《夢占い》仏壇の夢の意味を紹介!仏壇の状態をチェック!

時代の流れか宗教観の違いによってか、今は一度もお家に仏壇がなかった方もいらっしゃいますよね。でも日本で暮らす日本人なら、仏壇を見たことがないという方はまれだと思います。

古くから仏壇は家族の中心にありました。仏壇の前で手を合わせることによって、ご先祖さまに日頃見守ってくれることへの感謝の念を伝えたり、亡くなった親族を偲び、対話をするためのものでした。

仏壇の夢をみたとき、真っ先に思い浮かぶのは何だったでしょうか、身内の顔でしょうか、神や仏などのスピリチュアルなものでしょうか。

亡くなった親族に対する思い入れも表していますが、仏壇の夢にはこの世とあの世の境界であり、見たことのない先祖、あるいは神や仏に対するあなたの思いの象徴でもあります。

主だったものから紹介していきましょう。

仏壇の夢の意味について3つ

仏壇が出てくる夢の意味を、大きく3つに分けてご紹介します。

①故人への思い

そもそも「仏壇」とは、生活する家の中に置く、小さなお寺と考えられています。

本来、そこにまつられるのは信仰する宗教の礼拝の対象として置かれるご本尊なのですが、現代では先祖代々の位牌や遺影も置かれることが多いです。

そのことから、現代では信仰の対象というよりは、見えないけれど近くで守ってくれているであろう、先祖代々の霊の居場所、そして亡くなった親類を偲ぶためのものという考え方になっています。

夢にでくる仏壇は、先祖からのメッセージを表していることがあります。ひいては家族関係についての暗示もあります。

②スピリチュアルなメッセージ

先祖や亡くした親族を偲ぶ場所ではありますが、仏壇の本来の意味としては、やはり名前の通り、仏・菩薩をお祀りするためのものです。

家庭に置かれる仏壇の形は、寺院にある本堂、ご本尊を安置している神聖な場所である内陣を小型にして、箱型にしたものです。

仏壇や神棚など、信仰に関わりのあるものは、信仰心の有無や信仰する宗派に関わりなく、夢の中ではスピリチュアルなものをあらわします。

科学的な説明のつかないパワー、また、自分は何故生まれてきたのか、生きている意味とは、そういった見えない世界や自分の内側を探ることに、意識が向いているのかもしれません。

③心身の状態の反映

仏壇や仏壇のある部屋は、心を落ち着かせ、静かに手を合わせる場所であることから、あなたの心身の状態を示しています。

綺麗に手入れされた仏壇は心身の健康で安定しており、運気も上昇している状態、埃にまみれた仏壇は、あなたの心に余裕がなく、大切なものを見失っている状態を暗示します。

仏壇の状態によって変わる意味

どのような仏壇の夢であるかによって、夢の意味が変わってきます。主だったものから紐解いていきましょう。

綺麗な仏壇

掃除の行き届いた、綺麗に保たれた仏壇の夢は、家族間に慶事が訪れる前触れです。また、個人的の運気も上向きで、先祖からの恩恵も受けてることを教えてくれています。

仏壇に光が差し込む様も、家族に喜びが訪れるサインです。良い知らせが舞い込んできたり、とんとん拍子にものごとが進んでいきます。明るい部屋にある仏壇は、悩み事を抱えている人の心の曇りが、光によって溶かされるように解消するでしょう。

きちんと手入れされ、さらに、お供え物や献花などがたくさんある仏壇の夢は、心身の健康や家運の上昇を暗示しています。思わぬ幸運がやってくるかもしれません。

汚い仏壇

お供え物もなく、掃除も行き届いていない仏壇は、家族間に心配事が起こる暗示です。

また、暗い印象の仏壇は心にゆとりのない、殺伐とした気持ちでいることを暗示しています。あなた自身を大切にできていないことを意味している場合も。

わが身を振り返り、ご先祖様に感謝する気持ち、そして自分を取りまく人への感謝を忘れず、思いやりを持つよう心がけましょう。

壊れた仏壇

仏壇は、実は家の中でトップクラスに高額な家財道具の一つです。

当然いいものには修繕も相応の費用がかかります。費用がかかるから、手間がかかるからと、壊れた仏壇を放置してはいませんか?

壊れた仏壇の夢は、あなたや、あなたの家族に何らかの危機が迫っていることを暗示しています。病気や事故などの災難かもしれません。

しかし壊れた仏壇を修復できる夢なら、危機が襲ってきても、祖先や目上の人の助け、家族の力をあわせることで乗り越えることができるでしょう。

現実の仏壇も壊れた個所がないか、一度チェックしてみましょう。

誰の仏壇?

そもそも、夢に出てきた仏壇は、誰のための仏壇だったでしょうか。

例えば近しい身内、祖父母などの位牌や遺影がある仏壇だった場合、その故人があなたに伝えたいことがあるようです。故人の回忌供養をないがしろにしていたり、墓参りを忘れていたりしていませんか。

位牌が揺れたり倒れていたり、異常を感じる夢の場合は、故人が貴方に怒っています。行動や考え方に問題があるという訴えです。改めなければならない問題がないか、特に家族関係に問題や違和感はないか、よく考えてみてください。

先祖代々の位牌がある仏壇の夢は、自分のルーツ、祖先を象徴しています。

位牌が燃える夢は、家族に関わるトラブルがある暗示、またはちゃんとした先祖供養をしてほしい先祖からのメッセージである場合もあります。間違った先祖供養はしていませんか?調べてみるのもいいかもしれません。

また、あなた自身の写真があった場合、あなたは人に愛されている自信がありません。もっと自分を愛して欲しいという感情を抱えています。自己肯定感が低く、もっと言葉に出して愛情を伝えて欲しいという深層心理の表れです。

気持ちというものは、言葉に出さないと相手には伝わることはありません。恋人のいる人は、お互いに言葉でのコミュニケーションがうまくいっていないようです。まずはあなたから、相手に愛していると伝えて、もっと愛情表現を言葉に出してほしいという気持ちをきちんと伝えましょう。

あなたと仏壇が表す意味

夢の中で、あなたは仏壇に対してどのようなことをしていましたか?仏壇とのかかわり方による意味について紐解いてみましょう。

仏壇に向かって拝んでいる

仏壇に向かって拝む夢は、目上の人を敬い、人に感謝する気持ち、思いやりを持っていることを表しています。自分は周りの多くの人から支えられていると感じており、小さな幸せを大切に人生を生きていることを表しています

誰か特定の人物に対して手を合わせている状態は、その人物に対しての思い入れを表し、会いたいなどの願望を表しています。

仏壇に向かって、無心で、または穏やかな心境で手を合わせる夢は、今の幸せな生活はあなたの努力次第で続いていくことを示し、そして何かを守りたいというあなたの気持ちの表れでもあります。また、気持ちの持ち様を変化させるような出来事が起こる暗示です。

必死に祈り、拝む夢は、自分一人では解決できない問題、虚しい思いを抱えている心の状態を表しています。何かを強く祈っている夢は、心の問題や負担を解消させたいという気持ちです。執着心が強く出ていて、周りがよく見えていない状態を、先祖から警告されているのかもしれません。

また、意識がスピリチュアルな方向に向いていことも示しています。精神的な世界を覗き、何かを得たいと思っているのかもしれません。

仏壇を掃除する

仏壇を掃除する夢は吉夢です。

あなたやあなたの運勢がこれから上昇していく暗示です。物事がスムーズに進んでいくでしょう。

特に、全く手入れをされていない、埃だらけだったりお供えが置きっぱなしだったり、献花が枯れて荒れ放題の仏壇を綺麗にすることができたらなら、それだけ大きな運気の上昇のサインだと思ってください。

暗く汚れた仏壇は、あなたやあなたの家族間の、現在の苦境を表しています。それを自分の手で払拭したのです。きっと現実の問題もあなたの手によって、または祖先・神仏の導きで、払拭することができるでしょう。

また心身の浄化も表します。あなたの精神状態が良い方向に向かっている表れです。

仏壇を買う

家族のことを大切に思う気持ちの表れです。

また先祖、故人など、自分のルーツへの思いが強まっているようです。自分の地盤を固め、あなたの心が前向きになっている状態です。

仏壇が燃える

仏壇が燃える夢は、家族間にトラブルや災いが起こることの警告夢です。

仏壇が壊れる夢ほど深刻な状況ではないようですが、家族に心配事が起こる凶兆です。自分自身、そして家族のことに、普段以上に目を配るようにしてください。

仏壇に虫が入り込む

バッタやかまきり、蛾、クモ、ゴキブリなどの虫が仏壇に入り込む夢は、家族の間に災いや厄介事が起こることの予兆です。

しかし夢の中で、うまく退治したり、追い出すことができれば、最小限に抑えることができる暗示です。

蝶は夢の中では、霊魂を象徴します。生死にかかわる、霊的なメッセージをもたらすとされています。蝶が仏壇に入る夢は、誰かの死を予兆しているかもしれません。気をつけていてください。

ろうそく・線香に火を灯している

仏壇のろうそくに火を灯している夢は、ロウソクやお線香にスムーズに火がつく夢なら、
心身の状態が健全であることを表しています。

また、ご先祖さまからの助力を受けている時期であることを表しています。日々、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

特に、暗闇の中にある仏壇にろうそくの火を灯す夢なら、思わぬ幸運が訪れることを予告しています。今は先が見えないかもしれませんが、いずれ明るい展望が開けてきます。先祖の力に依り、自分磨きもかさね、一心に努力をすれば必ず明るい未来が開けてくるということを教えてくれています。

反対に火がなかなか点かない場合は、心身の状態が低下してることを暗示しています。体調管理に気を付けましょう。

まとめ

仏壇が印象的に現れる夢は、祖先からの助言、訴えであることがあります。

夢にでてきた仏壇が、親しい親族に抱くような「良い」印象であるのなら、基本的に吉夢、嫌悪感を抱く「悪い」印象であるのなら、要注意です。

自分ではしっかり供養をしているつもりでも、実際は誤った供養になっている可能性があります。 祖先の居心地が悪い思いをしているのなら、現世の人間を扶ける余力はないかもしれません。穏やかに見守っていただくためにも、正しい先祖供養ができているか、しっかり一度しかるべきところに相談して、調べてみみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする