結婚に失敗した!と感じる原因を紹介!失敗しないために事前にできることは?

人生において結婚というものは一大イベントになります。若い女性の多くが結婚に夢を抱き、幸せな家庭を築くことを夢みています。しかし現実はそんな甘いものではありません。中には配偶者との生活が上手くいかなくて離婚してしまうこともあります。

離婚すること自体は悪いことではありません。しかしその決断を簡単に出してしまって、後悔してしまうこともあります。

今回は結婚に失敗した理由や結婚に後悔しないためにどうしたらいいのかを説明していきます。

結婚に後悔したことはありませんか?

結婚は全く違う環境で育った2人が新しく家族をつくって一緒に生活することを言います。そのため、違った価値観を持ち喧嘩になることもあります。

そんなときに「この人と結婚したのは失敗だった」などと思ってしまうこともあるでしょう。

結婚に失敗したら離婚は正しいのか?

昔は結婚するのが当たり前で離婚は恥だと思われていました。そのため、どんな理由があっても多くの人は結婚生活に耐えてきました。特に女性は生活のために結婚生活を続けてきた人も少なくありません。

しかし、今はライフスタイルが変化し、離婚することは珍しいことではなく、世間からの風当たりも昔ほど強いものではなくなってきました。また、多くの女性が社会進出をしていることもあり、経済的な不安も少なく、さらに母子家庭を支援する制度もあるため、離婚しても何とかなる部分もあると思っている人が多いのです。

そのため、もしも結婚生活に不満を感じているのなら、離婚することも考えても良いでしょう。しかし一時の感情で離婚をして後から後悔することも良くあります。そのため、離婚を決定するまでには時間を要すルと言えるでしょう。

芸能界でも離婚が多い

芸能界でも離婚したという話をよく聞きます。

  • 米倉涼子さん…数年にわたる協議離婚で離婚。旦那さんのモラハラが原因とも言われています。
  • 乙武洋匡さん…多くの女性スキャンダルにより離婚
  • 高島礼子さん・高知東生さん…高知さんの浮気と麻薬
  • 満島ひかり・石井裕也…生活のすれ違い

このように離婚の原因はさまざまですが、一度溝ができてしまうと修復は困難だと言えそうです。

結婚に失敗したと思う原因は?

結婚に失敗したと感じる人の多くは理由を持っています。その理由によっては離婚しても仕方がないと思うでしょう。その理由は人によって違います。ここでは結婚に失敗したと思う原因についてご紹介します。

金銭感覚が違う

愛があれば生活できると思う人もいますがそれはただの夢物語です。現実では生きていくためにはお金が必要です。どんなに愛し合って結婚したとしても、お金が無いと心に余裕がなくなり、喧嘩が増える可能性が高いです。

安定した結婚生活を送るためには愛よりもなによりもお金が必要不可欠です。金銭感覚が違うとお互いに不満が溜まってしまいます。また、お金に関する不満は毎日の生活に悪影響です。

結婚前はお互いのことしか見えないくらい夢中になります。しかし結婚後落ち着いてくると金銭感覚の違いや価値観の違いがでてくるのです。

後になって困らないように結婚前に金銭感覚について話し合う必要があるでしょう。

生活の不一致

離婚理由で最も多いのが正確の不一致です。結婚をしたことが無い方からすれば、性格は結婚する前にわかりそうなものだろうと疑問に思うでしょう。どんなに長く交際して、同棲してもわからないところがあります。

また、性格の不一致は他に理由がないだけで、毎日の生活の小さな不満が溜まって爆発して離婚するときによく使われます。離婚を決定づけるような大きな理由はないものの、一緒にやっていけない。そんな感情が「生活の不一致」で表されるのです。

そのため、性格の不一致で離婚した人の多くが、長い期間結婚生活を送った末に離婚してしまうことが多いです。熟年離婚も性格の不一致が理由であることが多いです。

ずっと我慢し続けた結果耐えきれなくなってしまったのです。長い期間かけて溝が深くなると、簡単に埋めることは容易ではありません。そのため相手とのすれ違いなどを感じたら早めに解決していきましょう。

生活リズムの違い

家族は一緒に生活するものだという考え方があります。しかし中には仕事や育児などで同じ時間を共有できない家庭もあります。生活リズムが合わないと、コミュニケーションを取る機会が減ります。

そしてお互いの気持ちを離せず、不満がたまり離婚となってしまうのです。そのため、生活リズムは家族を形成する上でとても大切なポイントと言えます。これがずれてしまうと離婚理由となってしまうのです。

浮気や不倫

一般社会だけでなく、芸能界で離婚理由として多いのが浮気です。渡辺健さんも浮気が原因で離婚してしまいました。結婚したときは一生一緒にいようと決意したのに月日が経つごとにその気持ちは少しずつ薄れていきます。

そんなときに素敵な異性と出会って心が動いてしまうのは気持ちはわからなくはありません。

しかし、浮気をすると配偶者や子供、両親など様々な人に迷惑をかけてしまいます。そして浮気をして後悔するのは自分自身なのです。浮気のリスクを把握しないと後で後悔することになるでしょう。

結婚で失敗しないためにはどうしたらいい?

最近離婚することは珍しいことではないのですが、理想としては離婚せずに一緒にいるのが一番です。せっかく縁があって一緒になったのですから、添い遂げるのが理想です。そのために結婚で失敗しないためのポイントを押さえておく必要があるでしょう。

結婚前に相手の様々な一面を見ておくこと

結婚前に多くの人が「この人と本当に結婚してもいいのかな…?」とマリッジブルーに陥ります。結婚前に相手の様々な一面をみることで結婚になった時に不安にならずに結婚することができます。

また、結婚してから相手の嫌な部分を見てしまうのではなく、結婚前に相手の嫌な部分に気付いて許容できるかできないかを判断材料にしていく必要があるでしょう。

特に優しいところしか知らない人はとても危険です。喧嘩になりそうなときにいつも相手が謝って喧嘩にならないのであれば、それは我慢をしているか悪いと思っているかの二択です。

もしも前者の場合だと我慢がいつか限界を迎え爆発してしまうでしょう。できるだけ結婚する前に相手の優しいところ意外の様々な面に気付きましょう。

怒ったときが一番肝心

相手が怒ったとき、どのように怒りますか?もし暴言を吐いてきたり物に当たり散らしたりするようならDVに発展する可能性があります。怒ったときもあなたのことを考えて静かになだめるように怒るような怒り方なら大丈夫でしょう。

しかし感情的になりやすくて、なかなか怒りを抑えられないような相手の場合、結婚してから苦労が絶えないでしょう。

もしあなたに子供ができて、暴力をふるうような配偶者の場合、幸せな結婚生活は贈れないでしょう。

結婚前に喧嘩を何度もしておくこと

結婚前に喧嘩を何度もしておくことが大切です。喧嘩は悪いことじゃないかと思われがちです。結婚前に喧嘩を何度もしておけば、相手がどのように怒るのかやどうやって解決するのかを知ることができます。

結婚前ならどんなに喧嘩をしても別れるだけでいいです。しかし、結婚をしてから相手の嫌な面をたくさん見てしまい、喧嘩が増えてもなかなか後には引けないのです。

話し合う習慣をつけること

男性は喧嘩や話し合いを嫌うところがあります。もちろん男女問わず喧嘩を好きな人はいません。しかし自分の気持ちを上手に伝えられなかったり、口喧嘩に負けてしまうと、話し合いに慣れていない可能性が高いです。

そのため、結婚する前に話し合う習慣を身に着けておきましょう。

どんなに相手が話し合いをめんどくさがっても、今後の結婚や家庭生活をしていく上で話し合いは大切なので身に着けるようにしましょう。

話し合いのときは相手の気持ちを勝手に判断したり、自分のことを相手は理解していると思い込まないようにしましょう。

言いたいことは言う事

結婚生活で我慢をすることはよくありません。「結婚は我慢の連続」などという人がいますがそんなことはありません。

結婚生活で「私が我慢すればうまくいく」などと我慢し続けると、その我慢が積み重なり爆発して離婚することになってしまいます。あなたが我慢したとしても相手はあなたが我慢していることに気付きませんし、気付かない限りあなたは我慢し続けることになってしまいます。

あなたが我慢をすることで、結婚生活が成り立っているのであれば、爆発したらその結婚生活も終わりを迎えてしまいます。

結婚生活に終わりを迎えないために我慢をせずに言いたいことは相手に言うようにしましょう。

結婚後の夢や目標を共有すること

お互いどのような夢や目標を持っているのかを把握しましょう。夢ばかり追いかける相手と結婚すると結婚生活で苦労してしまうかもしれません。

また、もし高いキャリアや目標を持っている場合、支えられるだけの気持ちや心構えを持っているかがとても大切です。相手のことを全く知らない状態で、目標や夢を話もしたことが無い場合は、あなたが理想の結婚生活を思い描いていたとしても難しくなりますので結婚後の夢や目標を共有してお互いの目指すところを同じにしましょう。

配偶者の交友関係や両親の性格をよく見る事

結婚を考えているなら相手だけでなく相手のご両親や兄弟の性格や交友関係をよく見ましょう。赤の他人ですので、うまくやっていけるかどうかを確認するのは大切です。

また相手の親族は結婚してからなにかと交流がある関係ですので、性格を把握しておくことは大切です。また結婚相手の友人は「類は友を呼ぶ」というように結婚相手の性格を映し出す鏡だと言えますので、その人たちのことを知ることで結婚相手がどんな人物なのかをより深く知ることができるでしょう。

まとめ

いかがでしかた?今回は結婚に失敗した原因や結婚に失敗しないためにどうしたらいいのかについて考えていきました。結婚をするときはきっと幸せな結婚生活を想像したことでしょう。

結婚生活は想像通りにうまくいくものではありません。時には相手の嫌なところに気付いたり、意見が食い違ったり、気持ちを伝えられなくて我慢したりなど色々なことが起こります。

結婚生活にピリオドを打たないように気をつけましょう。

関連記事として

結婚が地獄だと思う瞬間を男女別に紹介!対処方法は?

結婚に焦りがあるのは良くない?焦らなくてもいい5つの理由とは?

結婚を諦めた理由や諦めるメリットとは?諦めると出会いが訪れたりする?

これらの記事も読んでみてください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする