恋愛と結婚の違いとは?恋愛結婚とお見合い結婚の長所・短所を紹介!

結婚は人生においての通過儀礼の一つですよね。日本では戦前まで「結婚とは家と家が結びつく物。その為結婚相手は見合いで決める。」と言うのが普通でした。昭和初期では約7割の男女がお見合い結婚で、恋愛結婚は約3割ほどだったのです。異性と出かけたり話しかけたりするだけでも不純異性交遊と言われてしまい、不良行為であると叱られたこともあったそうです。

しかし、時代は変わり昭和40年以降になって来ると、欧米文化が盛んになり、自由恋愛による恋愛結婚が主流となりました。現代に至るまで、恋愛結婚がその割合を占めています。

「恋愛結婚」とは、恋愛を経た婚姻の事を言います。通常、恋愛の延長上に結婚があると考えられますが、実は「恋愛と結婚は違う」と言う意味もあるようなのです。

今回は、具体的に恋愛と結婚の違いやそのメリットデメリット、お見合い結婚などについて解説していきたいと思います。自由に恋愛結婚が出来る現代だからこそ、その違いを良く理解して参考にしてみて下さい。

恋愛とは?

先ずは、「恋愛」についてですが、一般的には、恋をして付き合う事を言いますよね。現代の皆が考える恋愛の意味を、もう少し詳しく見て行きましょう。

好きな気持ちが深くなる事

恋愛とは、人を好きになり、愛することを言うのです。また、ドキドキ感を味わえる期間のことを恋愛とも言えるでしょう。そしてお互いが好きで愛し合っていると言う気持ちだけでも日々の支えになりますよね。

悩みがあった時に、側で話を聞いてくれて寄り添ってくれるだけでも愛情を感じることが出来ます。その都度愛情が深くなっていく気持ちが恋愛なのです。

相手を大切に思い合う気持ち

恋愛をする事は、もちろん一人ではできませんよね。好きな相手を大切に思い合うことが恋愛なのです。自分の事より相手の事を第一に考えたり、お互い深く愛し合ったりすることで、信頼関係が深くなります。

自分より大切に思える存在がいるなんて素敵な事ですよね。好意を持ち始める恋から、お互いの気持ちを大切にして行く愛に変わっていくこの定義こそが恋愛と言えるのです。

人生を豊かにしてくれる

恋愛をすると、今までは感じなかった感情が湧いてきて新たな自分を発見出来たり、生きていく上での活力になりエネルギーの源にもなったりします。そんな感情に気付かせてくれる恋愛は、人生をとても豊かにしてくれる物なのです。

時には辛い事もあるけれど、それもあなたの人生において必ず身になる経験なのです。そんな素晴らしい要素が詰まった恋愛は、人々の人生において欠かせない物なのかも知れませんね。

楽しみを共有できる

デートで楽しい場所へ行ったり、美味しい食事をしたりした時に、二人でその楽しさなどを共有できるのが恋愛でしょう。好きな人と楽しさを共有できたら、幸せな気分になれますよね。

また離れていても、その日に起こった楽しい出来事を話すことで、幸福感を得られるのです。相手が楽しんでいる事が自分の幸せでもあると言う気持ちになる事が、恋愛をして行く上で大切な気持ちです。

もちろん、悲しんでいる時は一緒に悲しみを共有する事で愛情が深まります。いろんな感情を共有し合う事が恋愛なのだと捉えて良いでしょう。

結婚の準備期間

恋愛とは、結婚へつなげる為の準備期間ともいえます。恋愛をして、お互いの事を良く理解し、それが生涯のパートナーとして繋がるのです。いきなり結婚をしてしまうより、恋愛をしている期間に相手を見極めたいですよね。

相手の事が好きで、一緒に居たい気持ちもあり、一生を過ごす相手として相応しいかどうかの相手選びの期間とも言えるのです。その準備期間のうちに、お互いが認めあえる存在になった時、結婚へと繋がっていくでしょう。

結婚とは?

恋愛について見てきましたが、ドキドキ感を味わえる恋愛期間とは違い、結婚とはもう少し冷静な関係になってきます。それでは結婚についてその定義を見て行きましょう。

生涯を共にする

結婚とは生涯を共に歩んでいく事を言います。また生涯を愛した他人と生活していく事も意味します。結婚をすると先ずは一緒に暮らしていく事から始まりますよね。恋愛関係とは違い、簡単に別れることはできません。その為パートナーと一生涯を共にする事が結婚なのです。

家族になる

結婚とは家族になり、幸せな家庭を築いていく事なのです。家族になる事で、嫌な事もいろいろあるでしょう。しかし、それを受け入れる事で深い関係になり、より愛情が深まっていくものなのです。

そのうち子どもが出来て家族が増えればお互い支え合いながら共に生きて行きます。お互いがお互いを大切に思い、深い愛情を築いていく関係が結婚と言えるでしょう。

責任感

男性は夫として、女性は妻として、お互いを守り合う責任感を持つことが結婚でしょう。現実的に見て夫婦になると、それぞれ好き勝手な生活は出来ませんよね。

男性たちはストレス社会に出て仕事を頑張り家庭を支え、女性たちは家事や育児、母親や奥さんとして周囲との付き合いなど、それぞれ責任感がなければ結婚生活は成り立ちません。二人が共に未来に向かって一緒に歩んで行く必要があるのです。

我慢や忍耐が大事

結婚とは我慢や忍耐が必要な物です。楽しい事も沢山あるかもしれませんが、長い人生を歩んでいく上で、楽しい事ばかりではありません。時には大きな喧嘩もするでしょう。また特殊な例ですが、セックスレス夫婦もいます。体が合わない場合もあるのです。

そんな理由で簡単に別れる訳にはいかず、結婚生活を続けて行くためには、我慢や忍耐がとても重要なのです。嫌な事も含め我慢をし、一緒に生活していかなければならない事が結婚とも言えるでしょう。

恋愛と結婚の違い

具体的に恋愛と結婚とは何かを見てきましたが、では、恋愛と結婚とではどんな大きな違いがあるのでしょうか?詳しくその差を見て行きましょう。

恋愛と結婚の違い【責任感】

結婚は恋愛とは違い、家族同士の付き合いも伴い、社会的な責任が出てきます。恋愛をしている頃は当人同士の付き合いなので、大きな責任感は無いでしょう。

しかし、結婚をして、家庭を築いていくという事は、様々な責任が発生してきます。簡単に投げ出すことが出来ない責任が生じることが恋愛と結婚の大きな違いでしょう。

恋愛と結婚の違い【法的な拘束力】

恋愛をしている時は、特殊な例を除いて法律的な事はほぼありません。しかし、結婚届を出す事で、法律で守られることが出てきます。お互いがこの法的な拘束力を意識する事が結婚をしている自覚になり、お互いを尊重し合える関係に繋がるのです。

子どもが産まれ、家族が増えればそれに対しての法律があり、守らなければならないとの責任も感じます。恋愛と結婚には法的な事で守られる大きな違いがあるのです。

恋愛と結婚の違い【価値観】

恋愛をしている時は、自分のお金をどのように使っても問題ありません。例えば高級な物をプレゼントされたり、個人が高級な物を持っていたりしてもその価値観を否定する事は出来ません。

しかし、結婚ともなると、お互いの生活を共有するものに変わる為、価値観が違うと不満が出てきます。結婚はお互いの価値観が同じ感覚でないと生活をして行けません。

恋愛と結婚の違い【経済的な安定】

価値観とも繋がりますが、恋愛の時はどのようなお金の使い方でも問題はありません。しかし結婚は、生活を守っていかなければなりません。無駄な出費が多いと、家族の生活に支障が出てしまいます。

そうならない為には、ある程度の経済的な余裕が必要です。職も転々としているより、安定した定職に就いてないと結婚は厳しい状況になるでしょう。経済的な安定は恋愛の時と結婚の時とでは大きな違いがあるのです。

恋愛と結婚の違い【お互いの家族を意識する】

恋愛の時は当人同士の付き合いなので、本人たちが楽しく過ごせればよいとの考えでしょう。しかし、結婚ともなると当人同士だけの付き合いではありません。極端に言えば、家族同士の結婚だと捉えても良いでしょう。

いくら愛し合っている相手だとしても、他人です。育ってきた家庭環境ももちろん違うでしょう。それら全てを受け入れて、家族同士の結びつきを意識していくのが結婚なのです。

恋愛結婚のメリットとデメリット

ここまで、「恋愛」と「結婚」の違いについて見てきました。恋愛から結婚をする事への意識はわかりましたが、「恋愛結婚」にはメリット、デメリットがあるようです。それを比較しながら参考にしてみて下さい。

恋愛結婚のメリット

・大好きな人と結婚できる

恋愛結婚の最大のメリットはやはり、大好きな相手と結婚が出来ると言う事でしょう。条件や見かけだけで判断するのではなく、付き合いを重ねて好きになり、相手の良い面悪い面をすべて受け入れる事ができる相手との結婚は幸せな事でしょう。この世界に多くの男女がいる中で運命的に出会えたと言う事が、精神的にも満たされ更なる幸福感が得られるのです。

・性格を知っている

恋人関係を経てから結婚をする恋愛結婚は、お互いの性格を良く理解してから結婚できます。また、結婚をする前に同棲をしたカップルは結婚してからもうまくいくと言われています。付き合う恋愛期間が長ければ長いほど相手と向き合う事ができ、性格の相性を確かめられるのが最大のメリットでしょう。

恋愛結婚のデメリット

・結婚してから気が付く

恋愛している時はお互い好きな気持ちが優先し、マイナスな面は見ない傾向にあるのです。その為、結婚してからお互いの家族の事や価値観が違っていて幻滅してしまう事があるのです。

結婚してから現実を思い知らされ、女性は「もっと高収入の人と結婚すれば良かった」や「長男と結婚するんじゃなかった」、男性は「家庭的な女性だと思ってた」や「家庭におさまる女性だと思ってた」などと後悔してしまうでしょう。恋愛結婚は気持ちが高ぶり、自分にとって都合の悪い面を冷静に見れなくなってしまうデメリットがあるのです。

・結婚するまでに時間がかかってしまう

恋愛結婚の場合、もちろんタイミングもあるとは思うのですが、周囲からお膳立てしてくれる人がいないので、気が付けば付き合ってから10年も経っていたなんて可能性もあります。また、お見合いではないので、お互いの家族がその結婚を認めてくれない為、なかなか結婚できない場合もあるのです。

もし、恋愛結婚を望むなら、しっかりと結婚までの道筋を整え、計画的に準備をしていく事が大切です。恋愛結婚はお互いの感情が盛り上がり過ぎて、大事なことを見逃してしまう事があります。しっかりとデメリットを理解して結婚へと繋げていきましょう。

恋愛結婚よりお見合い結婚の方が良い?

恋愛結婚も素敵ですが、お互いの関係を理解し合うには時間がかかりますよね。結婚を早くしたいアラフォー独男や独女は、婚活セミナーへ行き、婚活パーティーへ参加したほうが結婚へより早く近づけます。

このように現代では様々な出会いのツールがありますが、中でも昔ながらのお見合いは多くのメリットがあるようです。

結婚が早く決まる

恋愛結婚とは違い、お見合いは結婚を前提としているので、結婚が決まるまでのスピードはとても早いでしょう。また、恋愛とは違い、お見合いの話が来て、もしうまくいかなかったとしても、気持ちを切り替えて割り切る事ができるのです。

家族同士の縁談なので、相手の家庭環境も良くわかるので安心して臨む事が出来るでしょう。早く結婚したい人はお見合いが一番良い方法と言えるのです。

仲人に相談できる

お見合いを進めて行く上で心強いのが、仲人の存在です。仲人は二人が交際を始める手助けや、結婚に至るまで様々なアドバイスをしてくれるのでとても頼りになります。

また、気が合わず、お断りをしたい場合もこの仲人が代わって伝えてくれるサービスがあるのです。お見合いは仲人さんがいると言う最大のメリットがあり、結婚を進めて行く上でもとても頼りになる存在になるでしょう。

相手の身元がしっかりわかる

お見合いとは家族同士が合意の上で行われるので、あらかじめ相手の家柄や家族構成、その他、職業や趣味などがわかり、身元がしっかりわかりますよね。

その為、その資料を見たうえで、合わないと思えばお断りする事も出来るし、上手くいけばスムーズに話が進みます。お見合いは古臭いと考えられる現代ですが、安心感があり早く結婚へと近づくことが出来るでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は恋愛と結婚の違いや、恋愛結婚とお見合い結婚のメリットデメリットについてまとめてみました。晩婚化が進む現代では、恋愛期間が長引き過ぎると言う理由もあるようですが、なかなか気持ちが踏み切れないと言う理由があるのかも知れません。

これから恋愛をして結婚するには相当な時間が必要ですが、お見合い結婚や婚活パーティーであればお互いの素性もわかるのでスピーディーに事が進むでしょう。恋愛はとても素敵な事ですが、恋愛結婚へ至るまでの時間を考えると、お見合いや婚活パーティーの方がメリットは多く感じます。

恋愛している人も、これから結婚を考える人も、この記事を参考に素敵なパートナーと素敵な結婚生活が送れることを願っております。

関連記事として

お見合い結婚は離婚率が低い?メリットとデメリットを知ろう!

結婚ラッシュの三回っていつ?ラッシュに乗る人と乗れない人の違いは?

結婚離れが増えている理由とは?どうすれば止められる?

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする