《夢占い》宝くじが示す夢の意味は?金運アップだけじゃない?

宝くじの夢は正夢になることもあり、金運アップや大幅な臨時収入のメッセージといえます。自分のやりたいことや仕事上でお金が必要という時は、その願望が叶えられるチャンスでしょう。

夢はその人のイメージですから、宝くじは見た人にとっての「大金」を表します。もし、大金が入ったら?と思うとワクワクしますが、夢はお金やそれに代わる大きなチャンスを「宝くじ」と表現して伝えてくれているのです。

宝くじの夢の内容が具体的であればあるほど現実味を帯びてきます。また、お金に対する注意喚起という意味も含まれていますので、夢の内容をチェックしてみましょう!

金運アップを表す宝くじの夢

宝くじに当たった!という夢を見た人が本当に宝くじに当選したという話があります。夢占いにおける宝くじは、そのまま宝くじの当選を知らせる予知夢だったり、他の大きな収入があることの予兆と言われています。

宝くじは臨時収入として一般的に広く認知されているため、幸運の象徴として夢に表れてくるのです。それ以外にも大きなお金が入ってくるパターンは数多くあります。

  • ロトシックスでの高額当選
  • ギャンブルでの大勝ち
  • 株での高配当
  • 思わぬ遺産相続
  • ビジネスチャンスを掴んで一攫千金

この他にも大金が絡んでくる収入源はいくつもあり、宝くじの夢はその金額が大きいことを知らせているのです。大切なのは夢を見たときの感情で、嬉しい・楽しい・興奮している気持ちだった場合は正夢になる確率アップです!

夢で味わった感情はそのまま現実に投影され、大きな収入があることと合わせて夢と同じ気持ちを経験することになるのです。

また、お金に対する価値観は人それぞれ違います。莫大な金額ではなくともその人にとって「大金」と思われる金額が入ることを宝くじの夢が表しています。

リアルな夢のシーンはチャンスアップ!

宝くじが夢に出てくる時は、見えたときの情景に注目です!起きてからシーンのすべてをしっかりとメモしておきましょう。

シチュエーションが具体的であればあるほどリアリティーが増し、正夢になる確率がアップします。そのシチュエーションと合致する場所は必ず身近なところにあるため、探してみる価値アリです!

宝くじを買っている

売り場で販売員から宝くじを買っているという夢。これは当選や臨時収入とは意味合いが違ってきて、自分の願望が夢に投影されていることを表しています。

  • お金持ちになりたい!
  • ビジネスで成功したい!
  • 今やりたいことにどうしてもお金が必要!

こうした状況がちょっとしたストレスとなって、無意識下に潜んでいた思いが夢になって噴出しているのです。

ここでも大切なのは夢を見たときの感情です。買っているだけなのに大喜びしていたり、楽しすぎてはしゃいだりしていれば、正夢になる可能性もあるでしょう。

今の自分の状態を解決してくれる偶然が起きるということを宝くじの夢が象徴しているといえます。

番号までハッキリ見える

数字や組番号などが具体的に夢に出てきたという場合は当選が濃厚かもしれません!

もちろん、数字がそのまま当選番号になるとは考えにくいですが、無意識がハッキリと数字をとらえている証拠といえます。

宝くじ以外で数字が絡む収入を暗示していることもあるでしょう。株価の上下やロトシックスでの数字、抽選の当たり番号などなど。数字がひとつの象徴として夢に出てきて、収入を表す宝くじとともに大きな金運が舞い込んでくることを伝えています。

このほかにも受験番号の象徴として宝くじの番号が出ることもあります。合格は将来への収入に結びつくため、宝くじや数字として表れるのです。

人生に必要な健康と恋愛とお金を表す宝くじの夢

宝くじの夢がアナタに伝えることはお金だけではありません。宝くじは見た人にとって人生に影響を与えるほど大きなチャンスを意味します。

その対象が恋人だったり、健康だったり、仕事でのアイディアだったりと様々です。

自分が何を一番欲しているかじっくり考えてみましょう。欲しかったけど忘れていた物や大きなチャンスが目の前に近づいているのです。

恋愛運を表す宝くじの夢

宝くじの夢は思いもよらない幸運が起きることの象徴でもあります。金運アップはもちろんですが、その他にも恋愛運とも絡んでくることがあります。ステキな恋人が現れ、「現実的ではない喜びが訪れる」というメッセージともいえるでしょう。

人生を変えてしまったり、運命の転機になるようなことが起きる可能性アリです。異性と一緒に宝くじを持っていたという夢なら、恋人が現れる確率が高いといえます。

パートナーと共に生活すること、お金を共有して人生を歩むことを暗示しているのです。

心と体の健康を表す宝くじの夢

夢占いの世界ではお金は愛情を表しています。愛情は物事への情熱や好奇心を生み出す原動力です。

それによって仕事ができ、収入があって欲しいモノが買えて行きたい場所に行ける。心の健康とともに、体の健康も意味しているのです。

このことから、宝くじの夢は健康運での転機を意味することもあります。病気を患っていた方が宝くじの夢を見た場合、快方に向かっていくことが期待できるでしょう。仕事に復帰すれば収入が得られるため、現状より多くのお金が持てることを意味します。

お金の流れを表す宝くじの夢

宝くじの夢が何かの象徴ではなく、金運そのものを表していることがあります。目には見えない金運スポットが自分の周りを取り巻いているというときです。

この運気のポイントに入ると、思い通りにお金の流れが回っていきます。ビジネスではチャレンジしたプロジェクトが成功し、役職が上がって給与もアップするなど。

または、投資したビジネスが成功して高配当が期待できることもあるでしょう。チャレンジしたことが全てお金になって返ってくるというのが金運スポットです。

そのゾーンに入れば怖いモノなし!という状況になるため、金運上昇の波にのって色々なことにお金をかけてみる価値アリです。

宝くじが表すトラブルと警告

宝くじの夢は一般的には吉夢と言われています。夢は個人のイメージを象徴として表したものですから、宝くじに悪いイメージを抱く人はあまりいないからです。

ほとんどの人が「一攫千金で人生が変わる!」と思うからこそ吉夢としてのメッセージ性が強くなるのです。

一方で、夢には見た人の人生を修正したり危機を回避して自分の精神を保とうとする力があります。無意識が未来の自分を知っていて、人生の転機となるポイントに表れて軌道修正を図るのです。

このパターンで夢に宝くじが出た場合は、現状を見直すチャンスととらえるべきでしょう。

宝くじの夢を見たときの気持ちと情景

すべての夢に共通するポイントは感情と映像です。カラーで見る夢は自分の意志と現実が一致していることを意味します。

夢を見たときに感じる気持ちは、現実で同じ感情が生じる事へのメッセージです。このことから、宝くじの夢でもモノクロ映像で嫌悪感、焦りなどを伴う場合は注意が必要でしょう。

お金に対する危機管理

宝くじの夢を見たのに楽しさや喜びがなく、夢の中で沈んだ気持ちになっていたという場合。
現実の自分にお金に関する注意を促していると考えられます。

思わぬ大金が出てしまい、他者にも影響を与えるような出費が伴う危機があるといった警告を意味します。お金に対して意識を配ることで、こうしたトラブルを防ぐことができるのです。宝くじは現実とはかけ離れた物事の象徴です。

普段はありえないお金の動きを経験する可能性があるため、注意しておいたほうが良いといえます。

人に対する危機管理

お金をもたらすのはすべて人です。ビジネスチャンスも人や情報があってこそですが、宝くじが象徴するのはその重要性です。夢に出た宝くじに良い印象を持てなかったという場合は、自分にとって大切な人=お金をもたらしてくれる存在がいなくなる可能性を示唆しています。

普段身近にいる人や、ビジネスでつきあいのある重要な人に注意を向けてみましょう。その人が何かで困っている場合などは手助けしてあげることをオススメします。現実が変わることで、夢の内容が変わっていきます。

宝くじの夢に良い印象が加わったり、カラーの夢に変わったりするでしょう。自分の人生に深く関わり、影響を与える人=宝くじほどの大きな影響を与える人ということになります。人を助けるべき!という無意識からのメッセージになるため、現実で実践してみましょう。

宝くじの夢が表す非現実の世界

宝くじが夢に出ても好印象を持てなかった場合は、宝くじに持つイメージの側面を考える必要がります。現実であれば宝くじに当選する確率はかなり低いといえ、非現実の象徴と考えることもできます。

このことから、宝くじの夢が自分の現状と本来の姿がかけ離れているという意味にもなるのです。無意識は自分の未来を知っていて、あるべき理想像をメッセージとして伝えてきます。その姿と意識が離れていってしまうと、軌道修正を図るため、夢で警鐘を鳴らすことがあるのです。

ビジネスの方向性を変える

自分がチャレンジしようとしているビジネスがあったとします。宝くじの夢が出てきて楽しさや喜び、興奮を味わったなら吉夢の典型といえますが、そうではなかった場合は現実を見つめ直すべきです。

等身大の自分の能力や限界というものを無意識は知っています。その実力をはるかに超えて、許容範囲をオーバーしようとすると、宝くじの夢としてメッセージを伝えてくるのです。

チャレンジしようとしている内容が非現実的だったとき。もう一度プランを練り直して地盤を固めましょう。

受験する学校を変える

ビジネスと同じように、自分の実力を大きく超える場合も非現実性の象徴として宝くじが夢に出る場合があります。もっと選択肢がある、視野を広げれば自分に適した環境が見つかるというメッセージになります。

受験したい学校が、本来の自分の人生とかけ離れた環境になってしまう場合は決断を変える時かもしれません。親や先生と相談や面接し、選択肢を広げることでよりよい進学ができるでしょう。

つきあう人を変える

その人とつき合うのはやめて、もっと良い人がいる!現状が本来の自分とかけ離れてしまう場合は、自分自身を守るために無意識が防御態勢をとります。

夢で宝くじを出すということは、今つきあっている人が自分にとって許容範囲外の対象であることを暗示しているともいえるのです。

心理的にマイナス方向に行ってしまう場合や、迷いを生じさせる場合。その人と関係を断つことで、より良い自分を取り戻せ、現実に回帰させることができます。

宝くじの夢は、非現実世界から現実世界へ引き戻し、等身大の自分を確認させる手段でもあるのです。

まとめ

宝くじは吉夢の象徴で、大きな金運アップや臨時収入が見込める前兆といえます。仕事や学業で想像よりはるかに大きな運気が入ってくることが期待できるでしょう。

感情や色彩が伴わない場合は、非現実の象徴となります。しっかり現実を見直し、足元を固めることで本来の自分を取り戻すことができます。

夢は自分の意識や心を守るための一面もあるため、吉夢だけではない意味も考えて現実で生かすべきです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする