センスのいい人の特徴とセンスを良くする方法を紹介!

「センス」と聞いて何をイメージしますか?趣味のセンス?ファッションセンス?芸術的なセンス?また、それと同時に悪趣味やセンスがないなどのネガティブな言葉も浮かんでくるかもしれませんね。

センスはプラスとマイナス両方あります。では、センスが良い人はなぜセンスを良くすることができるのでしょうか。

今回はセンスのいい人の特徴やセンスが良くなるためにはどうしたらいいのか紹介していきます。

センスとは?

そもそもセンスとはなんなのでしょうか。

センスの定義

センスという言葉は既に日本語として普通に使われていますが、元々は英語の「Sense」が由来で、「五感」という意味があります。

元々の意味はそのような意味なのですが、そこから派生して「感性」や「美的感覚」などの意味合いを持つようになりました。

1人1人が持っている独特の「才能」や「賜物」などと似た意味でも使われています。

また、「勘がいい」「筋がいい」「天才的」など、物事への見込みがあるときや、才能を感じたときに「センス」を使うことがあります。さらに「気が利く」「粋だ」など、配慮が行き届いているときなどにも「センス」が使われます。

このように「センス」という言葉は汎用性がある言葉でしょう。

センスがいい人は素敵に見える

ではセンスの良し悪しはどうやって決めるのでしょうか。誰が決めるのでしょうか。センスは色々な意味がありますが、ほとんどの場合周囲の人がその人に対して魅力を感じたときにセンスがいいと思われるのです。

そのため、「センスがいい人」などと言われる人は、ファッションセンスや外見などの表面に表れていてわかりやすいことや、発言内容や知識、立ち振る舞いなどの内面的な部分を考慮して、一緒にいる人が尊敬や関心をしたり、心地よく感じることができるような人のことを言います。

オリジナルを持ちながらも協調性があることもあります。このようにセンスがある人は本当に素敵ですね。

センスがいい人になりたい!

センスがいい人は非常に魅力的ですので、自分もセンスがいい人になりたいと思うでしょう。ではどうすれば周囲の人からセンスがいい人と認めてもらうことができるのでしょうか。センスは生まれつき決まっているから磨くことはできないのでしょうか。

確かに生まれ持った才能や感覚は重要なものですが、誰もがセンスに磨きをかけて、より輝かせて周囲の人に認めてもらうことはできます。

ただし、憧れの人のことをそのまま真似するのではなく、オリジナリティを出すことを意識しましょう。そのため、おしゃれで粋なところを取り込んで、個性を出しながら見ていくといいでしょう。

センスのいい人の7つの特徴

あなたの周りにセンスがいい人はいませんか?その人はどのようなファッションでどのように1日を過ごしているのでしょうか。今回は線が良い人の特徴についてご紹介します。

ファッションがおしゃれ

ファッションセンスなどというようにセンスと聞いて最初に思いつきやすいのは服装う。トレンドを上手に取り入れつつ、自分らしさのある服装をしていたり、状況や季節にマッチした服装をしているとおしゃれだと感じられますね。

変わった服装をしていたり、凝りすぎているということではなく、さらりと着こなしているのです。

そのようなオシャレさんは自分に似合うファッションを知っていて、自分のことをよく理解していると言えます。

自分の体型や雰囲気、似合う色などを冷静に分析することで、自分に似合う組み合わせや服、着こなしをすることができるのです。どうしても人は自分に甘くなって過大評価をしがちです。

そうなるとサイズの合っていない服を無理矢理着たり、流行に乗ってばかりいるようになります。また、思い込みがあることもあります。

このように思い込みをすることで自分からオシャレの幅を狭めて、色々なスタイルを楽しめなくなります。

ファッションセンスがいい人は自分のことを客観視することができているのです。

小物使いが上手

シンプルな服にアクセントをつけるアクセサリーをつけたり、バッグなどで季節感を出したり、靴で遊び心を出すなど、センスが良い人は小物使いがとても上手です。

また、小物でもベルトやスカーフ、メガネ、時計などとセンスを活かすことができる小物は数多くあります。

小物を上手に使えば同じ服装でも印象が変わるコーディネートをすることができるのです。

そのため、服の数が少なくても、持っているアイテムでさまざまなバリエーションの着こなしをするのです。だから小物の使い方を覚えれば、カジュアルやフェミニン、エレガントなスタイルを作ることができますので、センスも良く見えるのです。

持ち物の質が良い

センスのいい人は物の良し悪しを見極めることができます。良い素材で丁寧に作られたものは身に着けて気持ちがいいですし、長持ちします。本当に良いものであれば持っている人がワンランクアップしているように見えます。

センスが良い人はそのことをよく理解していますから、たくさん物を持つのではなく、質がよく必要な分だけ持ちます。それには値段は関係ありまsね。質のいいものは価値がありますので、値段も高くなりますので、高いから良いというわけではなく、本当に質が良いかを見極めることが大切です。

プレゼントのチョイスが良い

プレゼントは相手のことを喜ばせたいという想いで選ぶもの。しかし相手が気に入ってくれているかどうか不安になりませんか?気持ちはありますが、プレゼントを贈るおに苦手意識がある人も多いでしょう。

なぜならプレゼントはセンスが問われるからです。

プレゼントを贈った相手にセンスがないと思われたらというプレッシャーが負担になるのです。

中にはセンスが光るプレゼントももちろんあります。ではどうしたら贈った相手が本当に喜ぶプレゼントを選べるのでしょうか。プレゼントはやはり気持ちが大切です。そのため、まずは相手のことをとにかく考え抜きましょう。

「これ好きそうだなぁ」「とりあずこれでいいかな」ではなく、喜んでプレゼントを使っている姿を想像することができるくらい考え抜きましょう。

そうすることで、そのプレゼントにした理由が生まれますので、センスが光るようになるのです。

料理が上手

料理もセンスが大切だと言われています。オシャレな人には料理が上手い人が多いと言われますが納得ですね。

料理はメニューを決めて、食材を選んで調理して、盛り付けしてセッティングするなど、人の口に実際に入るまで、たくさん工程があるため工夫しがいがあります。

人は五感をフル活用させて料理を堪能します。

切ったり焼いたり混ぜたりする料理は技術や慣れも関係しますが、盛り付けやセッティングはセンスが非常に大切です。

そのため、料理上手だと思われるようになるには、食材の切り方や煮方、調味料の使い方など料理の基本をきちんと学んで、スピーディーで美味しく作れるようになりましょう。

そして彩りや器の選び方、余白を意識して盛り付け方法も勉強することが大切です。

それを自分で開発するのには時間がかかるのですが、料理の本やテレビのお料理番組おから習えば見栄えをよくすることができるでしょう。

運動神経がいい

運動神経はただ走ったり投げたりすることではなく、手を挙げたり左右を向くなどの筋肉を動かす神経のことを医学的に言います。それでも一般的に運動神経が良いというのは走るのが早かったり、球技やダンスが得意だったり、スポーツ全般がそれなりにできる人のことを言います。

特にセンスとなると医学的の運動神経ではなくスポーツができるかどうかの運動神経になります。

そのため、運動のセンスが良いということは自由自在に身体を動かしてスポーツができるということなのです。

なんでもできる

なんでも器用にできる人はセンスのいい人に見えます。文章を書くのが上手くて、絵を書くのも上手くて、スポーツも得意など何でもできる人っていませんか?

これは努力もありますが、センスによるところも大きいです。それでも観察力が鋭かったり、現状を把握するのが得意という、センスが良い人特有の特徴も関係しています。

分析力が高ければ真似することも簡単にできますし、自分の能力が分かれば、それを最大限生かして上手に行うことができるのです。

そのため、スマートに色々できるように見えるのです。

もし最初からうまくてきなくても、コツコツとやり続けて習得することも大切です。継続は力なりですので自分のペースで身に着けていきましょう。

センスを良くする方法は?

センスのいい人の特徴をご紹介していきましたが、自分が身につけられたら魅力的になれると思えるようなものばかりでした。では実際にセンスを良くする方法はなんなのでしょうか。

自分について知ること

人は自分のことをわかっているようでいて、実はとても難しいです。自分が思う自分と他人が見た自分にギャップがあることがあります。

例えば、自分の顔は卵型だと思っていたのに、丸顔だと言われたり、太っていると思っていたら痩せていると言われたり、自分が思う自分は思い込みや願望によって作り出されていることがあります。

そのため、正確に自分について知るには細かく自己分析をすることや、信頼のおける人の意見を聞くことが大切です。自分がどんな人なのかは人間関係の中で分かってくるものなのです。

トレンドをチェックすること

流行は流行ったと思えば引いていきます。ですからトレンドに踊らされる必要はないのですが、センスのいい人はトレンドを熟知しています。そしてトレンドはさりげなく取り入れるようにしています。

流行アイテムはワンシーズンで終わってしまうことがおおいですので、高い物や質の良い物よりも遊び心があるものをチョイスして、そのトレンドを楽しむことがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?今回はセンスやセンスのいい人の特徴、そしてセンスのいい人になる方法をご紹介していきました。センスというものは生まれもったものですので、なかなかセンスを磨くことは大変かもしれませんが、まずは自分を良く知ってセンスを磨いていくようにしましょう。

生まれつきセンスのいい人たちと比べるとその道のりは大変かもしれませんが、磨けば磨くほど人間としての魅力が光るでしょう。

関連記事として

不細工でもモテる男性の特徴とは?ファッションセンスがいい人が多い?

背が低い男でもモテる方法はある!ファッションや性格を磨こう!

婚活する時の服装(ファッション)を20代・30代・40代別に紹介!

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする