《夢占い》遅刻する夢の意味を紹介!どこに遅刻するかで意味が変わる?

「早くいかないと遅刻しちゃう!」「学校や会社に間に合わない!」などのような遅刻する夢は、誰でも一回は見たことがあるのではないでしょうか?

朝びっくりして目が覚めた!なんてあまり良い朝とは言えませんが、このような遅刻する夢は私たちにどのようなことを暗示しているのでしょうか?

夢占いから、遅刻する夢の意味を知ると普段の自分の状況や気を付けることがわかって毎日がもっと過ごしやすくなるかもしれません。

遅刻する夢が暗示していることとは?

一般的に、遅刻する夢は、夢を見ている人の深層心理下で、対象とする物事や人などからの逃避を願っているときに見るといわれています。そのため、誰でも一回は遅刻する夢をみているといわれています。

例えば夢の場所が学校や会社などの職場であれば、心の中では行きたくないと感じていたり、さぼってしまいたいと感じている時に見ることがあります。もしくは責任感から遅刻をしてはいけないというプレッシャーでそのような夢を見ることもあります。

一方夢占いの解釈では、遅刻の夢は逃避以外にも、チャンスを逃してしまうことや信用が落ちる、時間を大切にすることを暗示しているといわれています。

また、そのシチュエーションやその後の夢の状況などによって、暗示していることが変化してくるので、同じ遅刻する夢でも解釈はさまざまです。今の自分にとって一番当てはまる解釈を導くためにも、しっかりと夢の暗示を見極めたいですね。

シチュエーション別の遅刻する夢の暗示とは?

シチュエーション別の遅刻する夢の意味を紹介します。

学生生活

基本的には、夢を見ている人が学生の場合で、夢の舞台が現状と同じであれば、その感情がそのまま夢に出ていることがあります。

もし社会人になってから見ているのあれば、学生の当時に抱いていた学校に対する感情が出ていることがあります。

学校に遅刻する

学生の場合は、学校に対する後ろ向きな気持ちの現れを暗示します。また成績や授業に対して心配していることを暗示しています。

社会人の場合は、自分の仕事に対しての不安や後ろ向きな気持ちを暗示しています。

いずれにしても、自分の状況に後ろ向きな感情を抱いているときに見やすい夢です。

さらに夢の中で遅刻してしまうことから、行かないという選択肢を選んだ場合は、今の状況下のルールを守りたくないということを暗示しています。

授業に遅刻する

学校に遅刻する夢と同様、後ろ向きな感情の現れでもありますが、合わせてやらなければならないことができそうにないから逃げたいという逃避願望をも暗示しています。

学生が見た場合は、学校での生活や厳しい規則、学業の現実などからの逃避願望を表し、社会人が見た場合は、社会人としての道徳、または会社での厳しいノルマなどの現実から逃避したいという願望を暗示しています。

しかし学生や社会人ともに、遅刻したことを焦っていたり、反省していたり、そのあとの責任を取ろうとした場合には、これから幸運が来るという暗示でもあります。

その反対に、遅刻しそうでも焦らないという状況では、チャンスはまだ先ということを暗示しています。

このように夢の状況によって夢占いの解釈も変化してくるので、注意しましょう。

試験に遅刻する

試験に遅刻する夢は、基本的には自分に自信がなく、後ろ向きの精神状態を暗示しています。

夢占いでは、試験に遅刻する状況から起こる結果が解釈の違いにつながります。

試験に遅刻しても試験を良い結果で合格したり、乗り越えたりした場合、これは物事に失敗するなどの警鐘夢です。

反対に遅刻して結果が悪かった場合は、これからの運が上昇するという暗示になります。

入学式に遅刻する

入学式といった最初のセレモニーで遅刻する夢は、不安もあるけれど、今の状況や生活から変化したいという願望の現れです。

夢を見た人の運気も上がってきていたり、気持ちもあるということを暗示しています。新しく何かをはじめるのにいい状況がすぐそこまで来ていると考えてよいでしょう。

しかし夢の状況で、遅刻することに対してあまり焦っていない場合は、新しいことや物事に関心はあるものの、何から手を付けてよいかわからない状態にあることを暗示しています。

卒業式に遅刻する

卒業式も一区切りのセレモニーです。そのような式に遅刻する夢は一見警鐘夢のように感じますが、これは吉夢です。

今までずっと悩んでいた問題や人などについて一区切りつくことや解決する糸口が見つかったり、運が上昇してきていることを暗示しています。

恋愛関係

デートに遅刻する

デートする夢は、夢占いでは、恋愛関係に対する興味や実際の恋人などへの不安や不満を暗示するといわれています。

夢の中でうまくいっているときは警鐘夢で、険悪なムードの時はこれからよい発展があるといわれています。

そしてデートで遅刻してしまう夢を見たときは、恋愛のチャンスを失うことを暗示しています。

さらに夢の中で遅刻して焦っている場合は、恋愛中自分のことばかりを考えてしまってるという暗示です。相手の気持ちを思いやれていないという暗示なので注意しましょう。

また夢の中で遅刻してもあまり焦っていない場合は、恋愛のチャンスが先延ばしになったり、恋愛関係になるのが遅くなる暗示です。

反対に、デートの相手が遅刻する夢の場合は、相手が自分のことをきちんと理解していないのでは?と感じたり本当は自分に気持ちがないのでは?と疑心暗鬼になっていることを暗示しています。

お見合いに遅刻する

お見合いに遅刻しそうで焦っている夢は、チャンスや運気を上手につかむことができない状態を暗示しています。

遅刻しそうでもあまり焦っていない夢の状況では、そのチャンスや運自体に気がついていないという暗示です。

もしお見合いに遅刻してしまい、謝罪している夢を見た場合は、自分の努力から、これからのチャンスや可能性が広がっていくという暗示です。

結婚式に遅刻する

自分の結婚式に遅刻する夢の場合は、今の状況、恋愛関係や婚約者やなどに不安や不満があることを暗示しています。

もし実際、婚約中であれば、今後の結婚生活に対する不安や不満を感じているのかもしれません。

ほかの人の結婚式に遅刻する夢をいた場合は、現状やらなければいけないことから逃げてしまいたいと思っていたり、なかなかできない状況を暗示しています。

職場

会社やアルバイトなど職場の夢は、基本的にその現状に対しての思いが現れます。仕事に対する期待や不安をそのまま反映します。

きびきびと思い通りに働ける夢であれば、日々順調であることを示します。しかし嫌な気持ちで働く夢は思いがけないミスをする可能性があることを暗示していたりします。

日常生活でストレスが溜まってきている可能性もあります。

会社に遅刻する

会社に遅刻する夢は、仕事に対しての不満や仕事関係の状況から起こるストレス、責任などの重圧から逃れたいという暗示です。

遅刻しそうで焦っている場合は、その解決のための希望が見えている可能性を含んでいますが、気持ちは後ろ向きになっていることを暗示しています。

一方遅刻する可能性があるのに、焦らずのんびりしている夢は、仕事に対して、努力しても報われないと感じている時や今の職場に限界を感じ、転職を考えているときに見ると言われています。

どちらも思考が後ろ向きであることを暗示しています。

一方、遅刻してしまった結果、上司や同僚などに叱責される夢は、その相手に対して後ろ向きな気持ちがあり、現実世界での苦手意識を反映してます。

アルバイトに遅刻する

アルバイトに遅刻する夢は、夢を見ている人の職場に対する意識の低さを暗示しています。働くということに対する真剣さの欠如であったり、働きたくないという気持ちの暗示でもあります。

もし、今職場の人間関係などのトラブルがあるなら、このような気持ちからさらに事態が悪化する可能性があることを暗示しています。

同僚が遅刻する

会社やアルバイトなどの職場の夢で自分ではなく同僚が遅刻する夢を見た場合、それは誰かがあなたを妨害しようとしている可能性を暗示しています。

この場合、夢で見た遅刻した同僚とは限りません。

乗り物

交通機関に乗り遅れる(遅刻する)夢を見ることもありますね。

電車に乗り遅れる

生真面目な性格であったり、何かやらなければいけないことが気になっていてストレスが溜まってるときに見ることが多いそうです。

このような追い詰められた状況から逃げたいという気持ちを暗示しています。

飛行機に乗り遅れる

飛行機の夢は、自分の将来の目標や理想、夢をあらわしています。またそれらの大きな目標に向かっていく気持ちの表れでもあります。

夢占いで飛行機に乗り遅れる夢は、そのような大きな目標や理想がじぶんにとって高すぎるのではないかという暗示です。また転じて、理想以上に高い位置にいきたいと願っている暗示でもあります。

遅刻した結果からみる夢の暗示とは?

遅刻する夢の状況判断から、現状やこれからを暗示することがあります。

遅刻して焦っている

遅刻して焦っている夢は、基本的に今訪れている幸運やこれから上昇する運気を逃してしまう可能性があることを暗示しています。

もしくはそのような事態になるのではないかという不安の現れが夢に反映されている可能性があります。

遅刻しても焦らない

遅刻しても焦らない夢は、これから訪れる幸運やチャンスはまだ先にあるから大丈夫という気持ちがあるときに見ることがあります。

または努力しても報われないという気持ちがあるときにも見ることがあります。

遅刻した結果、欠勤してしまう

遅刻した結果、欠勤や欠席してしまう夢は、やり残したことがあるという後悔を暗示しています。

物事に対しての失敗や大きなチャンスをつかみ損ねたなどの後悔を周りのせいにしていたり、そのような不運の弁解をしたいと思っている暗示でもあります。

まとめ

いかがでしたか?

遅刻する夢は、見る人の深層心理を表していることが多くありましたね。このような遅刻する夢を見たときは、自分の今の状況や心理状態を冷静に見るチャンスだと思いましょう。そしてこれからの幸運をつかむためにも、日々前向きに過ごしていきましょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする