産関係や遺産が入る事も財運を意味します。また世の中のお金持ちの人ほど金運アップなどのゲン担ぎをしている人が多い傾向にあるそうです。

金運アップする方法にもいろいろありますよね。お財布を変えてみる、パワーストーンを身に着ける、パワースポットへ行く、風水でインテリアなど工夫するなど。そんな中、一番気軽にできる壁紙で金運をアップする方法を皆さん一度はしたことがある人も多いはずです。

毎日目に触れるスマホや携帯、パソコンのデスクトップ画面を金運アップする壁紙にするだけでその運気が自然と寄って来るというのです。今回は金運アップする様々な壁紙や待ち受け画像について紹介していきたいと思います。

金運アップする画像《神仏》

神仏系は金運をいつも見守っていてくれる存在で、貧乏神を福の神にかえてくれるのだそうです。どんな神仏系が金運をアップしてくれるのでしょうか?

菩薩様

金色をしている菩薩様は見ているだけでも運気を上げてくれそうですよね。金色という事から、金運を上げてくれるそうです。

また仕事運が上がり、大きな仕事を手に入れ収入が増えると言われています。毎日待ち受けを見るたびに感謝をすると更に金運も上昇するでしょう。

太極陰陽図

白と黒の勾玉のような形をしている太極陰陽図は陰と陽を表しています。また呼び方としては先天太極図や天地自然之図とも呼ばれています。そして丸の中の白と黒の形が魚のような事から陰陽魚図と呼ぶこともあるそうです。

綺麗な輪によりバランスが上手くとれているので円満を表しているそうです。そのことから金運を円滑にし自分に戻って来ることから金運アップを意味しているようです。

鳳凰

中国の伝説の鳥で神の使いと言われている鳳凰は金運財運を運んできてくれると言われています。新一万円札にも印刷されていますよね。

とても縁起が良いとされていて、この壁紙や待ち受けにすることでギャンブル運やくじ運も上がるそうです。お金に関する運だけでなく、更なる幸せも運んで来てくれると言われています。

弁財天

日本古来より八百万の神々がいると言われていますが、そのうち七体の神仏を選び七福神としたそうです。そしてその七福神の中で唯一の紅一点、白蛇を使いとしていて琵琶を弾いている姿をしています。

財宝神とも呼ばれていて、商売繁盛などの現世の利益を祈願する神様として知られています。富や財を呼び寄せ縁起が良いと言われています。そんな弁財天の壁紙は金運やご利益がある事間違いないですね。

大黒様

大黒様も七福神のうちのお一人です。現世利益を与えてくれる神様と言われており、商売繁盛だけではなく、子孫愛育、五穀豊穣、出世開運や縁結びにもご利益があるそうです。大黒様の出で立ちは福耳にふっくらとした体つき、打ち出の小槌と袋を持っていることから金運が上がる神様としても有名です。

特にくじ運に優れていて、宝くじの祈願をする人も多いようです。宝くじを購入した際は壁紙や待ち受けを大黒様にすると効果が表れると言われています。

宝船

宝船は宝や米俵、七福神を乗せた船の模型や絵などがありますが、絵はお正月の2日の夜に枕の下に敷き初夢を見る為の縁起物と使われていたりしています。そんな七福神や宝が乗った船の壁紙はまさに縁起が良いのは当たり前のような気がしますよね。

特に金色の宝船に乗っている七福神の壁紙は金運を呼び込み運気も上げてくれると言われています。

ガネーシャ

ガネーシャはヒンドゥー教の神の一柱でお金の神、学問の神、開運の神、商売繁盛などすべてにおいて夢を叶えてくれると言われています。象の顔で人間の体の体のガネーシャは愛嬌がありとても珍しい神様です。世界中でも人気ですが、日本でも「夢を叶えるゾウ」で有名になりましたよね。

またガネーシャの周りにはいつも小動物がいて人からも愛されている事から、財運を司り金運も常に寄り添い運気を上げてくれるとされています。その為ガネーシャを壁紙や待ち受けにする事により、人々が集まりお金も自然と集まって来ると言われているのです。

金運アップする画像《縁起物》

置物などで運気や金運を上げるアイテムがありますよね。それを壁紙や待ち受けにする事で金運がアップするとか。

一体どんな縁起物の壁紙や待ち受けが金運を招き寄せてくれるのでしょうか?

金のだるま

金のだるまは招き猫と同じく縁起物として昔から重宝されていました。現代でも開運のアイテムとして多くの人がだるまを置物としています。

そして壁紙として金運アップするには、金のだるまが良いそうです。金運を上げたいと願いを込めていれば金運アップもどんどん引き寄せてくれるでしょう。

金の招き猫

招き猫は昔から商売繁盛や開運金運の縁起物として有名ですよね。特に右手を挙げていて金色の招き猫はくじ運アップとされています。

この金の招き猫を待ち受けにした翌日に宝くじを購入した人が高額当選したとの報告がたくさんあるようです。

金の玉

特にギャンブルの運気を上げたい人は、この金の玉の画像が運気を引き寄せてくれるそうです。見ているだけでも運気が上がりそうですよね。

またこの画像を待ち受けにした際は、良いイメージ、プラス思考でいる事が大事なようです。徐々に効果が表れてくるらしいので、すぐに効果が表れないからやめてしまうのではなく、長期にわたり壁紙や待ち受けにすると良いようです。

五つ葉のクローバー

四葉のクローバーには葉の一枚一枚に幸運・成功・愛・富・健康の意味があるそうです。

そして真実の愛を表しているのですが、五つ葉のクローバーには金運や財運の上昇を意味しているようです。この場合はイラストの画像でも構わないそうです。

金運アップする画像《お金》

金運を上げるにはやはりお金の壁紙や待ち受に効果があるようです。少し抵抗がある人もいるかもしれませんが試してみる価値はあるかも知れません。

札束

札束の画像を壁紙や待ち受けにする事で金運が更にアップさせると言われています。その札束の画像はより多くの札束が良いそうです。自分自身のイメージも付きやすく、そのお金に向かって努力していく力も身に付くようになるのだそうです。

この札束の画像を待ち受けにしたことで大きな仕事が決まったり、臨時収入があったりとの報告が多くあるそうです。

金の延べ棒

金の延べ棒だなんていかにも金運が上がりそうですよね。本来は本物の金の延べ棒を身近に置いておくとそれだけでも運気があがるとされているのですが、実際手にすることは難しかったりしますよね?

その為、せめて金の延べ棒の画像を壁紙や待ち受けにする事でお金をどんどん引き寄せてくれる効果があるそうです。

金運アップする画像《生き物》

実際にいる生き物そのものにも金運をアップするそうですが、蛇などは実際に飼育するのは難しいですよね。

その為画像にして持ち歩くことで金運をアップさせることが出来るようです。そして空想の生き物にも金運を上げてくれる意味があるようなので、それぞれ紹介していきますね。

カエル

カエルには還る・帰る・返ると言う意味から、お金が返って来る、幸運が還って来ると言われていて、お金と縁の深い動物とされています。また商売繁盛にも繋がり、出て行ったお金が返って来る、お客様が帰って来るといういわれから店先に置かれている事が多いようです。

玄関にカエルの置物を置くのも運が上がり戻って来ることから重宝されています。カエルの画像を待ち受けにする事で金運がより上がり自分自身に戻って来ると言われているため壁紙にしている人たちも結構いるようですよ。

虎は昔、日本には生息していない幻の動物とされていて、日本人は誰も見たことが無い空想の動物とされていました。その空想だった虎は屏風などの絵で伝わっていましたが、古来よりある暦や干支に出て来ているのは中国から来ているからなのかも知れません。

金運を運び家族を邪気から守ってくれると言われている虎。待ち受けにする事で黄金の毛並みと虎の力強さが金運アップへと繋がり運気も上昇させてくれるのでしょう。

鯉は神の使いとされていて日本でも大切に育てられています。また商売繁盛の守り神と崇められ、富裕層に鯉を飼っている人が多いのはそんな理由からなのかもしれません。そして特に黄金の鯉は開運・金運・商売繁盛など幸運の象徴とされているので壁紙や待ち受けにする事で効果が表れるとされています。

また鯉の数が多ければ多いほどより多くの金運を招き、ギャンブル運やくじ運アップにもつながるという事です。

白フクロウ

白フクロウは福を招くと言い伝えられています。それは不苦労や福の語呂合わせから来ているようです。また海外でも知恵を司る女神の使いとして信仰されていて、知恵により大きな富を呼び込んでくれるシンボルともされています。

そしてフクロウは夜行性で暗闇の中でも遠くを見渡せる事から先見の眼があり先々の金運を引き寄せてくれると言われているのです。

白蛇

神の化身と言われている蛇ですが、 中でも白蛇は特に霊性の高いと言われています。神の使いとされていて古来より縁起の良く幸運を引き寄せる生き物として扱われていました。また白蛇の抜け殻も幸運が訪れるって言われていますよね。お財布などに入れておくと良いとの伝えもあります。

そんな白蛇を壁紙や待ち受けにする事で金運が上がるようです。くじ運やギャンブル運も上がるので、とても期待できるでしょう。ただし、ネガティブな気持ちでギャンブルなどをするとぎゃくこうかになりますので注意しましょう。

金の蛇

昔から実際に蛇を見たりすることは幸運や金運アップの象徴とされています。上記の白蛇でも金運アップするとお伝えしましたが、金の蛇の画像は更なる力があり、強力な金運を上げてくれるようです。

金の蛇を待ち受けにする場合はイラストよりも写真の画像にするのが必須です。白蛇はギャンブル運に効果が高いですが、金の蛇は現金そのものが多く入る意味があるようなので、壁紙や待ち受けにする時には使い分けてみるのがおすすめです。

金の馬

競馬や競艇なども含め、ギャンブル運やくじ運が上がるのは金の馬の画像だとされています。飛躍感があり、金運をどんどん上昇させてくれると言われています。

金色自体そのものにも金運を上げる効果があるようです。ただし金運の浮き沈みが激しいと言う意味もあるので気を付けてください。

金の龍

金の龍は金運アップに有名な画像です。金色に光り輝く龍神様は金運をあげてくれると言われています。また更に金の龍神様と共に皆既日食のイラストが描かれている待ち受けには更なるパワーがあるとされているそうです。

龍神様と水は深いつながりがあり、吉方位にお水(ご神水)を供えると良いともいわれています。同時にやる事で更なる金運が訪れるでしょう。ただし、くれぐれもスマホやPCに水をかけないように気を付けてくださいね。

金運アップする画像《景色、天体》

絵画でもよく見られる富士山や景色、惑星などの天体にも金運を上げる画像があります。

部屋にその絵画を飾る事で他の運気を上げる事も出来るそうですが、金運を上げるにはどんな画像が良いのでしょうか?

富士山

富士山は霊峰と呼ばれ修験者にとっての聖地なんだそうです。そして日本の象徴とされている富士山。富士の山にはいまだに不思議なパワーが満ち溢れていて見ているだけでも金運へと導いてくれそうです。

富士山には新屋山神社があり、お金にまつわる神社がある事から更に金運が上がるとされているのかも知れません。富士山周辺にもたくさんのパワースポットがあるので、富士山の画像を壁紙や待ち受けにする事で金運アップも間違いないと言えます。

赤富士

昔より霊峰の富士山が朝日を浴びて赤く染まっている姿は、めったに目にすることが出来ず素晴らしい絶景です。それを見たものは縁起が良く金運が上がっていくと信じられているそうです。

また富士山は日本の太祖山なのでその絵や写真を壁紙や待ち受けにする事で良い気を導いてくれると言われています。商売繁盛に加え、悪い縁を断ち切ってくれるともいわれているそうなので、悪い気を流し新たな運気と共に金運も上がっていくでしょう。

黄金の富士山

黄金の富士山は金運アップの壁紙や待ち受けとしてかなり定番で有名な画像です。普通の富士山と比べ黄金に輝く富士の山の画像はザクザクとお金が入って来ると言われており、その効果は絶大なんだそうです。

また富士山自体が右肩上がりのイラストだと金運を右肩上がりになると言われていますので、ぜひ探してみてください。

太陽

太陽には金運を上げる力があります。特に朝日と夕日にその力が強いとされていて、実際にその太陽を浴びる事が一番の金運アップ方法なんだそうです。太陽の光を浴びながら願いが叶うイメージで深呼吸すると良いでしょう。

なかなか難しい人は壁紙や待ち受けにする事でお金の流れも良くなり多くの金運を引き寄せる事が出来ます。なるべく光がしっかりわかる画像が良いそうです。

土星

土星は惑星の中でも2番目に大きいとされているとてもパワーのある星です。その大きなパワーから金運の力を与えてくれるそうなのです。特に仕事や人付き合いから繋がる金運に効果があるようです。

国内だけでなく世界へと通ずる大きな仕事と出会う事があるかもしれません。また土星の待ち受けにする事で癒し効果もあるそうなので是非試してみてください。

満月

満月にはあらゆる気を増し効果を上げる力があるそうです。満月の画像を壁紙や待ち受けにする事で、その気も増長されて金運にも効果が表れるようです。満月にはものすごいパワーとエネルギーがある為必ずプラス思考でその画像を見るようにして下さい。

くれぐれもマイナスな思考や心でいると強い引き寄せから悪い物まで吸収してしまうので気を付けましょう。

金運アップする画像《パワースポット》

日本にはたくさんの神社などのパワースポットが存在しています。その中でも金運アップに強力な画像の場所を紹介していきます。

今戸神社(東京都)

今戸神社は東京の浅草にあり、金運が上がるとされていて男性や女性に人気の場所です。今戸神社は、招き猫発祥の地のひとつとしても知られています。

そして拝殿のわきにある対になっている招き猫の石像があります。その画像を待ち受けにする事で宝くじが当たったなどとテレビでも話題となり、くじ運や金運アップの神様として有名になりました。人間関係の良好や商売繁盛などの効果もあるそうです。

明治神宮「清正井(清正の井戸)」(東京都)

清正の井戸は富士の山からの龍脈の線状にあり、メディアなどでもとても有名になりました。清正の井戸の水面の画像はとてもきれいで待ち受けにするだけで癒し効果もあるそうです。運気が上がった人や就職が決まった、恋愛が成就した、素敵な出会いがあり結婚が決まったなど様々な効果が表れているそうですが、大きな仕事が決まったなどと金運アップの効果にも期待があります。

中でも一番効果がある画像は井戸の水面が動いて波打っている壁紙や待ち受けの効果が高いとされています。

金持神社(鳥取県)

金持神社は古来より玉鋼(たまはがね)の産地として有名であり、玉鋼は黄金より貴重な物だと言われていた事から金の採れる谷を多く持つ郷とされ、金持と呼ばれるようになったそうです。

実際「金持」とは「かねもち」ではなく「かもち」と呼ぶそうです。宝くじ運がある事から全国よりたくさんの方が来るそうです。なかなか遠出できない人は壁紙や待ち受けにする事でくじ運と金運アップへと導いてくれるでしょう。

白蛇神社(山口県)

白蛇には運気や金運が上がるとされていますが、それを祀っておられるのがこの白蛇神社です。手水舎には幸・福・財と書いてある3つの俵を抱いている白蛇の口から水が出ていて、いかにも金運が上がりそうな雰囲気です。

生きた白蛇を見る事も出来るこの神社の画像を壁紙や待ち受けにする事で金運は間違いなく上がるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は壁紙や待ち受けにする事で金運が上がると言われている画像を紹介していきました。イラストでも効果が出るものから、写真の画像じゃないと効果が表れないものもありました。皆さんに合った画像はありましたでしょうか?

また待ち受けの色にも意味があるそうです。オレンジは出会いや子宝に恵まれる、ピンクは恋愛運、ゴールドは金運を高めてくれます。自分の今年のラッキーからを使うのも良いですが、うまく使い分ける事で自分自身の運気を上げる事が出来るようです。

壁紙や待ち受けにする期間は最低でも1か月は必要なようです。短期間ですぐに変えてしまうとご利益が得られないので気をつけてくださいね。この記事をきっかけに更なる幸せが訪れるよう願っております。

関連記事として、

《手相占い》金運・財運が上がる手相とは?見方を紹介!

どんな財布が金運をアップさせる?ラッキーカラーや素材、モチーフを紹介!

これらの記事も読んでみて下さい!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする