要領が悪い人の特徴・原因・改善方法を紹介!どんな仕事が向いてる?

身近な人に「頑張っているのに成果が出ない」と、悩んでいる人はいませんか?いつも一生懸命なのに努力が報われなかったり、注意されているのを目撃したりすると、見ているこちら側が歯がゆくなってしまうこともあるでしょう。

また、あなた自身、要領が悪くて悩んでいる場合もあるかもしれません。しかし、要領よく仕事をこなすコツを身につければ、必ず成果が出ます。要領がなぜ悪いのかに気づき、その原因と改善方法から勉強方法まで知ることができれば、仕事の効率は飛躍的に伸びるはずです。その方法に迫ってみましょう。

要領が悪い人ってどんな特徴があるの?

周囲をいつもイライラさせてしまう人は、要領が悪いことが原因かもしれません。要領の悪い人はどんな特徴を持っているのでしょうか。要領の悪い人に見られる特徴を探ってみましょう。

優先順位が決められない

要領の悪い人持つ大きな特徴は、優先順位がつけられず、優柔不断なところです。何からはじめていいのか、どの順番で仕事をしていけばよいかわからず、いろいろな物に手を出してしまいます。最終的に、すべてが中途半端になってしまう傾向にあるのです。

優先順位の高い順から1つ1つ順番に片付けていけば、効率も上がるにもかかわらず、優先順位が決められないことで効率よく仕事を終らせることができません。また、優先順位を決めているにもかかわらず仕事が終らない人もいます。

その場合は、優先順位を間違えていることも考えられます。大きなトラブルを引き起こす前に、正しい優先順位のつけ方を身につけましょう。

周囲が見えていない

視野が狭く、周囲が目に入らない人の多くが、仕事を要領よくすることができずにいます。

与えられた仕事が終らず、常にいっぱいいっぱいで、周囲に目を配ることができません。一人で何とかしようとするあまり、余計時間がかかってしまいます。そうなると悪循環が生まれ、より一層要領の悪さが浮き彫りになってしまうのです。

真面目すぎる

真面目すぎるほど真面目な性格を持っている人に、多く見られるのが要領の悪さです。一生懸命にやっているけれど、時間通りに終らなかったり、方法や手段が間違っていたり、頑張れば頑張っただけ時間ばかりがかかってしまうのが、まじめで要領の悪い人の典型的なパターンと言えます。

そのため、頑張っているにもかかわらず、成果が出づらく、一人で悩んでしまうことも少なくありません。

突発的なハプニングやトラブルに弱い

仕事を続けていれば誰でも遭遇するハプニングやトラブルですが、要領の悪い人は、こういった突発的な出来事が起こるとどうしていいのかわからず、臨機応変に対応できません。

言われたことは忠実に守れても、いざという時に、自分で考えて応用するという事ができないのです。はじめはフォローしてもらえても、次第に「仕事ができない」というレッテルを貼られることもあるでしょう。

頭が固く頑固である

要領をうまくつかめない人の多くが、頭が固く頑固な人であることが多いです。頭が柔らかく要領がいい人は、先輩の姿を見て効率よく仕事をこなす方法を学んだり、自ら仕事を早く終らせるための方法を見つけ出します。

しかし、要領が悪い人は、「一度こうだ」と思った方法を頑ななまでにつき通そうとするため、周囲のアドバイスも耳に入りません。もっといい方法があるのに目もくれず、自分の方法を突き通すため、いつまで経っても仕事のスピードは変わることがないのです。

なぜ要領が悪い?その原因と改善方法は?

要領が悪い人は、真面目で努力家が多いです。いい面をいっぱい持っているにもかかわらず、報われないのはなぜでしょう。その原因を明らかにすれば、問題解決への糸口が見えてきます。原因にあった改善策を見つけ、改善していきましょう。

原因①:視野が狭い

要領の悪い人は、とにかく真面目です。その真面目さは、周囲からの信頼を集めるでしょう。しかし、仕事は真面目さだけでは勤まりません。期間内に与えられた仕事をこなし、状況に合わせて処理していく力を発揮できる人ほど、評価されます。

真面目だからこそ、自分のペースを守って、コツコツと仕事をこなすことができますが、その反面、視野が狭まり周囲の状況が見えなくなっていることが少なくありません。特にチームで仕事をしている職場なら、周囲のことも考えて仕事を進めなければなりません。そのためには、広い視野と周囲との協調性を持って仕事をすることが必要なのです。

原因②:全体的な段取りまで考えていない

仕事は、全体を把握することで、順序や方法を決め、段取りを立てます。要領の悪い人は、全体を把握する力が弱く、仕事の流れを読み取ったり、作業全体を考えることが苦手です。そのため、目的や優先順位、そして段取りまでも曖昧となってしまいます。

曖昧なままはじめたことで、必要以上に時間がかかってしまったり、どうでもいいことを優先してしまいがちになります。仕事にとかかる前に、まずはやる目的と全体をしっかり把握しましょう。また、スケジュールに合わせ、段取りを組み、スケジュールに遅れが出ていないかを常に確認する習慣を持つことが大切です。

原因③: 焦る

臨機応変さに欠ける要領の悪い人は、トラブルやハプニングが起こると、冷静さを欠いてしまいます。どうしていいのかわからず、頭の中がパニック状態になってしまうのです。トラブルやハプニングが起きたら、すぐに解決しようとせず、まずは冷静さを取り戻しましょう。

冷静な状態で行動に移れば、問題が解決します。何が起こってもいいように、日頃から心を落ち着かせる練習をしておくことで、いざと言うときに役に立ちます。

改善策①:焦らせない・起こらない

要領の悪い人を見ると、「なんでそんなにできないの」と苛立つこともあるでしょう。苛立ちのあまり、本人に怒りをぶつける人もいるかもしれません。怒られた社員は、余計焦ってしまいミスを連発してしたり、萎縮して作業が進まないこともあります。

要領の割る人を怒る前に「なぜ仕事が進まないのか」という理由を掬い上げることが、重要です。責めることは誰にでもできます。責める前に行き詰っている理由を一緒になって、考えることで効率化が図れ、同じミスを防ぐことができるのです。

ミスを作らない、ミスさせない方法を考えることに重点を置けば、問題は解決へと向かうはずです。怒りたくなる気持ちをグッとこらえて、根気よく向き合いましょう。

改善策②: メモを取る

要領の悪い人は、頭ですべてのことを処理しようとする傾向にあります。頭で考えただけでは、うまくいかないことも多く、失敗を重ね、「またミスしちゃった」と凹むことは少なくありません。何度注意されても同じミスが続くようであれば、メモを取って、原因と結果を見つけ出し、問題を解決できる方法を考えさせましょう。

そして、反省すべき点と改善すべき点を本人に自覚させるのです。失敗を繰り返さないための対策こそが、効率アップの要です。一人でできない場合は、周囲が救いの手を差し伸べましょう。

改善策③: 確認をする

要領の悪い人は、スケジュール管理がうまくできないことが少なくありません。今日やるべきことが終わらなかったり、たくさんの仕事を抱え込んでしまうこともあります。すると、常に仕事に追われる状態が続いてしまいます。そんな時は、仕事の管理が一人できない場合は、上司の協力を得ましょう。

何がどこまで進んでいるのか、いつまでに何を終らせなければならないのかを確認することで、混乱していた頭もスッキリするはずです。お互いに確認し合うことで、仕事がスムーズに進み、さらには人間関係も良くなるかもしれません。

改善策④:優しく伝える

トラブルやハプニングに弱い要領の悪い人は、ミスを指摘されるとこれ以上ミスをしないように自分で考えて何とか軌道修正しようとします。しかし、もともと狭い視野が失敗したことでさらに視野が狭まり、から回りしまう傾向にあります。

なんとしてでも失敗を取り戻そうと思えば思うほど、物事をうまく前に進められずに、焦りばかりが募ってしまいます。パニック状態である人を叱責しても状況が悪くなるばかりです。パニックにならないように、周囲は怒らず冷静に状況を伝え、相手を思いやる言葉を添えてあげましょう。

ミスをした時こそ、リラックスできる言葉をかけてあげることで、仕事の効率化につながります。周囲の優しさが、気持ちを切り替える最高の特効薬なのです。

要領が悪い人に向いている仕事や勉強方法

要領の悪さから仕事が終るまでに人一倍時間がかかってしまうこともあるでしょう。しかし、そんな人でも向いている仕事はあります。向いている仕事とはどんな仕事なのでしょうか。また、仕事で勉強しなければならない場合、仕事と勉強の両立は難しいものです。勉強だけでも要領よくするためには、どのようなことをしたらいいのか見ていきましょう。

要領の悪い人こそ向いている仕事ってあるの?

要領の悪さは、人によって差があります。要領が悪い人でも得意なもの、得意ではないものがあり、得意な分野であれば才能を活かすことができるでしょう。人と接するのが苦手な人であれば、営業職や販売職は避け、何かを作る技術職や職人系の職種を選ぶことで、要領の悪さをカバーすることができるでしょう。

また、スケジュール感覚に弱く、段取りを自分で立てるのが苦手な人は、工場のラインで黙々と作業に向き合える仕事が向いています。オフィスワークでもデーター入力のような仕事であれば、自分のペースで仕事が行えるでしょう。

要領の悪い人が陥る勉強方法:ノート作りに一生懸命

内容をわかりやすく理解するために、ノートを作る人がいます。それ自体は何も問題はありません。しかし、ノート作りに夢中になり、ノートが完成したことで勉強した気になっている人は、少なくありません。

まとめた内容を理解し、覚え、応用できてはじめて結果に結びつくのです。ノート作りに夢中になってしまう人は、あらかじめ要点がまとめてあるものを購入し、ノート作りの時間を抑えましょう。

要領の悪い人が陥る勉強方法:広く浅く勉強している

試験を受けてみると「選択肢のどれを選んでいいかわからない」ということがあります。全頁網羅して勉強したにもかかわらず、試験で答えることができなかったという人も少なくないでしょう。

なぜそのようなことが起こるのかというと、知識がしっかりと定着する前に、幅広く勉強してしまったため、自信を持って回答できない状態を招いてしまったのです。試験では自信を持って応えられるように、要点をしっかりと抑えて、完璧に覚えるまで反復練習をしてケアレスミスを防ぎましょう。

要領の悪い人が陥る勉強方法:長時間勉強しているのに結果が出ない

長く勉強したからと言って、かけた分だけ結果に反映されるわけではありません。長時間かけても本番になるとなぜか成果がでないと嘆く経験がいることでしょう。勉強をしている途中で、LINEが届いたり、漫画を読んではいませんか。要領よく勉強するには、まず時間を決めることです。時間を決め、何をどこまでやるかを設定しましょう。

集中して勉強することで吸収力が高まります。決まった時間に決まった分を終らせることができれば、余った時間を有効に遣うことできます。時間を上手に使いましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。要領の悪い人は、視野が狭く自分の世界に没頭してしまいがちです。また、効率よく仕事をするために必要な優先順をつけられないという特徴を持つため、常に仕事に追われ余裕がありません。要領の悪い人は、自分に合った職種を選ぶか、要領の良い人や周囲の協力を得ると良いでしょう。

さらに、仕事で勉強しなければならないことがあれば、時間を決め、無駄のない勉強方法を見つけることで、効率が格段に上がるに違いありません。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする