あげまん女性の特徴とさげまん女性の特徴を紹介!

1990年の伊丹十三監督の日本映画「あげまん」。愛した男に幸運をもたらす芸者あがりの女性と、彼女に翻弄される男たちの姿を描いたものでした。この映画により「あげまん」は当時の流行語になりました。モデルの女性は、監督の奥様であり主演の宮本信子さんの小唄の師匠であったと言われています。

愛した男性に、幸運を授ける女性をあげまん、逆に、不幸なめぐり合わせにする女性をさげまんと言われます。自分の愛した男性を幸せにできるなんてステキですね。できることならあげまんになりたいものです。あげまんになるためにはどうすればいいのか、考えてみましょう。

あげまん呼称の由来

あげまんの由来については所説あります。どちらが正しいのかは現在のところ不明とされています。

「間」が転訛して「まん」になった説

運気、出会い、廻り合わせという意味を持つ「間」という言葉が、「まん」に転訛したものであるという説が一つです。関西の方言で「まん(間)が悪い」はタイミングが悪い、空気が読めないことを指します。空気を読める女性は確かにいい運気を運んできてくれそうです。

女性器の俗称を略したもの説

女性器の俗称である「まんこ」を略したものであるという説もあります。セックスした男の運気をあげる、といった意味で使われ、あげまんという言葉は色街で使われていた言葉だといわれています。

上記の「間」が転訛したものであるのなら、「あげまん」が女性限定で使われるのは辻褄が合わないので、こちらの方が説得力はあるように思われますが、「まん」が女性器であるという俗称は、もともとは関東の一部のみのローカルな単語でした。どちらも疑問点が残り決め手に欠けるので、語源は所説あり、とされています。

あげまんから派生した呼称

さげまんは、あげまんの対義語として生まれたのは想像に難くありません。

あげまん、が女性を指す限定的な言葉なので、ここから派生して男性の場合は、あげちん、さげちん、またはアゲメン、サゲメンとも呼ばれるようです。あげちんだと、男性器の俗称によるのがはっきりしてるので、アゲメンの方が特に女性は言いやすいようです。

また、アゲメンは必ずしも肉体関係を持つわけではないようです。 

あげまん女性の特徴

恋愛関係になった相手を成功させることのできる女性です。基本的に、ほめること、おだてること、感謝すること、この三つを上手にできる人は、あげまんである可能性が高いです。

聞き上手乗せ上手

ただ聞くことが、どれほど難しいことか経験したことがある方もいるでしょう。どうしても意見したりダメ出ししたくなることがでてくるものです。が、それは表に出さないのが賢い女性です。

カウンセリングではなく、相手のことを知るためのヒアリングなのです。余計な口を挟まずに、なるほど、とそうなんだ、と相槌を上手につかい分けて、相手に寄り添うように親身になって聞いてくれる人は、男性にかぎらず相手を上手に慰めたり、導いたりすることができます。

また、話したがらない人から無理やり話しを引き出すこともありません。そのへんの匙加減が上手な女性が、男性の居心地のいい空間をつくることができるのです。

肯定から入る

相手の考えていること、行いを認めて否定しない人です。相手の話をよく聞き、肯定し褒め、愚痴には同調し慰めることができる、この素晴らしい資質を持っている女性は、一見地味で自主性がないように見えます。ですが、よく話し方を聞いていると、相手を肯定してから、やんわりと意見をするのです。まず先に、言いたいことを聞き、肯定した後のほうが、相手はこちらの意見に耳を傾けやすいということを無意識に知っているのです。

相手のプライドを傷つけずに、上手に意見することが出来るのも、あげまん女性の特徴です。

相手以上に相手を信じられる

あげまん女性は絶対的に夫の味方です。

いつも一番の支援者で後援者、それは相手にも伝わり、自分のやっていることは間違っていないのだ、という自信にもなり、一層頑張ろうという気持ちを沸き上がらせます。たとえ失敗したとしても、あげまん女性がついている男性は必ず腐らず立ち直ることができます。

自分には絶対的な味方がいる、帰る場所があると信じられると、男性はがむしゃらに前に進もうという気持ちが湧いてくるものです。

いつも笑顔

人は笑顔でいるだけで明るく、楽しい気分になるように出来ています。笑顔の女性の周囲には、いつも和やかな雰囲気があり、落ち着きます。いい奥さんを貰った男性は良く笑うようになるという話もあります。笑顔になると、いい人たちが寄ってくるようになり、いい人間関係を築くことができます。それは成功の足掛かりになることもあります。

「イイ男」をつくれる

夫の身なりに気を使い、良いものを身に着けさせることは大切な内助の功です。

身だしなみは社会人として最低限のマナーであり、人の印象は第一印象が八割と言われています。心理学では初頭効果と呼ばれ、第一印象がその人のその後の評価や好感度に大きく影響することがわかっています。もう一つ、カメレオン効果が期待できます。いいものを身につけていると、身に着けている人がそれに見合うように変化していく効果です。

いいものを身に着け、自信をつけさせることによって、いい男になっていくのです。それは高価なものとイコールではありません。似合うものをセンス良く、きちんと着せることです。くたびれたものは着せない、皺のよったシャツは着せないなど、きちんと着こなせるように見立てることができると、それだけでいい男になっていくものです。 

さげまん女性の特徴

あげまん女性とは逆に、知らず知らずのうちに、夫や彼氏のやる気や精神力を削ぎ落としてしまう女性です。それはどんな女性でしょうか。 

男性を甘やかす

意外にこのタイプは多いようです。男性の言うことひたすら聞き入れ、怒らず意見せず、甘やかす女性です。

一見包容力があり、母性すら感じてステキな女性に思えますが、男性が頑張っているときに応援できないのです。ちょっと相手が疲れた素振りを見せようものなら、可哀そうに、と休ませようとしてしまいます。男性もそこで甘えてしまうと、さぼりクセがついたり、頑張らなければならないタイミングを見誤る結果になります。女性に経済力があったりすると、最終的に男性はヒモに落ちる可能性もあります。

こういう女性は相手をダメにしている自覚はありません。ダメンズウォーカー、ダメンズメーカーとも呼ばれます。

否定や愚痴が多い

相手が何をしても、何をしてくれても不満や愚痴ばかり、感謝の気持ちをあらわすことがない女性は、男性のやる気を著しく削ぎます。

発言が「でも」「だって」「どうせ」など否定的な方向へ向きがちで、相手を褒めず、愚痴を言いふらすタイプの女性はさげまんでしょう。彼氏や夫に限らず、周囲の人間も巻き込まれてマイナス思考になってしまうので、注意が必要です。

ダメ出しが大好き

せっかく成功したと思ったのに、些細なことでダメ出しされると、怒りや悲しみが湧いてきます。基本的にダメ出し自体は悪いことではありません。しかし、相手のことを思って意見しているのか、感情に任せて否定しているのか、しっかり見極めましょう。

あなたのためにが口癖で、何事も決めつけて上から目線で意見してくるのは、結局自分が優位に立ちたいために相手を低くしたいだけの可能性もあります。

悩んでいるときに頼んでもいないのにアドバイスをされて、「こうであるからダメ」と決めつけ否定され続けると、委縮し本来の実力を出すことができなくなります。知らず知らずにモラルハラスメントを受けているかもしれません。

一途になれない

思わせぶりな態度をとったり、結婚しても些細な浮気をしたりする女性は、男性が安心していられない環境をつくります。安心できない女性と付き合うと、仕事にも集中できず、さまざまな面で支障をきたし、何事もスムーズに行かなくなります。

美人であるときは特に注意です。思わせぶりな態度で相手を振り回し、本来の力すら発揮できなくさせるのは、さげまんと言えるでしょう。 

依存心が強い

いわゆるメンヘラ女子もさげまんと言われます。このタイプの女性は相手にべったり依存し、束縛します。

頼られるのが好きな男性には魅力的な女性かもしれませんが、限度があります。基本的にマイナス思考、精神が不安定で、常に何かを疑っています。急に別れ話をはじめたり、相手を振り回して愛情確認します。また、束縛されることは、人間関係を狭めていくことにもつながります。

少しくらいの依存なら、「この人のために頑張ろう」と思うかもしれませんが、このような女性に振り回され、支えながら、男性がプライベートや仕事をこなしていくのはなかなか大変なものがあります。

自分が大好き

相手のために身を粉にして何かをしてあげる、ということができません。何よりも自分が大切で大事なので、自分が努力をしたり苦労をすることを嫌います。

夫や彼氏のやりたい事、希望を意に介さず、自分の幸せだけを追求する姿勢をみせたら、それはさげまん女性です。

さげまん女性の対処法

スピリチュアル的な意味でも、さげまん、サゲメンという人はいるようです。意識下に繋がれる目に見えないエネルギー的な繋がり「コード」で相手とつながり、相手に悪影響を与えているタイプの人です。その悪影響を及ぼすコードのことをマイナスコードと呼びます。

女性であれ男性であれ、もしそんな相手と関わってしまったら、どのように対処していけばいいでしょうか。

連絡を必要最小限にする

さげまん女性は連絡マメなタイプが多いです。内容に意味のないLINEやメールをマメに送ってくる傾向にあります。それにいちいち返事をしないことです。仕事用だけで連絡し、その時も「わかりました」など最小限の返信にとどめておきましょう。プライベートな携帯電話の情報は相手に教えない、もし内容のないLINEやメールを貰っても、スルーしましょう。

やりとりを繰り返し、相手を構うと、「私にきがある」と勘違いされる可能性もあるので要注意です。

二人きりで会わない

例えば、相談があるので二人で会いたい、と言われても、二人きりで会うのは避けましょう。

さげまん女性の愚痴に付き合っていても、メリットはありません。余計な誤解を与えないように、重々注意して行動しましょう。デートだと思われては大変です。

会話は敬語で

言い寄られても親密にならないのが重要です。さげまん女性とできるだけ距離を置こうと思ったら、有効なのは、相手には常に敬語で話すことです。ずっと敬語で話していると、あなたとの間に壁を感じるので、相手の方から距離を置いてくれ、影響を受ける可能性が低くなります。

容姿年齢に関係なく、程よい距離感を保つようにしましょう。 

まとめ

男性をアゲる女性、男性をサゲる女性、どちらも確実に存在しています。それは天から授かったスピリチュアル的なパワーというよりは、女性の毎日の対応の仕方で、上手に男性を支え持ち上げているようです。

つまり、努力次第で誰でもあげまんになることができるのです。

結局、あげまんとは夫の一番の味方になることです。夫が自信をもって社会の荒波を乗り越えていくためには、妻という絶対的な味方がいつでもいると思わせることが肝心です。そうした自分自身の足元の地盤固めが、男性の自信につながり、迷いなく進んでいけるのです。

あげまんを目指す女子は、まず相手を知り、受け入れる姿勢を表せるよう、器の大きな女性になりましょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする