足を組む行動の心理とは?右足・左足どちらが上にくるかで変わる?

日常で生活していく中で足を組んでいる人を見たことはありませんか?もしくはあなた自身が足を組んでいませんか?電車で座っているときや、カフェにいるとき、仕事中など、足を組んでいる人って結構多いですよね。

意識して足を組んでいる人もいれば、無意識に癖で足を組む人もいます。人はなぜ足を組むのでしょうか。足を組んでいるとき、どのような心理状態なのでしょうか。

今回は足を組む人の心理や身体に影響はないのか調べてみました。

足を組むのは健康に悪いらしい

よく足を組んでいる人を見かけますが、実は足を組むのって健康に良くないと言われています。足を組むことでどのような害があるのでしょうか。

足を組むことの3つのデメリット

癖でよく足を組んでしまうという人は多いと思います。足をそのままおろすより組んでいる方が落ち着くという人もいますが、足を組むことには3つのデメリットがあります。

    1. 骨盤が歪む
    2. 背骨が歪む
    3. 顔が歪む

例えば、左足を上にして組むと、左足が前に引っ張られて、左側の骨盤も引っ張られます。癖で足を組んでいると、骨盤が少しずつ歪んでしまいます。骨盤が歪むと腰痛になりやすくなったり、女性の場合は生理痛がひどくなるなどのリスクを抱えています。また、情緒不安定になることもあるようです。また、骨盤が歪むと少しずつ背骨も歪みますので、腰痛になりやすくなり、椎間板ヘルニアになる可能性が高くなると言われています。

そのため、もし腰痛持ちで悩んでいる人がいたら、癖で足を組んでいないか確認してみましょう。普段姿勢を悪くしていると、骨盤が歪み身体全体に歪みを及ぼします。顔が歪んでしまうこともあります。顔が歪んで左右非対称になると、ほうれい線ができやすくなるので注意しましょう。

足を組む人の7つの心理

足を組むのは健康に悪いことだと説明しましたが、ではなぜ人は足を組んでしまうのでしょうか。ここでは足を組む人の心理をご紹介します。

セクシーアピールをしている

足を組む人の心理としてまず挙げられるのがセクシーアピールという事です。美女やイケメンが足を組みながらお酒を飲んでいるのをイメージしてみてください。美女やイケメンが足を組むと、より色気が出たり、かっこよく見えたりするものです。

これをイメージして足を組んでいる人が中にはいるのです。

例えば、1人で食事をしているときに気になる異性が来て、つい無意識に足を組んでしまうという人はこの心理状態にあると言っていいでしょう。

特に美人な女性ほど足を組んでいるとより魅力的に見えますから、セクシーアピールをしているということは間違いないと言えます。中にはただかっこつけているだけだと思われたり、ナルシストと思われることもありますが、異性の前ではいつも足を組んでいる人はセックスアピールをしているのだと考えると納得がいくでしょう。

リラックスしている

足を組むことで落ち着くという人が結構います。よくパチンコや競馬場など勝負の場で足を組んでいる人がいます。パチンコの場合は当たらないことのイライラや緊張上状態を和らげて落ち着こうとしているのです。

よく足を組む人に「なぜ足を組むの?」と質問すると、「なんとなく落ち着くから」と答える人が多いことからわかりますが、足を組んでリラックスできる人がとても多いのです。そのため、足を組む事はリラックス効果があるのだと言えます。

緊張状態をほぐしたくて足を組んでいる人にとっては、自分を落ち着かせるために必要な行為であり、安心できるように行っているのです。

考え事やアピールをしている

よく足を組みながら考え事をしている人をみかけませんか?足を組んで顎に手を当てると、目線が上を向き、考え事しやすいようです。また、アピールをするために足を組んでいる人がいます。

足を組んで考え事をしていることをアピールすることで、知的に見えたり、すごい人に見えると考えているのです。

このようにアピールをするために足を組む人は自己顕示欲が高く見栄っ張りな人や逆に自信が無い人が自信家に見せるために行う傾向があり、足を組むことで、欲求を満たそうとしているのです。

ちなみに足を組んでいるときに手を口に当てている人は嘘つきである可能性が高いため、嘘をついているかもと警戒心を持ったほうが良いでしょう。

自己防衛

討論やミーティングなどの場で足を組んでいる人がいますが、この場合足を組むという好意は自己防衛しようという本能が働いていると言われています。負けないように、自分を守ろうとして、無意識に足を組んでいるのです。

逆に自分の考えや意見を言うときは堂々と構えているのであれば、特にその傾向が高いです。

また、自分の知られたくないことや地位を守りたいときや、ついている嘘がばれるかもしれないというときなどに自己防衛で足を組む傾向があると言えます。

イライラしている

足を組んでいて、なおかつ上にきている足のつま先を小刻みに動いているときは、イライラしている可能性が高いです。足を組むことでリラックスできると言いましたが、つま先を小刻みに動かすことで、心を落ち着かせてイライラを鎮めようとしているのです。

また、動かすと、足の血行が促進されますし、イライラとした感情から自分を守ろうと自己防衛本能が働いて、無意識にやってしまうのかもしれませんね。

小刻みに動かすのはいわゆる貧乏ゆすりのようなものなのですが、貧乏ゆすり自体に気持ちを落ち着かせる効果などさまざまなメリットがあるため、貧乏ゆすりしているからと言ってマナーが悪いなどと決めつけないで温かく見守ってあげてください。

拒否反応

誰かと一緒にいて、相手とは別の方向に足を組んでいる場合、これは拒否反応から行っている可能性が高いです。

足が相手とは別の方向に向いているというのは「早く話が終らないかな」や「この場から離れたい」などという心理が働いています。主に苦手な人や嫌いな人と関わっているときに無意識に行ってしまうと言われています。

そのため、もし相手があなたとは別の方向に足を向けていたりしている場合は嫌われている可能性が高いです。

欲求不満

足を頻繁に組み替えていると欲求不満である傾向があります。例えば、トイレを我慢しているときについそわそわしてしまいませんか?話に飽きたり、帰りたい、不満に思っていることがあると、足を頻繁に組み替えて落ち着こうとしているのです。

このように足を頻繁に組み替えている人の中には髪の毛をいじりはじめたり、指先を動かすなどする人もいますが、何かに対して欲求不満で足を組み替えるのです。

もし、相手が頻繁に足を組み替え始めたら、相手を気にしたほうが良いでしょう。

左右どちらかに偏るのはなぜ?

足を組むときにいつも右足が上にくる、左足がくるなど毎回同じ足を組んでいる人が多いと思います。この足の組み方でも性格がわかると言われています。ここでは足の組み方での性格の違いをご紹介します。

右足が上にくる

右足が上にくる足の組み方は日本人で一番多い足の組み方だと言われています。このタイプは常識的な行動をして、内向的で慎重派な人が多いと言われています。また、人見知りの傾向があると言われています。

恋愛も消極的なため、積極的にアタックしたりするのが苦手で、積極的に自分をリードしてくれるような相手がタイプである傾向があります。

左足が上にくる

左足が上にくる足の組み方をしている人は大胆で自信家である傾向があります。自分に自信があるため、社交的でコミュニケーションが得意な人が多いです。

フレンドリーで誰とでも仲良くなれるため、友人が多く、恋愛でも積極的な人が多いです。

また、足首を交差させるように組む人は性格が子供っぽい人が多いと言われています。そのため、恋愛でも幼稚な人が多く、うまく行きにくい傾向があります。

足を組むのをやめたい場合は?

足を組むのが癖になっていてやめたいという人もいるでしょう。骨盤が歪んで身体が歪んでしまうため、やめたいと思っているものの、やめられないと悩んでいる人もいます。ここでは足を組む癖を直す方法をご紹介します。

イスの高さをチェックしてみる

足を組んでしまうのには先述したような心理もありますが、イスの高さが合っていないのも理由に挙げられます。

理想的な椅子の高さは座った時に足が垂直で足の裏を床にきちんと付けられる状態です。高さが調節できれば丁度いい高さに調節すればいいですが、出来ない場合は座布団を敷いたり、足の下に台を置くなどすればいいでしょう。

ストレッチをしてみる

情緒不安定なときやリラックスするために足を組んでいる人は、もしできれば軽くストレッチをして体をほぐしてみるのも良いでしょう。ストレッチにはリラックス効果がありますし、骨盤のゆがみを直すようなストレッチなら姿勢を直すこともできるでしょう。

一息つく

落ち着くからと足を組んでしまう人は煮詰まった時や疲れてしまったとき、一息つくのも良いでしょう。コーヒーを飲んで落ち着くなど自分の好きな方法で少し休んでみましょう。

楽しい予定をつくる

もし仕事が大変だったり、苦手な人と関わらなければいけない機会があって、足を組んでしまいそうなときは、それが終った時の自分へのご褒美として予定を立てるのも良いでしょう。

例えば、スイーツを食べに行く、ショッピングに行く、映画を見るなど、自分の好きなことをする計画を立てて、もし足を組みそうになったら、「これが終わったら楽しみが待ってる」と想像して足を組まないようにするのです。

苦しいことでもご褒美が待ってると思えば、辛くないものです。このようにご褒美をつくるのも効果的でしょう。

まとめ

いかがでしたか?足を組む人にはどのような心理が働いているのかわかったのではないでしょうか。もし話している相手が足を組んでいたら、どのような心理が働いているのかわかれば少し気を使うなどができるでしょう。

ただ、足を組む事自体は健康に悪いため、できる事ならやめたほうが良いです。足を女性の大敵であるほうれい線ができるとわかったら足を組みたくなくなると思います。足を組むのをやめたい人はぜひ解消法を実践してみてください。