《夢占い》銃の夢の意味とは?使い方で変わる意味を紹介!

銃刀法によって多くの人が銃を持たない日本において銃は身近にあるものではありません。そんな銃を夢に見てしまうと、自分の心理状態は確かなのかと不安にもなりますよね。

夢の中の銃が意味するのは恐れや怒りといった負の感情の表れである可能性も高いですが、それを踏み越えて無事朝日を浴びることが出来たなら、また一つ成長出来たということでもあるのです。

異常なことではありませんので安心してください。

銃の夢は目覚めた後の気分の違いで意味が大きく異なる

起きた後にどんよりとした気分だったか、すっきりとした気分だったかによって見た夢の意味は異なります。

潜在意識とは私たちが普段思考している時の自覚出来ている意識とは違い、自覚しにくいところで働いている意識のことです。

仮に意識の階層を三段階に分け、思考する意識を第一階層、気分を感じる意識を第二階層、夢を見る意識を第三階層として説明すると、目覚めた後の気分は第二階層の意識が第三階層の意識に対して既に良し悪しを決めてしまっている状態とも言えます。

そして、物事は良く見ようと思えば良く見ることもでき、悪く見ようと思えば悪く見ることも出来るという二面性を持っています。つまり、起きた後に悪い気分になっているということは、夢に対して無意識に悪い見方に偏ってしまっているということが考えられます。

そういった見方の偏りをなるべく客観的に思考して意識を修正すると同時に、自身への理解を深めてあげることがこの夢占いなどを活用する利点です。また、身体的な体調の悪化が気分を悪くさせている場合は、体調の悪化が心地悪い夢を見せていたという場合もあります。

気分の違いで同じ夢にどんな違いがあるか状態別に解説

人に銃を撃つイメージは必ずしも実際に人の命を奪うことを想起させるものではありません。銃に馴染みのない日本人とっては特にです。

その一方、映画やアニメなど物語では銃を人に撃つことへの罪を物語るシーンも少なくありません。映画では生々しくそれが描かれ人々の印象に強く残ることもあります。

そのことを踏まえた上で、夢の中で拳銃で人を撃ってしまったというAさんと同じ夢を見たBさんが居たとします。起きた後に気分がすっきりしていたAさんと、どんよりしていたBさんの夢の意味がどのように違ってくるのかを考えていきましょう。

起きた後に気分がすっきりしていたAさんの場合

銃で人を撃ったことについて重く捉えていません。気持ちとしてはピコピコハンマーで人を叩いたくらいの事として捉えています。

水鉄砲やモデルガン、テレビゲームやサバイバルゲームなど、銃を使う遊びも定着していて、手を銃の形にして撃つジェスチャーでコミュニケーションを取ることもありますよね。

それらのように遊びとして銃を撃つイメージを体験的に得ていて気軽に捉えられている人は、たとえそれが夢の中で偽物の銃が本物の銃とすげ替えられていたとしても軽はずみのことです。

この場合は吉夢であり勢いの良い前進を期待出来ますが、注意を怠るとトラブルに巻き込まれる心配もありますので周囲や状況をよく確認するようにしましょう。

しかし、無理に明るく振る舞うことで暗い潜在意識を埋めている場合もあります。その場合は、過度な無理強いはせず時には心の奥底にいる暗い気持ちを抱えた自分と優しく向き合ってあげることも大切です。

起きた後に気分がどんよりしていたBさんの場合

銃で人を撃ったことについて心のどこかで自分を咎めていて、返り血を一身に浴びてしまったかのように自分の汚れを気にしています。

先にも説明した通り、映画やアニメ、ドラマ、小説、漫画、ゲームなど、日本で多くの人に親しまれている作品の中にも銃はよく登場しています。

そのため夢の中で自分がその当事者になってしまうということは誰にでも起こり得ることです。夢に顕れる潜在意識はちょっとしたことでもオーバーに顕れるもので、夢の中で人を撃ったからといって尋常ではない異常事態が起きているわけでもありません。

ただし、撃った相手に対する怒りや不満、憎悪が潜在している可能性はありますので、相手との関係に問題があるようなら落ち着いて問題解決の方法を探しましょう。

心配性なBさんは良いか悪いかの判断をする時に実際より少し悪めに物事を捉えておく癖があり、自責の念も強いようです。また、何か不安を抱えていて心配事も多くなっています。

運気は凶というほどではありませんが良くもない状態です。身体的に疲れていて余裕が持てない状態に陥っていないかを確認し、一度肩の力を抜きゆっくり休息して身体を楽にしてあげると気持ちも楽になり、運気も上を向きます。

銃で人を撃つ夢は運気が決まるターニングポイントが近いサイン

銃を撃つ夢はターニングポイントの兆しと思いましょう。その一歩をどちらへ向けるかを決めるのはあくまで表層意識です。

深層心理や潜在意識の状態を知ることに意義が見出されている昨今では、日々こうした思索も積極的になされていますが、潜在意識にばかり気を取られず表層意識を手放さないようしっかり握っておくことも大切です。

人は起きたら夢から覚め、また小さく一歩を踏み出します。そのことを忘れなければどんな凶夢も敵ではなく、自分で運気を変えることも可能です。

使われ方で微妙な差が出る銃の夢のタイプ別解説

一口に夢に銃が出てきたといっても様々なシーンがあります。どのような銃を誰にどうして何のために使われていたか、それぞれの違いで意味も絶妙に異なってきます。

夢の中で銃が登場したシーンを今一度よく思い出し、どんな状況だったのかを思い出せる範囲で今一度はっきり再確認しておきましょう。

また、シーン別の解釈であっても正の気分と負の気分とで異なる解釈も出来、以降は気分による違いには触れないため、先述した気分による違いを例としつつ自身で解釈を調整出来ると尚良いです。

銃単体が象徴する意味

銃は金属で出来ているため重く殺傷能力も高いことから、それ単体のみの情景では緊張を象徴します。

また、一時的に性欲が旺盛となっていたり性癖に偏りが生じている場合や恒常的に性的関心が常に頭にある人の例では、男性器を象徴する場合があり、欲求不満や性的な解放への憧れを象徴することもあります。

また女性の場合は銃の男性的な印象から、力への憧れや男性そのものへの憧れ、男恋しさを象徴する場合もあります。

撃つことを我慢した夢

銃が目の前にある、もしくは近くに置いてあり、終始それを意識しつつも撃たずに終わったという夢の場合は、何か狙っていることがあり、やろうと思えば出来るにも関わらず何らかの理由でやらない方を選択している状況があることを意味します。

撃ちたくてひたすら我慢した場合は、やりたいことを妨げている何らかの人や物事が近くにいることを意味します。

親愛な相手に向けて近くで銃口を向けた夢

撃たないつもりで銃口を向け、相手も撃たないことを確信していつも通りの表情をしていた場合は、相手とのこの上ない信頼関係を象徴します。

相手が撃たれることに怯えていた場合は、相手の自分への信頼と理解に不安を感じています。相手を撃つかもしれない状態で銃口を向けていた場合は、野性的になり支配欲と凶暴性が増している兆候で、相手に対する疑念もありますが、激しい愛情の顕れでもあります。

相手のことで気になっていることがあればしっかり確認して疑念を解消しましょう。

警戒している相手に銃口を向けて撃たなかった夢

相手を牽制し優位に立ちたい意識が強く出ています。好戦的で強気な状態で、勝負事への前向きな姿勢で運気が向上します。

また、相手の能力を認めている顕れでもあります。

動物や虫など生き物のいない場所を撃った夢

銃は弾を込めてセーフティを外し引き金を引いただけで大きな音をあげて射線の先のものを破壊する力を持っています。

銃に慣れていない人はそれに抵抗を感じますが、その抵抗を打ち破るほどの感情の高まりがある顕れです。

放たれた弾は言葉を象徴し、銃を撃つことは穏やかに言葉を並べることが難しいような大きな叫びを象徴します。

我慢して言いたいことを言わずにいる状況にある場合、そのまま何も言わずにいることが本当に適切であるかどうかをこれを機に考え直し、勇気を出して発言してみるのも一考です。

人を撃つ場合の各シーン

特に印象付く人を撃つ場合の夢は、どういったタイプの銃か、どれほどの距離を空けて撃ったか、どこを狙って撃ったか、相手と自分の関係はどうだったかなどの細かな条件によって絶妙に意味が変化します。

ライフル及びスナイパーライフル

オートマチック式を除き、ライフルは拳銃やマシンガンなどに比べて安定した長距離狙撃が可能な銃です。また、連射出来ない一発勝負の銃です。

一度で確実に成功させたい遠い未来への勝負事に意識が高まっています。また、相手に敵意や怒り、不満など著しく感じる場合は、本当に許せない人であると心の底から感じていることを顕しています。

感情を抑えられるかどうかに不安がある場合は目の届かないところまで相手と距離を置くことも一考しましょう。

マシンガンとアサルトライフル

マシンガンは反動が大きく狙いを定めることが難しい乱射を前提とした銃で、大きなものほど暗示が強くなります。不満を抱えていて、どうにかそれを発散しようとしています。

また、我慢していたことを無謀なやり方で実行しようとしているサインでもあり、今一度冷静になってどうやったら安全かつリスクの少ない方法で実行出来るかを考えてみると吉です。

地面に固定するタイプのマシンガンは腰を据えた状態で計画的に多くのストレスを発散しようとしています。いずれも弾が切れるまで撃ち切れなかった場合はまだ気分が晴れていないというサインです。

連射出来るタイプのライフルは雑に撃ったかよく狙って撃ったかによってマシンガンにもライフルにも通じます。

銃を人に撃った時の距離

相手との距離が近い場合は怒りを象徴し冷静さを欠いている状態です。遠い場合は憎しみや恐怖を象徴し、堅実な進展を得られやすいですが、余裕のない状態でもあります。

親愛な相手の近くで銃を持っていて暴発して当たってしまった場合は、自信の低下を顕していて、自身が相手に迷惑をかけてしまうことを過剰に心配してしまっている状態です。

当てられるはずのない距離から人を狙って撃った夢を見た場合は日常に退屈を感じています。新しいことを始める絶好の機会です。

肉親を銃で撃った夢

父や母、兄弟、祖父母などの肉親は全てひっくるめて自分の生まれ育った環境や過去を暗示しています。

関係が良好な肉親を撃った場合は、責任感と生命力が高まっていることを顕します。ただし、自分が今無謀なことをしようとしていないかには今一度の確認をしましょう。

関係が粗悪な肉親を撃った場合は、自らの生い立ちと現在の自分を切り離すことで未来への展望を見込み、覚悟を決めることが出来る状態であることを意味しています。一人旅をすると運気が向上します。

訓練やスポーツまたは銃の扱いに慣れている人の場合

ここからは、職業柄や趣味で銃の扱いに慣れがある人の場合の銃の意味を解説していきます。

人を撃った場合は慣れている慣れていないに関わらず同様の意味を持ち先述した人を撃った場合の夢の意味を参照できますが、慣れていない場合に比べて心理状態は冷静です。

また、意味合いがスポーツの夢に通じる場合があり、FPSシューティングゲームをプレイしている夢もこれに当てはまります。

実弾による射撃訓練の夢

手慣れた普段通りの練習風景が夢に出た場合は、今の生活に迷いがないことを暗示し不安がありません。目の前の課題をテキパキこなしていくことに向いている状態です。

普段よりダラダラした練習だった場合

疲れが出ているため心と身体が休息を欲しているサインです。ほとんどの時間を鉄やコンクリートに囲まれて生活しているという場合は植物のあるところへ散歩に出掛けると効果的です。

荒く激しい練習だった場合

上昇志向の高まりを顕しますが、あまりにも激しかった場合は自暴自棄の兆しも見えます。身近にある人や物を今一度確認し、失いかけているものがあれば一度肩の力を向いてリラックスしましょう。

普段と違う挑戦をして失敗した場合

難しいことにチャレンジしようとして失敗した場合は練習不足を暗示しています。練習を重ねてイメージを強化しましょう。

普段より好調な練習だった場合

しばらく好調な日々を見込めます。いつもと違う道を通るなど生活に普段とは違う変化をつけてみると新しい発見や進展が得られる可能性をより見込めます。

射撃と縁のない人がこの夢を見た場合

今の自分を劇的に変化させたい欲求が暗示され、闘争心が顕れています。新しいことに挑戦する好機ですが、攻撃性が高まって周囲に不快な気持ちをさせていないかには注意を払いましょう。

射撃競技の試合の夢

こちらは未経験なのに射撃競技に出場していたという場合も対象となります。

優勝した場合

気持ちが前に出ています。この夢を見た後の練習課題では良い成長作用を見込めますが、気持ちが前に出ている状態で好成績を出した試しがない場合は、本番では気持ちを落ち着けて堅実に臨みましょう。

成績が悪かったり優勝出来なかった場合

持っている能力を堅実に発揮出来る傾向を示しますが、闘争心の欠如も顕われています。優勝したい場合は勝ちたい気持ちがあるかどうかを今一度見つめ直し気持ちを切り替えることも大切です。

射撃競技を観戦していた場合

普段あまり射撃競技に縁のない場合は、生活に新鮮さを求めている顕れです。好奇心を腐らせることなく勇気を持って様々なことに挑戦すると良いでしょう。

普段射撃競技を見るのが好きな人の場合は、やりたいことをする時間が足りておらず不満が溜まり始めているサインです。

猟などで動物を狩っていた夢

猟師の食料調達のための狩りの場合は、生活への責任感や緊張感の高まりを顕し、貯金など先々への不安も暗示しています。

害獣駆除のための狩りの場合は、周囲への配慮や連帯感の高まりを顕し、外敵に対する警戒心が強まっています。心配事があるようなら早めに情報を集めましょう。動物を無目的に射殺した夢の場合は、不条理な環境や権威に対して憤りを感じ納得出来ていない状態を暗示しています。

凶暴性が増して野性的になってきていますので、暴力的になってしまう前に気晴らしに出掛け、気分が晴れてから納得いかない問題の対処に移りましょう。

警察として公務で銃を所持または使用した夢

現警察官の場合は自分の仕事への責任感と正義感の高まりを暗示し、仕事運が向上しています。直感が不穏な気配を感じている場合もあり、警戒と覚悟が必要です。

ただし、夢の中で犯罪者に対して怒りや憎しみなどの激しい感情を抱いていた場合は、正義感が裏目に出ないよう冷静さを取り戻しましょう。

元警察官の場合は、現在の生活に合点がいかず警察での仕事に未練が残っている顕れです。犯罪者を追っていた場合は正義感の顕れですが、現在の生活の中での正義にも目を向けてみましょう。

一般人が警察官として銃を使用する夢を見た場合も正義感の顕れですが、正義とは何かについてよく考えたことがないという場合は、間違った認識で正義を捉えていないかをこの機に考えてみましょう。

正義についての考えが足りていない状態で正義を他者に押し付けると、対人関係の悪化にも繋がるため注意が必要です。

自分が撃たれる夢

自分で自分を撃つ夢や、自分が誰かに撃たれる夢について解説します。自分が撃たれた夢は誰がどこを撃ち、死んだか生きていたかにもよって意味が異なります。

自分で自分を撃って死んだ夢

即死する可能性のある部位を撃った場合は現在の自分や環境に否定的であることを顕しています。

否定は成長の前段階ですので未来に向かう発展を見込むことが出来ますが、そのためには現在の自分や自分を取り巻く環境を変化させ、変化した後の自己を肯定する準備が必要です。

ただし、論理的に考えて今の自分が正しく今の自分を維持すべきであると考えられる場合は、影響力のある他者の言葉で責められたり一般論と考えが一致しなかったことによって、自身が誤っていると思い込まされている可能性もあります。

その場合は、他者に優しく自分に厳しい状態が続いて追い詰められてきている状態にあるため、自分が正しく他者が間違っている、もしくは他者が正しく自分も正しいと思える強さを持つことが肝心です。

自分で自分を撃って生きていた夢

頭や心臓を撃ったにも関わらず生きていた場合の夢は、自己否定の気持ちがありつつも否定しきれない状態で、矛盾を象徴します。

考えを整理する時間を身体が必要としているサインです。しかし、考えるための時間を設けることで生活に支障が出そうな場合には、一度自分を肯定するか否定するかどちらか決める必要があります。

その場合は、これまで自分に否定的だったなら肯定的に、肯定的だったなら否定的にするとバランスを欠くことなく進展を望めます。

相反する思いや考えをまとめるには

ヘーゲルの弁証法など哲学や論理を学ぶなどして複雑な状況や心境を整理する力を身につけると展望を見込みやすくなります。

無理に哲学の用語を覚える必要はなく、概要を理解して自分の言葉で考えるのが円滑な哲学の活用法です。

その上で日記をつけるなど考えていることを文章にする癖をつけると、頭の中の情報が綺麗にマッピングされ、答えが見つかりやすくなります。

誰かに撃たれて死んだ夢

自分で自分を撃って死んだ夢の意味にも通じる部分がありますのでそちらも参考にしてください。

見知った誰かに撃たれた場合は、相手に対して疑惑や恐怖心、警戒心などが芽生えてきているサインで、相対的に自分に自信がなくなってきていることを暗示しています。

仲の悪い相手なら距離を置き、仲の良い相手なら気になっていたことを聞いてみるなどして信頼関係を深めましょう。

見えないところから何者かに撃たれた場合

最近の日々に不安感を感じていない場合は周囲に危険が潜んでいる可能性を示唆しています。

信頼出来る人としばらく一緒に行動し、人気のないところを避けて危険な場所にはしばらく近づかないようにしましょう。女性の場合は信頼出来る男性と一緒に行動することをおすすめします。

日々の不安感が強い人の場合は、なるべく早めに課題を片づけるように心掛け、計画的に行動するようにすると気分が前向きになってきます。

誰かに撃たれて生きていた夢

撃った相手に対して疑惑や警戒心がありますが、相手に屈服しない強気な側面も顕れていて活力があります。ただし、相手との間で問題が起こるリスクも高まっているため、事前に問題を回避出来るように立ち回りましょう。

見えないところから撃たれた場合は誰かに撃たれて死んだ夢の場合と同様ですが、生きていた場合はやや迫っている危険に対して危機感が足りていないことを暗示しています。

頭や心臓以外を撃たれ怪我をした夢

どこを怪我したかによっても意味が変わりますが、撃たれた箇所に不安を感じていたり、その部位に怪我を負うことに大きな不都合があり恐怖しています。

予想外の転倒やアクシデントで怪我を負わないように外出する際も家にいる際も注意を払いましょう。

夢の中で撃たれた箇所に痛みを感じた場合

疲労がその箇所の骨や筋肉に蓄積しているか、悪ければ何らかの疾患が発生している可能性もあります。

寝ている間に何か固いものが接触して実際に痛覚が反応し、夢に痛みが顕れたという場合もあります。

起きた後に異常がないかをよく確認し、気になる点があるなら医師の診察を受けましょう。別の日の夢の中でも同じ箇所に痛みを感じていた場合は特に要注意です。

まとめ

生命に関わる夢を見れば人は否応なく考えさせられます。思考で実った知恵は生きる糧になります。

歳を重ねるほどに人の死は身近になっていき、そのたびに多くの知恵を得ていきます。誰もが通る道で、そこには成長があります。

かつて夢だった知恵はもう現実です。こうしてまた一つ得た知恵をこれからの未来に活かし、また一日を力強く踏み越えていきましょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする